menu
アニメ
【秋アニメ特集】『アフリカのサラリーマン』大塚明夫&津田健次郎&下野紘インタビュー

【秋アニメ特集】『アフリカのサラリーマン』大塚明夫さん&津田健次郎さん&下野紘さんインタビュー|大塚さんのエンディングテーマに騙されるな! これはとんでもない作品だ!

ジーンピクシブにて好評連載中の『アフリカのサラリーマン』が2019年10月よりTVアニメ化! 様々な動物たちが人間と同じようにサラリーマンをやっていたら……? といった内容なのですが、ここでは書けないほど怪しいネタがバンバン掲載されています。

本当にTV化して大丈夫なのか……? そんなやましい気持ちを吹っ飛ばすかのごとく、メインキャストの大塚明夫さん、津田健次郎さん、下野紘さんにインタビューを実施しました。

内容が内容だけに大丈夫かな〜と思っていたのですが、案の定インタビューもギリギリのネタが飛び出します! どこまで掲載できたかはぜひその目でご確認を。

アニメイトタイムズからのおすすめ

ライオン、トカゲ、オオハシはバランスのいい

――まず最初に、出演オファーを受けた時の心境や原作読まれた感想をお聞かせください。

大塚明夫さん(以下、大塚):出演オファーを受けた時には、まだこの作品の存在を知らなかったので、「そういうのがあるのね」って感じでした(笑)。

原作を読んでみると、「面白いじゃんこれ」って思って、収録が楽しみでしたね。

津田健次郎さん(以下、津田):僕も原作を知らない状態でお話しいただいて。それから原作を読ませていただいたら、無茶苦茶だなと(笑)。でも、無茶苦茶なのが好きなので、「面白いな、楽しみだな」って思いました。

宣伝用の写真を撮りますって言われたんですけど、「メイク? ん? えー!」みたいな感じでした。僕ら3人で特殊メイクじゃないですけど、キャラのメイクをさせていただきました。

すごくぶっ飛んだ作品にしようとしているのが分かったので、本当に楽しみでしたね。「無茶苦茶やっていいんだ」と思いました。

実は、監督がそういう写真を撮りたいって仰ったのがきっかけだったみたいで。撮影現場に監督もいらっしゃっていたんですけど、監督が「本当に滅茶苦茶やりたいんで!」って、もうずっとそればっかり言ってましたね。

下野紘さん(以下、下野):僕も何も知らない状態でオファーを受けましたけど、やるにあたって「顔塗ります」って言われて。

事前に「こんな感じです」っていう参考資料を見せてもらったんですよ。僕らの顔に色が塗られている写真だったんですけど、もうこれで良いんじゃないかなって思っていたら「いや、ちゃんと塗るんで」って言われました(笑)。

メイクに約1時間半から2時間かかって、撮影は30分以内(笑)。

津田さんも先ほど言ってましたけど、監督が撮影中にずっと「本当に無茶苦茶なぶっ飛んだ作品にしていきたいんで」って言ってて。

津田:確かに。

下野:熱量だけは伝わるんですけど、ずっと詳細が特になく(笑)。

大塚:収録スタジオに入ってからも特に詳細ないよね。

下野:ないですね。

津田:そうでしたね。

下野:監督は「このあと僕、ちょっと動物園の方に行って取材を……」って言ってましたけど、何の取材をしに行くんだって思いましたよ(笑)。

大塚:面白いのがさ、収録が始まっても具体的な方向性とか、こういう芝居にして欲しいとか、そういうのがないんだよね。

津田&下野:ないですね!

大塚:ない中で、でも一応やるわけでしょ我々も。「こんな……感じ?」ってみんなも恐る恐るやる感じ。

それで、「あ、あいつあっち行くのか。あ、こいつ向こうに行くんだな。へー、じゃあ俺はどこ行こうかな」っていうような感じで、みんなが探りながらやっていくのがおかしくて(笑)。

津田:おかしかったですね。初回が一番おかしかったですね。

大塚:一番苦しんでいるのは下野くんだったような気が(笑)。

津田:セリフ量が圧倒的に多いので。

大塚:「俺ここまで走っちゃっていいの? いいの!?」って後ろを見ながらどんどん行く感じが面白くて。

下野:セリフ量はいいんですけど、もう何が正解かわかんなくて(笑)。

津田:第1話は特にね〜。

下野:キャラクターの説明で、オオハシはコンプライアンス的に「あれ」って書いてありましたけど、「あれ」過ぎてもうどうしたらいいのか(笑)。

――みなさんはご自身が演じているキャラクターをどんなポジションだと感じて演じていますか? また、誰が一番、本人と役が似ていますか?

大塚:誰が似ているんだろう。

下野:それは……。

津田:先輩じゃないですか?

大塚:俺はあんなに……。

津田:おおらかじゃないですか?

大塚:おおらかかもしれないけど、あんなに鈍感力高くないし、無能でもないし。

津田:確かに。ライオン先輩は肉食獣ですけど、肉食獣感が薄いですもんね。明夫さんの方がライオン感が強い(笑)。

大塚:例えば、ラーテル(CV:鈴木達央さん)がいたりさ、ミツオシエ(CV:河西健吾さん)がいたり、振り切った人たちがいっぱいいる中で、中途半端なリアリティを作ってても、潜る(埋もれる)だけだって思って。

だからライオンは、本当に人が良くて、どこまでも人が良くて、で能力が低いのを意識したかな。

下野:会社の中では、役職は高いですけどね。

津田:ポジション的には。

大塚:それはちょっと長くいたり、大きなミスをしなければ昇進していくものだったりするじゃん。

それで、そっちの方へ向けていかなければいけないなって途中で思って、他のものを捨てて、良い人良い人……だけど無能な感じへ突っ走ったんだよね。

下野:そういう意味では、ライオン先輩を通して明夫さんの可愛らしさが前面に出たキャラクターじゃないかと思いますね。普段のカッコいいところとか、渋いところとかを綺麗に全部抜き取って、愛らしい部分しか残っていないという。

津田:確かに、こういう明夫さんは初めてです。

大塚:そうかもしれないね。

津田:それでたまにライオンの顔が劇画タッチのド迫力の時になったら、「あ、明夫さんだ」っていう感じ(笑)。

――トカゲとオオハシについてはどうでしょうか?

津田:トカゲはすごくまともなんです。バランサーだなとは思っていて、ツッコミなのでタイプの違うボケが2人いる感じです。

大塚:アフリカ商事の良心だよね。

津田:仕事もできるっぽいんですよ。割とパソコンをカチャカチャやってるんで。ツッコミでも、まともなことをとにかく言ってたりします。

下野:大変なんですよね。ボケたいのにボケられない。

津田:ボケたいのに〜。

下野:ボケちゃいけないポジションだから、誰よりもボケちゃいけない。

津田:そうね。楽しいですけどね。

下野:オオハシは、この3人の中ではボケの筆頭というか。もうとにかく、いろいろと引っ掻き回すキャラクターですけど、少なくとも俺はこいつに似てないです(笑)。

大塚&津田:(笑)。

大塚:そこが大変だったよね。下野くんはこういうやつじゃないのに、やりくりしてこういう役を作ってるのが、もう「頑張れ!」って感じなんだよね。

下野:そういう意味で、シーンによっては気持ちを込めているんですけど、所々には心込めてませんからね(笑)。「記号を喋ってるんだぞ俺は」って思っています。でないとちょっと無理っすもん。

津田:そもそも、心がないからね。オオハシには(笑)。

下野:そうなんですよ。台本を読んでいて「何言ってんだろ、こいつ」って思うことが多いですからね。

第1話からクソヤローだと思うんですけど、話が進んでいくとどんどんクソヤローなんですよね。

津田:良いとこ無しだよね。

下野:良いとこないですね。そういう意味ではライオン先輩とトカゲ君がいなかったら、オオハシはもう辞めていますね(笑)。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アフリカのサラリーマンの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
秋アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー