menu
映画
映画『二ノ国』宮野真守×梶裕貴×津田健次郎インタビュー

映画『二ノ国』宮野真守さん×梶裕貴さん×津田健次郎さんインタビュー|もう1つの世界に違う自分がいるとしたら?

8月23日(金)より、ついに全国の映画館で公開となる新作アニメ映画『二ノ国』。本作は、『妖怪ウォッチ』や『イナズマイレブン』で知られるレベルファイブから発売された人気RPG「二ノ国」の世界観を基にアニメーション化した劇場作品です。

冷静沈着なユウとバスケ部で人気者のハルが、幼なじみのコトナを助けようとした矢先、現実世界「一ノ国」と命のつながりを持つ魔法世界「二ノ国」へ引き込まれ、“大切な人の命”をかけた究極の選択に迫られることになります。

そんな本作に出演する声優陣も超豪華! 今回は、「二ノ国」のエスタバニア王国の魔法宰相ヨキ役の宮野真守さん、「二ノ国」の妖精 ダンパ役の梶 裕貴さん、エスタバニア王国の征服を企む黒旗軍の最高指導者ガバラス役の津田健次郎さんにインタビューを行いました。

映画『二ノ国』ならではの魅力や、総作指揮/原案・脚本担当の日野晃博さんに対する印象など、和やかな雰囲気で語っていただいた3人の様子をぜひお楽しみください♩

アニメイトタイムズからのおすすめ

“明確なビジョン”を感じさせられる日野さんの演出法

ーーまずは『二ノ国』の第一印象をお聞かせください。

ガバラス役・津田健次郎さん(以下、津田):リアルからファンタジーに溶け込んでいく、ワクワクするような王道ファンタジーだな、と思いました。

ヨキ役・宮野真守さん(以下、宮野):その中にもシリアスな部分が強く入っていて、バランスが絶妙ですよね。

津田:そうそう。シリアスがちゃんと入っているところが良いよね。

宮野:キャッチコピーも「愛する人を救うために<命>を選べ」という結構ショッキングな内容ではありますが、だからこそ伝わるものがある。

僕自身、その綺麗事ではない命の描き方が気になりました。

ダンパ役・梶 裕貴さん(以下、梶):僕はゲーム版の『二ノ国』をプレイしていたので、一ノ国と二ノ国という2つの世界でどうやって物語が紡がれていくのかはイメージができていました。

でも、ゲームで表現していたものを約2時間の映画という違う形でまとめるという意味では、難しさや面白さを含めて「どうなるんだろう!」というワクワクした気持ちでした。

あと、脚本を読んだユウ役の山﨑賢人くんから「すごく面白かった」と話を聞いていたので、メインキャラクターを演じる方がそういう思いを持っていてくれたことが、すごく心強かったです。

ーーそういえば、梶さんはプライベートでも仲良しの山﨑さんと初共演作品ですね。

梶:はい。初めて共演させていただけて、すごく嬉しかったです。

ーーご自身が演じられるキャラクターの印象はいかがでしたか?

梶:僕が演じるダンパは、宮野さんや津田さんが演じるキャラクターとは少し立ち位置が違い、アーシャ姫の付き人をしています。きっと姫が幼い頃から一緒にいて、お世話役として可愛がってきたんだろうな、と。

物語の中で、姫が事件に巻き込まれていってしまうことに不安な思いもありつつ、そこで登場するユウやハルとの出会いの中で、姫と同じくダンパ自身も新たな信頼関係を築いていくところに、彼の成長を感じました。

でもなにより、ダンパにとってのアーシャ姫は、本当に愛しい存在なんだろうなと思います。

宮野:僕が演じるヨキはアーシャ姫がいるエスタバニア王国の魔法宰相ですが、“想いの強さ”は人一倍あると思います。

津田:ヨキと同じように、僕が演じさせていただいているガバラスも“想いの強さ”があると思いました。あとは、精神的な強さがすごくあるキャラクターです。

ーー映画『二ノ国』の総作指揮/原案・脚本を日野晃博さんが担当されていますが、3人にとって日野さんの演出はいかがでしたか?

宮野:日野さんは明確なビジョンを持っている方なので、役作りの時点で“この役はこうしたい”“この役の目的はこうだ”とたくさんの材料をいただけます。日野さんの描きたいキャラクター像にはまるまで説明してくださって。

梶:最初から日野さんや監督の中にしっかりとしたキャラクター像があるので、演じる前に“こういうイメージでやってほしい”と具体的にお話を伺いました。なので、それを踏まえた上でキャラクターを作り上げていった感じです。

どの世界においても第一線で活躍されている方というのは、宮野さんがおっしゃったように自分のビジョンを明確に持っていて、新しいことに挑戦し続けられているような印象があります。

日野さんもまさにその通りの人物で、『イナズマイレブン』や『レイトン』『妖怪ウォッチ』シリーズなど、数々の作品を生み出し、たくさんの方に愛されています。そして、そのどれもが今までにない作品だったり、世代によっては懐かしさを感じるものだったりしますよね。

日野さんご本人も、楽しみながら作品を作られるプロフェッショナルな印象を受けました。

津田:僕も最初に日野さんからキャラクター像など材料をいただいて収録に挑みました。そして、日野さんはリアルとファンタジーが同居した、まさに『二ノ国』のような方だな、と。

シビアな面もあれば子供のようなファンタジー心にも溢れていて、どうしたら皆が驚いてくれるのか考えていらっしゃるので、一緒にお仕事をさせていただけて楽しかったです。

宮野:違うところは違うとちゃんと指示してくださいますよね。

ーー実際に完成した映画をご覧になってみての感想をお聞かせください。

梶:スタジオジブリ出身の百瀬監督が作られる世界観やキャラクターたちを見て、声優として参加させていただけたことがすごく嬉しく思いました。

音楽も久石譲さんが担当されていて、本当に壮大で。声優冥利に尽きるな、と感動してしまいました。

津田:リアルな世界からファンタジーの世界に飛び込むところは、本当に王道ファンタジーの夢が溢れているな、と思いました。

そんなストーリーに絵がついて、音楽がつくとすごく輝くものだな、と。なので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいです。

梶:映画館で観ていただきたい作品ですよね。

宮野:あと、アクションシーンがすごい! クライマックスのシーンは見応えがあります。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー