音楽
『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:オオサカ・ディビジョン編

『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:オオサカ・ディビジョン編|「やかましいくらいがちょうどええわ!」わーわー言うとりますけど、ラップやらせてもらってます

不動の人気を獲得しながらも新たな挑戦で我々を楽しませてくれている『ヒプノシスマイク(以下、ヒプマイ)』。アプリゲームの配信もスタートするなど、まだまだ話題には事欠きません。

『ヒプマイ』がこれほどまでに人気となった理由のひとつが、ビジュアルやストーリーを含めたキャラクターの魅力だけでなく、“音楽のクオリティの高さ”が挙げられるでしょう。

Battle CDシリーズ以降の新シリーズでは、オオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョンを加えた6枚のCDがリリース。ストーリーが進むにつれてさらなるクオリティアップしていく楽曲群に驚かされた方も多いかと思います。

そこで今回は、2019年10月30日に発売された『どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin’night」』から、2020年3月25日に発売された『麻天狼「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」』までを全曲レビューしていきます。

連載第1回となる本稿では、『どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin’night」』をピックアップ! 新たに登場したオオサカからの刺客は、コッテコテの浪花節。ボケもツッコミもかまして、他のディビジョンをどついたります!

 

連載記事一覧はこちら!

◆オオサカ・ディビジョン編
◆ナゴヤ・ディビジョン編
◆イケブクロ・ディビジョン編
◆ヨコハマ・ディビジョン編
◆シブヤ・ディビジョン編
◆シンジュク・ディビジョン編

まるでお好み焼きな「あゝオオサカdreamin’night」

まずは全体曲の「あゝオオサカdreamin’night」から。

歌うのは、白膠木簓(CV.岩崎諒太)、躑躅森盧笙(CV.河西健吾)、天谷奴零(CV.黒田崇矢)の3人で構成されたオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」です。

これまで関東圏のディビジョンしか登場していなかった『ヒプマイ』にオオサカからカチコミをかけてきた「どついたれ本舗」ですが、この「あゝオオサカdreamin’night」はいかにもなオオサカらしさが散りばめられています。それはリリックを見れば一目瞭然。

白膠木簓による「はい、どーもー」という芸人らしい登場からはじまり、関西弁のオンパレード。しかも随所にオオサカらしいテイストを楽しむことができます。

笑いに厳しく、出汁にもうるさい関西人らしい「フリも出汁も効いてへんライムじゃ」は、関西圏出身の方なら思わず頷いてしまうことでしょう。

個人的に好きなのは「すっきゃねんってhold me tight」というリリック。おそらく、関西人なら何度となく聞いたことのある、やしきたかじんさんの「やっぱ好きやねん」と、上田正樹さんの「悲しい色やね」が元ネタだと思われます。

この2曲も1本記事が書けるくらいに良い曲なのですが、今回は割愛。気になった方はぜひチェックしてみてください。

そんな秀逸なリリックを書けるのが、Creepy NutsのR-指定(ちなみに大阪出身)。ご存じの方も多いかと思いますが、テレビ朝日系列のTV番組『フリースタイルダンジョン』でモンスターを務めるなど、その実力はここで言及する必要もないでしょう。

ウィットの効いた言葉選びと畳み掛けるようなフロウは唯一無二。そして毎秒のように現れる韻が心地よく耳に残ります。この、意味が通っていてよく韻を踏めていることを「韻が固い」というのですが、R-指定は間違いなく韻が固いラッパーです。

「むしろ俺色に真っさらに塗るで 刺さらん奴はおらんやろ?言うて」の「塗るで 刺さらん」で白膠木簓に、「いつでも雨宿れ」の「雨宿れ」で天谷奴零に、など上手く名前を入れ込んでいるところもGOOD(盧笙先生は自分のバースを残念ながら噛んでしまいましたね……!)。

細かく分解するとここでは書けないほどの韻の宝庫になっていますので、まだご覧になっていない方は歌詞カードとにらめっこするのをオススメします!

そんなR-指定のリリックとフロウを上手く歌い上げている岩崎さん、河西さん、黒田さんには脱帽の一言。収録もさぞ大変だったことでしょう。

また、Creepy NutsのDJ 松永のトラックも最高なんです……! これまで『ヒプマイ』内でもありそうでなかった三味線を使ったトラックは、聴けば踊りださないわけにはいけないほどのパーティーチューンに。

個人的な考察ですが、もともと三味線などを使った出囃子(でばやし、演者の登場で流される音楽)は、上方落語(関西圏の落語)で使われていたのが発祥だそうで、そのあたりも考えられているのかなと思うとさらにおもしろく感じます。また、「どついたれ本舗」の登場曲と考えると出囃子というのはぴったりではないでしょうか。

キャラクターの魅力、声優の魅力、オオサカの魅力、その他諸々の魅力をなんでもたっぷりと混ぜて、Creepy Nutsという職人が焼き上げたお好み焼きのような最高の一曲!

そして、「あゝオオサカdreamin’night」だけでなく、Creepy Nutsの曲も聴いてみると新たな発見があることでしょう。

ちなみに、天谷奴零の「教師、漫才師、医師、弁護士、師と仰がれし者、皆ペテン師」というリリックが気になりますが、今後何か関係することがあるのでしょうか……?

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング