menu
映画
映画『コトブキ飛行隊 完全版』鈴代紗弓&幸村恵理 声優インタビュー

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』3日連続声優インタビュー! 最終回を締めくくるのは、もちろん幼なじみコンビ、キリエ役・鈴代紗弓さんとエンマ役・幸村恵理さん!

休む暇なく、瞬きも出来ないくらい、すごい作品に

――ずばり『完全版』の見どころを挙げるとすれば?

鈴代:『コトブキ』の強みの一つは音響だと思っていて。TVシリーズですらあれだけすごい音響だったので、劇場で見たときの、前後左右から距離感がわかるようなサウンドがどうなっているのかがポイントだと思います。

私は試写で見させていただいたんですけど、本当に音が凄まじくて、臨場感もマシマシで。一人称の視点も相まって、迫力の塊という印象を受けました。休む暇なく、瞬きも出来ないくらい、すごいなって思って。そこが劇場サイズにパワーアップした『完全版』の見どころの大きなところだなと思いました。

幸村:物語のお話をさせて頂くと、TVシリーズではコトブキ飛行隊目線で物語が進んでいく中で、今回はイサオの視点での『コトブキ』の物語も描かれているので、より理解しやすくなっていると思います。

コトブキ飛行隊は、結成前のシーンが新カットでありますが、個々の思いや、どうやってコトブキ飛行隊のメンバーとして繋がっていったのか、どうしてキリエはコトブキ飛行隊に入ったのかも、ちゃんと描かれていて。TVシリーズを見ていなくてもわかるように、綺麗にまとめられていると思います。

さらに、TVシリーズを見ている方からすると、「こういう視点だったんだ」とより深堀りできるような内容になっています。もう本当に全体を見て頂きたい作品になっているんですよね。

鈴代:全体って言うしかないよね。

幸村:そうなの。全部なの。

鈴代:もう詰めに詰めて、ぎゅうぎゅうで、濃縮された感じでした(笑)。

――『完全版』が冒頭で結成のシーンが描かれて、そこから結成後の活躍が描かれるという流れになっていて。キャラクターの印象も最初と最後で変わっているのがわかりましたね。キリエなんかは特に印象が変わっていますよね。

鈴代:そうなんですよ。最初はキリエが結構尖っていて(笑)。

幸村:ねえ(笑)。

鈴代:まさに一匹狼で。でもそうやって生きていくしかなかったから、そうなったんだろうなって。サブジーという頼れる人もいなくなっちゃって、あの荒野で孤児として育ったりした環境が、キリエをああいう性格にさせたんだと思います。でも、TVシリーズと『完全版』の新規カットを通して、大きく成長したなって。彼女の成長物語だったんだなって、改めて感じました。

――コトブキ飛行隊のメンバーが、口は悪いけどお互い信用してるシーンが多いのも印象的でした。

鈴代:イガイガした、金平糖みたいなのがやっと丸くなってきたのかなって気がします(笑)。

幸村:金平糖って……新しい、これから使っていこう(笑)。

鈴代:やめてやめて!「ディーンとする」って言うよ!(笑)

――(笑)。演じたキャラクターの最初の印象と併せて、こんな風に変わったな、と思うところはありますか?

鈴代:キャラクター的には、TVシリーズを通して、最初と捉え方が変わっていて。最初はまさに戦隊モノでいう真ん中のレッドで「突撃!」みたいな、天真爛漫な明るいハツラツとした元気な子というイメージでした。

けれど、物語が進むにつれて、かなりトゲトゲしている部分があったり、芯が通り過ぎている部分もあって。そこを周りの人たちにちょっとずつ丸くしてもらっていった結果、人としてもパイロットとしても成長できたんだなって思っています。

性格的な捉え方としては、ただただ明るいだけの主人公じゃない、ある意味普通の女の子なんだなって。正直、レオナの方が主人公っぽいなとは思うんですよ。けれど、キリエが主人公でなきゃいけない部分もあったりして。そういう言い回しとかに説得力がなければ、キリエが主人公じゃないよね、というのは常々考えていました。まだまだ知らない部分がたくさんある子だなって思います。

幸村:エンマちゃんは、オーディションをいただいた時から、「なんでこんなに毒舌なんだろう」とか、「どうして空賊が嫌いなんだろう」とか、考えていました。やはりひとつ芯にあるのは”家族を守りたいから”で、空賊に対する憎しみが強いということは、その分優しさが強い子なんだろうな……と。

”空賊が憎い”という形で表れていますが、それは守りたいものを持っているからこその強さの裏返しで。ここがブレたらエンマちゃんはダメなんだろうなって思います。そこは私もずっと大事にしていこうと決めています。

だから、言葉の節々に優しさを出したり、台詞は多くはないんですが、芯がある、思いが強い部分を出せるように演じてきました。

変わったなって思うところは……う~ん…エンマちゃんは、ずっとエンマちゃんなんですよ。

鈴代:もしかしたらエンマは、TVシリーズの前の段階で変わったのかもね。

幸村:過去の空賊とのシーンなど、ピュアなエンマちゃんが現在に至るまでの描写があれば、「こうしてみよう」っていう気持ちがあったかもしれません。ただ、TVシリーズでは既に乗り越えていて、もうひとつ大人になっているというか。一足先に、キリエよりも思いを固めてコトブキ飛行隊に入隊している子なので、その点に関してはあまり意識したことはなかったですね。

――ラストのイサオ戦の名言とかも、過去に何かあったんだろうなと想像を掻き立てられますよね。

幸村:続編があれば、エンマちゃんが空賊に対して荒んでいく姿とか、ザラの「昔ちょっとね」の言葉の意味を知りたいですね。

――あの世界観の中でお嬢様っていうのも不思議な感じですよね。

幸村:そうなんですよね。ボロボロになった館しか見られていないので。実際はどんな風だったのだとか、今までどれくらいお嬢様だったのか、とか気になります。

タミルちゃんが「昔はあんなにやさぐれていたのに」みたいなことを言うシーンがTVシリーズにありまして。変わっているということは、エンマちゃんの人生になにかあったと思うので、そこが気になりますね(笑)。

余すことなく、『コトブキ』を堪能してもらいたい。みなさん一緒に空を飛びましょう!

――TVシリーズと、劇場版を通して印象に残っているシーン、好きなシーンを教えてください。

鈴代:やっぱり忘れた頃にパンケーキが出てくるのは、流石、横手(美智子)さんの脚本だなって思うんですが……それはさておき(笑)。

キリエはTVシリーズだけでも周りの人たちに支えられて成長していくことが実感できましたが、後半の新作カットで周囲の人への想いを、すごく自然にぽつりぽつりと言うシーンがあって。

本当に、素で出た言葉なんですよね。でも、そうやって思えたのは、彼女にとってはすごいことで。それに対して周りの人たちも肯定して、またそこで教えてくれていて。そのシーンが私はすごく好きで、「いい仲間を持ったね、キリエ」って(笑)。親目線じゃないですけれど、とても好きなシーンです。

幸村:繰り返しになってしまいますが、TVシリーズで一番好きなシーンは、エンマちゃんが3話でラハマ町長に対して怒りをぶつけるシーンです。それが一番、エンマちゃんを感じられるシーンだと思うので、好きだってずっと言い続けてきました。

『完全版』だと、いいところがたくさんありすぎて。個人的には、強い女性が描かれているシーンが多いのが本当に素敵だと思っています。私たちも勇気を貰えると言いますか、この苦しいイジツという世界の中で、「こんな世界だからこそ女性も強く生きなきゃ」と描かれていることで、私たちも頑張ろうと思わせてくれるのが、この作品の魅力だと思っています。それも含めて、作品全体の雰囲気が本当に好きですね。

――MX4D版を体験されたと伺っていますが、いかがでしたか?

鈴代:めっちゃ楽しかったです。楽しすぎて疲れました(笑)。

幸村:ひたすら「うわああ!?」みたいな声を出し続けちゃいましたね(笑)。

鈴代:アフレコより声出したね。

幸村:出したね、本当に(笑)。

鈴代:映画館では、あまり声を出したらいけないじゃないですか。だから、映画館で見るみなさんは大変だろうなって(笑)。私たちはスタジオの一室だったので声を出せましたけど。

幸村:声を抑えるのは絶対ムリだと思う。

鈴代:プライベートでも見に行こうって決めていますが、その時は大丈夫かなって既に心配です(笑)。

幸村:気のせいではないと思いますが、戦闘機の機体ごとに振動が違うんですよ。だから、「あ、いま隼に乗ってる!」みたいな気分を五感で味わえるといいますか。全力でイジツの世界に入ることができて、いい意味で、酔えます。疲れはするんですけど(笑)。

鈴代:いい意味で(笑)。

幸村:自分がパイロットとして、イジツの世界で戦ってるのを体験できるので。『完全版』はMX4Dで見るべき作品だと思います。

鈴代:なんなら、タイトルに付けてもいいんじゃないかな。『荒野のコトブキ飛行隊 完全版 MX4D』って(笑)。

幸村:映像と一緒に動いてくれるので、すごかったです。あの臨場感……。

――あれだけの戦闘シーンがずっと動いているとしたら大変でしょうね。

幸村:やばいですよ、本当に……。休憩時間がないので、覚悟しておいたほうがいいと思います。

鈴代:消費カロリーがとてつもないです……。それであのテンポと、あの映像と、あの音響なので。

幸村:「2時間、これで保つの……?」みたいな(笑)。

鈴代:私たちが体験させて頂いたのは、50分くらいだったんですよ。だから、「本編は2時間!?」って思って。

幸村:想像できないくらい。お腹満腹にしすぎたら危ないかもしれないです。

鈴代:二日酔いは絶対にだめです(笑)。

幸村:でも、もしザラさんの気分で味わいたい猛者がいれば、ぜひ(笑)。

――もし"イジツ"に行ったとしたら、何をしてみたいですか?

幸村:私は飛行船に入ってみたい!

鈴代:確かに、羽衣丸には乗ってみたい。

幸村:わざわざ、工夫を凝らして窓の外の風景が絵で描いてあったりとか、あれだけ広いなら、どこにどの部屋があるのか迷うだろうなぁって。

鈴代:私は、実際にリリコさんのパンケーキを食べてみたい。

幸村:それはね、(鈴代さんに)言ってもらいたくて私は言わなかった(笑)。

鈴代:ありがとう(笑)。

一同:(笑)。

鈴代:よかった、上手く連携できたね(笑)。あとは町もいいんですよ。マカロニ・ウェスタンというか、西部劇のような世界観なので、他のアニメ作品とは違った作風というか。背景にもポニーが通ってそうなイメージで。個人的にそういう世界観が大好きなので、住人として住んでみたいですね。

幸村:あとはドードー船長の背中に乗りたいです! ……乗せてくれないかな?

鈴代:わからない……(笑)。私は、市街戦のシーンでビルがたくさんあるんですが、ビルの上にお寺みたいな屋根が乗っかっていて。普通はビルの上にそんなものないじゃないですか。だから、どんな感じなのかを見てみたいですね。チカとキリエが連携してジェット機をやっつけるところの、あのオブジェとか。あと、タヌキが薄っすらと見える月とか実際に見てみたい!

幸村:挙げるとキリがないので、このくらいで(笑)。

――ありがとうございます。それでは最後に、公開を心待ちにしているファンにメッセージをお願いします。

幸村:改めまして、エンマ役の幸村恵理です。私が初めてメインキャラとして関わらせていただいた作品が、ずっとずっと続いて、ついに『完全版』としてみなさんに届けられることを本当に嬉しく思います。さらに、このコトブキ飛行隊のことを、そしてイジツの世界のことを知っていただける完璧で素晴らしい作品になっていますので、みなさまの目と身体で感じていただきたいなと思います。エンマちゃんの子供時代は本当にかわいいので。瞬きしたらすぐにいなくなっちゃうので、ずっと注目して観ていて頂けるとありがたいです。

鈴代:改めまして、キリエ役の鈴代紗弓です。ここまで読んでいただきありがとうございます。本当に、絶対に観に行って後悔しない、そんな作品だと思います。かなりハイカロリーな映像や音響ですが、空戦シーンの迫力は凄まじいので、ぜひMX4Dで体験していただいて、余すことなく、『コトブキ』を堪能していただければなと思います。一緒に空を飛びましょう!

──ありがとうございました!

[取材・文/二城利月 撮影/鳥谷部宏平]

バックナンバー

◆映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』3日連続声優インタビュー! 初日を飾るのはケイト役・仲谷明香さんとチカ役・富田美憂さんの静動コンビ!

◆映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』3日連続声優インタビュー! 第2回は隊長&副隊長コンビ、レオナ役・瀬戸麻沙美さんとザラ役・山村響さん!

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』作品情報

【公開日】2020年9月11日(金)
【配給】バンダイナムコアーツ、ショウゲート
【宣伝】クロックワークス
【上映時間】119分

スタッフ

監督・音響監督:水島努
シリーズ構成:横手美智子
脚本:横手美智子 吉野弘幸 檜垣亮
メインキャラクター原案:左
キャラクターデザイン:菅井翔
ミリタリー監修:二宮茂幸
ミリタリー設定:中野哲也 菊地秀行 時浜次郎
設定協力:白土晴一
3D監督:江川久志
テクニカルディレクター:水橋啓太
総作画監督:中村統子
美術監督:小倉一男
色彩設計:山上愛子
撮影監督:篠崎亨
編集:吉武将人
音楽:浜口史郎
音響効果:小山恭正
サウンドミキサー:山口貴之
エンディング主題歌:コトブキ飛行隊「翼を持つ者たち」
制作:デジタル・フロンティア
アニメーション制作:GEMBA
作画制作:ワオワールド

キャスト

キリエ:鈴代紗弓
エンマ:幸村恵理
ケイト:仲谷明香
レオナ:瀬戸麻沙美
ザラ:山村響
チカ:富田美憂
マダム・ルゥルゥ:矢島晶子
サネアツ:藤原啓治
アンナ:吉岡美咲
マリア:岡咲美保
アディ:島袋美由利
ベティ:古賀葵
シンディ:川井田夏海
ナツオ:大久保瑠美
ジョニー:上田燿司
リリコ:東山奈央

イントロダクション

一面荒野が広がる世界、“イジツ”――。
ある日、空に“穴”が空き、そこから色々なものが降ってきた。中でも“ユーハング”がもたらしたものの影響は大きく、とりわけ飛行機の存在によって人々の生活は激変。以降、世界の潮流は空へと移っていった。

時は流れ――、空には商船とその用心棒、荒くれ者の空賊など、さまざまな人々が飛び交っていた。オウニ商会の雇われ用心棒“コトブキ飛行隊”は、空を飛ぶことが大好きな、女の子だけのスゴ腕パイロット集団。

彼女たちは愛機である隼一型とともに、イジツ全体を巻き込む大きな戦いへと立ち向かっていく――。

■TVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』第1話

 
公式サイト
公式ツイッター(@kotobuki_PR)

(C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング