マンガ・ラノベ
BLにおける「オメガバースの事情」【アニメイト編集部BL塾・応用編】

【BLのことさらに知ってみませんか?】オメガバースの基本知識からBLの時流に乗ろう!の巻 【アニメイト編集部BL塾・応用編】

石橋さんの宿題読書感想文

今回はオメガバースを特集しました。センセイが可能な限り簡単にまとめてくださいましたが、複雑な設定があるため、概要を掴むのになかなか時間がかかることがあるかもしれません。

しかし、話題のキモでもあった性別の多様性がオメガバース最大の難関でもあり、最大の魅力なのです。

これは僕たちが話していたように作品を読んでみるのが一番理解が早いと思います(実際のところ僕がそうでした)。

より楽しめるのは、センセイがご紹介してくださった大まかな「オメガバースというジャンル」の設定をなんとなく頭に入れておくことですが、BLの基本知識がある方はそのまま足を踏み入れるのもOKです!

各作品の漫画の前には「この世界でのオメガバース」といった説明書のようなものが入っていますし、ほとんどの作品の冒頭のストーリーが作品世界を理解しやすいようにゲームのチュートリアルのような構成になっています(ここは新興ジャンルならでは!)。あまり肩肘張らずに楽しみましょう!

それでは今回も行ってみましょう! 先に言っておくと、オメガバース、いいですよ。

石橋チョイスオメガバース作品

先生のせんせい

 
阿部センセイにおすすめされた『先生のせんせい』。なんだかややこしくしてすみません……。

「まずはこれから!」とセンセイに猛プッシュされたので、この作品から手を出してみました。

表紙の雰囲気からもわかるように、ほんわかふんわかほんわかほい! なオメガバース作品になっていまして、知識が全然ない僕でも「これは初心者向けだ!」とわかる内容でした。

舞台はとある小学校。新米教師の大路(α・攻め?)は、学生時代の恩師で片思い相手だったスクールカウンセラーの保美(β・受け?)と再会します。大路は保美への好意を捨てきれずに徐々に距離を詰めていきますが……。

大路は快活な好青年、保美はどこかかまってあげたくなるゆるふわ美男という、王道で安心して読めるBL展開しますし、何より作品の雰囲気が優しさに包まれていて、これを読めば癒やされること間違いなしです。

しかも、その中に散りばめられたオメガバース要素が入門編としてはバッチリで、各性別の違いや、その違いによって起こる問題と感情の振れ幅が、上手く共存しています。オメガバース作品が気になる人は、まずみんなこれから読んでほしいくらいです……!

ようやく意気投合しかけたところで、酔って「もうあなたのこと好きになんてなりませんよ〜」なんて冗談をきっかけに、関係がすれ違ってしまうところも展開的には素晴らしいので、甘さ6:切なさ4くらいがお好きな方はぜひ。

そして、これは直接的にBL要素に関わっているポイントではないのですが、舞台が小学校というところがかわいらしくていいんです! メインの二人以外にも様々なキャラクター(大人&子ども)が登場しますが、子どもたちのかわいさがとにかくピュアで癒やされます。

子どもが登場するBLはあまり読んだことがないので今回がはじめてだったのですが、これもオメガバースという設定だからこそ生きてくる設定になったのかなと思いました。

BLとして楽しむのもよし、普通の恋愛ものとしてほっこりするのもよし、キャラクターたちを愛でるのもよしな、美味しい入門作品でした!

 

きみはもう噛めない

 
『先生のせんせい』から一歩踏み出し、続いての作品です。まず簡単に説明すると、絵が綺麗で、ストーリーが切なくもラストはハッピーエンド、そしてちゃんとエッチです……!(『先生のせんせい』とのギャップに「キャッ……!」となりました)

『きみはもう噛めない』のカップリングはβ×Ωという組み合わせ。タイトルからもなんとなく察することができますが、資産家の息子でありすでに番となる相手ができてしまったΩのオリヴァーと、そんなオリヴァーを好きになってしまった無職のリアムの関係性が描かれます。

番になっているということは、番の相手にしか発情しないはず……なのですが、オリヴァーは特殊体質で、万年発情期で誰にでも発情してしまうというなんともエッティーな体質なのです……!

そんなオリヴァーの性処理係として雇われたのがリアムでした。こんなのエチエチになるほかない……!

最初は仕事だと思って(この世界では男×男といった同性の性行為は少し差別的な見方をされる模様)、オリヴァーに接するリアムでしたが、徐々に惹かれていき……といったストーリーです。

オリヴァーの蕩け顔(まじでとろとろ)をはじめとした性描写が魅力的なので、そちらの話ばかりになってしまいましたが、全体を通したストーリーの流れも素晴らしいのが本作の魅力です。

仕事でセックス→え、めっちゃ気持ちいいじゃん……!→次第に行為はエスカレート→時間をともにする中でお互いを知る→行為だけでなく好意も抱くように→番のいるΩとただの性処理βとして悩む→その後の展開やいかに……!?

とこれを聞いただけでもストーリーが気になりませんか? 恋愛の嬉しさや楽しさ、葛藤や絶望、そして希望までをも1冊にまとめた名作です。

すべてのバランスがちょうどよくまとまった黄金比のようなオメガバース。リブレの重版率1位なのも納得です!

 

捨てられΩは二度啼く

※すみません。アニメイトでの取り扱いは現在ありません。

タイトルを見ると悲しそうな雰囲気がある本作ですが、最初の落差からラストにかけてのストーリー構成が秀逸です。

超俺様αの鵬高嶺(おおとりたかね)の番であるΩの恭壱(きょういち)は高嶺に捨てられ、高嶺のハーレムで生まれて同じく捨てられたαの音々(ねおん)と共同生活をしています。

血の繋がりはないものの音々から「父さん」と慕われる恭壱。しかし、音々は恭壱に対して家族以上の感情を抱き、16歳の誕生日にその気持ちを打ち明けます。そして、恭壱は長年来ることがなかった発情期が訪れてしまうのです……。

普段はしっかりと落ち着いた恭壱なのですが、二世代のαに翻弄される姿は、まぁセクシャルなのですよ……! 発情期を迎えると、もう辛抱たまらんといった表情でαを求めてしまうのです。

恭壱は、「父さん」と呼ばれるだけはあってそれなりの年齢です。音々と親子のように接してきた関係性や年齢差を後ろめたさがありながらも体は求めてしまいます。その葛藤がなんとも切ない!

表紙からも察することができますが、恭壱はメガネをかけています。なんと、情事のシーンはなぜかどれもメガネが外れてしまうのです! メガネが外れた恭壱がまぁ無防備なことこの上ない! でもそれがいいのです!

もちろん、高嶺と音々の二人のαも良い関係性で、我道を歩むスーパー攻め様感のある高嶺と、その高嶺にライバル心を抱く音々が努力して成長していく様子の対比も恋愛模様を加速させていきます。

一体この三人の関係はどうなっちゃうの!? そんなハラハラドキドキエチエチな三人の行方をぜひお楽しみに!

リバース

 
オメガバースでミステリーをやるなら? その答えが『リバース』で間違いないでしょう。刑事ものと恋愛要素が並行して進んでいく本作。きっとラストの展開に驚かされるはずです。僕は読みながら「まじかよ」と言ってしまいました。

登場人物のαの刑事・吐木幸村(はばきゆきむら)とΩの小説家・化野円(あだしのえん)は、孤児として同じ養育施設で出会った関係。やがて意気投合した二人は、恋人になり、養育施設を出たあとに同棲、幸村と円は番となります。しかし、何度うなじを噛んでも円の発情期が安定しません。

すれ違いながらもお互いを求める幸村と円。このもどかしさは心が締め付けられるような悲しみを感じさせられます。好き合っているのに幸せになれない二人っていますよね。あのような感じです(本作で二人が幸せになるのかはナイショにしておきます)。

そしてミステリー部分。幸村が担当することになったのは、謎の連続殺人事件でした。オメガバースならではの性別が関係している事件を追ううちに、この社会に潜む生きづらさが浮き彫りとなっていきます。

さらに円は幸村に重要な秘密を隠しており、それが起因して物語が急展開! 様々な要素に頭がぐちゃぐちゃになりますが、その感覚こそがキャラクターたちと一緒に物語を追っているような感覚になって楽しんです!

あーもうネタバレしたい! 核心に触れてしまうので言えない〜! みんな読んで! この辛さと楽しさがわかるはずだから!!!

ひとつ言えるのは、α、β、Ω、そして運命の番とオメガバース作品での重要な設定はありますが、作品によってはそれが必ずしも幸せにはつながらないということ。我々の現実世界と同じようにオメガバースの世界でも性別や人間関係で葛藤し、挫折し、乗り越えていこうとするのです。

そんなご都合主義とは程遠い生々しい人間関係を楽しみたい方は『リバース』のページを開いてみてください。

 

アニメ・音楽・映画・漫画・商業BLを愛するインタビューライター。Webメディアのディレクター・編集を経て、フリーライターとしてエンタメ・ビジネス領域で活動。共著「BL塾 ボーイズラブのこと、もっと知ってみませんか?」発売中。

この記事をかいた人

阿部裕華
アニメ・音楽・映画・漫画・商業BLを愛するインタビューライター

担当記事

関連記事
【そろそろBLのこと知ってみませんか?】いまさら聞けない商業BLの世界!「アニメイト編集部BL塾」開校【前編】
近年盛り上がりが急激に加速している「ボーイズラブ(通称、BL)」。20年以上前は秘匿性の高かったジャンルが、過渡期を迎えていた。ところが、アニメイトタイムズ編集部員の石橋さんはほとんどBLに触れてこなかった様子。BLの知識はほぼないに等しい。アニメイト社員ともあろうものが、このままでは波に乗り遅れてしまう。やばい、やばすぎる。……ということで、「アニメイトタイムズ編集部員にBLのアレコレソレを教えて!」と急遽助っ人を要請。「アニメイト編集部BL塾」と題して、BL塾の開校に踏み切った。今回の企画では、BL通のライター・阿部裕華が先生役となり、BLの世界をいちから初心者の方に向けてご案内。BLを知りたい! もっと深く知りたい! と思っている読者のみなさんは、石橋さんとともに生徒気分でお楽しみを。※BL事情は諸説あるため、本企画には個人的見解も含まれています。※一部、R-18の作品も紹介しています。<登場人物>●阿部裕華フリーのライター。本企画の助っ人。石橋さんの飲み友達。BL愛好歴15年。『好きなものは好きだからしょうがない‼』に衝撃を受け、BLへ沼落ち。黒髪メガネ受けが登場する商業BLマンガは一通りチェックする。今回の先生役。●石橋悠アニメイトタイ...
関連記事
【そろそろBLのこと知ってみませんか?】いまさら聞けない商業BLの世界! 「アニメイト編集部BL塾」開校【後編】
白熱した講義にまさかの前後編となってしまった「アニメイト編集部BL塾」。編集部員の石橋さんも徐々にBL文化を理解してきた様子だ。今回も引き続き、阿部がBLの世界をご案内。後編は「BLにおけるエロ」と「初心者にオススメのBL作品」という大きなテーマを中心にお届けしていくことに。また、前編から引き続きのお話になるので、前回をご覧になっていない方はそちらからご覧ください。では、早速講義スタート!◆前編はこちらから!※BL事情は諸説あるため、本企画には個人的見解も含まれています。※一部、R-18の作品も紹介しています。<登場人物>●阿部裕華フリーのライター。本企画の助っ人。石橋さんの飲み友達。BL愛好歴15年。『好きなものは好きだからしょうがない‼』に衝撃を受け、BLへ沼落ち。黒髪メガネ受けが登場する商業BLマンガは一通りチェックする。今回の先生役。●石橋悠アニメイトタイムズの編集部員。HIPHOPと百合と某王国を愛する。アニメ化したBL作品などを少し見てはいるが、ズブの素人と言っていいレベル。今回の生徒役。連載:BL塾アニメイト通販での購入はこちらアニメイトタイムズで連載中の「BL塾」が書籍化決定! 表紙イラストは森下suu先生! 書き下ろしを含めた決定版...
関連記事
ぼくらの人生を変えたアニメ11選【2012年編】|『PSYCHO-PASS サイコパス』槙島聖護の忘れられない言葉と宜野座伸元の黒髪メガネ
2021年。テレビにかじりつき、画面の中で大冒険を繰り広げるアニメのキャラクターたちに夢を見ていた少年少女だったぼくたちは、いつの間にか大人になっていました。進学、就職、結婚、いろんな出来事があったけれど、でも、それでも、今でも、アニメが好きなのは変わりませんでした。近年、10周年として大々的に売り出す作品も多くなってきたアニメ業界。今一度、ぼくらの人生を変えたアニメを振り返ってみませんか? 改めて振り返ってみると、これからの10年はとんでもなくすごい作品たちが10周年を迎えていくことに気づくはずです。アニメイトタイムズでは、「ぼくらの人生を変えたアニメ11選」と題して、2010年〜2020年までの各年から1作品をピックアップし、アニメイトタイムズを代表するライターによる独自見解のもと振り返っていく特別連載を掲載していきます。今回お届けする連載第3回は、2012年に放送された『PSYCHO-PASSサイコパス』です。執筆は阿部裕華さん。また、記事の最後に読者のみなさんの人生を変えた作品をアンケートで募集しています。あのときのあなたの状況を聞かせてください。きっと、あなたのアニメによって奮起させられた経験が、みんなの希望になることがあると思いま...
もっと見る
関連記事
劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』幾原邦彦監督、木村良平さんインタビュー|『輪るピングドラム』はストレートに「愛」なんです【連載8回】
2011年に放送されたTVアニメ『輪るピングドラム』が劇場版『RE:cycleofthePENGUINDRUM』として待望の映画化! 4月29日(金)に前編『君の列車は生存戦略』が公開され、7月22日(金)より後編『僕は君を愛してる』が全国の映画館で上映スタートです。10年という時を経て劇場版が制作されることになった『輪るピングドラム』ですが、幾原邦彦監督による独特な世界観も相まって、多くのファンを生み出し、今なお語り継がれる名作となっています。なぜ、人々はこれほどまでも『輪るピングドラム』に魅了されてしまうのでしょうか。アニメイトタイムズでは、『輪るピングドラム』に関わるスタッフや声優陣にインタビューを行った長期連載を通して、この答えの一端に迫ってみようと思います。第7回となる今回は、幾原邦彦監督、高倉晶馬役の木村良平さんの2人が登場です。前編の振り返り、後編の制作で印象に残っていること、お互いの好きなところなどをクロストークしてもらいました。連載バックナンバーはこちら!みんな『ピングドラム』が心に残り続けていたーー後編のお話を伺う前に、前編『君の列車は生存戦略』公開後の反響や手応えについてお聞きしたいです。幾原邦彦監督(以下、幾原):どうな...
関連記事
「アニメを信じ続けてきた結果、今がある」春アニメ『EDENS ZERO』の主題歌に込められた西川貴教の願い
西川貴教さん約1年ぶりのシングル『Edenthroughtherough』が、4月10日(土)より放送のアニメ『EDENSZERO(エデンズゼロ)』オープニングテーマに起用された。約25年間、様々な活動(T.M.Revolution、abingdonboysschool、西川貴教など)で多くのアニメ主題歌を担当してきた西川さん。自他共に認めるほどアニメファンとしても有名だが、どのような思いを抱えアニメの近くに寄り添い続けてきたのだろうか。アニメイトタイムズでは二度目となるインタビューの機会。新曲へ込めた意気込みや願いと共に、西川さんが抱くアニメへの熱い思いについて話を聞いた。アニメイト通販での購入はこちら 『EDENSZERO』の幕開けに相応しい曲をーーアニメ『EDENSZERO』主題歌のオファーが届いたときの心境をお聞かせください。西川貴教(以下、西川):『EDENSZERO』は日本テレビが新しく設けたアニメ枠で放送されます。作品の主題歌を担うことと同時に、テレビ局がアニメの新しい挑戦をするタイミングで僕を選んでいただいたことに責任を感じました。ーー責任、ですか。西川:ありがたいことにこれまでも様々なスタートアップに携わらせていただく機会がとても多かったのですが、毎回なんとしてでも結果を出さなけ...

 

連載:BL塾

アニメイトタイムズで連載中の「BL塾」が書籍化決定! 表紙イラストは森下suu先生! 書き下ろしを含めた決定版です! アニメイト特典は表紙イラストのカラーペーパー!

連載バックナンバー

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|連載:01
いまさら聞けない商業BL/前編
いまさら聞けない商業BL/前編
|連載:02
いまさら聞けない商業BL/後編
いまさら聞けない商業BL/後編

|連載:03
BL「攻めの事情」
BL「攻めの事情」
|連載:04
BL「受けの事情」
BL「受けの事情」

|連載:05
BL「オメガバースの事情」
BL「オメガバースの事情」
|連載:06
「BL成長期」2020年を総まとめ
「BL成長期」2020年を総まとめ

|連載:07
海外BLドラマが人気の理由は?
海外BLドラマが人気の理由は?
|連載:08
BL愛好家座談会
BL愛好家座談会

|連載:09
BLってどうやって作られているの?
BLってどうやって作られているの?
|連載:10
「BL定着期」の2021年を総まとめ!
「BL定着期」の2021年を総まとめ!


おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング