menu
声優

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-「CROSS A LINE」』発売記念! イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」山田一郎役・木村昴さんインタビュー|今回のブクロはキープゴーインで“らしさ”を進化させた自信作

熾烈なバトルが繰り広げられた<2nd D.R.B>も終了、物語もひとつの分岐点を迎えた『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-(以下、ヒプマイ)』。今回のディビジョンラップバトルでは、シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」の勝利となり、一時の平穏が訪れています。

そんな折に発売されるのが『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-「CROSS A LINE」』。これまでに人気曲だけでなく、各ディビジョンのチームの新曲が収録される他、コミカライズ作品に付属していた楽曲も収録されるなど、これまでのファンも、今の『ヒプマイ』に注目したい方にもマストバイな作品に仕上がっています。

アニメイトタイムズでは本作の発売に合わせて、毎度おなじみのイケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」山田一郎役・木村昴さんにインタビューを実施!

今回はバトルが行われていない期間の楽曲ということで、アルバムの雰囲気もいつもと違うようですが、Buster Bros!!!は安心安定のいつもの姿を見せてくれているようです。

木村さんが楽曲に込めた想い、今後の『ヒプマイ』で挑戦したい曲、さらには木村さんが今ハマっている音楽まで、話題は多岐にわたりました。

 

おすすめ記事

関連記事
声優のラップもやべーからチェックしとけ!『ヒプノシスマイク』初ステージ&ライブを終えた木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんにインタビュー!
ヒップホップ×男性声優12人による『ヒプノシスマイク-DivisionRapBattle-』(以下、ヒプノシスマイク)初のトークショー&ラップライブイベントが、2017年11月4日(土)の「アニメイトガールズフェスティバル(AGF2017)」にて開催されました。アニメイトタイムズでは、大盛り上がりを見せたライブ後の木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんの4名にインタビューを実施。初ライブ後の興奮が冷めやらぬまま、ラップに対する想いや人前で歌を初披露した感想など語っていただきました!ついに時代がここまで来た! そんな熱い想いが飛び出したインタビューをお楽しみください。【インタビュー対象者】イケブクロ・ディビジョン「BusterBros!!!」クルー/山田一郎役・木村昴さんヨコハマ・ディビジョン「MadTriggerCrew」クルー/碧棺佐馬刻役・浅沼晋太郎さんシンジュク・ディビジョン「麻天狼」クルー/神宮寺寂雷役・速水奨さんシブヤ・ディビジョン「FlingPosse」クルー/飴村乱数役・白井悠介さん>>AGFステージレポはこちらインタビューの最中に、イケブクロVSヨコハマのバトルが勃発!?──今日のステージやばかったです! 改めて、お客さんの前でラップを初披露した感想をお聞かせ...
関連記事
『ヒプノシスマイク』で目指せ紅白歌手へ昇格! イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」の三兄弟、木村昴さん、石谷春貴さん、天﨑滉平さんインタビュー
ヒップホップと二次元という異色のミックスで怒涛の話題を呼んでいる『ヒプノシスマイク』。それぞれのディビジョンの自己紹介曲とも言える4つのシングルがリリースされ、いよいよディビジョンどうしのバトルが繰り広げられます。これまで様々な露出、展開を行ってきた『ヒプノシスマイク』ですが、声優陣のみなさんはどのような心境でこの盛り上がりを見ていたのでしょうか?今回は、そんな疑問を抱きつつ、イケブクロ・ディビジョン「BusterBros!!!」の三兄弟、木村昴さん(山田一郎/MC.B.B役)、石谷春貴さん(山田二郎/MC.M.B役)、天﨑滉平さん(山田三郎/MC.L.B役)の3人にインタビューを実施。空前の大ブームで起こった3人の変化とは!?ラップは人の心を動かす——本日はよろしくお願いします。『ヒプノシスマイク』が、最近ブームになっているなとひしひしと感じているのですが、みなさんは作品の盛り上がりを実感した瞬間はありましたか?天﨑滉平さん(以下、天﨑):最初はYouTubeにアップされた「ヒプノシスマイク-DivisionRapBattle-」のMVかなと。ガッと急上昇になって。あれがまず最初に反響に触れた時だったので、衝撃でした(笑)。▲現在は86万再生を突破しているヒプノシスマイク-Di...
関連記事
『ヒプノシスマイク 2nd D.R.B「Buster Bros!!! VS 麻天狼 VS Fling Posse」』Buster Bros!!!山田一郎役・木村昴さんインタビュー|「これで勝てるっていうラップをちゃんと録りたかったんですよ」
2回目となるバトルシーズンもついに最終章。『ヒプノシスマイク-DivisionRapBattle-(以下、ヒプマイ)』の2ndDivisionRapBattleで決勝に駒を進めた3つのディビジョンによるFinalBattleCDであるBusterBros!!!・麻天狼・FlingPosse「BusterBros!!!VS麻天狼VSFlingPosse」が2021年9月8日に発売となります。徐々にライブの規模も大きくなった結果、2021年8月7〜8日には過去最大規模の「ヒプノシスマイク-DivisionRapBattle-7thLIVE《SUMMITOFDIVISIONS》」を開催。大成功のうちに幕を閉じました。一体、『ヒプマイ』はどこまで行くのか……? 今回はイケブクロ・ディビジョンBusterBros!!!の山田一郎役・木村昴さんにFinalBattleCDのお話はもちろんのこと、7thライブの感想、これからの『ヒプマイ』についてたっぷりとお聞きしてみました。1stDivisionRapBattleで苦虫を噛み潰したBusterBros!!!。再起を図った2ndDivisionRapBattleでは、念願の決勝へ。そんな劇的な展開に木村さんも並々ならぬ想いがあった様子です。『ヒプマイ』を代表するひとりだからこそ行き着いた、熱い想いに迫っていきましょう。【キャラクターソング】ヒプノシスマイク-DivisionRapBattle-2ndDivisionRapBattleBusterBros!!!VS...
アニメイトタイムズからのおすすめ

Buster Bros!!!らしさが洗練されてきている

ーー本日もよろしくお願いします。今回のアルバムは、新曲も盛りだくさんですね。収録はいかがでしたか?

木村昴さん(以下、木村):レコーディングはスムーズでしたね。プレッシャーが無く、ゆったり心に余裕がありながらできました。

前まではセカンドディビジョンラップバトルのプレッシャーを感じながらの収録だったんですよ。「この曲を聞く人に票を入れてもらいたい!」っていう思いでやっていました。

これまでは「ベストテイクを収めなければいけない!」と気負ってやってたんですけど、今回はスタジオに行ってぺぺっとやって、「良いね! オーライ! それじゃあまた!」って言う感じで(笑)。テキトーにやったわけじゃなくて、リラックスして収録もポンポン進んで。素材を確認しても「いいじゃん! いいじゃん!」って流れで全曲録ることができました。

特に新曲の「IKEBUKURO WEST BLOCK PARTY」に関しては、新曲なんだけどどこか懐かしくて、Buster Bros!!!らしさがある曲です。聞くだけで自然と頭に入ってくるのでそれを歌いました。

自分のバース(パート)とどういうラップをするのかを意識して、後はスタジオのバイブス(テンション)で行こうと思って臨んだんですが、すごくリラックスしてできましたね。

Buster Bros!!!の曲に関してはメンバー1人ずつ収録してたんです。今回はリリックを焚巻さんが書いてくださって、トラックはDJ U-ICHIさん。焚巻さんは池袋ど真ん中の人で自分たちを“IKB”って呼んだりするくらい。

だから池袋っていう地域をすごくよく理解していて、『ヒプマイ』のこともめちゃくちゃ勉強していただいたんじゃないかな。それくらい僕らも歌っていて違和感がないというか、疑問が無い。リリックの言葉選びにも無理がないというか。

なんか変わってなくていいなと。今までのイケブクロがそのまま出ているみたいな。すごく安心するというか、イケブクロらしさが失われず、キープゴーイング(いつもの調子)みたいな感じでした。

リリックの書き方も、1人で1バースを担当するんじゃなくて、1つのバースを掛け合いながら歌うスタイルもイケブクロっぽくてラップしていて楽しかったですね。

ーー楽曲を聞かせていただきましたが、まさにBuster Bros!!!らしさに溢れる曲でした。

木村:これまでにでありそうな曲なんだけどない感じですよね。

今回のアルバムでは、他のディビジョンが今までと違うことをしてきている印象なんです。エモい方向に全振りというか。

だからこそ、僕らの曲はトライしてないってわけじゃなくて「やるじゃん、ブクロ」って鼻が高くなりましたね。

ーー他のチームに比べると、Buster Bros!!!は“リスナーの頭の中にあるイケブクロのイメージ”が多くのファンの中でも共通していることが多い気がします。一郎を中心に仲良くやっていて、地元の泥臭い感じがあり、青春やってますっていうイメージ。それがどのディビジョンよりも明確になっているから、王道なイケブクロの方向に進んでいける。声優陣も一番ラップをしている三人でもありますし、どんどん洗練されていくんだろうなと思いました。

木村:そうなんです! その表現、いいですね……。それ僕が言ったことにしといてもらえます……?

ーーわかりました(笑)。

木村:他のチームに比べると、Buster Bros!!!は“リスナーの頭の中にあるイケブクロのイメージ”が多くのファンの中でも共通していることが多い気がします。一郎を中心に仲良くやっていて、地元の泥臭い感じがあり、青春やってますっていうイメージ。それがどのディビジョンよりも明確になっているから、王道なイケブクロの方向に進んでいける。声優陣も一番ラップをしている三人でもありますし、どんどん洗練されていくんだろうなと思いました。

ーーいいこと言いますね……!

木村:でも、そうそうこれこれ! っていう感じがあって良いなと思います。

あと、ライブ映えする曲ですよ。今月控えているライブがかなり楽しみになりましたね。ライブ前提で作るものではないですが、今までの楽曲もライブで磨かれてきた感じはあるので、レコーディングの段階でライブだったらどうするのかって思い浮かぶんですよねBuster Bros!!!の曲はどれもライブしたくなりますね。

ーー他にも「CROSS A LINE」はおしゃれでびっくりしました。

木村:「CROSS A LINE」の一郎のバースの歌い出しなんて「急な夕立 コーヒー、サイフォン」ですからね。

コーヒー……サイフォン? サイフォン……?

ーー(笑)。

木村:サイファーとかは言ったことありますけど、サイフォン? 夕立がきて茶店に入って……サイフォン? めっちゃおしゃれじゃん……!

曲調もそうですけど、リリックも今まで歌ったことのない言葉が多くて。雨の日の喫茶店感というか。今までで一番ラフにラップしたと思います。力まずプリプリっとするような。新たな一面ですよね、落ち着いた感じ。

この曲はレコーディングしながらライブ難しそう~と思いました。ちょっと歌ったり、ハモりがあったりするので、完璧に決まったらかっこいいんだろうなと。

ーー人数も多くなってパズルみたいな曲ですからね。

木村:18人の歌声がありますから! しかも実際の楽曲はコーラスもあるのでそれが『ヒプマイ』の重厚感のある楽曲の要因にもなっています。

だからこそ、みんなでのライブはどうしようかな~と思いますね。また楽しみが増えました。

この楽曲が物語ってるように、バトルシーズンが終わってみんなでレイドバック(リラックス)しながらチルい(のんびりとした)感じで行こうぜ〜という雰囲気が良いですよね。殺伐としていたり、敵意を持つことなくピースフルな雰囲気が良いですね。

それが一郎をサイフォンへと導いたと言うか。コーヒー、サイフォン!

ーーそれ、気に入ってますね……?

木村:はい。サイフォンがよくわかってないんですけどね(笑)。

ーー(笑)。しかし、『ヒプマイ』では珍しく戦いのない時期なので、聞いてる人たちも新鮮な感覚で楽しめるアルバムではないでしょうか?

木村:バトルをするっていう作品の性質上、どこかしらのディビジョンを応援するわけじゃないですか。箱推しで、『ヒプマイ』全体が好きなんだっていう人もやっぱり推しディビがあるわけですよ。

そうするとバランスと言うか、「全部楽しく聞いてね!」って思ってもやっぱりどこかを応援しようと思っちゃう。そういう性質なので仕方ないんですけどね。

だからやっぱりファンのみなさんも一緒にバトルを終えて、全てを一緒に楽しめる。全体を見直して、他のディビジョンの知らなかった魅力に気づくかもしれません。

そういうピースフルなアルバムだと思っているので、楽に聞いてほしいですね。

1つの大きな戦いが終わって落ち着いている今だからこそのアルバムです。

ーーなんか全員で河原で殴り合った後みたいな感じですよね。『ヒプマイ』は、この青春感がやっぱり魅力です。初めから聴いている側からするとみんな大人になったなと勝手に思いました。

木村:そうなんですよ……。それも僕が言ったことにしてください。

ーーまた(笑)。では初回限定盤Disc2に収録される左馬刻との“サウナ曲”はどうですか?

木村:「Nausa de Zuiqu」ですね! 3年前くらいに収録して、大阪城ホールで初披露しましたね! あれはコミックに付くCDの楽曲でした。コミックが出てからライブで披露するのもだいぶ後でしたよね。いや~熱いな!

ーーファン待望のですよね。

木村:たしかに、売り切れてたし配信も無かったですもんね。しかも今はサウナ大ブームじゃないですか。良いですね、当時はサウナ女子とか居ませんでしたからね。「整う~(※1)」とか言ってね。

そういうブームだからこそ刺さる曲になってたら良いな。この曲からサウナに詳しくなったら良いですね。

曲のコンセプトが面白くて良かったんですよ。サウナでバトル、しかもフリースタイルバトルとかじゃなくてサウナの中でサウナの知識を出し合って答えられるか、どっちが長く入れるかをやるっていう。斬新とかじゃなくてもうちょけてるなと(笑)。


※1:整う
サウナのファンは、サウナと水風呂に交互に入った後の独特の幸福感を「整う」と表現する。


ーーこれは歌うと笑っちゃうんじゃないですか?

木村:笑いそうになる! ライブでも浅沼さんと大阪城ホールで2人で披露するということで、しかも特設ステージだったので、無難にやるわけにはいかない。

だからアイデアを出しあって、ベンチでやりましょうと。サウナの中を再現しましょうって。そうしたら2人でのめり込んでリハーサルできたんですよ。

さらにオレンジのタオルを本番直前に用意してもらって、ベンチにも首にも掛けてみたらよりそれらしくなって(笑)。まじでサウナなんですよ。会場の熱気もあったし、僕ら2人とも舞台役者な部分があって、セットや小道具で盛り上がってしまうんですよね。

だからもうライブ終わったら汗でびっしょびしょでしたね。すごく楽しかったな~。CDのアウトロのところで左馬刻が「ロウリュ!(※2)」とか叫ぶやつがあるんですけど、それをライブでもやったんですよ。

浅沼さんと「お前やるじゃねえかよ!」ってお互い称え合って。そしたら浅沼さんが「続きはスパワールドでやろう!」ってアドリブを仰って。有名な大阪にある施設なんですけど。そうしたらお客さんが爆アガりしましたね(笑)。

「スパワールドであんなアガる!?」って思って(笑)。最後のちょけるところも楽しくやることができました。


※2:ロウリュ
熱したサウナストーンに水をかけて、蒸気を発生させること。その蒸気をタオルなどを使って、熱風を体に当てたりする。


ーーライブに行った方にとっても嬉しいでしょうね。お二人が世界に入っていたからお客さんもサウナの世界に入り込んだのかもしれません。

木村:最後なんて、お客さんが水風呂入った時みたいに「うわぁ~!」ってなってましたね。みんなで整いました。あの曲を知らない人もいると思うので反応が楽しみですね。

ーー『ヒプマイ』の幅広さがわかっていいですよね。

木村:コミカルな楽曲は全部挑戦的です。楽しいですよ。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング