menu
声優
『THE IDOLM@STER』シリーズ15周年記念曲「なんどでも笑おう」大橋彩香、田所あずさ、峯田茉優インタビュー

『THE IDOLM@STER』シリーズ15周年記念曲「なんどでも笑おう」発売記念 島村卯月役・大橋彩香さん、最上静香役・田所あずささん、八宮めぐる役・峯田茉優さんインタビュー

『アイドルマスター』シリーズは、2020年で15周年を迎えました。今では『アイドルマスター』『アイドルマスター シンデレラガールズ』『アイドルマスター ミリオンライブ!』『アイドルマスター SideM』『アイドルマスター シャイニーカラーズ』など、様々なブランドが生まれ、アイドルとプロデューサーが織りなすドラマが日々紡がれています。

この記事を読んでいるプロデューサーのみなさんは、この15年で何がありましたか?『アイドルマスター』に出会って人生が変わった、という方も少なくないでしょう。何を隠そう筆者も学生時代にゲームセンターで憧れの目で見ていた『アイドルマスター』とこうやって関われているなんと思ってもいませんでした。

そうやって、『アイドルマスター』は様々な物語を現実でも起こしているのだなと思います。それは、アイドルを演じているキャスト陣にも。

今回は、2020年9月30日に発売される15周年記念曲「なんどでも笑おう」の発売を記念し、キャストスペシャルインタビューを全2回に渡ってお届けします。

第1回目に登場するのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』より島村卯月役の大橋彩香さん、『アイドルマスター ミリオンライブ!』より最上静香役の田所あずささん、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』より八宮めぐる役の峯田茉優さんです。

三者三様に過ごした『アイマス』との歴史を振り返っていきましょう。

 

 

 

次回のインタビューはこちらから!

◆如月千早役・今井麻美さん&天道輝役・仲村宗悟さんインタビュー

アニメイトタイムズからのおすすめ

長く愛される作品だからこその歴史がある

――まず、15周年を迎える『アイドルマスター』(以下、アイマス)シリーズに参加していることに対するお気持ちをお聞かせください。

大橋彩香(以下、大橋):15年間というと、人が生まれてから義務教育を終えるまでの時間なんですよね。それだけ長い時間を経ている作品だと思うと、すごいなって純粋に思います。

田所あずさ(以下、田所):15年続く作品ってそうそうないですよね。

大橋:ないよね。これだけ続いているのは応援してくださってるプロデューサーのみなさんや、スタッフのみなさんをはじめ、一番最初に道を作ってくれた『765プロオールスターズ』(以下、765AS)のみなさんの愛や頑張り、応援だったり、そういったもので成り立ってきたんだろうなって。そう考えるとすごく密度の濃いコンテンツだなって思いますね。

田所:私がオーディションの話をいただいた時には既にレジェンド級の作品で、その時点で長く続いている作品と言われていたんです。私も『ミリオンライブ!』(以下、ミリオン)に関わって7年くらいが経っていて、『アイマス』が好きで会社に入ったというスタッフの方とお会いして驚きました。

長い間続いている作品じゃないとそういうことってないし、幅広い世代の方に知っていてもらえているんだと思うと、その歴史の中にちょっと仲間入りできたのかなって。

すごく嬉しいし、もっともっと長く続けていけるように『ミリオン』として『アイマス』に少しでも貢献できたらいいなって思います。

峯田茉優(以下、峯田):私も高校一年生の時に『シンデレラガールズ』をはじめて、そこから好きになったんです。

大橋:おー!

峯田:そうなんです。声優になる前からずっと『アイマス』が好きだったんです。ただ、アーケードゲームが最初だったっていうことをあとで知って、私の知らない歴史がいっぱいあるんだなって。それくらい歴史のある作品なんだなって思います。

――歴史が引き継がれているように感じますね……! そして今回、15周年記念曲として「なんどでも笑おう」がリリースされます。楽曲を聴いた感想や歌詞を読んだ感想をお聞かせください。

大橋:卯月は笑顔が魅力的な女の子なんです。一番最初のソロ曲が「S(mile)ING!」だったこともあって、15周年ソングの中にも「スマイル」っていう言葉が入っていたり、タイトルが「なんどでも笑おう」だったり、笑顔がテーマの楽曲だったのですごく嬉しいなって思いました。

――卯月といえば笑顔というイメージがあるので、今回の楽曲はぴったりな気がします。

大橋:ぴったりだなって思います。この曲を歌っている卯月を見たいですね。

峯田:「S(mile)ING!」……(小声)。何回泣いたか分からないですよ。TVアニメの第23話と24話。

大橋:ありがとうございます(笑)。

峯田:カラオケで一人で「S(mile)ING!」を歌って泣いていました。

一同:(笑)。

大橋:めっちゃ見てくださってる(笑)。

峯田:だから今すごく緊張してます。緊張してて手汗がすごいことになってます(笑)。

――それも嬉しいお話です(笑)。田所さんはいかがでしたか?

田所:音域がそこまで広くなくて、みんなで歌える曲なんだなって思いました。『ミリオン』の曲で難易度の高い楽曲が続いていたこともあって、みんなでゆったり歌えるなと。

『SideM』さんも参加されて、みんなでちゃんと歌える音域で楽しめる曲だったので、「これが全員曲だよなぁ!」って思いました(笑)。なので、どんな風にみなさんの歌が入ってくるのかなっていうのも楽しみです。

『765AS』の皆さんとはよく共演させていただくんですけど、他のブランドの方々と合同で一緒に歌うことがあまりなかったので、完成がすごく楽しみですね。

――音域がそこまで広くなかったということですが、実際に歌ってみてどうでしたか?

田所:私はすごく楽に感じました(笑)。高過ぎなくて、ゆったり歌える感じがよかったです。ただ、人によっては苦手な音域はあるだろうし、高いほうが得意な方もいると思うので人によるかもしれないですね。

――大橋さんと峯田さんは?

峯田:私は音域的には歌いやすかったです。あと、感動した部分があって。Dメロのハモリが『SideM』のお三方が歌われていて、男性陣の高いハモリがすごく格好良いんです。

『アイマス』ってもちろん女の子のほうが割合としては多いんですけど、だからこそ『SideM』の男性陣の存在感が際立っているんです。全員含めて『アイマス』なんだなって感じました。

大橋:私は難しかったです。なんだろう、卯月として最初可愛く歌うのが難しかったんです。

田所:ちょっと低かったのかな?

大橋:なのかな。卯月だと快活で若干テンポが早い曲のほうが歌いやすかったりするんです。だけど、今回の曲はゆったりしていてキーも低めだったので、キュート感を出すのがちょっと難しくて、苦戦した記憶があります(笑)。

――それではレコーディングも?

大橋:そもそも一回目のレコーディングで喉の調子が悪くて……(笑)。日程を調整していただいて、もう一回収録したんです。それもあって「ちゃんとやらなくちゃ!」って、色んな意味で緊張しながらレコーディングしましたね。

曲も少し長めだし、キュートさを保つというのを念頭に置いて頑張りました。

峯田:ソロバージョンもいきなり出るので、すごくドキドキしますよね。

大橋:そうそう。『アイマス』ってわりと知らぬ間にソロバージョンが出たりするから、歌い分けがあっても絶対にフルで収録するんです。

だから、レコーディングするときには「あぁ、ソロで使われるかもしれないから……どこが使われてもいいように(キュートさを)保とう!」っていつも緊張しています。

峯田:実際に聴いてみたら卯月のあとにめぐるのパートだったんですよ。嬉しかったです……(小声)。あ、すみません、歌詞の話してもいいですか?

一同:(笑)。

ーーどうぞどうぞ!

峯田:全体的に未来に向けての言葉が多く入ってるなって思ったんです。その中で、Aメロの最初に「きっかけは何だったかな?」と「はじまりは何だったかな?」とあって、アイドルたちがアイドルを目指すきっかけを歌っているんだろうなって思いました。

だけど、プロデューサー目線で考えると、この曲を聴くことでプロデューサーさんたちそれぞれのきっかけを思い出せるんです。私もはじめて『アイマス』と出会った時のことを思い出せる曲だなって思いました。

――僕も『アイマス』が好きなのでよくわかります……! 収録現場ではどういったディレクションがあったんですか?

大橋:どの曲でもそうなんですけど、笑顔だったり、明るく可愛くだったりは言われることが多かったですね。ちょっと幸せな感じだったり、前向きな感じのニュアンスとか。

私の歌い方は、歌詞の最後が真顔っぽいニュアンスに聴こえがちになってしまうので、語尾を笑顔でおさめるのを意識してレコーディングさせていただきました。

多分やりきった気持ちになって顔がふっと真顔になっちゃうのかも(笑)。なので、最後まで笑顔で歌うのは意識しましたね。

――曲を聴くと笑顔が伝わってきます。具体的にはどのように意識されているのでしょうか?

大橋:セリフ感みたいなものは意識するようにしています。あと、実際に自分が笑っていないと乗せられないニュアンスなので、レコーディング中は「卯月はこういう風に笑うだろうな」って想像しながら自分もニコニコしていますね。なので終わった後は表情筋が痛くて(笑)。

一同:(笑)。

田所:私は、他のみなさんがいるからこそ、アイドルらしさをより出していこうって言われました。一声聞いたただけで分かるような静香らしさを出してと。

『ミリオン』バージョンだと聴けると思うんですけど、「不安」っていう歌詞を静香として不安を感じるように歌ったり、この明るい曲の中でも静香の悩みとか暗い部分をしっかり出したりすることで、より静香らしさを出してますね。

――“静香らしさ”とはなんだと思いますか?

田所:静香ちゃんはひたむきで、歌もアイドルも大好きなので、すごく真面目で。ひたむきに歌と向き合っているところに“らしさ”を感じます。ところどころに真面目さやひたむきさが感じられるような歌にしたいなと日々思っています。

――なるほど。峯田さんはどうでしょう?

峯田:はじめて曲を聴いた時に壮大な曲だなと感じて、歌う時には広い会場で歌っているイメージで歌いました。それこそ、「ドームですよっ! ドームっっ!」という『765AS』の天海春香のセリフがあったので、そんな広いドームで歌ってるようなイメージで。

なので、今までのレコーディングよりもさらに遠くに届けようっていう気持ちで歌っています。特にDメロの「笑おう みんなで」のところはすごく力が入っていて、逆に力が入り過ぎて格好良くなりすぎてしまって歌い直したりもしました。

全体的に格好良いし、普段のめぐるよりは真面目で真剣さが強調されていると思います。ただ、「愛してる」っていうすごく大切な言葉が入っているので、そこは普段のめぐるらしく歌いました。

プロデューサーさんの一番近くにいる時のめぐるをイメージして、一つひとつの音をはっきり、可愛くという風に意識したので、プロデューサーさんにそれが届いてくれたらいいなって思います。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング