menu
アニメ
秋アニメ『のうきん』声優・徳井青空(レーナ役)インタビュー

秋アニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』声優インタビュー第2回:レーナ役・徳井青空さん│「TVの前でツッコミを入れてこの作品を完成させてほしいです」

WEB小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中、累計3億PVを超え、アース・スターノベルより書籍化も果たしている『私、能力は平均値でって言ったよね!』(原作・FUNA氏/イラスト・亜方逸樹氏)。

本作のTVアニメが、2019年10月7日(月)よりAT-X、TOKYO MXほかにて放送・配信中!

『ゆるゆり』『干物妹!うまるちゃん』でおなじみの太田雅彦監督×あおしまたかし氏(シリーズ構成・脚本)コンビと、『ロウきゅーぶ!』『りゅうおうのおしごと!』のproject No.9が贈る、魔法や剣の異世界を舞台に、少女たちの成長や友情を笑いあり、ドラマありで描く、平均値(?!)ファンタジーです。

この度、“赤き誓い”の声優陣へ連続インタビューを実施! 第2回はレーナ役の徳井青空さんです。レーナがフィーチャーされた第6話「もう森へなんて行かないって言ったよね!」を通して感じた“赤き誓い”の絆や、TVアニメ前半でのお気に入りエピソードなどを語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

回を重ねるごとに感じられるレーナの新たな一面

──改めて作品の第一印象についてお聞かせください。

徳井青空さん(以下、徳井):転生した女の子が、女の子とパーティーを組んで一緒に旅をしていくというストーリーが個人的に可愛くて素敵だと思いました。でも現代の日本から来たマイルちゃんなので、私達にも分かるようなネタが散りばめられていて、そこは観ていて共感できたり、ちょっとツッコミ甲斐があったりして、すごく面白い作品だと感じました(笑)。

──パロディネタが本当に多いですよね(笑)。

徳井:もうめちゃめちゃ多くて(笑)。私も分からないようなちょっと前のネタもたくさん入っているんですよね。様々な世代の人が観たときにそれぞれ分かるようなネタや、少し大人になってから分かるようなネタがあるところも魅力的だと思いました。

──そういう意味では年齢の幅が広いですよね。

徳井:そうですね、本当に広いと思います。もし、すべて理解できる人がいたらすごいと思いますし、全部まとめてほしいくらいです!(笑)

──レーナの印象は演じていくにつれて変化しましたか?

徳井:自分ではしっかりしている、自立している気持ちが強い子なのかなと思いましたが、他の3人と一緒にいるときに年相応なところが見えたりしたので、そういった可愛らしい一面を持っているんだと演じていくうちに感じられました。また、過去のこともあって意志が強い子なんだと改めて実感できましたね。

──最初にマイルと出会ったときは「クール系かな?」と思いきや、話が進むごとに可愛らしい一面も見えてきて。

徳井:自分のことを“赤のレーナ”と呼ぶくらいなので、ちょっと気が強かったりするのかなって思うこともありましたが、仲間思いな一面が見えたのは魅力的だと思います。

あと、後半になるほどツッコミを入れる機会が多い気がしていて、意外とツッコミポジションに収まりつつあるのかなと(笑)。最初の方はマイルちゃんがツッコミに回ることが多かったと思うんですけど、前半と後半で逆転しているイメージがあります。

──そんなレーナを演じる上で意識したことは?

徳井:きっとレーナは戦うことに対する意識が強い方だと思うんです。もちろん戦闘のときはみんな真剣ですが、レーナとしてより真剣に向かい合うようにイメージしています。

一方、4人で一緒に過ごす時間が増えるにつれて、家族みたいにリラックスできるパーティーになっているような気がしていて。“赤き誓い”のみんなと一緒にいるときの気持ちの緩まり方に戦闘シーンとのギャップが出たらいいなと思いました。

──その気持ちの緩まり方がツッコミに回った理由のひとつなのかもしれませんね。

徳井:そうかもしれませんね。心を許している姿は回を重ねるごとに感じられると思います。

個性が強過ぎるモブキャラも見逃せないポイント!?

──他のキャストのみなさんと掛け合いをしてみていかがでしたか?

徳井:個性的な4人が揃っているので、バラバラだけどバランスがいいような気がします。アフレコのときも、マイル役の和氣(あず未)ちゃんが読み間違えたりボケたときに3人でツッコミを入れるところは、とても“赤き誓い”感があってシンクロしているなと(笑)。

──やっぱり和氣さんがツッコミを入れられるポジションなんですか?

徳井:そうですね。和氣ちゃんは天然っぽいところもあるので、そこをお姉さん3人でツッコミを入れていって……(笑)。とても楽しい現場でした。

──(笑)。ちなみにレーナ以外でお気に入りのキャラクターを挙げるなら?

徳井:やっぱりナノちゃんでしょうか。アニメではこのシルエットですが、漫画版だとまた異なるビジュアルなんですよね。見た目の可愛さもありつつ、いい声で色々と説明してくれるギャップが素敵で早くマスコットになってほしいなと思います(笑)。

──ビジュアルの可愛らしさと羽多野さんのカッコいい声のギャップが絶妙なバランスですよね(笑)。

徳井:あとメイン以外の敵キャラクターも個性が強くて(笑)。それこそ第1話に出てきた見張りの人たちも斧を舐めようと舌を出したまま喋ったりしていて、「これどういうことなんだろう?」って思っちゃうくらい個性的なキャラクターが多いんですよね。

演じられる方も台本にないアドリブのところを面白く考えられたり、音響監督さんがディレクションしていたりと、声がついたことでツッコミどころがより増えたような気がします。すごい楽しそうな世界ですよね(笑)。

──パロディネタも休憩時間で話題に挙がったり?

徳井:みんなで「この場面の元ネタってこれじゃない?」と話し合ったりしましたね。マイルちゃんがパロディネタを言う機会が圧倒的に多いので、和氣ちゃんが知らないけど私たちが知っているようなネタは「こういうネタがあるんだよ」と説明することもありました。

(C)FUNA・亜方逸樹/アース・スター エンターテイメント/のうきん製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

私、能力は平均値でって言ったよね!の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー