menu
アニメ
春アニメ『BNA ビー・エヌ・エー』諸星すみれ&細谷佳正インタビュー

春アニメ『BNA ビー・エヌ・エー』諸星すみれさん&細谷佳正さんインタビュー|アフレコ現場は天才どうしのぶつかり合い!「大ヒットアニメを作ろう!」

TRIGGERのTVアニメ最新作『BNA ビー・エヌ・エー』(2020年4月放送開始)。監督は『リトルウィッチアカデミア』の吉成曜、そしてシリーズ構成・脚本を手掛けるのは『プロメア』の中島かずきだ。

普通の人間だった影森みちるは、ある日突然タヌキ獣人になってしまい獣人特区“アニマシティ”に逃げ込む。そこで人間嫌いのオオカミ獣人・大神士郎と出会い、行動を共にするというバディものだ。

ちょうど3話の収録を終えたタイミングで、影森みちるを演じる諸星すみれと、大神士郎を演じる細谷佳正にインタビュー!

アニメイトタイムズからのおすすめ

黄色いオーラを持ってるみちると謎の多い士郎

ーーTRIGGER作品には、どんな印象をお持ちですか?

諸星:一度、TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』でゲストキャラクターとして参加させていただいたことがあったんですけど、そのときは絵の動きや色使いが独特で、他のアニメにない特徴があって面白いなと思いました。

アナベルという作家の役だったんですけど、その子がアンチの心無い発言に落ち込んじゃう内容で、見た目はファンタジーなのに、内容は考えさせられるところがあるんだなと思いました。

セリフにもハッとさせられるところがあって、「卵を割らずにオムレツは作れないのよ。何事にも犠牲はつきものなの」(※ロッテのセリフ)とか、深く考えさせられるんですよね。そのギャップが面白いなって。

今回も『リトルウィッチアカデミア』と同じ吉成曜監督なので、それも楽しみでしたし、“アニマシティ”も現実では考えられない世界観だけど、現実世界に落とし込んで考えても共感できる部分があるんですよね。だから、今の社会問題に一石を投じるようなところもあるのかな? と思っています。

細谷:脚本家の中島かずきさんと仕事をする事が、自分にとってとても大きな事でした。劇団☆新感線の舞台をDVDでよく観ていたので。

アニメの脚本を書かれていることは知っていたんですけど、一緒に仕事をした事はなかったので。今回関わることが出来て嬉しかったです。

ーー実際に中島かずきさんの脚本はいかがでした?

細谷:第2話くらいまで、具体的な設定の説明はなかったんです。オーディションの段階でキャラクターの年齢とか、バックグラウンドを少しだけ聞いてはいたんですけど、それだけだったんですね。

でも3話あたりで、自分のやっている士郎が何でこの言い方にこだわるんだろう?という箇所が出てきたので、知っていた方がいいなと。
中島さんにそこで初めて質問しました。

話を聞いてわかったんですけど、監督もその時中島さんから具体的な設定とかは聞いてなかったみたいで、『細谷さんが質問してくれてよかった』みたいに言ってくれまして。質問して良かったなと(笑)。

ーー質問も大切ですね(笑)。

細谷:この現場は、台本に書いてある台詞を、変える事を許してくれるんですね。『キャラクターらしければそれで大丈夫』みたいに。

中島さんが舞台の脚本を普段多く書かれる方なので、エチュード的に、いい感じのやり取りをOKテイクにしていくという作り方をしていたのも、面白かったです。

ーーお二人が演じているキャラクターは、どんなキャラクターですか?

諸星:みちるのイメージは、黄色いオーラを持っている子です。ピンクみたいな女の子らしさもないし、青ほどは冷めていない。赤いほど情熱的でもないので、すごく中間のところでうまく生きてきた子なのかなと思っています。でも明るくて天真爛漫で、自分の意思をちゃんと持っている。しかも持っているだけではなく、それを他の人に伝えていくし、自分の道を切り開いていっている感じはカッコいいなと思います。

第1話で逃げているところから始まるのもみちるらしいなって思います。隠れてコソコソしているタイプじゃなく、自分で居場所を見つけるタイプなんだなって。

私とは正反対で、私は考えこんじゃうタイプなんですけど、不思議なことに、すごく自然体で演じることができるんです。

細谷:士郎がどんなキャラクターかは、言ってしまうと話の結末を話す事になってしまうので、観て感じて頂ければと思っていますし、作り手側も想定していなかったようなキャラクターの魅力を、見つけて頂けたら嬉しく思います。

公表されているのは、狼に変身する事ができるらしい……という事くらいですかね(笑)。

ーー『BNA ビー・エヌ・エー』の魅力を教えてください。

諸星:まだ収録は第3話までしか進んでいないので(取材当時)、深くは踏み込めてはいないんですが……キャラクターの個性が際立っていて、会話やストーリーのテンポが速いので、物語の展開自体が速いんです。

キャラクター同士の会話も、アニメよりも舞台やドラマっぽさを感じる部分があります。アニメのテンポ感に慣れていると、最初は感情の切り替えが速くて難しく感じたんですけど、実際にアフレコでみなさんと一緒にやると、会話がハマった瞬間がすごく気持ちよくて。今はわりと尺も気にしないでやってしまっています。

細谷:作る側として魅力的と感じるのは、諸星すみれさんが主人公であるということです。一緒に仕事をしたいなと思っていたので、今回叶って嬉しく思っています。諸星さんのお芝居が持っている空気感とか雰囲気に憧れていました。

『二人の主人公』となると、多くの場合、歳の近い二人の演者で作ろう、というものが多いと感じていて……。

諸星さんと一緒に仕事をする事に憧れはありましたが、自分の年齢では難しいだろうなと思っていたので、台詞を掛け合ってシーンを作っていける事が単純に楽しいです。

監督が吉成曜さん、脚本が中島かずきさんで、アニメファンにとって凄い作品だと思います。その二人のクリエイティブな才能に支えられながら、諸星すみれさんと一緒にお芝居が出来る事が、僕にとっての『BNA ビー・エヌ・エー』の魅力的な部分です。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング