menu
アニメ
『推しが武道館いってくれたら死ぬ』ファイルーズあいインタビュー

実録!? アイドルファンアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』|地下アイドルファンを演じるファイルーズあいさんにインタビュー!

地下アイドル、ChamJamで一番人気がない舞菜と、彼女を健気に推し続けるファンのえりぴよ、彼女たちを取り巻く人たちを描いたアイドルコメディアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(原作:平尾アウリ 徳間書店『リュウコミックス』原作)が2020年1月から放送開始!

主人公のえりぴよを演じるファイルーズあいさんに、本作の魅力と見どころを語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

美しい絵とシュールなギャグのギャップに驚き。アイドルオタク用語の勉強も

――原作を読んだり、演じて感じた作品の印象をお聞かせください。

えりぴよ役・ファイルーズあいさん(以下、ファイルーズ):原作を読ませていただいた時、絵がすごくきれいだったので美しい物語なんだろうなって思ってました。少女マンガ的な(笑)。いざ読み進めていくとシュールなギャグが飛び交って、そのギャップに笑ってしまいました。そしてマンガで読んだ時はすっと入ってきた言葉でもキャラとしてセリフを言うのはこんなに難しいんだとも感じました。

――オタクの人たちはこんなにテンション高く、早口でしゃべるのか、みたいな(笑)。

ファイルーズ:知らない単語もたくさんあって勉強になりました。

――えりぴよが推す舞菜が所属する地下アイドルのChamJamほか、登場する女の子はみんな、かわいいですね。

ファイルーズ:女の子をかわいく描くぞという平尾アウリ先生の熱意を感じました。

――演じるえりぴよはグループ内で人気薄の舞菜を唯一推しているアイドルオタクです。

ファイルーズ:言葉遣いが独特でおもしろい子です。全オタクが共感できること、核心に迫ることをさらっというところはトップオタにふさわしい、貫禄のあるオタクだなと思いました。

――女性アイドルを追いかける女性オタクも今では珍しくないですよね。

ファイルーズ:私もいただくファンレターの3分の2くらいは女性の方からで。同性の方から応援していただけるのはうれしいです。私自身、推す側の気持ちもわかるし、推される側の気持ちも声優になって初めて知ったので、えりぴよみたいなファンの方がいたらうれしい……えりぴよはギリギリかな(笑)。だから舞菜の気持ちもよくわかります。

――いつも赤いジャージで舞菜の前に現れるのはアピールになっているでしょうね。

ファイルーズ:推しにお金を使ってしまって服を買えないからなんですけど(笑)。えりぴよはきれいだし、舞菜への愛も本物だから美しく見えてくるんです。

ファイルーズさん独特のオタク研究法とは?

――演じる時に意識した点、心がけたことは?

ファイルーズ:私個人の見解ですが、オタクの人の話し方は大きく2種類に分類できて、テンションが上がるとすごく声が高くなるタイプか、逆にすごく低くなるタイプがいると思いますが、えりぴよは低くなるタイプだなと。だから地声より若干、低い声でお芝居させていただきました。

あと私もオタクであり、推しの新情報が入ってきた時の興奮や高揚感はハンパではないので、すぐに引き出せました。ちょうどアフレコが始まる頃に私が好きなアニメが放送されていて、十年来の推しがフィーチャーされる回があって。初めて推しをテレビで見る時の感動を録音しておけば、えりぴよの演技に活かせるんじゃないかなと思って録音して、実際に推しに叫んでいる時って理性がないので、そんな体験も役に落とし込んでみました。

――独特の方法だと思います(笑)。現場でディレクションはありましたか?

ファイルーズ:テンションが上がった時、奇声っぽくなってしまったので抑え目でと。この作品はギャグ寄りだけど、女性同士の感情などの美しさも感じてほしいのでと言われました。基本的には自由にやらせていただきました。

――そして推している舞菜も控えめだけど、かわいい子ですね。

ファイルーズ:アウリ先生の描く女性キャラはみんなかわいいけど、舞菜は特に先生の好きが詰まったキャラだなと。動きも控えめで自分から前に出られない子だけど、それがむしろいいのかなと思いました。

――7人のメンバーの中で人気最下位とは思えません。

ファイルーズ:全員がかわいいですからね。人気投票をする運営が悪いんです(笑)。舞菜にとても共感できたことがあって、初主演を務めさせていただいた作品で、初めてアニメのイベントに出演させていただいて、たぶん私を知っている人はほとんどいないだろうなと開演前はすごく緊張していたし、不安でした。この作品で舞菜が岡山ガールズフェスタに出演して不安でいた時にえりぴよが名前を呼んでくれて勇気づけられたエピソードがありましたが、私の初イベントの時は友達がいてくれて安心できたことを思い出しました。

ChamJamは絶妙な地下アイドル感がGood! ファイルーズさんの推しメンは?

――舞菜が所属するChamJamについてはどう思いましたか?

ファイルーズ:絶妙な地下アイドル感がいいなと思います(笑)。メンバー1人ひとりの個性も際立っていて、グループのバランスも素敵です。

――ちなみにえりぴよは舞菜推しですが、ご自身的に好きな子は?

ファイルーズ:めいぷる♡どーるのメイちゃんです。私、金髪が好きなので、最初はゆめ莉がいいけど、性格は優佳が良くて。そんな二人のいいところを持ったメイちゃんにぐっと心をつかまれました。アニメにはまだ登場していませんが、登場をお楽しみに。

――えりぴよのオタク仲間のくまさ、基も個性的ですね。

ファイルーズ:くまささんはオタクの鏡です。社会人経験があるからしっかりしているのかもしれません。演じる前野智昭さんのアドリブもすごくて、より味があるキャラになっていると思います。基はいそうな感じでちょっとこじらせているところがいいです。ガチ恋系ですが、孤独なんです。推しの子について語りたいけど、同担(同じ推し)の人とはライバルだしと複雑で。ガチ恋の人には共感できるキャラじゃないかなと思います。

▲くまさ(画像中央)

▲くまさ(画像中央)

▲基(画像左)

▲基(画像左)

――収録の雰囲気はいかがですか?

ファイルーズ:私はギャグセリフが多いんですけど、言い方がおもしろくないとつまらなくなってしまうので、家で一生懸命練習してきて当日を迎えると他のキャストさんや音響監督さんがテストで声を出して笑ってくれて温かいなと思いました。

あとオタクのガヤ録りが絶妙に気持ち悪くて、音響監督から「そこまで気持ち悪くしないでください」と言われてました(笑)。そしてコールは最後にまとめて録るんですが、「男性キャストさんに交じってみんなでやるんだろうな」と思っていたら、えりぴよだけ別録りで皆さんがじっと見守る中、「サーモンピンクの舞菜!」とか「ハイ! ハイ!」と一人で叫んだ時はちょっと恥ずかしかったけど、楽しかったです。またテンションを高めるためにキンブレ(キングブレード=電池式で発行色を変えられるライト)を振りながらやったこともあります。声も乗る感じがして。

えりぴよとして歌うED曲「♡桃色片想い♡」は清い頃をイメージしたバラード調に

――ED曲「♡桃色片想い♡」は松浦亜弥さんの名曲のカバーですが、レコーディングされた感想は?

ファイルーズ:小学生の頃に聴いていたので恐れ多いなと。最初は原曲を、えりぴよのテンションで歌うのかなと思っていたら、原曲と違う、しっとりしたバラード調だったので、驚きました。「舞菜に出会ったばかりの清い頃のえりぴよで」というディレクションをいただいて。実際、その時の心境がこの曲の歌詞とリンクしていたので選ばれたそうです。キャラ感を失わないままで、清らかさを出せるように心がけて歌いました。

――映像をご覧になった感想は?

ファイルーズ:この取材の時点ではまだ完成した映像を見ていないんですけど、PVに5秒ではがされる前に想いを伝える芸というシーンがあって。たぶん世界一早口な人が言っても5秒で入りきらないのではないかと思うほどでした。あとChamJamのダンスを早く見たいです。PVでも滑らかに動いていたので、フルで見たいし、聴きたいです。

――好きなエピソードやシーンは?

ファイルーズ:文と空音の関係性が好きです。自信家の文はあまりアイドルに執着心がなかった空音のほうが人気があることに葛藤を抱いているけど、空音は文と仲良くしたいしというすれ違いがあって。でもお互いに尊敬し合っているのも伝わってきて、好きなシーンです。

ファイルーズさんが好きなアイドルは二次元!?

――ちなみにご自身が好きなアイドル、アイドルソングを教えてください。

ファイルーズ:二次元なら大好きなアイドルがいるんですけど……『KING OF PRISM』の高田馬場ジョージ君です。三次元だとHootersというアメリカンダイニングのチェーン店で、夜になると女性店員さんが踊ってくれるんですけど、某店舗の子が大好きで、よく会いに行って、Hootersカラーのオレンジで応援したり、ハイタッチしたりしてます(笑)。

――えりぴよは赤ジャージとピンクのキンブレが必須アイテムですが、ご自身にとって欠かせないアイテムは?

ファイルーズ:頭痛薬です。私、アフレコ現場や映画館、ライブ会場など音が大きいところに行くと頭が痛くなっちゃうので必須です。

――改めて、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の魅力、見どころは?

ファイルーズ:アイドルオタクに限らず、推しがいる人、好きなものがある人には共感できる作品だと思います。推しのことを考えながら見てほしいなと思います。また女の子たちの繊細な心の動き方や、えりぴよと舞菜の関係だけでなく、それぞれのカップリングや関係性にも注目して楽しんでいただけたらと思います。

――皆さんへメッセージをお願いします。

ファイルーズ:原作ファンの方にはやっと動くChamJamが見られるということで感動もひとしおじゃないかなと思います。作中でどうコールすればわからなかった方にもアニメでわかっていただけると思うし、ライブシーンではキンブレを手に一緒にコールしてもらえたらうれしいです。この記事で知った方にはえりぴよたちアイドルオタクの人たちに共感したり、ChamJamから推しメンを見つけたり、私のように意外なキャラなどご自身の推しキャラを見つけて、応援してください。

アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は、TBSにて2020年1月9日(木)深夜1:28~。BS-TBSにて1月11日(土)深夜2:00より放送開始!

[取材・文・写真/永井和幸]

TVアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』作品情報

INTRODUCTION

岡山県在住のえりぴよは、マイナー地下アイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜に人生を捧げている熱狂的なオタク。
えりぴよが身を包むのは高校時代の赤ジャージ。
えりぴよが振り回すのはサーモンピンクのキンブレ。
えりぴよが推すのは舞菜ただ一人。
収入の全てを推しに貢ぎ、24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿はオタク仲間の間で伝説と呼ばれ、誰もが一目置く存在となっていた。
『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら...死んでもいい!』
そう断言する伝説の女・えりぴよのドルオタ活動は、アイドルもオタクも巻き込んで今日も続く...!

放送情報

TBS:2020年1月9日(木)深夜1:28~
BS-TBS:2020年1月11日(土)深夜2:00~
※放送日時は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

配信情報

TVアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』FOD独占配信決定!
2020年1月10日(金)配信開始 毎週金曜日6時最新話配信

◆FOD『推しが武道館いってくれたら死ぬ』配信サイト

STAFF

原作:平尾アウリ(徳間書店 リュウコミックス)
監督:山本裕介
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:下谷智之/米澤優
CGディレクター:生原雄次
色彩設計:藤木由香里
美術監督:益田健太
美術設定:藤瀬智康
撮影監督:浅村徹
編集:内田恵
音響監督:明田川仁
音響効果:上野励
音楽:日向萌
アニメーション制作:エイトビット

CAST

えりぴよ:ファイルーズあい
市井舞菜:立花日菜
五十嵐れお:本渡 楓
松山空音:長谷川育美
伯方眞妃:榎吉麻弥
水守ゆめ莉:石原夏織
寺本優佳:和多田美咲
横田 文:伊藤麻菜美
くまさ:前野智昭
基:山谷祥生
玲奈:市ノ瀬加那

COMICS

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は COMICリュウweb(徳間書店)にて連載中。
第1巻~第6巻が現在発売中。

◆公式サイト
◆公式Twitter(@anime_oshibudo)

関連商品

おすすめタグ
あわせて読みたい

推しが武道館いってくれたら死ぬの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング