menu
音楽
『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:シブヤ・ディビジョン編

『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:シブヤ・ディビジョン編|チーム存続の危機に自由奔放なメンバーはどう立ち向かう?

不動の人気を獲得しながらも新たな挑戦で我々を楽しませてくれている『ヒプノシスマイク(以下、ヒプマイ)』。アプリゲームの配信もスタートするなど、まだまだ話題には事欠きません。

『ヒプマイ』がこれほどまでに人気となった理由のひとつが、ビジュアルやストーリーを含めたキャラクターの魅力だけでなく、“音楽のクオリティの高さ”が挙げられるでしょう。

Battle CDシリーズ以降の新シリーズでは、オオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョンを加えた6枚のCDがリリース。ストーリーが進むにつれてさらなるクオリティアップしていく楽曲群に驚かされた方も多いかと思います。

そこで今回は、2019年10月30日に発売された『どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin’night」』から、2020年3月25日に発売された『麻天狼「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」』までを全曲レビューしていきます。

連載第5回となる本稿では、『Fling Posse「Fling Posse -Before The 2nd D.R.B-」』をピックアップ! 今回のシリーズで最も動きがあったチームだけに、曲にもいろいろなメッセージが隠されているようで……。

 

連載記事一覧はこちら!

◆オオサカ・ディビジョン編
◆ナゴヤ・ディビジョン編
◆イケブクロ・ディビジョン編
◆ヨコハマ・ディビジョン編
◆シブヤ・ディビジョン編
◆シンジュク・ディビジョン編

アニメイトタイムズからのおすすめ

絶望の中にある希望「ピンク色の愛」

ストーリーで一番の大きな変化があった飴村乱数の新曲「ピンク色の愛」は、その心境を映し出したかのように展開が複雑に入れ替わる曲になっています。

序盤のおどろおどろしいトラックに合わせて歌う飴村乱数は、これまで私たちに見せていた女好きな一面です。「Red and white are」というリリックの意味する赤と白については定かではありませんが、合わさった色はピンク。奇しくも中王区のチームカラーもピンクになっています。

これまでチームカラーが黄色の「Fling Posse」の中でもピンクのイメージが強かった飴村乱数の正体がわかってしまうリリックになっています。

続いての「空には 浮かびだす」以降のバースは、まるで自由を手に入れたかのようなゆったりとした曲調が流れます。しかし、そんな空気も一瞬で変化。「あれ?」とまた、禍々しいトラックにバッドトリップしていくのです。

「道が 途絶えていく」と絶望しながら、悲しみにあふれるサウンドが鳴り響きます。そこで思い出すのは「仲間がそばにいてくれていたのさ」。そして、「気づき出した 今 必要以上に たいせつなもの」。ラストはほんの少しの希望すら感じます。

ここまで壮絶な展開がてんこ盛りの曲はあったでしょうか。曲の情緒不安定さは、まさに飴村乱数らしさを表現しているようにも思えます。

自分の置かれた立場に絶望しながらも、見つけたひとかけらの希望を握りしめて、飴村乱数はどこへ向かうのでしょうか。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング