menu
アニメ
夏アニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』:悠木碧(環 古達役)|声優インタビュー

夏アニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』環 古達役 悠木碧さんインタビュー|ガガントス、ゴリラサイクロプス……「何ともいえないギャグの世界観は大好きなんです」

『ソウルイーター』『ソウルイーターノット!』の大久保篤先生原作、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載中の『炎炎ノ消防隊』。2019年に2クールでアニメ化され、アクションやユーモアなど、原作の魅力を余すことなく表現し、好評を博しました。その第2期にあたる『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』がいよいよ2020年7月3日(金)からスタートします。

今回は、作品の中心となる第8特殊消防隊で活躍する5人(※一人無期限で研修配属)にリレー形式でインタビュー。壱ノ章の魅力を振り返っていただきつつ、『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』に期待してほしいことを語ってもらいました。

記念すべき第壱回は、第8特殊消防隊に研修配属中、第1特殊消防隊の環 古達(タマキ コタツ)を演じる悠木碧さんからスタートです!

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

烈火星宮と環 古達、衝撃の展開をじっくり振り返る

――第8の絆がすごく魅力的な作品でしたが、壱ノ章の頃、キャスト同士での思い出などはありますか?

悠木碧さん(以下、悠木):(森羅 日下部役の)梶原岳人くんが、ガッツリしゃべる役の経験があまりなかったということで、彼が奮闘する背中をみんなで応援するみたいな空気があったんです。特に私から何かをするということはなかったんですけど(笑)、それこそ第8にはそういう空気感があったんです。

でも私は第1特殊消防隊から始まっているので、だんだん馴染むという感じでもいいのかなって思ってました。彼らは第8での稼働も多かったので、その間に育まれた絆があったんだろうなと思います。

私自身は、これまでお世話になった人が多い現場でしたけど、タマキ自身が他のキャラクターと呼吸を合わせて戦うというタイプでもなく、どちらかと言うと台風を起こしちゃうというか(笑)。嵐感が強めのキャラだったので、仲良くなっていく過程も楽しめたかなと。

――“ラッキースケベられ”体質ですからね(笑)。では、第8のみんなを客観的にも見ていたんですね。

悠木:でも羨ましいと思ってました(笑)。第8は隊長自体がすごくいいから。……もちろん、うちのバーンズ大隊長もカッコいいんですけどね! それこそバーンズ役の楠大典さんとは、「第1で稼働とかないんですね?」とかいう話はしてました(笑)。でもまぁ、第1は烈火 星宮さん含めてやばいヤツが多めだったので、だいぶカリム中隊長には救われていました。

――確かにカリムが一番良い人でしたね。

悠木:優しいです。

――では、壱ノ章で印象的だったエピソード、もしくはこれから始まる『弐ノ章』の前に、見ておくべきエピソードを挙げるとしたらどこでしょう。

悠木:弐ノ章だと、”アドラバースト”(※「穢レ無キ炎」と呼ばれ、太陽神がこの星を創る種火となった「原初ノ炎」とも言われている。)の話が進んでいくので、壱ノ章の終わりのほうの地下(ネザー)での話(第十九話~第弐拾四話)はもう一度見ていただけたらいいのかなと思います。シンラのお母さんとの話があったと思うんですけど、そこで出てきたもの……人との繋がりみたいなものが解明されていくので、シンラのトラウマ的な話は復習しておいたほうがきっと楽しいと思います。

それに、弐ノ章を見たあとにもう一回壱ノ章を見ると、「あ~! なるほど」って思うことが増えていくと思ったりしました。

あと、私自身としては、タマキの問題がひとつクリアされるところは重要だなと思いました。

――第八話と第九話の烈火 星宮とのやりとりですね。信頼していた上官が、人を人為的に“焰ビト”化させていた敵であったことを知り、殺されかけました。

悠木:あそこの作画がすごく良かったんです! シンラが助けにくる直前の作画のコマがすごく細かくて。タマキはずるずるに泣いてて、最後に「うん」ってニコッと笑うんですけど、絵がすごくかわいかったです。

――あのシーンは、悠木碧さんの演技にも凄く引き込まれました。烈火 星宮に殺されかけ「助けて」からのシンラ登場で、「大丈夫か? タマキ」に「うん」と答えるところで、すごく尺を使ってましたよね。あそこのタマキの感情の変化は、絵からもすごく出ていて、絵とお芝居がすごくシンクロしているなと思ったのですが、実際アフレコの段階では絵はあったのですか?

悠木:「絵は細かくして、ジワ~って笑う感じになるので、それに合わせてください」と言われたんですけど、実際にアフレコ時のコマは2コマくらいでした(笑)。つまり、グラデーションさせたいですということだったので、どのくらいのグラデーション度合いなのかは考えながらやっていたんです。

彼女があそこでホッとする気持ちというか、いわゆるシンラがずっと掲げてきている「ヒーローとは?」って、タマキが笑顔になることによって立証される気が私はしたので、そこは重要だなと思いました。だから、ジワ~っと安心するみたいな感じに出来たら良いなと思ってやったんじゃないかなぁ。

――シンラは、ヒーローに憧れて消防隊になったから、まさにあそこはヒーローになった瞬間でしたね。では、悠木さん自身は、絵と声が一緒になったのを見たのは放送で?

悠木:そうです。放送を見たとき、絵を合わせてくださったんだなと思いました。作画のスタッフさんたちの力がすごくある作品だなぁとあらためて感じましたし、どちらかというとキャラデザはポップな感じなんですけど、それがすごく人間臭く動くから、どんどん愛おしくなっちゃうみたいなところがあるんです。

――確かに、アクションもハンパない熱量で描いているというのがあった上で、ユーモアとか、感情の動きとかも疎かにせず、丁寧に描いてますよね。ところで、烈火 星宮に裏切られる展開を知ったときはどんな気持ちでした?

悠木:タマキの良さと悪さが同時に出た感じがあって、最高のストーリーだな!って思いました。なんというか、タマキってとても軽率じゃないですか(笑)。でもそれがかわいさでもあって、そんなあんぽんたんなかわいいところがあるキャラクターって、基本的にそのまま終わることも少なくないと思うんですよね。でもそれが、すっごく怖い事件につながるというのが、『炎炎ノ消防隊』の引き込まれる部分だなって思いました。

――すっごく怖かったですね…関智一さんの演技が容赦なさすぎて(笑)。

悠木:怖すぎますよね!本編を見たとき、思っていたより超絶怖いんですけどって思いました。

分かってる人がやる、何も分かってない人の芝居って、めっちゃ怖いじゃないですか。関さん自身は何が怖いのか分かっててやっているんですけど、そういう人がやる分からない人の芝居って怖いから、見ながら「もう無理!」って思いました。

(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング