menu
音楽
『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:シンジュク・ディビジョン編

『ヒプノシスマイク』新シリーズ全曲レビュー:シンジュク・ディビジョン編|危うい二人を包み込むような優しいリーダーの愛

不動の人気を獲得しながらも新たな挑戦で我々を楽しませてくれている『ヒプノシスマイク(以下、ヒプマイ)』。アプリゲームの配信もスタートするなど、まだまだ話題には事欠きません。

『ヒプマイ』がこれほどまでに人気となった理由のひとつが、ビジュアルやストーリーを含めたキャラクターの魅力だけでなく、“音楽のクオリティの高さ”が挙げられるでしょう。

Battle CDシリーズ以降の新シリーズでは、オオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョンを加えた6枚のCDがリリース。ストーリーが進むにつれてさらなるクオリティアップしていく楽曲群に驚かされた方も多いかと思います。

そこで今回は、2019年10月30日に発売された『どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin’night」』から、2020年3月25日に発売された『麻天狼「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」』までを全曲レビューしていきます。

連載ラストの第6回となる本稿では、『麻天狼「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」』をピックアップ! 優勝者の圧倒的貫禄を感じる素晴らしい1枚です!

 

連載記事一覧はこちら!

◆オオサカ・ディビジョン編
◆ナゴヤ・ディビジョン編
◆イケブクロ・ディビジョン編
◆ヨコハマ・ディビジョン編
◆シブヤ・ディビジョン編
◆シンジュク・ディビジョン編

アニメイトタイムズからのおすすめ

神々しいまでもある「君あり故に我あり」

実は「君あり故に我あり」の作詞作曲をした韻シストが大好きな筆者でして、『ヒプマイ』への参加が発表されたときはとても嬉しかったのを覚えています。以前、『ヒプマイ』1周年のタイミングでオススメしていたこともあり、どんな曲が来るのか楽しみにしていましたが、これがまたいいのなんの。

韻シストの持ち味であるジャジーなバンドサウンドにプラスして、今回はゴスペル調のコーラスが印象的です。神宮寺寂雷の神々しさや懐の広さを表した、大きく包み込むかのような優しさに溢れた曲になっています。

リリックもゴスペルのような様相があり、過去の辛い歴史を背負いながらも、これからの希望を歌っています。冒頭の「私の闇は私がケリをつける」からはじまり、中盤から後半にかけて徐々に明るい雰囲気に。

上記のように、トラック、リリックともにまさにゴスペルといった感じがあり、このあたりがストーリーともリンクしていたら面白そうな予感がします。

ゴスペルは奴隷としてアメリカに連れてこられたアフリカ人を発祥とし、宗教や人権などを剥奪された中で生み出した信仰による独自の音楽です。『ヒプマイ』の世界でも中王区に統制され、戦う(戦わされている)人々の姿が描かれています。

アメリカでは奴隷解放が行われ、ゴスペルも様々な進化を遂げていきましたが、『ヒプマイ』でもそんなことが起こるのか……? とここでも深読みをしてしまいました。果たして、結果は……。

そんな曲を優勝チームのリーダー・神宮寺寂雷が歌うというのことを考えて聴いてみるのもおもしろいものです。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング