menu
アニメ
アニメ『三ツ星カラーズ』高野麻里佳BD BOX発売記念インタビュー

今もカラーズは上野にいるんだ――何気ない日常で輝く、かわいいほうだいが詰まったエピソードの数々│アニメ『三ツ星カラーズ』声優・高野麻里佳さんBD BOX発売記念インタビュー

上野を舞台に、かわいいほうだい!やりたいほうだい!な結衣、さっちゃん、琴葉の3人の日常を描くTVアニメ『三ツ星カラーズ』のBlu-ray BOXが2019年12月25日(水)に発売!

全12話がコンパクトなBlu-ray1枚に収録されるほか、キャラクターデザイン横田拓己氏描き下ろしスリーブケースと単巻Blu-rayジャケットイラストカードセット(全4枚)が毎回特典として付属。

さらに、初回生産特典には、カラーズ☆スラッシュ復活ライブ優先販売申し込み券が封入されています。

この度、Blu-ray BOXの発売を記念して、結衣役・高田憂希さん、さっちゃん役・高野麻里佳さん、琴葉役・日岡なつみさんにインタビューを実施。発売までの3日間、カウントダウン形式で公開していきます!

第2回はさっちゃん役・高野麻里佳さん。アニメ本編やカラーズ☆スラッシュの活動の振り返り、カラーズ3人の“ベスト可愛いシーン”のピックアップ、今年キャストの身に起きた事件など、たっぷり語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

「今もカラーズは上野にいるんだ」

――TVアニメの放送から約2年、ついにBlu-ray BOXが12月25日(水)に発売、来年3月にはカラーズ☆スラッシュの復活ライブが開催されます。発表を聞いたときの率直な感想をお聞かせください。

高野麻里佳さん(以下、高野):TVアニメ『三ツ星カラーズ』の世界って、放送開始から2年が経とうとしている今でもみなさんに居場所を作ってもらえるんだって驚きましたし、何より嬉しかったです!

一話完結だからこそ収録もずっと続いていくような、1クールが終わってもどこかで毎日この日常が続いているんだなと思わせてくれるような作品でした。だから、今回の発表で改めて「今もカラーズは上野にいるんだ」と感じられて、私も気合を入れてさっちゃんを呼び起こさないとな、と思って作品を観直しました。

――TVアニメの放送やライブが行われていたのも最近のような気がしつつ、でもずっと前だったような気もするんですよね。

高野:日常を描いている作品だからこそ、終わった気が全然しないんですよね~。それに今でも共演していたキャストさん・スタッフさんとお喋りする機会は多くて、『三ツ星カラーズ』の思い出話をすると絶対に笑いが起きるんですよね。

放送が終わってもみんなが笑顔になるのは、今もそれだけ愛している作品だからなのかなって思うんです。とても温かい思い出であり、私の一部になっているような作品だと思います。

――カラーズ☆スラッシュのお三方はTVアニメ放送前から様々な活動をしているので、作品への愛もひとしおですよね。今までの活動の中で特に印象深いものを挙げるなら?

高野:やっぱりTVアニメの放送前から収録していた応援宣伝番組の『天才!カラーズTV』は新しいチャレンジで(笑)。作品の舞台が上野ということもあって、番組では聖地巡礼のように上野の街を回って、自分たちも小学生に戻ったように遊びました。

作品の舞台になっている土地を改めて知る機会はあまり多くないと思いますが、そのきっかけを与えてくれた企画だったと思います。東京に住んでいても、上野に行ったときに小学生のような遊びをするかと言われたら絶対にしないですし、多分できないですね(笑)。

きっとやろうとしても私の中の大人の気持ちが邪魔をするんですけど、スタッフさんの作品愛のひとつの形として公式にやらせてもらえたからこそ、私たち役者がキャラクターの気持ちにより近づくことができましたし、他の作品とはまた別の関わり方をしていたなと今でも思います。

――たしかに。役に入り込む上でプラスになることを放送前にこれだけリードしてくれるコンテンツって貴重ですよね。

高野:例えば番組内でワンコーナー設けてその中でやってみるとか、大人としての理性や守らなきゃいけない何かを持ったまま行うことが多いかと思いますが、それらを一度忘れていいよと言ってもらえたような気がして。その一方でスタッフさんが保護者のように引率してくれた企画だったと思います(笑)。

 

――そんな保護者のみなさんが不忍池で汗だくになってボートを漕ぐ回もありましたね(笑)。

高野:漕いでましたね! 楽しかったな~! ちなみに子供に接しているときの親って、ちょっと子供口調だったり赤ちゃん口調になったりするじゃないですか。私も子供に話しかけるときはきっとそうなると思いますが、収録中のスタッフさんが私たちと接するときもまさにそんな感じだったんですよ(笑)。

子供と同じ目線になって頑張ってくれる保護者のような感覚で、自分の幼少期を思い出すような感覚でしたね。だから家族のような親近感が湧きましたし、1クールという短い収録期間でも濃厚な関わりを持っていたと思います。

▼第4話:ミッション『ボート遊びをしよう』

何気ない日常の中で輝く三ツ星カラーズ

――Blu-ray BOXでは1枚のディスクに全12話が収録されていますが、高野さんがもう一度観てほしいシーンを教えてください。

高野:ワンコインさっちゃん(第9話「ワンコインさっちゃん」収録)は、収録のために家で実際にコインをくわえて練習していたことを今でも思い出します! どうやってコインをくわえたら喋れるんだろう、どこから息を出しているんだろうって(笑)。

コインで口を塞ぎ過ぎちゃうと、音がちゃんと前に出ないんですよね。だから、唇と歯の間にコインを挟んで自分で調節していて。ただ、収録ではコインをくわえたままだと音が入らないので、現場にいかに同じ状況の口で喋れるかを頑張っていて……今思い返してもシュールだったと思います(笑)。

――ちなみに今までコインをくわえたキャラクターを演じる機会は……?

高野:もちろん初めてです! 奇想天外なさっちゃんならではの発想ですよね(笑)。それにちゃんと目にもコインを載せてみましたが、500円玉は無理でしたね……。

――意外と載らないものなんですね……。

高野:全然載らないですね、上手くはまらないというか……。だからさっちゃんはこれを研究したのかと考えたら時間の使い方贅沢だなあ!って(笑)。

まさに子供ならではの遊びだと思いましたし、そういうところも含めて『三ツ星カラーズ』の癒やし要素、観ていて面白いところだと実感しました。だからワンコインさっちゃんは個人的にまた観たいエピソードですね。

――さっちゃんらしい一面と高野さんの熱演が確認できるわけですね。

高野:あ、そういえば最近、銀杏を踏んだんです! 道を歩いていたときに、なんか臭いなって思っていたんですよ。この道が臭いのか、はたまた何かが臭っているのかと思っていたら何かをガリッと踏んで、足元を見たら銀杏で「やっぱり銀杏って臭いんだ!」と(笑)。

そのときのカラーズの3人を思い出したんですよね。さっちゃんたちが感じていた誰かを疑いたくなるような臭さってこれか!って(笑)。そんな銀杏をきっかけに作中のワンシーンを想起してふふっと笑ってしまったエピソードが最近ありまして。

――第7話「トリック オア トリート!」でも銀杏のエピソードが描かれていましたね。

高野:だから秋・冬には作中での思い出深いエピソードが多いと感じるんですよね。雪が積もったところに寝っ転がったら側にうんこがあったエピソード(第10話「雪すぎる」収録)とか(笑)。あの衝撃は漫画で読んでもアニメで観ても本当に面白くて、この時期だからこそ見返したくなります!

――日常の何気ないことがきっかけで思い出せる作品って素敵ですよね。

高野:そうですね。まさに『三ツ星カラーズ』は本当に身近にありそうなことが描かれていますよね。みんなの日常でも思い出せますし、私の日常でもよく思い出せるシーンが多いので本当に面白いなと思います。

(C)2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング