音楽
『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:イケブクロ・ディビジョン編

『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:イケブクロ・ディビジョン編|次の目標に向けて歩みを始めたBuster Bros!!!が見つめる先とは

不動の人気を獲得しながらも新たな挑戦で我々を楽しませてくれている『ヒプノシスマイク(以下、ヒプマイ)』。アプリゲームの配信もスタートするなど、まだまだ話題には事欠きません。

『ヒプマイ』がこれほどまでに人気となった理由のひとつが、ビジュアルやストーリーを含めたキャラクターの魅力だけでなく、“音楽のクオリティの高さ”が挙げられるでしょう。

Battle CDシリーズ以降の新シリーズでは、オオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョンを加えた6枚のCDがリリース。ストーリーが進むにつれてさらにクオリティアップしていく楽曲群に驚かされた方も多いかと思います。

そこで今回は、2019年10月30日に発売された『どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin’night」』から、2020年3月25日に発売された『麻天狼「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」』までを全曲レビューしていきます。

連載第3回となる本稿では、『Buster Bros!!!「Buster Bros!!! -Before The 2nd D.R.B-」』をピックアップ! 負けた悔しさから立ち上がるように、新たな壁をぶち壊す兄弟の行方に刮目せよ!

 

連載記事一覧はこちら!

◆オオサカ・ディビジョン編
◆ナゴヤ・ディビジョン編
◆イケブクロ・ディビジョン編
◆ヨコハマ・ディビジョン編
◆シブヤ・ディビジョン編
◆シンジュク・ディビジョン編

「Break the wall」で見つめている壁とは

ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」との戦いに破れた「Buster Bros!!!」。リーダーの山田一郎(CV.木村昴)がそこから選んだ道が「Break the wall」で描かれているように感じます。

タイトルの「Break the wall」がリリックでもしきりに登場し、壁を壊すというメッセージが強く現れています。この壁とは、負けてしまった現状の打壊というのもあるかと思いますが、壁に囲まれた中王区の打壊というのももちろん含まれていることでしょう。

山田一郎は生粋のリーダー肌なので、今後も物語の中心になって何かを巻き起こしてくれそうな予感。彼のパワフルなメッセージに期待しましょう。

さて、音楽面でまずビビッと来たのが90年代のラップミュージック好きにはたまらないであろうソウルフルなサウンドです。ベース、ギター、ドラム、ピアノ、ハンドクラップが心地よく鳴り響く中で聞こえる山田一郎の芯の通ったラップは、説得力バツグン。

フック(サビ)に向かって徐々にトランペットやシンセサイザーの音が増えていく様子は、まるで仲間たちが集まっていくかのようです。

そこからのコーレスは、曲を聴いている僕たちも仲間なのだと思わせてくれるようなものに。「Can you feel it?」「諦めるにはまだ早いだろ?」という問いかけにはパワーをもらえます。

「諦めるにはまだ早いだろ?」は僕たちにも言ってくれている感じもしますが、山田二郎&三郎に言っているようにも聞こえ、やっぱり兄は偉大だなと思ってしまいました。

そして、「C'mon boys and girls ok? Keep going on.」はイケブクロ・ディビジョンを応援してくれるヘッズたちへのメッセージだと思います。「boys」だけだと兄弟へのメッセージともとれますが、リリックは「boys and girls」。

この山田一郎の「みんな行こうぜ!」というパワーはいったいどこからくるのでしょうか。だから彼を応援したくなってしまうんですよね。

▼作曲・編曲担当の西寺郷太が手掛けた曲

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング