menu
アニメ
夏アニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』: M・A・O(アイリス役)|声優インタビュー

夏アニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』アイリス役 M・A・Oさんインタビュー|「不器用ながらも人情味溢れている感じが素敵だと思います」

『ソウルイーター』『ソウルイーターノット!』の大久保篤先生原作、「週刊少年マガジン』(講談社)にて連載中の『炎炎ノ消防隊』。2019年に2クールでアニメ化され、アクションやユーモアなど、原作の魅力を余すことなく表現し、好評を博しました。その第2期にあたる『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』がいよいよ2020年7月3日(金)からスタートします。

今回は、作品の中心となる第8特殊消防隊で活躍する5人(※一人無期限で研修配属)にリレー形式でインタビュー。壱ノ章の魅力を振り返っていただきつつ、『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』に期待してほしいことを語ってもらいました。

第三回は、第8特殊消防隊の天然シスター。アイリスを演じるM・A・Oさんにお答えしていただきました。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

「先輩としてしっかりしなくては!」と思って背筋が伸びた

――壱ノ章での思い出を挙げるとしたら、どんなことがありますか?

M・A・Oさん(以下、M・A・O):以前に共演させていただいたキャストの方も多かったので、変に緊張することもなく現場に参加できたことを覚えています。本当に空気感がフレンドリーで、柔らかく穏やかな感じだったのでとても入りやすかったです。

――上條さんは、この作品がデビュー作だったそうで。

M・A・O:そうですね。第壱話のときはすごく緊張されていたようで、それを見て自分も先輩としてしっかりしなくては!と背筋が伸びる思いでした。

――当然、先輩らしいこともしてあげて?

M・A・O:な、何もできず…。何かできていれば良かったのですが力不足でした(笑)。 

――役の話とか、アドバイスをするわけではないんですね。

M・A・O:役のお話をすることは特になかったですね。そういうお話をしたのは、Blu-rayの特典であるオーディオコメンタリーの収録が初めてでした。そのときは悠木碧さん含む第8の女子メンバーで、それぞれのキャラクターについてお話させていただくことができとても新鮮でした。

――M・A・Oさんはどんな感じでアイリスを演じていたのですか?

M・A・O:アイリスにはシスターとして鎮魂の祈りを捧げるという大切な役割があったので、お祈りするシーンでは言葉の一つ一つを丁寧にお伝えできるように心掛けました。あとは、周りの人を和やかにして、優しく包み込むような雰囲気を意識して演じさせていただきました。

――第陸話などを見ると、結構つらい過去を持っていたりするじゃないですか。そういう過去も頭には置きながら?

M・A・O:そうですね。つらい過去があるからこそ、アイリスの純粋で清らかな部分を感じることができました。「義姉さん」と慕っている火華さんと再会し言葉を交わすシーンで、綺麗事だと罵られながらも、聖の炎を信じる強さがとても印象的でした。

――火華とのやり取りはどうでした?

M・A・O:火華役のLynnさんとはよく現場でお会いしていたのですが、特に役についてのお話をすることはなく、休憩時間に「最近暑いですね」といった、ごくごく普通の日常会話をしていましたね(笑)。

 

(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング