menu
アニメ
TVアニメ『マギアレコード』リレーインタビュー:キャラデザ・総作監 谷口淳一郎

TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』リレーインタビュー:キャラクターデザイン・総作画監督 谷口淳一郎 「光の表現も色彩表現も、『魔法少女まどか☆マギカ』本編とまったく遜色のない新作になっています」

2020年1月の放送開始を目指して、絶賛制作中のTVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』。今回のインタビューに登場していただいたのは、キャラクターデザインと総作画監督を務める谷口淳一郎さん。彼は『魔法少女まどか☆マギカ』のころからキャラクターデザイン・総作画監督を務めてきたシリーズに欠かせないスタッフのひとりです。現在、制作が進む『マギアレコード』の現場で、彼はどんなお仕事をされているのでしょうか。

バックナンバー

□01環いろは役 麻倉もも
 

アニメイトタイムズからのおすすめ

新しいものではなく、これまでの流れを受け継いで

――『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズに深くかかわってきた谷口さんにとって今回、この外伝作品のアニメ化に取り組むにあたってどんなお気持ちがありましたか。

谷口淳一郎さん(以下、谷口):実はずっと本編の新作を作るものだと思っていたので、「制作がはじまりました」とお声がけをいただいたときに「ゲームの外伝のアニメ化」と知って、最初はちょっと戸惑いました。

ただ、スマートフォンゲーム『マギアレコード』にも初期から版権イラストや変身アニメーション、オープニングアニメーション、ゲーム内のアニメーションで関わっていたので、新しいものに取り組むという感覚ではなく、いつもの流れで取り組むことができました。

――スマートフォンゲーム「マギアレコード」ではキャラクターごとにデザイナーが違うという特徴がありました。アニメ用にキャラクターデザインをするにあたり、どんなところに気を配りましたか。

谷口:メインで活躍するキャラクターは、本編動揺に蒼樹うめ先生のキャラクター原案なので、本編とあまり違和感なくデザインを進めることができました。僕は過去に、違うキャラクターデザイナーがたくさん参加しているゲームのアニメ化にも参加したことがありまして、そのときの経験もあったので、とくに苦労した覚えはないです。

蒼樹先生の絵も『魔法少女まどか☆マギカ』のときに比べるとちょっとだけシンプルになっている印象があって。『マギアレコード』のキャラクターデザインはクセがあまり強くない感じにしています。

――デザインや作画するうえで『魔法少女まどか☆マギカ』から受け継いだものはありましたか。

谷口:作画については、『魔法少女まどか☆マギカ』の制作時に、当時のキャラクターデザインを担当されていた岸田(隆宏)さんと新房(昭之)さん(本編の監督、本作ではアニメーションスーパーバイザー)がルールを作ってくださっていたんです。『マギアレコード』ではそのルールに則るかたちで作業を進めています。

――実際に『マギアレコード』の作業を進めてみて、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズらしさを感じるところは、どんなところですか?

谷口:細かいことですが、カットごとに微妙にキャラクターの頭身が変わっているんですね。たとえば制服(私服)のときと、魔法少女のコスチュームを着ているときでは、頭身が変わっているんですね。

アクションのときは頭身が高いほうがカッコいいし、日常のシーンでは頭身が低いほうがかわいらしい。その微妙な違いが、作品の味になっていたりするんです。そういったところも含めて、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズらしさを受け継いだ作品になっているなと思います。

『魔法少女まどか☆マギカ』から8年が過ぎて、現場の(テクノロジーとしての)技術は変わっているので、新しい映像になるのかなと思っていたところもあるんですが、泥犬(劇団イヌカレー/本作では総監督、『魔法少女まどか☆マギカ』では異空間設計を担当)さんが参加すると『魔法少女まどか☆マギカ』らしい映像になるんです。

―― 環いろは というキャラクターの印象をお聞かせください。また、表情やアクションなど作画するうえで意識していることをお聞かせください。

谷口:『マギアレコード』はゲームが始まって2年が経ちますが、いろはを描くときは、どこまで表現のふり幅があるのか、いまだに彼女自身を探っているような感じがあります。

性格的に感情の起伏の大きな子ではないですし、大笑いも、大泣きもしない。いわば『魔法少女まどか☆マギカ』における(鹿目)まどかのような立ち位置なんですよね。これから本編でドラマに巻き込まれることで表情が変わってくると思うので、そこを楽しみにしています。


――みかづき荘のメンバーの中で、描いていて楽しい魔法少女はどなたですか?

谷口:(水波)レナは描いていて楽しいです。釣り目のキャラクターは個人的に描いていて楽しいです。表情を付けるときもしっくりきます。

(蒼樹)うめ先生のキャラクターは垂れ目のキャラクターが多いんですが、垂れ目だとふんわりした印象が出るので表情を付けづらいんですよね。今回のいろはは釣り目だし、『魔法少女まどか☆マギカ』だと(佐倉)杏子が釣り目でしたよね。

――制作が進むにつれ、描き方が変わっていったキャラクターはいますか?

谷口:(七海)やちよはゲームで柔らかい印象があったので、キャラクター設定表もやわらかい表情を描いておいたんです。そうしたら、本編で意外とツンツンと怒っていて。そこは予想外でしたね。


――今回の魔法少女のアクションシーンはいかがでしょうか?

谷口:今回アクションディレクターとしてベテランアニメーターの橋本敬史さんが参加してくださっていまして。橋本さんに全部お任せしているのですが、それぞれの原画マンの熱意が伝わってくるようなアニメーションになっているので、ラッシュチェック(制作中のチェック映像)を見るのが楽しいです。

――今回、泥犬さんを総監督に置きつつ、一話ごとに担当演出(監督)が変わるという体制で制作が進められていると思いますが、各話ごとの変化や方向性の変化などはお感じになっていますか?

谷口:そうですね。座組(スタッフの編成)は各話ごとにいろいろと変わっているのですが、大元は同じなので。各キャラクターの芝居付けは多少変わってはいるのですが、基本は変わらずに楽しめると思います。各話ごとにバラバラという印象はないと思います。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners
おすすめタグ
あわせて読みたい

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー