menu
アニメ
冬アニメ『恋アス』最終話放送後の高柳知葉&山口愛が語る作品の魅力

高柳知葉さん&山口愛さんが語る、夢を追いかけ続けたみら・あおの成長と、ふたりへのメッセージ│冬アニメ『恋する小惑星』最終話放送後インタビュー【連載最終回 後編】

『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて連載中のQuro氏による4コマ漫画作品『恋する小惑星(アステロイド)』(以下、恋アス)。

本作のTVアニメが2020年1月より好評放送中! 高校の地学部を舞台に、“小惑星を見つけたい”という夢を持つ主人公を中心に展開される地学系女子(ジオジョ)による青春ストーリーです。

アニメイトタイムズでは、声優陣へのインタビュー連載を実施! 連載の最終回は前編に引き続き、木ノ幡みら役の高柳知葉さん、真中あお役の山口愛さんにインタビュー。放送されたばかりの最終話についてはもちろん、演じたキャラクターたちの夢や彼女たちへのメッセージを語っていただきました。

※本記事には最終話のネタバレを含みますので、ご注意ください。

バックナンバー

第1回 木ノ幡みら役・高柳知葉さん&真中あお役・山口愛さん
第2回 猪瀬舞役・指出毬亜さん
第3回 桜井美景役・東山奈央さん
第4回 森野真理役・上坂すみれさん
第5回 鈴矢萌役・上田麗奈さん
第6回 遠藤幸役・Lynnさん
最終回 前編 木ノ幡みら役・高柳知葉さん&真中あお役・山口愛さん

アニメイトタイムズからのおすすめ

終わりだけど終わりじゃない……見つからなかったからこそ先がある!

――ついに最終話が放送されましたが、おふたりが最終話のアフレコを終えた際の心境について教えてください。

高柳知葉さん(以下、高柳):Aパートを終えたくらいまでは「来週もあるでしょ?」みたいに、最終話という実感がなくて。

山口愛さん(以下、山口):わかる!

高柳:みらはひとつの現実にたどり着き、彼女たちの日々や夢は続いていく……原作がまだまだ続いている作品ということで、一区切りつけるのは難しいと思っていましたが、制作チームの方々が素敵な形で締めてくださいました。

だからこそ「終わっちゃったんだ……」と最後の最後に実感して、すごく寂しくなりましたね……。

アフレコ現場自体すごく温かい雰囲気だったので、スタジオに行くことが毎回楽しみで。もしかしたら、もうないのかなと思うと心に穴が空いたような……。

ただ、本当の意味で「一区切りしたんだ」と実感するタイミングは、視聴者の方と同じく放送を終えたときだと思っています。だから、このインタビューが公開される頃には、心にもうひとつ穴が空いているかもしれません。でも、とっても素敵な最終話になっていますので、それ以上の達成感に満たされているとも思います!

山口:私も最終話という感覚がなかったです。でも原作には描かれていなかった最後の「見つけよう、叶えよう、ふたりの約束を」というセリフを録ったとき、ふたりの夢はまだまだ続くけれど、アニメとしては一旦終わりという実感が湧いてきて……。

結果として、小惑星は見つかりませんでしたが、ふたりはまだ高校2年生なので、これからもチャンスがいっぱいあるはずです。原作の今後の展開を楽しみにしています。

なにより、小惑星を見つけられなかったということは、まだまだ作品には先の展開があるということですし! また、なにかしらの形で関わることができるのかなと思うと、希望が芽生えました!

高柳:ふたりで小惑星を見つけないといけないからね!

山口:そう! やっぱり夢は叶えてほしいですから。

――改めて最終話「つながる宇宙」を振り返ってみていかがでしょう。

高柳:「狙った成果が出なくても、報告することはとても大切だよ」「次の観測のため、これからの人達のための大切な情報になるからね」と言われるシーンがありますが、本当にその通りだと思って。こういった分野はすごく長いスパンで研究が進んでいくもので、改めてみらとあおが追い求めているものの世界の広さや深さというものを実感しました。しかも、それを高校生で体験できるなんて、みらとあおは本当に貴重な経験ができたと思います。

山口:私は元々、星が好きだったのですが、「きら星チャレンジ」といった活動を『恋アス』で知って、高校生の頃に体験してみたかったなと思いました。

高柳:すごいわかる。私はほかにも、高校生の頃の先生(遠藤幸)が参加していたことに驚いて! 個人的に先生の学生時代のお話に興味があったのですが、ここにきて早川先生が、当時一緒に参加していたことを知ってスピンオフを見てみたくなりました!

山口:最後の最後にみらの目が変わるシーンも見逃せない! みさ姉にしかなかったハイライトがみらの目にも描かれて、覚醒シーンですね。

高柳:それについてはアフレコのときに知ったのですが、「真理にたどり着くとこうなるのか」と思いました……!

山口:結果は残念だったけど、先はまだまだある……。私としては、ふたりの夢はまだまだ続くという喜びもありました。これからもふたりで歩んでほしいと思っていますし、今回の経験は、未来の大きな変化のきっかけになると思います!

高柳:個人的には、1クールのアニメの中で1年以上の時が経つのは珍しいと思っているのですが、全12話の中に彼女たちの成長物語が詰まっていて、その証みたいなものをとても強く感じられる最終話だと思いました。

(C)Quro・芳文社/星咲高校地学部
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング