アニメ
ロリガ BD-BOX発売記念|日高里菜×種田梨沙×むとうやすゆき座談会

『ローリング☆ガールズ』Blu-ray BOX ~5周年記念特装版~発売記念座談会|日高里菜(小坂結季奈役)×種田梨沙(響 逢衣役)×むとうやすゆき(脚本)【第2弾】

12月16日に、『「ローリング☆ガールズ」Blu-ray BOX ~5周年記念特装版~』がリリースとなった。WIT STUDIO初のオリジナルテレビアニメ作品として、2015年1月~3月に放送され、何かに夢中になって頑張って生きている、世にいる普通の人々(モブたち)に勇気を与えたTVアニメ『ローリング☆ガールズ』。それだけにコアなファンも多く、その声を受けて、今回のBlu-ray BOX発売となった。アニメイトタイムズでは、そんなロリガファンの胸が熱くなる座談会を実施。10,000字に及ぶインタビューを毎週アップしていきたい!

第2回は、日高里菜さん(小坂結季奈役)、種田梨沙さん(響 逢衣役)と脚本のむとうやすゆきさん。声優二人の『ロリガ』愛が溢れまくっている熱いインタビューとなった。

5年経っても色褪せない! ボックス化を機にまだ観ていない方にも届けていきたい!

――『ローリング☆ガールズ』(以下:ロリガ)のBlu-ray BOXが発売されると聞いたときは、どう思いましたか?

日高里菜さん(以下、日高):ここまで来たかという感じがしました。5年経ってボックスが出ることってなかなかないことですし、むとうさん含め、スタッフの方々、何よりファンのみなさんがここまでの道を作ってくれたんだなぁと思ったので、感謝の気持ちでいっぱいです。だからこそ何かしらで恩返しができたらと思っていた中で、特典盛りだくさんだよ!と聞いて、うれしくなりました。

種田梨沙さん(以下、種田):ボックス化は当たり前のことではないし、それだけ数年間『ロリガ』のことを考え、応援し続けてくださるファンの方がいたからだと思うんです。もちろんそれは、むとうさん始めスタッフの方々が愛情を持ってつなげ続けてくださったからでもあるので、声優陣からすると感謝しかないんです。今回は歌やコメンタリーですけど、こうやって関わらせていただく機会が来るなんて、夢のようでした。

 

 

――当時からファンの方の熱量の高さを感じていたのですか?

日高:放送中も熱は感じていたんですけど、終わってからずっと変わらない、むしろ増えたんじゃないかと思うくらいだったので、それはなかなか他の作品ではないんですよね。どんどん新しい作品が出てくる中で、どうしても新しい作品に行っちゃうんですけど、俺たちは諦めないぞ! 『ロリガ』好きだぞ!っていう熱量は、むしろ終わってからのほうがあったんじゃないかと、個人的には感じているんです。

でもそれは、むとうさんがスピンオフ活動を続けてくれていたり、公式Twitterの毎月の「ガンバレ!」ツイートがみんなに伝わっていたからだと思います。(※2015年から、公式Twitterが毎月1日に「ガンバレ!」のツイートを投稿し続けている)

種田:素敵な作品が世の中には溢れているので、公式からの供給が途絶えると、自分の愛情を数年間保ち続けるのって難しいことだと思うんです。そんな中、スピンオフで、見たかった続きが読めるということで、みなさんのワクワク感が満たされていたと思うんです。そのスピンオフ本を自腹で買って、送ってくださる方もいたり、私たちもその熱量を感じ続けていました。

このボックス化が発表される前に一挙上映がネットであったのですが、そこで流れるコメントを見ながら、反響が良くてうれしくなりました。あらためて見ても色褪せていないし、このボックス化を機に、まだ見ていない方にも届けたいなと思いました。

むとうやすゆきさん(以下、むとう):今日収録した7~8話のコメンタリーでも、お二人はこの勢いでしゃべり続けてくれました。

日高:確かに! むとうさんにまったくしゃべらせていなかった! すいません(笑)。

種田:めちゃめちゃ早口でまくし立ててしまった……。

むとう:スタッフとしては嬉しい限りです。こんなにありがたいことはないなと(笑)。

一同: (笑)

――コメンタリーもむとうさんはあまりしゃべっていなかったのですか?

日高:いや、聞きたいことはいっぱい聞きましたよねっ!

種田:むとうさんが質問攻めにあっていました(笑)。

むとう:日高さんが熱っぽくしゃべっているときに、このネタについてちょっと話したいなと思っていると、すぐに種田さんがそれについて熱く語るんですよ(笑)。そのあと少し話そうかなと思ってチラッと見ると、もう日高さんがうずうずしていて(笑)。いつもコメンタリーでは聞かれて答える立場なところ、今回は司会のような立場だといわれて少し不安だったんですが、最初に挨拶をしたらあとは二人がずっとしゃべってくれたので、いるだけで大丈夫でした。

日高・種田:すみません……(笑)。

――どんなマシンガントークが繰り広げられているのか楽しみですね。

むとう:今回はスタッフコメンタリーが1~4話で、僕とキャストが2グループに分かれて4話ずつの計12話のコメンタリーなのですが、それぞれで12話ずつやっても良かったねと……。

日高:話し足りなかった! でも、キャストだけではなくスタッフのむとうさんがいてくれることがすごく大きくて、濃密な話が聞けたと思います!

種田:何度も見返してきたからこその疑問とかを、私たちから質問させてもらったりできたので。

日高:キャスティングの話とか。どうして選ばれたのかって当時は聞けないけど、5年経ったからこそ聞けたりとか。

種田:監督からの(お芝居に対する)感想だったり、私たち的にはうれしいトークがたくさん聞けました。

日高:監督からメッセージがいただけたのは、すごくうれしかったですね。

(C)2015 The Rolling Girls 製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング