menu
音楽
『BanG Dream!』ポピパ×サイサイ 対バンライブ<DAY2>をレポート

『BanG Dream!』Poppin'Party×SILENT SIREN 対バンライブ「NO GIRL NO CRY」<DAY2>をレポート! 心が震えだす最高の瞬間に生まれた絆

2019年5月18日、19日にメットライフドームにて『BanG Dream!』のPoppin'Party×SILENT SIRENによる対バンライブ「NO GIRL NO CRY」が行われました。

対バンライブは『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』のゲーム内イベントとしてもお馴染みですが、今回はその対バンライブを現実に起こしてみようという初の試み。

それも、2019年2月に日本武道館行われたイベントで絆が結ばれたPoppin'PartyとSILENT SIRENの対バンライブということで注目度はピカイチです!

そして、Poppin'Partyにとってはアニメ第2期放送後からの最初のライブということもあり、期待値が高いイベントとなっていました。

本稿ではそんなメモリアルなイベントの2日目の模様をレポート。ゲストアクトにRAISE A SUILENも登場した最終日の興奮をお届けします!

アニメイトタイムズからのおすすめ

RAISE A SUILENの圧倒的パフォーマンスに脱帽!

まずはゲストアクトであるRAISE A SUILEN(以下、RAS)がステージに登場!

Raychellさんが「楽しみたいやつ、拳を上げな!」とお客さんを煽ると、それに答えるようにお客さんの歓声が響きます。瞬く間に会場は緑色のペンライトの光で彩られました。

流れ始めたメロディーは「A DECLARATION OF ×××」。会場中の観客の拳が突き上げられ、その掛け声でメットライフドームが揺れるようです。

「RAISE YOUR HANDS, NOW!」

前後左右から聞こえる掛け声を聞くだけで鳥肌が立ち、高揚感に包まれます。観客の心をがっちりとつかむと、次の「UNSTOPPABLE」では倉知さんが後ろを向いたままキーボードを演奏するというパフォーマンスを見せ、会場は大興奮!

曲名の通り、ペンライトを振る手が、熱いエールが、揺さぶられる感情が、止められません。「R·I·O·T」の間奏では、Raychellさんが「全然声が聞こえないね!」と観客をさらに煽ります。よりにもよって盛り上がるこのアゲ曲で観客を煽るとは……流石です!

アニメでの「R·I·O·T」のカッコ良さがフラッシュバックし、興奮がさらに加速していきます。最後の「EXPOSE ‘Burn out!!!’」ではRaychellさんが「暴れる準備はいいか!」とさらに煽り絶唱!

先日行われたの武道館ライブもそうでしたが、RASは原曲に無いシャウトを大サビの部分で披露してくれるため、聴いているこちらのテンションはこれでもかと上がってしまいます。

オープニングアクトとは思えないほどの圧倒的な存在感とパフォーマンスを見せつけてくれました!

SILENT SIRENの楽しいパフォーマンスでファンの心がひとつに!

続いて、SILENT SIREN(以下、サイサイ)が登場すると会場は一斉にピンク色に様変わり。

サイサイのキュートさが前面に出た「チェリボム」、甘酸っぱい青春の一時を描いた「八月の夜」と、真骨頂を発揮。観客もメロメロになりながら、声援を送ります。

MCでは、すぅさんが「2曲しかやっていないんですけど泣きそうです!」と感動を表現。ゆかるんさんも「RASが繋いでくれたバトンを繋ぐぞ!」と気合を入れます。

続いて「天下一品のテーマ」では4人が乗ったステージがアリーナの頭上を移動! ラーメンチェーン「天下一品」のテーマなのですが、ライブ演出も相まってかっこよく見えてしまうのは不思議です。今日の晩ごはんは天下一品にしよう。思わずそう思った方も多いことでしょう。

曲が終わるとすぅさんが「メットライフドームは何をする場所か知っていますか?」とお客さんに問いかけ、お客さんが「野球!」と答えると女の子の恋を野球に例えた「ジャストミート」を熱唱! 

サイサイの楽曲はコール&レスポンスが豊富で、アーティストとお客さんが一体になれるナンバーが多いのですが、曲の前には必ず、すぅさんや、ゆかるんさんがお客さんたちに「こういう掛け声を入れてくださーい!」と懇切丁寧に教えてくれるので、サイサイをはじめてライブで観る方でも楽しめるようになっています。

そんな中、お次の「DanceMusiQ」では光るサングラスを付けて、Poppin'Party(以下、ポピパ)ファンも、サイサイファンも関係なく、隣の人同志で肩を組んでの大盛り上がりとなりました!

それを象徴するかのように、その後のMCではすぅさんから対バンライブではそれぞれのファンが1つになること「それぞれのバンドが好きという気持ちしかない!」と熱いコメントを述べます。

ポピパとの対バンができて嬉しいという気持ちと相手に対するリスペクトを感じました。全てのファンが楽しめるライブ作り、サイサイの音楽性の真髄を垣間見たような気がします。

その後は「NO GIRL NO CRY/SILENT SIREN Ver.」を歌い、ポピパの曲である「ときめきエクスペリエンス!」を熱唱!

すぅさんが「まだまだいけるか!?」とお客さんを煽り、「フジヤマディスコ」「ビーサン」そして最後の楽曲「恋のエスパー」を歌い、ポピパへとバトンを繋ぐ……はずが曲の途中で、すぅさんが超能力で時間を止め、なんと「チェリボム」まで時間を戻すという荒業を披露!

しかし、ポピパの時間が無くなっちゃうということで再び「恋のエスパー」に戻ります。

流石ベテランのガールズバンドであるサイサイ! 終始楽しく、遊び心のある演出で楽しませてくれました。いよいよバトンはポピパへと託されます!

“あの曲”で会場中の涙腺が崩壊!

そして、満を持してポピパが登場! 今の時期は日が長くなったとはいえ、外はすっかり夜。半分屋外のメットライフドームは外の暗さも相まって赤いペンライトの光がよく映えます。

まず披露したのは、季節を先取りした爽やかな一曲「夏のドーン!」、疾走感がたまらない「Time Lapse」の2曲。

やはり、ポピパは安定感がある。そう感じさせるパフォーマンスに心が奪われていきます。

5月14日から「バンドリ!ウィーク!」と題し、7日間にわたり様々なイベントが行われた『BanG Dream!』。

この日は、ライブの最終日ということで愛美さんから「盛り上がっていこう!」という言葉が。さらに、大橋さんが演じる沙綾の誕生日ということでバースデーソングと共に、会場は一斉に黄色のペンライトが輝いていました。

「Happy Happy Party!」では愛美さんがサイサイのすぅさんと同じく、超能力でメンバーの時を止めます。

お客さんの声援でみんなの時が戻ったのですが、まだ声援が足りないのか1人だけ元に戻らない伊藤さん。

伊藤さんの時を戻すためお客さんが「彩沙ーーーー!(伊藤さんの名前)」と叫ぶと伊藤さんの時が元に戻ります! この面白い演出にお客さん達は大興奮! 今後も愛美さんが超能力に目覚めることはあるのでしょうか?

続いて「二重の虹(ダブル レインボウ)」を初解禁の劇場版「BanG Dream! FILM LIVE」の映像とともに歌い上げます。アニメ「BanG Dream! 2nd Season」の名場面とともにライブ初披露された「Returns」は、アニメ第2期でたえが自身のポピパへの想いを込めた楽曲でもあります。

これには、曲が流れた瞬間、涙するお客さんたちの姿がありました。かくいう筆者も、涙でパソコンの画面が歪み、最後の「ありがとう… 心が震えだす歌 Returns」の歌詞で追い涙。終始冷静な状態でライブを見ることはできませんでした。

曲が終わった後のMCで感極まったのか大塚さんから「泣きそうになった……」という言葉が発せられました。偶然ではあるのですが、ゲストアクトがRASだったことでも、さらに大塚さんの心に響いたのではないでしょうか?

その後は「キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~」「CiRCLING」を歌いポピパコール&愛美コールで盛り上がると「ティアドロップス」「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」を熱唱。

MCでは愛美さんから「次の曲で最後です!」という言葉が発せられると会場からは「えーーー!」という落胆の声。

また、メットライフドームは半分野外ということで伊藤さんから「さっきからキーボードに虫がすごい」という裏話が語られると会場は大爆笑!

そんな一幕がありながらも、ライブの感想がメンバーそれぞれから語られ、ファンに感謝の言葉を伝えていました。

そして、最後の楽曲「キズナミュージック♪」がアニメ映像とともに歌われます。

アリーナ席には、巨大な風船が投げ込まれ幻想的な雰囲気に。風船が曲の終盤で割れると、中からたくさんの小さな風船が出てきて、観客を楽しませていました。

笑顔でステージを後にするポピパのメンバー。しかし、まだまだ声援は鳴り止みません。

アンコールの声に応えて、ポピパとサイサイのメンバーが同時に登場。お互いを称えあいます。

実はお互いに人見知りグループということでシンパシーを感じる部分が多かったのだそう。

そしていよいよ最後の楽曲「NO GIRL NO CRY/Poppin'Party×SILENT SIREN Ver.」が歌われました。

それぞれのグループ同士が己の音楽の技術を見せつけあい、「どうだ!」と言わんばかりの演奏をしつつも顔は常に笑顔! ファンもその表情に感化されて笑顔に!

最高のフィナーレでライブを締めくくりました。

武道館で結ばれた絆がメットライフドームで交わり、グループの垣根を超え友情を感じられた最高のイベントとなりました。

RAS、サイサイ、ポピパ、そして『BanG Dream!』は、これからどんな景色を見せてくれるのでしょうか?

[取材・文/古瀬敏之]

イベント情報

『BanG Dream!』Poppin'Party×SILENT SIREN 対バンライブ「NO GIRL NO CRY」<DAY2>

2019年5月19日(日)

会場
メットライフドーム

セットリスト
―ゲストアクト:RAISE A SUILEN―
1. A DECLARATION OF ×××
2. UNSTOPPABLE
3. R・I・O・T
4. EXPOSE ʻBurn out!!!ʼ

―SILENT SIREN―
5. チェリボム
6. 八月の夜
7. 天下一品のテーマ
8. ジャストミート
9. DanceMusiQ
10. NO GIRL NO CRY/SILENT SIREN Ver.
11. ときめきエクスペリエンス!
12. フジヤマディスコ
13. ビーサン
14. 恋のエスパー

―Poppin’Party―
15. 夏のドーン!
16. Time Lapse
17. Happy Happy Party!
18. 二重の虹
19. Returns
20. キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜
21. CiRCLING
22. ティアドロップス
23. STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜
24. キズナミュージック♪

―アンコール―
25. NO GIRL NO CRY/Poppin’Party×SILENT SIREN

BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト
BanG Dream!(バンドリ!)公式ツイッター(@bang_dream_info)

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード