menu
アニメ
秋アニメ『のうきん』声優・和氣あず未(マイル役)インタビュー

秋アニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』声優インタビュー第1回:マイル役・和氣あず未さん│お互いの過去を明かしたことで深まる“赤き誓い”の絆とマイルの成長

WEB小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中、累計3億PVを超え、アース・スターノベルより書籍化も果たしている『私、能力は平均値でって言ったよね!』(原作・FUNA氏/イラスト・亜方逸樹氏)。

本作のTVアニメが、2019年10月7日(月)よりAT-X、TOKYO MXほかにて放送・配信中!

『ゆるゆり』『干物妹!うまるちゃん』でおなじみの太田雅彦監督×あおしまたかし氏(シリーズ構成・脚本)コンビと、『ロウきゅーぶ!』『りゅうおうのおしごと!』のproject No.9が贈る、魔法や剣の異世界を舞台に、少女たちの成長や友情を笑いあり、ドラマありで描く、平均値(?!)ファンタジーです。

この度、“赤き誓い”の声優陣へ連続インタビューを実施! 第1回はマイル役の和氣あず未さんです。“赤き誓い”の過去が明かされた第5話「みんなの昔話って言ったよね!」を経て感じたマイルの成長やパーティーの結束力、作品にまつわる様々なエピソードを語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

お互いの過去を明かしたことで深まる“赤き誓い”の絆

──改めて作品の第一印象についてお聞かせください。

和氣あず未さん(以下、和氣):私が今まで触れてきた異世界モノの作品は男性の主人公が活躍する印象がありましたが、『のうきん』では女の子が主人公で、徐々に成長していくのではなく元から強力な能力を持っているところに面白さを感じました。

普通なら自分の実力をさらけ出したいはずなのに、マイルは奥に仕舞い込んで本当の自分のことを話せないままで。でも“赤き誓い”のメンバーと出会うことで本当の自分を打ち明けられるという展開を知ってより魅力的な作品だと感じましたし、そういう意味でもオーディションのときからマイルを演じたいと思っていました。

──そんなマイルの第一印象は?

和氣:オーディションではまっすぐで裏表のない元気いっぱいのキャラクターとして演じていましたが、実際にシナリオを読むにつれて、素直な子ではあるけど過去にまつわる秘密を抱えている子だと知りました。

ただ、マイルとしては力を隠しているつもりなのに、他人のことが放っておけず自ら事件に首を突っ込んだりと、とにかく純粋な子なんだろうなと感じたので、オーディションのときもそこまで計算をして受けたというよりは、素直に自分が感じたマイルを演じさせていただきました。

──スムーズに役に入ることができたわけですね。また、マイルは回を重ねるごとにパーティーメンバーと打ち解けていきますが、彼女の心境の変化はどのように感じていますか?

和氣:3人とルームメイトになると知ったときも、最初は「どうしよう!」という反応でしたが、今は4人で一緒じゃなきゃイヤだという雰囲気になっているので成長を感じます。

マイルは転生してすぐのアデルとして生きていた頃から、自分が転生者であることや能力は隠していましたが、“赤き誓い”のメンバーの前では能力の方はあまり隠さなくなっているところに彼女の心境の変化を感じました。マルセラさんたちと居たときも、もしかしたらもっと変わることができたんじゃないかなと思う部分がありますが、時間が経って新しい仲間と出会い、自分のことを隠さなくなってきたのは、マイル自身の成長がきっかけにあるんじゃないかなと思います。

──精神的な成長も見られる一方で、ストーリーが進むにつれてマイルがボケる頻度が高くなっている気がしていて……!

和氣:そうなんです! 最初の頃は自分の能力を隠すためについた嘘がボケに聞こえるかもしれませんが、元々ツッコミの方が多かったんですよね。レーナさんが出てきたときの「まごうことなきツンデレ!」とか説明的なツッコミが多かったんですけど、仲間と仲良くなっていくうちにボケるようになって、みんなも分かった上でツッコミを入れてくれるので信頼関係が出来上がっているんだなと感じます。

また、マイルはボケとツッコミのどちらもできるキャラクターなので、ふざけるときは全力で楽しく。ツッコミを入れるときは本気でツッコんだりと、大げさに演じることが彼女らしさだと思っているので、その点を気をつけています。表情豊かで場面によって表情がコロコロと変わるんですよね。

──現在、第5話まで放送されていますが、和氣さんがお気に入りだと思うエピソードやシーンをお聞かせください。

和氣:マイルが新たな人生を送ろうとしているにもかかわらず、宿屋の娘のレニーちゃんが行方不明になったことを耳にして探しに行くという正義感あふれる第1話から好きで。問題ごとに自ら首を突っ込むマイルの責任感の強さが魅力的なんですよね。

あと第3話の卒業検定模擬試合でアレディに脅迫されて廃校を阻止するために条件を受け入れるところも、マイルらしくてお気に入りのエピソードです。マイル自身も手加減したいと思いつつ、地雷の言葉である“貧乳”って言葉を言われてめちゃめちゃ本気を出しちゃって(笑)。でも当たったら死んじゃうことに気がついて途中でわざと外したり。そのシーンは私もTwitterで実況しながら観ていたんですけど、ツッコミを入れている方もいて(笑)。

──他の3人も爆発寸前のマイルから距離を置く姿が描かれていましたよね(笑)。そして、第5話ではパーティーメンバー3人の辛い過去が明かされました。

和氣:レーナさんは特に辛い過去があるからこそ、パーティーの中で一番しっかりしているんだろうなと感じます。ポーリンさんも同じように辛い過去があるけど健気に頑張っています。そんな中、重い過去を背負っていないメーヴィスさんが居るからこそ3人の過去が柔らかく受け止められるので、彼女のキャラに助けられたように思います。

みんな自分の過去を隠してはいましたが、それを打ち明けたことによってついに信頼し合えるようになったのかなと感じたので、第5話を観ていて嬉しく思いました。

──腹を割って話したからこそ、改めて“赤き誓い”として新たな一歩を踏み出せたような気がしました。ここまで通して和氣さんが考えるマイルの魅力とは?

和氣:やっぱりマイルの魅力は正義感の強さだと思います。平均値以上の能力を持っていて普通の人よりも強いから、危険な場面に遭遇しても乗り越えられる自信があるのだと思いますが、それが仇になって苦労してきたからこそ、隠したい気持ちの方が強いはずなんですよね。

それでも自ら事件に突っ込んでいくところに仲間思いな一面を感じますし、そもそもトラックに撥ねられそうな子供を助けたことがきっかけで転生したので、栗原海里の頃から持ち合わせている正義感の強さがマイルの魅力だと思います。

──ちなみにマイル以外でお気に入りのキャラクターを挙げるなら?

和氣:私、ポーリンさんが大好きなんです。もしマイル以外で演じるとしたらポーリンさんがいいなと思うくらい、まず見た目が好きなんですよ! そんなふわふわした雰囲気の見た目なのに実は腹黒いっていう要素や胸が大きいキャラクターも好きなので、マイル以外だとポーリンさんがお気に入りです。

──第3話では敵の攻撃を受けても自分で回復して杖で殴ろうとしていましたよね。

和氣:本当に怖いんですよね(笑)。回復魔法を使うと言っても痛いじゃないですか。それなのに一度は全身で受けて治して立ち上がって物理攻撃を仕掛けようとするところに恐怖を感じます(笑)。

キャラとキャストで立場が逆転!?

──収録現場の雰囲気はいかがでしたでしょうか。

和氣:収録はスムーズに進められたんじゃないかなと思います。個人的には“赤き誓い”キャストのお三方とは別現場で共演したことがあったので、台本チェックのときから「こういう感じなんだろうな」と想像できましたし、掛け合いをしても作中の雰囲気を感じ取りやすかったです。

──ラジオも“赤き誓い”のように和気あいあいとした雰囲気で作品トークやコーナーに挑戦されていますよね。

和氣:そうなんです(笑)。キャストの4人もアニメの中の4人も性格や育ちは全然違うと思いますが、進む道はひとつという団結力があるんだろうなと思います。

──第1回放送では前略プロフィールとかBBSとかキリ番とか懐かしいワードが飛び交いましたが(笑)。

和氣:アニメの収録でもそうなんですけど、私にはそういった用語があまり分からないんです。作中ではマイルがなんでも知っていて3人に色々と教えていますが、リアルの世界だと私が他のお三方に突っ込まれることが多い気がします(笑)。

──キャラとキャストで立場が逆なんですね(笑)。でも本当に毎話パロディが多くて拾いきれないくらいですよね。演じる上ではどのように消化しているのでしょうか。

和氣:台本のト書きに、たまに「○○風っぽく」と書いてあることはありましたが、こういう元ネタですという細かい説明はあまりなくて。

台本をチェックしているときに「あ、きっと元ネタはあの作品なんだろうな」という箇所をいくつか見つけることはあるものの、それ以外のシーンに元ネタが存在していることを知らないままテストをやって、終わった後に他のキャストさんから「これって元ネタあるんじゃない?」という話が出てきて。ネットで検索して元ネタがあったことをそこで初めて知るんですよね。

あとで監督さんやスタッフさんに「こういう元ネタが実はありまして……」という説明を受けることもあります。だから元ネタがあると知らずに演じているところもありました。できることなら全部気がつきたかったんですけど……視聴者のみなさんはどうなんでしょう?

──すべてを網羅するのはなかなか難しそうです……。

和氣:元ネタの作品の年代がバラバラだったりもしますよね。現場ではナノちゃん役の羽多野渉さんやゲストでいらっしゃるキャストの方が「懐かしいですね」という話をしているのを耳にしたので、きっとリアルタイムで見ていたのかなって思うこともありました。

──あとシーンによっては画風が変わるくらい絵にも力が入っていますよね。

和氣:画のタッチも元ネタ風になっていたり(笑)。とても細かく描いていただいているので、その点も見どころだと思います!

(C)FUNA・亜方逸樹/アース・スター エンターテイメント/のうきん製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

私、能力は平均値でって言ったよね!の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー