menu
映画
映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』声優 岡村明美(ナミ役)インタビュー

映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』声優 岡村明美さん(ナミ役)インタビュー|「ベルメールさんの言葉が私の心の中にあるから、笑っていられる人でありたい」

3年ぶりの『ONE PIECE』映画作品となる劇場版『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』が2019年8月9日(金)より、全国公開です!

『ONE PIECE』は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて、連載中の尾田栄一郎さん原作の大人気コミック。今年で連載開始から22年目を迎えます。

1999年にスタートしたTVアニメの放送は、今年で放送20周年。そんな20周年を記念した『ONE PIECE STAMPEDE』は、劇場版としては3年ぶり、第14作目の作品。今作も尾田栄一郎さんが監修。原作キャラクターの衣装やオリジナルキャラクターのデザインを手掛けています。

映画の公開を記念して、ナミ役の岡村明美さんにインタビュー! 作品やキャラクターの魅力やキャストとのエピソードなど、たくさんお話をしていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

あらすじ

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典「海賊万博」。万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。会場には世界中から海賊が群がり、万博の目玉である「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で、お宝争奪戦が繰り広げられる。

しかし、海賊たち熱狂する万博の裏には、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの企みがあった。お宝争奪戦が熱を帯びる中、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入し、ルフィたちの前に立ちふさがる。

さらに、スモーカー、大将”藤虎”イッショウ、”黄猿”ボルサリーノといった海軍、王下七武海”海賊女帝”ハンコック、”世界最強の剣士”ミホーク、”元王下七武海”クロコダイル、”革命軍参謀総長”サボ、”CP-0”ロブ・ルッチまでもが其々の目的のため姿を現す。お宝争奪戦と海賊万博は、予測不能の大混乱へと陥って行く!

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』は、ファンのために作られた作品

――(映画完成前ということで)台本をご覧になった感想をお聞かせください。

岡村明美さん(ナミ役/以下、岡村):今回の映画は勢いがあって、映画ならではのダイナミックさと迫力を感じるシーンが多いので、面白かったです。お話そのものもストレートでわかりやすく、キャラクターがたくさん登場して、次から次へといろいろなタイプの戦いが繰り広げられます。

(台本の登場キャラクター一覧を見せながら)見てくださいよ! ページをめくっても、ずっとキャラクターの名前ばかりですから(笑)。オールスターが登場するので、ファンのみなさんのために作られたような作品ですね。

――尾田先生が今作のためにデザインされた衣装も見どころのひとつですね。

岡村:ナミの衣装もすごくかわいいですよね。キャストのみんなで「ナミがつなぎになるのは珍しいよね」と話していたんです。これまでの映画では胸元が「ボヨヨン」と揺れるものが多かったりするんですけど……(笑)。でも、今作の衣装は珍しい雰囲気ですよね。それで「ナミのつなぎの中はきっと水着だね」という話になりました。フィギュアとして発売もされるので、おひとつどうぞ(笑)。

――アフレコ現場の様子はいかがでしたか?

岡村:とにかく、バギー役の千葉繁さんのお芝居がすごかったですね。あまりの面白さに、自分の台本に思わず「バギーが面白い!」と書いてしまったぐらいです。

初期の話になりますが、ナミが麦わらの一味の仲間になる前に、バギーが登場したので懐かしさもありました。また、久しぶりに千葉さんとスタジオでご一緒したのですけど、千葉さんがバギーを演じられているというよりも、バギー自身がスタジオにいると感じるほど、千葉さんのお芝居が素晴らしくて、アフレコスタジオ内の雰囲気が千葉さん一色に感じました。

――今作でバギーが登場するシーンがありますけど、バギーと面識のあるゾロ(CV:中井和哉さん)とナミが声を揃えて、「げっ! バギー」とリアクションするシーンがありましたね。

岡村:「あの時の敵がいた!」みたいな感じです(笑)。今回、ナミは「げっ!」というセリフがけっこうあるんですよ(笑)

麦わらの一味におけるナミの存在

――今作でもナミは航海士として、突き上げる海流(ノックアップストリーム)にいち早く気づきます。ナミはピンチやチャンスを敏感に感じ取り、行動することに長けていると思うのですが、岡村さんから見て、麦わらの一味の中でナミが頼りになる部分はどの辺りでしょうか?

岡村:麦わらの一味の男子たちは、冒険したいという気持ちから、危ないところへ行こうとするんですけど、誰かが「それは危ないんだよ」と教えてあげなくてはいけない。そういう立場がナミだと思っています。ただ、「行ってはいけない」というよりも、「それでも行くとわかってはいるけど、止める」という気持ちですね。

もちろんその行動は、クルーのみんなを守るためです。ナミは女の子ひとりで海を渡って、海賊を相手にお金を盗んでいたという過去があるだけに、危険なことを察知する能力に長けています。そういうところは、すごく頼りがいがあると思います。

麦わらの一味の女子には、ロビン(CV:山口由里子さん)もいますが、彼女はどちらかというと知識の人で、ナミは感性の人。打てば響くようなタイプで、感覚で行動を起こすところがナミらしいなと感じています。

――今年でTVアニメの放送が20周年となります。岡村さんが作品の中で印象に残っているシーンはどの辺りですか?

岡村:ナミがそれまで誰にも言えなかった「助けて」という言葉をルフィにようやく言えたシーンが印象に残っています。ずっと「助けて」と言えないまま、自分の感情を押し込んで生きてきたナミがルフィと出会い、助けてもらって、心から笑えるようになる。

ナミを子供の頃からよく知っているゲンゾウ(CV:塩屋浩三さん)がナミとともに旅立つルフィたちに、「もしお前らがナミの笑顔を奪う様なことがあったら…私がお前を殺しにいくぞ!!!!」というセリフも感動的ですよね。

――岡村さんご自身が『ONE PIECE』という作品から影響を受けたことは何かありますか?

岡村:『ONE PIECE』の他にもお仕事をさせていただいていますが、20年間続く作品というのはなかなかないんです。『ONE PIECE』は毎週アフレコの収録がありますし、みんなで夢に向かって成長していくストーリーなので、キャラクターとしても、ナミというひとりの女性が成長しています。

私がナミ役として『ONE PIECE』に20年関わってきた中で、最もショッキングなシーンというのは、ベルメールさん(CV:日髙のり子さん)がアーロン(CV:小杉十郎太さん)に殺されてしまうところです。

ベルメールさんが殺されてしまうシーンで、ナミとノジコ(CV:山崎和佳奈さん)に向かって「いつでも笑ってられる強さを忘れないで…」というセリフがあるんですけど、とても素敵な言葉ですよね。その言葉が私自身の心の中にもしっかりとあって、自分自身も笑顔でいられるような人生が送れたらいいなと思いますし、笑っていられる人でありたいと思っています。

――『ONE PIECE』のイベントでお見かけした時も、麦わらの一味のキャストの中で、誰よりも笑顔の印象が強いです。

岡村:いや、それは笑顔でいられるとかではなくて、本当に面白いからですよ(笑)。うちの先輩たち(麦わらの一味のキャスト)が面白くて、「いつも一番近くで面白いものを見せていただき、ありがとうございます!」と感謝したいぐらいです(笑)。先輩たちと出会わなければ、きっと私の人生はもっと面白くなかっただろうなと思いますね。

(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー