アニメ
春アニメ『スーパーカブ』声優陣登壇のステージレポ【AJ2021】

春アニメ『スーパーカブ』声優・夜道雪さん、七瀬彩夏さん、日岡なつみさん登壇のスペシャルステージをレポート!【アニメジャパン 2021】

トネ・コーケン先生のライトノベルを原作とし、2021年4月7日(水)より放送がスタートするTVアニメ『スーパーカブ』。両親を亡くし友達も趣味も無い日々を過ごしていた女子高生・小熊が、世界中で愛されている名バイク「スーパーカブ」と出会ったことで、少しずつ日々が変化していくさまを描いた作品です。

このたび、本作のスペシャルステージが「AnimeJapan 2021」内・KADOKAWAブースステージにて開催! 作品プロデューサー・伊藤敦氏がMCを務め、小熊役・夜道雪さん、礼子役・七瀬彩夏さん、恵庭椎役・日岡なつみさんらメイン声優陣をゲストに、作品やキャラクター、舞台となった山梨県の魅力などを語りました。

TV放送に先駆け、第1話冒頭が先行公開されるなど、注目の情報が盛りだくさんとなったステージの模様をレポートします!

 

「山梨県」「バイク」といった本作ならでの魅力をアピール!

OPテーマ「まほうのかぜ」、EDテーマ「春への伝言」のインスト音源をバックに出演者の3人が登場し、自己紹介からスタート。

演じるキャラクターについて、夜道さんは小熊をきっと気に入ってもらえるキャラクターだと語り、自信をのぞかせます。両親を亡くし友達も趣味も無い、と一見ネガティブに捉えがちな境遇ながらも、それを見せすぎない、ひとりでいることも楽しんでいそうなキャラクターであることも明かされました。

七瀬さん、日岡さんも自身の演じるキャラクターの魅力を語ると、続いては第1話の冒頭が先行公開されることに。

舞台となった山梨県の美しい風景描写からはじまり、小熊が朝出かける準備をして、カーテンを開けるシーンまでが映され、リアリティのある効果音やクオリティの高い美術といった部分を声優陣が絶賛しました。

話題は移り、アフレコでのエピソードに。本作が初主演となった夜道さんは、最初はとても緊張したようで、マイクに自分の心臓の音が入ってしまうほどだった、と驚きのエピソードを語りました。

一方、傍から見ていたふたりからは、夜道さんが緊張しているようには見えなかったようで、すごく驚いたそう。ほかにも、七瀬さんは、バイクに詳しい礼子を演じるうえで、普段からバイクに乗っていて知識もある夜道さんの存在が頼もしかったと語りました。

続いて、作品の舞台となった山梨県北杜市のイメージを聞かれると、「水」「ほうとう」「八ヶ岳」といったワードが。北杜市が水の名産地であることを知ってからはお水のラベルを確認するようになったと日岡さんが語るように、作中に登場する自然や場所についても知りたくなるような作品になっていることがアピールされました。

そして、作品に欠かすことのできない「バイク」について聞かれると、スーパーカブをはじめ、バイクが大好きな夜道さんはその魅力を熱弁。伊藤氏と白熱したトークを繰り広げました。

七瀬さんは、収録現場にバイクで来ていた夜道さんに影響を受けたようで、なんと現在教習所に通っているそう。日岡さんも同様に、バイクに興味を持つようになるなど、作品にとって切っても切り離せない存在であるバイクにも注目してほしい作品となっていることを明かしました。

最後に、ひとりずつ改めて、キャラクターや音楽、美術、そしてバイクといった本作の魅力を語り、ステージは終了。豊かな自然描写とともに、バイクにまつわる少女たちの交流が描かれるアニメ『スーパーカブ』をぜひお楽しみに!

 

 
【文:篭法】

 

中学までは運動部だったが、だんだんインドア趣味になり、今では完全に陰の者。小説が好き。ライターを志すきっかけになったアニメは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。その他に好きな作品は『91Days』『SSSS.GRIDMAN』『ワンダーエッグ・プライオリティ』など。アイドル系の作品にはあまり触れてこなかったが、1年ほど前から『シャニマス』にハマり、ライブにも足を運ぶようになった。

この記事をかいた人

篭法
内向的で口下手、典型的な陰の者。テーマやメッセージ、登場人物の心情を考えさせられるアニメが好み。小説も好き。

担当記事

関連記事
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』名言・あらすじまとめ|心に響く名台詞とともに、ひとりの少女の愛の物語を振り返り!【『外伝』『劇場版』のネタバレあり】
暁佳奈先生の小説を原作とし、京都アニメーションが制作したアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。2018年にTVアニメ、2019年に劇場作品『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形-』、そして2020年に完結作『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が公開され、美麗な画作り、心震わすお芝居・音楽、感動的かつ普遍的な物語などが、日本のみならず世界中のファンを虜にしました。幼少のときから戦争の“道具”として生きてきた孤児・ヴァイオレットが、戦争終結後、人々の想いをくみ取り手紙を代筆する職業「自動手記人形(ドール)」として働いていく中で、さまざまな感情と「愛」を知っていく姿を描いた本作。登場人物たちの言葉はどれも、誰かに伝えたい「想い」があふれており、心に留めておきたくなるようなものばかりです。そこで今回は、本作の印象的な名言(名台詞)を紹介するとともに、ヴァイオレットが歩んだ物語を振り返り! 印象的な台詞とともにヴァイオレットの成長と物語に思いを馳せてみてください。本稿の2ページ目には、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形-』と『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のネタバレを含み...
関連記事
「お仕事もの」「サスペンス」「恋愛もの」……さまざまなジャンルの要素を内包した、今一番押さえておきたい漫画『【推しの子】』のあらすじや魅力を紹介!【ネタバレあり】
2020年4月より週刊ヤングジャンプにて連載中、そして少年ジャンプ+でのWEB連載もされている赤坂アカ先生×横槍メンゴ先生による漫画『【推しの子】』。芸能界の華やかな部分、シビアな部分双方をリアルに、ドラマチックに、そして膨大な熱量で描いた作品で、斬新な設定と先が読めない展開も相まって、これまでに多くのファンを獲得してきました。2023年4月からは、動画工房制作でTVアニメがスタート。毎週のように関連ワードがツイッターのトレンドに載るほか、YOASOBIによるOP主題歌「アイドル」のMVが、公開約1ヶ月で再生回数1億回を突破するなど、多方面で話題を呼んでいます。本稿では、作品の魅力や、単行本最新巻までのあらすじをご紹介します!※本稿は作品のネタバレを含みますのでご注意ください。第1巻(第10話)までのあらすじ鮮やかなタイトル回収まずは物語序盤のあらすじをご紹介。地方の産婦人科医師・ゴローはアイドルグループ「B小町」の絶対的センター・星野アイの大ファン。患者の病室でライブDVDを流すほどの筋金入りのオタクで(曰く「美しいものを見ると健康に良い」から)、充実した日々を過ごしていました。そんなある日の診察で彼に衝撃が走ります。なんと「病気療養中」の...
関連記事
春アニメ『魔法使い黎明期』ロー・クリスタス役・岡咲美保さんインタビュー|ロスは「役者としての成長につながっている」演じがいあるキャラクター
講談社ラノベ文庫にて刊行中の、虎走かける先生による本格ファンタジー小説を原作としたTVアニメ『魔法使い黎明期』。2022年4月7日(木)よりTBSにて放送開始となります。アニメイトタイムズでは、放送を記念し、声優陣へインタビューを実施! 今回は、魔法学校に通う主人公・セービルたちの“引率の先生”を引き受ける、魔女・ロー・クリスタス(ロス)を演じる岡咲美保さんです。ロスは、外見相応の子供っぽい一面から、何百年もの時を生きる魔女としての顔まで、多彩な表情を見せるキャラクター。さまざまなギャップを持った彼女を演じるうえで意識していることや、彼女の教え子となるセービルの魅力について語っていただきました。ロスとの出会いは、役者としての成長にすごくつながっている――本作に初めて触れた際の印象をお聞かせください。ロー・クリスタス役・岡咲美保さん(以下、岡咲):まず色彩の綺麗さに目が行き、お話を読み進めていくと、キャラクターひとりひとりが背負っているものの重さや、お話の深さにビックリしました。ロス以外のメインキャラクターであるセブ君(セービル)、ホルト、クドーたち、10代の少年少女の成長を見ていると、「彼らがもし出会っていなかったら、きっ...
もっと見る
関連記事
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』イベント「第一回 敵<ヴィラン>連合総会」レポート|内山昂輝さん、下野紘さんら敵<ヴィラン>声優陣が生アフレコ、朗読劇でお客さんを“悪の世界”へ誘う
「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の堀越耕平先生の漫画を原作とし、第5期まで放送、第6期の放送が22年秋に決定しているTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』(ヒロアカ)。2021年11月21日(日)に、東京・立川ステージガーデンにて、ヒロアカイベント史上初となる、敵<ヴィラン>オンリーイベント「第一回敵<ヴィラン>連合総会」が開催されました。本イベントには、死柄木弔役:内山昂輝さん、荼毘役:下野紘さん、トガヒミコ役:福圓美里さん、トゥワイス役:遠藤大智さん、Mr.コンプレス役:最上嗣生さん、スピナー役:岩崎了さん、オール・フォー・ワン役:大塚明夫さんら敵<ヴィラン>声優陣が登壇。主人公・デクたちのヒーローサイドとはまったく異なる成長を遂げてきた、敵<ヴィラン>連合の活躍を生アフレコやトークで振り返ったほか、オリジナル台本による朗読劇も行われ、敵<ヴィラン>たちの魅力がより深堀りされました。会場が敵<ヴィラン>一色となり、大きな盛り上がりを見せた本イベント。本稿では、イベント昼の部の模様をお届けします!大塚さんは“タルタロス”からイベントに参加!?ヒロアカイベント史上初となる敵<ヴィラン>のイベン...
関連記事
イラストレーターで選ぶライト文芸おすすめ10選|焦茶さん、望月けいさん、loundrawさん、toi8さん、キナコさんなど有名イラストレーターが物語を彩る珠玉のミステリ作品を紹介!
一般文芸よりも読みやすく、若年層から支持を集めている小説ジャンル「ライト文芸」。書籍の表紙には、焦茶さん、望月けいさん、loundrawさんといったネットシーンを代表するような有名イラストレーターが数多く起用されています。そこで今回は、表紙だけで思わず手に取ってしまうような小説を、ミステリ作品を中心に紹介! キャラクターや世界観を一枚で雄弁に語ったイラストと、一気読み間違いなしな謎と物語が織りなすエンターテインメントをぜひ体感してみてください!ライト文芸とは?10~30代をメインターゲットとした小説の1ジャンル。明確な定義は難しく、一般文芸とライトノベルの中間的なイメージというのが一番分かりやすいかもしれません。一般的な文芸書よりも会話文が多く読みやすい、登場人物が個性的でややキャラクター然としている、ライトノベル的な架空の世界観よりも現実的でリアリティのある物語が重視される、といった特徴が挙げられます。また、ミステリや恋愛、感動系の作品が多い傾向にあります。代表的な作品として頻繁に名前が挙がるのは『君の膵臓をたべたい』(著:住野よる)や『ビブリア古書堂の事件手帖』(著:三上延)、『いなくなれ、群青』(著:河野裕)など...

TVアニメ『スーパーカブ』作品情報

 
■イントロダクション
私にはなにもない。と思っていた。

山梨県北杜市の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女だが、ふと見かけた中古のスーパーカブを買ったことで、ちょっとずつ単調な毎日が変わり始める。

角川スニーカー文庫にて刊行中のライトノベル『スーパーカブ』はTVアニメが4月から放送開始!

 
■スタッフ
原作:トネ・コーケン/イラスト:博(角川スニーカー文庫 刊)
監督:藤井俊郎
シリーズ構成・脚本:根元歳三
キャラクターデザイン:今西亨
色彩設計:大西峰代
美術監督:須江信人
美術設定:多田周平
ボード制作:横山淳史
背景:草薙【KUSANAGI】
3DCG制作:スタジオKAI
3DCG制作協力:TypeZERO
2Dデザイン・特効効果:チップチューン
撮影監督:浅川茂輝
撮影:Raretrick
編集:齋藤朱里
音楽:石川智久・ZAQ
音楽制作:バンダイナムコアーツ
協力・監修:本田技研工業株式会社
制作:スタジオKAI
製作:ベアモータース

■キャスト
小熊:夜道雪
礼子:七瀬彩夏
恵庭椎:日岡なつみ

 
公式サイト
公式ツイッター

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

スーパーカブの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング