声優
声優・諏訪部順一さん、アニメキャラクター代表作まとめ(2022年版)

声優・諏訪部順一さん、『ユーリ!!! on ICE』『テニスの王子様』『うたの☆プリンスさまっ♪』『僕のヒーローアカデミア』『黒子のバスケ』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2022 年版)

『うたの☆プリンスさまっ♪』神宮寺レン


・歌声!神宮寺レンのまま歌ってくれるところと、息づかいで感じる距離感(40代・女性)


・女性向けアイドル作品で1番長く好きで諏訪部さんときいたらレン様がでてくるから(30代・女性)


・あの大人っぽいセクシーな雰囲気のレン様は諏訪部さんの声でしかありえない!!!(10代・女性)


・とにかく声がセクシーでキャラクターの格好良さがより引き立っていると思いました。(10代・女性)


・諏訪部さんのお声は、渋さもあり色気もあると思うのですが、レン様はその両方を出すことができるキャラだと思うので選びました。(20代・女性)


・とにかく諏訪部さんの声の魅力を余すことなく発揮している作品。

かつライブイベントではそこにレン様がいると思わせてくれる全身からの表現で、唯一無二の存在感を感じられます。(30代・女性)


・声優さんとキャラクターが一部重なり合いリンクするような部分もあるこの作品。

諏訪部さんなくしては神宮寺レンもないような気がします。

お二人に感謝しつつ投票させて頂きます。(40代・女性)


・諏訪部さんを知るきっかけになった作品です。

第一印象は嫌なやつだったのですが、いつのまにかレンくんが好きになってました。

セクシーなキャラクターと諏訪部さんの声がとてもマッチしていてとても好きです。(30代・女性)


・諏訪部さんの色気が堪能出来る作品!ソロも素敵ですが、メンバーとのハーモニーがホントに凄い!

歌からハマった作品です。なにより、ライブでもファンサが凄くてCASTの方々のうたプリ愛がすごく伝わるんです。(30代・女性)


・財閥御曹司としての滲み出る気品、モテる故に奔放だった過去の恋愛からくる経験豊富なセクシーさ、生い立ちからくる孤独感とセンシティブな儚さ、その多面的な神宮寺レンの声を出せるのは諏訪部さんしかいらっしゃらない。

あと、なんと言っても歌唱力!(50代・女性)


・まずビジュがいい。

周りの人の呼び名が独特なのがいい。歌う時はハモリの低音がこれまたいい。ソロの時の色気とパワーがまたまたいい。

その全てに諏訪部さんの声と演技がバッチリはまっていて目が離せない!

今年はうたプリの映画もあるし、ソロのCDも出るし…好きすぎて上手く言えないです😅(50代・女性)


・私が諏訪部さんを知り、初めてキャラクターも声優さんも含めて好きになった作品です。

ST☆RISHとして歌っている時のハモリは優しくも存在感があります。

ソロの中ではオレンジラプソディがとても好きです。

ジャズの大人な雰囲気はそのままですがソロ曲はどれも雰囲気が違うように感じるところが諏訪部さんのすごいところだと思います。

様々な曲を神宮寺レンとして歌いこなしていて本当に素敵です。

また、ST☆RISHで集まっている時の年長のお兄さんの雰囲気も好きですが、聖川真斗くんと絡んでいる時の子どもっぽい彼も大好きです。

場面やメンバーに合わせた諏訪部さんの演じ分けも見どころのひとつかなと思います。(20代・女性)


・諏訪部さんが自己紹介の際に仰る「神宮寺レンとあなたを繋ぐ愛の架け橋、諏訪部順一です」という言葉が大好きです。

10年以上も続くこの作品において、キャラクターたちは刻々とその表情を変えています。

特に神宮寺さんは、その生い立ちから当初は誰とも馴れ合わない性格でしたが、現在は仲間たちとの関わり合いの中で柔らかく、丸くなり、大きく立場を変えました。

諏訪部さんにはその細やかな表情の一つ一つを丁寧に演じていただいており、まさしく我々と神宮寺さんとの〝架け橋〟として携わっていただいております。

また、何度か次元を超え神宮寺さんと遭遇していらっしゃるようで……本当にすごいライブイベントの際は自ら提案し色々と挑戦していただいていると伺っています。

本当に感謝がつきません。(20代・女性)


次ページ:『テニスの王子様』跡部景吾はこの後に!
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング
目次
目次