menu
アニメ
「アルゴナビス Special Live -Starry Line-」レポート

「ARGONAVIS Special Live -Starry Line-」レポート|苦境に立たされたエンタメ業界に「諦める運命じゃないよね?」

2020年7月25日、『ARGONAVIS from BanG Dream!』による無観客配信ライブが開催された。Argonavisも4月に予定していたライブが延期されるなど、エンタメ業界全体が苦境に立たされている今の状況ではあるが、それでも前進を止めないという強い想いを感じたライブだった。

ライブに出演したのは、Argonavisの七星 蓮役の伊藤昌弘(Vo.)、五稜結人役の日向大輔(Gt.)、的場航海役の前田誠二(Ba.)、桔梗凛生役の森嶋秀太(Key.)、白石万浬役の橋本祥平(Dr.)の5人とゲストとしてGYROAXIAから旭 那由多役の小笠原 仁(Vo.)の6人。

アニメイトタイムズからのおすすめ

無観客だとは思えない熱狂

Argonavisのライブは、アニメで描かれた時間軸の少しあとから始まった。

『アルゴナビス from BanG Dream!』は4月から放送がスタートしたTVアニメで、バンド・Argonavisの結成から、ボーカル・七星 蓮の夢でもあったフェスの舞台に立つまでが描かれたサクセスストーリーだ。

だがその道のりは決して平坦ではなく、試練の連続でもあった。しかもそのフェスライブ後に、ドラムの白石万浬が倒れて意識を失ってしまうという波瀾の展開(アニメのストーリーの中で交通事故に遭っていた)!

彼の回復と復活を願って曲を作り、ロックを届け、彼が目を覚ましたところでアニメは終わるのだが、実際にバンドに復帰できたのか? という部分では、若干のもやもやが残っていた。

だがその答えを、リアルライブでいきなり見せてくれた。ライブオープニングのボイスドラマで、万浬退院後のArgonavisの会話が繰り広げられたときは、正直ホッとしてしまった。無事に万浬がバンドに復帰し、5人でのライブが始まった。

ライブの1曲目は「星がはじまる」。〈諦める運命じゃないよね?〉というパワーワードから始まる曲で、アニメのオープニングテーマでもある。

何よりも蓮役の伊藤昌弘のハイトーンボーカルが凄まじい。バンドの演奏も力強いが、高音がゆえのギリギリ感が、歌詞に説得力を増してくれていた。

そして、「帆をあげろ! 航海を始めるぞ!」という伊藤の言葉から始まった「Steady Goes!」は歌詞にバンド名が入る、Argonavisのテーマとも言える曲。

メンバー同士で視線を交わし、声を重ねて音楽を作り上げていくところがグッと来る。やはりこのバンドには、楽しそうな表情がよく似合う。日向大輔のギターソロもバッチリ決まり、Argonavisという船が、さらに前進していく。

MCを挟んでからはカバー曲が続く。「GO!!!」は、会場みんなで声を合わせ盛り上がれる、アニソン史に残る名曲。それは会場の一体感を大事にするこのバンドにもぴったりの曲だ。

今回は無観客ライブだったが、お客さんが会場に溢れている絵が見えるほどの熱さ! メンバーも画面の向こうのファンへ向けて、熱い視線を送っていたのが印象的だった。

「on BASS! 的場航海」という伊藤の言葉でベースソロが始まり「メリッサ」へ。この曲での伊藤のロングトーンは本当に圧巻だった。

「みんなの気持ちはしっかり届いてるぜ! Argonavisギター担当、五稜結人だ!」

「ベース担当、的場航海です。今日のために僕たち皆でたくさん練習しました、素敵な時間になるように頑張るからね」

「キーボード担当、桔梗凛生だ。今日も最高のステージを届けよう」

「ドラム担当、白石万浬。みんな配信ライブ楽しんでる? 近所迷惑にならない程度に大きな声を出してたくさん応援してね!」

それぞれが挨拶をすると、最後は七星 蓮が「この配信を見てくれているお一人お一人に僕たちの音楽を届けていきます。最後までよろしくお願いします」と伝え、カバー曲「*~アスタリスク~」へ。

この曲では日向や森嶋もラップに参加。3人のボーカルと、レーザー光線が会場を彩り、熱く盛り上がる!

ミラーボールが上下に出現し、光の演出が美しかった「流星雨」は、アニメで自分の実力を思い悩み、バンドを抜けようとした結人をつなぎとめた1曲。

蓮と結人が弾き語りで路上ライブをしたシーンが印象に残っているが、この日の歌も感動的で、特にBメロで伊藤と日向がボーカルで交互に歌い、サビで二人の声が重なるところは素晴らしかった。

ノスタルジックなギターと美しいピアノの音色が心地いい「雨上がりの坂道」。途中でリズムが変わったり、メンバーそれぞれの演奏の個性がとても出ている楽曲だ。アニメのエンディングテーマにもなっていた曲でライブ前半を締めくくると、再びボイスドラマが始まる。

ライブの幕間で休憩をとっていた蓮が、客席にGYROAXIAのボーカル 那由多の姿を見つけて驚き、うっかり衣装を汚してしまう。そこへ那由多がやってきて、蓮が着替える間ボーカルとしてステージに立つことを暗に告げるのだった。

それにしても那由多はアニメから蓮のことが気になって仕方ないところがかわいい(個人の感想です!)。この日も本人曰く「たまたま通りかかっただけ」だそうだが、わざわざ函館まで来てArgonavisのライブを見に来るなんて!……と思ってしまった。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング