menu
アニメ
冬アニメ『IDOLY PRIDE』神田沙也加&石谷春貴インタビュー【第1話ネタバレあり】

衝撃的な展開で幕を開けた第1話を振り返る! 冬アニメ『IDOLY PRIDE』長瀬麻奈役・神田沙也加さん&牧野航平役・石谷春貴さんインタビュー【第1話ネタバレ注意】

いよいよ放送がスタートしたTVアニメ『IDOLY PRIDE』。第1話、特に後半の展開に驚いた方も多かったのではないでしょうか。

そこでアニメイトタイムズでは、神田沙也加さん(長瀬麻奈役)と石谷春貴さん(牧野航平役)を直撃。衝撃の第1話の展開や、麻奈と牧野の関係について語っていただきました。

なお、本インタビューには第1話のネタバレが多分に含まれます。ぜひ第1話をご覧になってから読んでいただければと思います。

☆第1話の視聴方法はコチラからチェック

アニメイトタイムズからのおすすめ

台本を読み進めて「え?」と言ってしまうぐらいの衝撃でした

――第1話は何重にも衝撃の展開でした。まさか幽霊になるとは想像もしていなかったのですが、おふたりはこのような展開になるといつ知ったのですか? また、それを知った時の率直な感想をお聞かせ下さい。

長瀬麻奈役・神田沙也加さん(以下、神田):役柄の設定を最初から教えていただいてのオファーでした。事前のティザーや予告動画を見ていただいたところから、第1話を見終わった皆さんの心境が(どう変わるのか)気になりましたね(笑)。

牧野航平役・石谷春貴さん(以下、石谷):僕はオーディションの時にこういった状況ということで共有されていたんですが、展開としては収録の中で初めて知りました。台本を読み進めて「え?」と言ってしまうくらいには、改めて衝撃を受けましたね。おそらくご覧になられた方と同じ気持ちです。

――そのシーンも含めて、実際にアニメの映像として麻奈や牧野を見たときはいかがでしたか?

神田:麻奈ちゃんはとにかく可愛い。アイドルモードの時の動きはもちろんですが、OFFモードのときの牧野くんにだけ見せるふくれっ面や、したり顔が特にお気に入りです!

牧野くんには優しさと責任感がキャラクターに表れていて、こんな同級生が欲しかった…! という気持ちにさせられます。

石谷:アニメということで、とても表情豊かだなぁと思いました。特に麻奈ちゃんは、こんなに華やかに笑ったり、意志の強い表情だったり、意地悪だったり、コロコロ変わるところがやっぱり魅力的だなぁと。

牧野くんは、ちゃんとマネージャーしている時の表情がキリッとしていて、でもしきれなかったり……っていうのが面白かったです。過去の牧野くんはかなり自分を日陰に置いていたんだなぁとか思ったりもしました。

――では、第1話全体として印象的なシーンやセリフを挙げるならどこでしょうか?

神田:デビュー衣装姿の麻奈が牧野くんと対峙したときに尋ねる「100点満点で何点?」ですね。わたしもよく出来映えなどをマネージャーにこう聞いています(笑)。

石谷:「俺はいつもここまでだな。ここから見ていることしかできない」という台詞です。マネージャーとしての牧野くんを表している言葉だと思います。

それまで寄り添っていれたとしても、実際、舞台の上では1人、もしくはグループとしていなければいけない。前に立つことはなく、魅力のある麻奈ちゃんを支えることを選んで決意した彼から溢れた、ひとつの本心ではないかなと。

そして、ちゃんとマネージャーとして踏み出した言葉だと思います。ですが、1人でもちゃんと見てくれている人がいるって力になるんですよね。

――2人の性格や関係性、立場をよく表していますよね。そんな2人を演じるにあたり意識したことや印象的なディレクションがあればお聞かせください。麻奈は幽霊になって演技に変化はありましたでしょうか?

神田:特に幽霊になって何かを変えるということはしませんでした。(全体を通して)牧野くんと、“アイドル×マネージャー”として、どんどんテンポ感が合っていく感じを心がけましたね。

石谷:1話の中で時間の経過がかなり早く、“クラスメイト”という立場から、“アイドルと信頼するマネージャー”という立場までがシーンで切り替わっていきますよね。その間で2人が培ってきたものがあり、距離が詰まった関係を描いていて。

(演じる上では)ディレクションでの「気の置けないやり取り」というのが特に印象に残っており、神田さんと掛け合う際の主軸になりました。

そして、この作品はアイドルの裏側を描いている物語でもあります。なので、太陽のような麻奈ちゃんに寄り添ってあげられる影として、でも普通な牧野くんでありたいなとも考えながら演じていました。

――このご時世なので大人数でのアフレコは厳しかったと思いますが、おふたりは一緒にアフレコできたとお聞きしました。アフレコでのお互いの印象はいかがでしたか?

神田:柔らかく、かつ精悍な声とやり取りさせていただくのが毎回楽しみでした。息がバチッと合う瞬間があって! アニメをご覧の皆さんにも良いコンビに映っていたら嬉しいです。

石谷:2人でがっつり掛け合うところはスタジオで(一緒に)演じさせていただきまして、巻き込む、引っ張る力がすごく強い方だという印象を受けました。僕自身、結構口下手なんですが、最初の収録から気さくにお話してくださって。

星見プロのキャストの子たちと一緒の時には、面倒見のいいお姉さん!という感じで、麻奈ちゃんと重なるところも多いなぁと密かに思っていました。キャストの子たちの目が輝いていたのも印象的でしたね。

(C)2019 Project IDOLY PRIDE / 星見プロダクション
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年 冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021冬アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021冬アニメも声優で観る!
2021冬アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング