menu
アニメ

8月放送のVAZZROCK声優陣による旅番組『ばずたび』から、キャストインタビュー到着&全話あらすじを公開! 新垣樽助さん、堀江瞬さん、佐藤拓也さん、坂泰斗さんのナレーション出演も決定!!

VAZZROCKシリーズでキャラクターボイスを担当する豪華声優陣が出演の旅番組『ばずたび -BUZZING VAZZROCK TRIP-(全8回)』が、8月10日(水)から放送開始!

2022年秋に放送が決定した『VAZZROCK THE ANIMATION(通称:バズアニ)』を盛り上げる特別番組として、作品&アニメの魅力を楽しい旅の模様とともにお届けする番組となっています。

今回は、VAZZY回に出演する小林裕介さん、山中真尋さん、白井悠介さん、笹翼さん、駒田航さんと、ROCK DOWN回に出演する菊池幸利さん、長谷川芳明さん、増元拓也さん、河本啓佑さん、山下誠一郎さんのキャストインタビューが到着!

『ばずたび』のあらすじも全話公開しているので、キャストインタビューと合わせて読んでみてください。

また、ロケに参加できなかった新垣樽助さん、堀江瞬さん、佐藤拓也さん、坂泰斗さんがナレーションで出演することも決定。新垣さん、堀江さんはVAZZY回のナレーションを、佐藤さん、坂さんはROCK DOWN回のナレーションを担当します。

4人の声での共演も決まり、改めて全メンバー揃ってお届けする『ばずたび』の放送をお楽しみに!

さらに、『ばずたび』主題歌「Get Ready to Go!!」(歌:大山直助〈CV:笹翼〉&名積ルカ〈CV:河本啓佑〉)の試聴がYouTubeにて公開中なので、こちらもチェックしてみてください♪

関連記事
VAZZROCK THE ANIMATION
「まずは1年。ちょっと冒険してみないかい?」ツキノ芸能プロダクション社長のその一言から始まった、VAZZROCKプロジェクト。芸歴の長さも、活動ジャンルも、年齢も、バックグラウンドもバラバラの12人のタレントたちが集められて、はや数年。彼らはVAZZYとROCKDOWNという2つのユニットを組み、コンビ・親友・ライバルとして互いの個性をぶつけ、磨き合ってきた。音楽活動はもちろん、ドラマや舞台、映画出演など様々な挑戦に挑む日々。悩んで、傷ついて、それでも進むから輝ける。新たな輝きの物語が、はじまる!作品名VAZZROCKTHEANIMATION放送形態TVアニメシリーズツキプロ放送スケジュール2022年10月5日(水)~TOKYOMX・BS日テレほかキャスト眞宮孝明:新垣樽助吉良凰香:小林裕介築一紗:山中真尋築二葉:白井悠介大山直助:笹翼白瀬優馬:堀江瞬小野田翔:菊池幸利久慈川悠人:長谷川芳明天羽玲司:佐藤拓也立花歩:坂泰斗大黒岳:増元拓也名積ルカ:河本啓佑遠井勇将:黒田崇矢朏ユズル:鈴木達央絵島航大:野島健児スタッフ監督:高本宣弘シリーズ構成:松田恵里子キャラクター原案・アニメキャラクターデザイン:夏生オフィシャルちびキャライラスト:津田コヨリ総作画監督:原田峰文、花...
アニメイトタイムズからのおすすめ

『ばずたび』収録後インタビューVAZZY編

——『ばずたび』の収録の感想を番組の見どころと合わせてお願いします。

駒田 航(以下、駒田):朝早くからだったので、「エネルギーを使わねば」と思って来たんですけど、めちゃくちゃ楽しかったです。本編で(小林)裕介さんが「慰安旅行に来たみたい」と言っていたんですけど、本当にそのとおりで。このメンバーの居心地の良さが尋常じゃなくて。本当にリラックスしちゃったなーという感じで(笑)。運転するのも楽しかったですし(編注:駒田さんはドライブロケで運転手として活躍!)、千葉にお邪魔させてもらって色んなところに行きましたけれど、すごく天気に恵まれまして、穏やかで、終始日向ぼっこしているような心地でやらせていただきました。VAZZYメンバーの雰囲気の良さは音声と映像でたっぷりお届けできると思います。それに、道中みなさんかなり喋ってくれて、キャスト皆のVAZZROCKという作品とアニメーションへの想いとか、ファンのみなさんにこれから見てほしいポイントが全部押さえられたんじゃないかなと思うので、『ばずたび』含めて、引き続きアニメとVAZZROCKシリーズを全部チェックしてもらいたいなという気持ちになりました。

笹 翼(以下、笹):まず、スタッフのみなさまに置かれましては、笹 翼のツキプロ48時間生配信での発言を拾ってくださり、100倍に広げてくださり、こうして幸せな企画を実行していただいて誠にありがとうございます。「宝くじ当たらないかな」と言ったら当たっちゃったくらいの気持ちです。言った言葉が現実になるって、こんなに幸せなんですねっていうのを実感できた1日でした。本当に、さっきの駒田さんのコメントだけじゃなく、みなさんが言っているんですけど、「今日1日気合入れて頑張るぞ!」という気持ちで来たのに、疲れたどころかむしろ癒されたくらいの気持ちです。温泉に入ったわけでもないのに、体が今全然疲れていないというか、「あと1日行けるぞ」くらいの気持ちです。というか、行かせてください(笑)。本当に楽しかったですし、僕達の楽しい気持ちが見てくださっているみなさんにも伝わるだろうなって思えた1日でした。放送を楽しみにしてください。

山中真尋(以下、山中):収録は終始、本当に楽しかったです。こんなに長時間仕事していたんだというのを忘れるくらい、「疲れた」よりも「楽しかった」という気持ちが多かったです。聞きどころ見どころは色々あると思うんですけど、特に車の中の話は皆リラックスして、カメラが回っていることを忘れているんじゃないかなと思うくらい喋っていましたので(笑)、その辺りとか、後は駒ちゃんの運転をぜひ画面越しに楽しんでいただきたいです。

笹:スパダリ運転でした(笑)。

駒田:画面揺らさねーぞって(笑)。

山中:寝られるぞって(笑)。

一同:(笑)。

山中:あのリラックス空間がまた色んな話を呼び覚ましてくれたんでしょうね。

駒田:純粋にもっと仲良くなりましたって感じがしますね。

山中:本当に樽さん(新垣樽助)とホリエル(堀江 瞬)がいたらもっと最高だったんじゃないかなと思います。ぜひ今度はVAZZY6人、VAZZROCK12人が揃ったら良いなと強く思ってしまいました。

白井悠介(以下、白井):いやー、ほんとに、今日は朝から旅気分で僕は臨んだわけなんですけど。

一同:……。

白井:いや、突っ込んでよ。仕事だろって。

一同:(笑)。

白井:結果的には“プライベートで旅をしている男子たち”みたいな、普段あまりみなさんにお見せしないようなプライベート感というかオフ感というのを良い意味で、それこそドライブしているところなんかは見せられたんじゃないかなと思います。千葉の富津市には初めて訪れたんですけど、すごくピカーっとした海沿いの良い雰囲気の街でしたし、お店で会うみなさんや店員さんもすごく気さくで、優しくて明るくて癒されました。終始、ただただ楽しみ尽くしてしまいましたが、少しでも作品の魅力を伝えられていたら幸いです。今回参加できなかった2人とも、一緒に行きたかったですが、きっとナレーションでめちゃくちゃ盛り上げてくれていると思いますから。

笹:間違いない!

白井:ドッカンドッカンナレーションで言わせて。

一同:(笑)。

小林裕介(以下、小林):ナレーションでドッカンドッカンは難しい(笑)。

白井:そんなナレーションが組み合わさって、完成されたものも楽しみです。とても楽しい有意義な1日でした。

小林:本当に楽しかったです。朝から考えたら10時間以上のロケでしたが、そこら辺の時間の長さを全く感じさせない、終始にこやかになれるロケでした。新しく駒田くんが来てくれたことで、駒田くんがアウェーにならないかなって勝手な心配をしてたんですけど、開始30秒くらいで「あ、これはそんなこと気にする必要はないな」って思いました。

一同:(笑)。

笹:楽屋に入った瞬間からそうでしたね(笑)。

小林:回しのセンスが天才的すぎて。

山中:最初からいたんじゃないかって(笑)。

小林:むしろ俺達が後から入ってきたんじゃないか(笑)、というくらいの安定感があって、本当に頼もしい仲間ができてうれしい旅でもありました。そして道中で初期からの振り返りをして、まさに今回この番組を見ていただければ、初めてVAZZROCKに触れる人にとってのイントロダクションとしては十分だという内容になっています。これを機にもっと深くストーリーについて知りたくなって、ドラマを聞いてみようという気持ちになっていただけると思いますので、そういう意味で、僕達だけでなくみなさんにとっても楽しい旅になっていると思います。

——今回のようにVAZZYのメンバーが集まってやってみたいことはありますか?

笹:はい! あの、僕聞いてしまったんです……。駒田さんと小林さんが2人でこっそり話しているところを。

白井:え、何々? ちょっとー盗み聞き? 

笹:駒田さんが……、小林さんと……、船舶免許取りません? って話をしてたんですよ……。僕、聞いちゃいけないと思ったんですけど……、聞こえちゃったもんだから責任もって最後まで聞こうと思って……。2人で、すごく乗り気で「一緒に取りに行こうよ」って話をしてたんですよね。だから、今日、駒田さんは車を運転してくださいましたけど、『ばずたびシーズン2』は、海の上を、縦横無尽に……。

一同:縦横無尽に!

笹:駆け抜けていただきたいなと。船舶免許を取った暁には、「バズシップ」に乗って……。

一同:バズシップ!

駒田:ちょっとありそうだな(笑)。

笹:皆でその場で釣って……。

一同:釣って!

笹:船の上に板前さんをお呼びしまして、板前さんがその場でさばいたものを酢飯に乗せて海鮮丼にしましょう。

駒田:超最高だよね。

白井:うちの有能マネージャー(駒田さん)は魚もさばけます。

笹:なんと! 板前さんだった。

駒田:3枚におろすくらいまでならできます。

笹:もう第2弾はバズシップですかね?

小林:決定だね。

白井:まあまあまあそれも良いけど逆に山とかも良いかもね。

笹:「バズキャンプ」だ!

山中:便利な言葉だな“バズ”(笑)。

白井:んーどこでも行きたいな。温泉とかも。

笹:バズ風呂(笑)。

白井:バス風呂?(笑)。

駒田:アニメが終わったタイミングは、また冬とかでしょうから、ウインタースポーツとかどうですか? 

山中:バズスポーツ良いね! 

一同:バズスポーツ(笑)。

駒田:それだと春夏秋冬やることになります(笑)。

一同:(笑)。

白井:バズスキー、バズスノボー、いやバズボード。

一同:(笑)。

駒田:皆で体験して絆を深めよう、みたいなものがおもしろそうな気がしますね。

笹:スキーとかスノボとかは、誰がうまくて、誰があんまり得意じゃないかみたいなそんなパーソナルな部分をちょっと見てみたいですね。意外とこの人が上手なんだとか知れたら面白いかもしれない。

——最後に、『VAZZROCK THE ANIMATION』に向けて、みなさんからの意気込みやファンへ期待してほしいことなどメッセージをお願いします。

駒田:高月理久として今までドラマCDにちょっとだけ登場シーンが描かれてきた中で、アニメでも出番があると思うと、第一印象ってすごく重要ですので他のキャラクター達が築き上げてきた年数より浅い分、アニメで良い意味で鮮烈なインパクトを残せるようにしたいです。それができるように、自分も高月くんと向き合いたいなと思いました。アニメの構成についても最後まで考え抜かれた内容になっているので、あとは身をゆだねつつ、やれることをやって、なるべく1人でも多くの人にVAZZROCKとVAZZYの魅力を伝えられる機会になったら良いなと願っています。

笹:今までCDで届けてきたVAZZROCKの世界観がアニメでみなさまに届けられるということで、今までVAZZROCKを応援してくれたみなさまにはもちろんですけど、これから初めて知るという方にも作品の魅力が余すことなく届くようにこちらも努力して参りますので、もっと多くの人にVAZZROCKを知っていただいて、そのまま全世界に轟いて、海外公演が実現できたらなと思っております。10年後かもしれないですけど、10年後になってもイケおじになったみなさん……VAZZROCKの皆を海外で見られたら激エモなんじゃないかなと思います。そのためにも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

山中:アニメではコンビでお当番ということで、一紗と二葉回の台本を読んで、2人の新たな一面を見させてもらい、またさらにその先が楽しみになりました。一紗・二葉回なんですけど、一紗と孝明たち他のメンバーとの関わりもあって、そこの絆というか……、他のメンバーとの絆もまた深まりつつ、もちろん兄弟の新たな一面もありつつで、見れば見るほど想像が広がっていく。演じれば演じるほど僕らも役に対しての理解が深まるだろうなと思います。アニメ全話楽しみですし、アニメの後も楽しみになりました。まずはアニメ頑張ります!

白井:山中さんがおっしゃってくださったとおり、僕が演じます築二葉にとっては兄の一紗とのお話がキーになりますが、二葉としてはVAZZYで初めて華やかな舞台に立つ仕事をして、その彼が成長していって、今どういう位置にいるのかというのをアニメでしっかり描いてくださっています。他のメンバーもそうなんですけど、今までドラマCDで追いかけてくださった方にとっては、すごく感慨深い気持ちで見ていただけるんじゃないでしょうか。また、今回アニメで初めてVAZZROCKに触れるという方は、今まで彼らがどういう道のりを歩んで今に至ったかというのを、逆に過去のドラマや曲を聴いて振り返っていくという楽しみ方ができるんじゃないかなと思います。アニメならではの楽曲ももちろんありますし、本当に色んな楽しみ方ができると思います。ぜひ見ていただけたらと思います。よろしくお願いします。

小林:今まで音声のみでやっていたものに絵がついて音楽がついて、本当にみなさんが待ち望んでいたことだと思うので、それを僕達が作り上げられることをうれしく思います。そして、アニメオリジナルのシナリオももちろんですけど、OP・ED楽曲だけで1クールの間に10曲以上の新曲がみなさんに届けられるのが、これはもう脳汁ものだと思いますので(笑)、その楽曲が出るスピードも楽しんでほしいです。また、音声のみのドラマとアニメでは尺の制限という決定的に違うものがあって、限られた尺の中で僕達が声を乗せて作り上げていくVAZZROCKの世界はドラマCDとはまたちょっと異なるものだと思います。そういう新たな試みを、役者としてもすごい楽しみにしているので、それを全力で届けられるよう僕達も精一杯努めていきますので、全力で受け止めていただけるとうれしいです。楽しみにしていてください。

『ばずたび』収録後インタビューROCK DOWN編

——『ばずたび』の収録の感想を番組の見どころと合わせてお願いします。

河本啓佑(以下、河本):飲んで食べて遊んで、また飲んで食べてという(笑)。2021年のツキプロ48時間生配信で、僕らがやりたいと言ったことをそのままやらせていただいて、非常に楽しく過ごすことができました。「これ、番組的に大丈夫かな?」というところもありましたが(笑)、スタッフの方々の編集の力を信頼して、きっと良いものがお届けできると思っています。見どころは、やっぱり“山下(誠一郎)くん”! 今回、(ROCK DOWNマネージャー)上月 聡くん役の山下くんがバズロ(VAZZROCK)に加わってから、初めて皆で一緒に集まって、しかもMCという大役を完璧にこなしてくれました。また有能な人材がバズロに加わりましたので、その司会ぶりをぜひ見ていただけたらと思います。今後ともますます強くなっていくこのVAZZROCKプロジェクトをよろしくお願いします!

増元拓也(以下、増元):本当に、まず山下くん。彼とは今日がはじめましてだったんですけど、最初から仕切っていただけて安心感しかなかった山下くんに、これからも全幅の信頼をおきますので、マネージャー業を頑張っていただきたいと思います(笑)。いや、本当に流石だなと感心しきりでした。今回の企画は、全員揃ってできれば良かったのですけど、山下くんも入れて5人でもとても楽しかったので、今後ももし機会があれば、もっと楽しいものをお届けできるんじゃないかと確信めいたものを感じています。見どころはやっぱり、僕達が大人の旅ということで……

一同:(クスクス笑い)

長谷川芳明(以下、長谷川):クソガキでしたけどね(笑)。

菊池幸利(以下、菊池):騒いでしまったなあ(笑)。

増元:本当に(笑)。それで、大人の旅ということでダーツやビリヤードをしたのですが、ここまで人数がいたら、一人ぐらい手練がいてもおかしくないのですが、これがいい具合にみんなの腕前が拮抗していて、ひとり勝ちするやつがいないのが僕ららしいなと思います。勝負はガチでやっていますが、それでも和気あいあいとした空気になるのが、ROCK DOWNの魅力だなと感じられる旅になっていますので、そのいい意味でのわちゃわちゃを楽しんでいただけたらと思います。本日は本当にありがとうございました。

長谷川:今日はただ、みんなで楽しく遊べたっていうのもあるのですが、アニメの収録が始まる前に、山下さんという新しい優秀な人材も加えて、また新しい目線で作品のことを振り返られたのが非常にいい時間だったなと思います。みんなで過去のことを振り返りながら、これからのことを話していくというのは、すごく良い時間をいただけたなと。旅したいなって言ってみるものだなって思いました。

一同:(笑)。

長谷川:VAZZROCKをずっと追いかけてくれている人も、これから触れてくれる人も、山下さん含めてどっちの目線もあるメンバーで話すことができたんじゃないでしょうか。ファンのみなさんも同じ気持ちでこの番組を見て、さらにそのままアニメに入っていけるので、良い時間だったと思います。それと番組の見どころはですね、(ビリヤードでの)僕のスーパーショットで。

一同:(笑)。

河本:あれは確かにすごかった(笑)。

菊池:「こういうことしたいね」「ああいうことしたいね」とメンバーの声から始まった企画がこうして形になったということが、VAZZROCKというコンテンツが持っている力や、魅力のひとつだと思います。またこういった形で何かおもしろいことができたらいいなと未来のことを考えたり、みんなでこれまでの作品について色々なことを話す中で、「曲に対する想い」や「メンバーに対するイメージ」「人物としての取り組み」に触れられて共有できたのがとても素敵な時間だったなと思います。
そして見どころですが、ロケの中でいくつか大人の遊びをさせていただいたんですけど、それぞれにドラマがあって……。

一同:(意味深な笑い)

菊池:そのドラマの具合も、ROCK DOWNの持っている魅力のひとつが詰まっていると思うので、ぜひ番組をご覧いただけたら嬉しいです(笑)。

——今回のようにROCK DOWNのメンバーが集まってやってみたいことはありますか?

河本:ちょっと人数足りないですけど、僕は野球をやっていたので、みんなで野球やりたいですね。

増元:いいね! ROCK DOWNとVAZZYで7対7で。

河本:あとはフットサルとか。なにかスポーツ系がやりたいですね。ただ、先輩たちが多いので、ちょっと、あんまり……?

長谷川:なんですか? おじいちゃん扱いして(笑)。

河本:ふだんから体動かしてる増元さんはやれると思うんですけど。

長谷川:俺も動かしてるっつーの!(笑)

増元:長谷川くんめちゃめちゃ運動してるよね?

河本:昔、長谷川さんを「ジム行きましょうよ」って誘ったら、嫌そうだったので(笑)。でも、スポーツとかで体動かすのは好きなんですね。

長谷川:そうそう。でも、今ジム行ってますけどね(笑)。

一同:(笑)。

増元:人って変わるんだよ(笑)。

長谷川:めちゃくちゃスポーツマンですから、私。

河本:そうなんですね。部活は何やってたんですか?

長谷川:部活はバスケットと陸上やってました。

菊池:ボクシングもやってたんでしょ?

長谷川:そうです。あと、陸上は高校からやって東京都選抜選手でした。

河本:むちゃくちゃすごいじゃないですか!

増元:1人なんかレベル違うんだよなー。

河本:そこまで行くと、ちょっと……「やっぱり俺はいいです」ってなります(笑)。

一同:(笑)。

長谷川:増元さんと一緒にボルダリングやってますしね。

増元:そうそう。一緒に何かできるのがやっぱりいいよね。皆が楽しめるものでないと。

長谷川:1人が得意なことを、全員で挑戦してみるのも面白そうですね。必ず1人が輝くっていう(笑)。

増元:そしたら坂(坂 泰斗)くんもボルダリングするからね。そしたらもう俺と坂くんでバチバチになっちゃうよ(笑)。あとはどうかな、みんなで何か作るとか……。

菊池:みんなで作るといえば、あれじゃないですか? キャンプとか。「ばずきゃん」。

一同:あー(同意)。

増元:とりあえずでっかいテント立ててみたい。

——VAZZYの皆さんもROCK DOWNと全員でキャンプやりたいって言ってましたね。

長谷川:みんなでアウトドアやると相当個性出ますからね。率先して料理するやつ、テント立てるやつ、指示するやつ、そして何もしないやつ(笑)。

一同:(笑)。

河本:遊んでるやつ。

増元:飯ができるのをただ待ってるやつ。

長谷川:なんか怒られてるやつ。俺、いつも怒られる側なんだよなー。

——ROCK DOWNのみなさんでキャンプをやったとしたら、それぞれどの役割を担当すると思いますか?

長谷川:佐藤(佐藤拓也)さんは、リーダーになってくれそう。

増元:とりあえずテント立てようとか指示だしてくれたり、チーム分けしてくれそうだよね。料理班とか設営班とか。

長谷川:菊池幸利は、なんか……「これこうだっけ?」って聞いたら「(菊池さんの声真似で)うん!」って知らないのに言いそう。

菊池:(笑)。

長谷川:「(菊池さんの声真似で)そうだと思うよ」「本当に?」「(菊池さんの声真似で)ちょっと待って、今説明書見るから」「今!?」

菊池:最終的に「それ、逆だね」って(笑)。

増元:俺と坂くんはやる気が空回りして暴走しそうだな。

長谷川:俺、坂くんに怒られそうだなー。「ちゃんとやってください!」って。

河本:言われそう(笑)。イメージできますね。

長谷川:増元さんは、知識が幅広いから、仕事見つけるのがうまそう。

増元:でも俺、人に割り振りするのが苦手だから、自分で動こうとしちゃって、それでキャパオーバーで「わーって」なってる自分が想像できる。

河本:燻製とか作ってほしいですけどね。

増元:いいね、楽しそう。河本くんは自分でどう?

河本:俺は……料理がいいですね。料理作りたいです。

長谷川:河本さんは作る料理男っぽそう。ガツッときそう。

河本:ステーキとかいいですね。焼きたいですね。「結局これが美味いんだよ」っていう、“結局料理”。「結局塩コショウが美味いんだよ」とか、「結局ミディアムレアがいい」とか、試行錯誤して「結局カレーだな」とか。結局……。

長谷川:何回言うんだよ(笑)。

河本:キャンプだと夜は皆でご飯ですけど、昼にはスポーツしたりとか、いろいろ組み合わせてできそうですね。

長谷川:そこに行く道中、バラバラにドライブしてもおもしろそうですね。

——ありがとうございます。実現するかどうかはわかりませんが(笑)。

長谷川:本当に実現するかもしれないって言われたら、きっと皆怯えだすと思います(笑)。

——最後に、『VAZZROCK THE ANIMATION』に向けて、みなさんからの意気込みやファンへ期待してほしいことなど、メッセージをお願いします。

河本:ついにというか、これまでやってきて、みなさまの応援の結晶がようやく形になります。キャラクターがどんな仕草をして、どんな顔をするのか。これまで声のお芝居で表現していたことが肉眼で見られるようになるということは、うれしいことですし、どう表現していくかプレッシャーを感じるところでもあります。各々のこれまで演じてきたキャラクターの魅力を、最大限アニメでお届けできるようにアフレコしますので、これまで応援してくださった方も、これからバズロを応援してくださる方も、皆一緒に楽しめるアニメにしていけたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします。

増元:念願のアニメ化、本当にうれしく思っています。今回、それぞれのコンビでのお当番回があるという仕組みですけど、お当番以外の他のメンバーが、どうお話に関わっていくのかというところが気になっています。同じVAZZROCKプロジェクトのメンバーとして寮でみんなが会話することもあるだろうし、メンバー間と交流のシーンが増えることで、作品の世界観がより広がると思います。アニメの映像と音楽の中で、どんなふうに作品の奥行きが出てくるのかというところが、一番期待しているところです。これからVAZZROCKを見ていただける人たちに、そういう奥行きの深いものを見せられたら幸せですし、前から見てくださっている方は、こんなに鮮やかな世界だったんだと感じてもらえるように、僕達は声でキャラクターに肉付けしていきたいと思うので、よろしくお願いします。

長谷川:このVAZZROCKという作品は、演じている僕らと応援してくださっている皆様が、ドラマCDを通してだけでなくライブという同じ空間に集まって一緒に盛り上がれる作品です。これまでも最高に盛り上がれる最高に楽しい時間だったものを、アニメの後で更に最高なものにできるかどうかは、我々の仕事次第だと思っています。アニメを見て楽しかっただけでなく、その後も最高にするために頑張ります。よろしくお願いします。

菊池:皆さんと歩んできたこれまでの4年間があったからこそ実現したVAZZROCKのアニメ化は、まさにVAZZROCKを応援してくださっている皆さんの存在があってのことだと感じています。先程お話しさせて頂いた「想い描いた未来を形にする力」は皆さんの存在と輝きが原動力だと改めて感じさせていただきました。皆さんがくれたその輝きを、バズアニを通してお返しできたらと思います。その先に続く、物語をさらに楽しんでもらえるように、一生懸命VAZZROCKの12人ひとりひとりの輝きをお届けしたいと思います。楽しみにしてくれたらうれしいです。

※スケジュールの都合により、山下さんは個別のインタビューとなります。

——『ばずたび』の収録の感想を番組の見どころと合わせてお願いします

山下誠一郎(以下、山下):自分も含め、VAZZROCKを知ってまだ日が浅い、初めて触れる、という方々にも楽しめる番組になっているかと思います。もちろんVAZZROCKの歴史をこの番組1つで網羅できるわけではありませんが、キャストの皆さんの絆、おもしろさにきっと魅了されるはずです。ボリューム満点の番組を、お楽しみに!

——今回のようにROCK DOWNのメンバーが集まってやってみたいことはありますか?

山下:今回はゲーム系をいくつか楽しんだので、次はBBQなど屋外で晴れた日に旅に出てみたいですね。

——最後に、『VAZZROCK THE ANIMATION』に向けて、みなさんからの意気込みやファンへ期待してほしいことなど、メッセージをお願いします。

山下:やはりROCK DOWNメンバーの個性あふれるやり取りや日々をリアルに感じられることが楽しみです、楽曲やパフォーマンスも含めて。まだドラマCDでしか上月を演じられていなかったので、アニメを通して彼の魅力や本質をさらに深く知り、皆さんにもっと認めてもらえるよう精進します。これからもVAZZROCK、そして何よりROCK DOWNをよろしくお願いします!

放送情報

『ばずたび -BUZZING VAZZROCK TRIP-』全8回

[放送日時]
2022年8月10日〜9月28日
TOKYO MX(エムキャス)水曜22:30〜、BS日テレ水曜23:00〜で放送。
※放送日時は変更になる場合がございます。

■VAZZY編 全4回
第1回:8月10日/第2回:8月17日/第3回:9月7日/第4回:9月14日

出演:小林裕介(吉良凰香役)、山中真尋(築 一紗役)、白井悠介(築 二葉役)、笹 翼(大山直助役)、駒田 航(高月理久役)
ナレーション:新垣樽助(眞宮孝明役)、堀江 瞬(白瀬優馬役)

■ROCK DOWN編 全4回
第1回:8月24日/第2回:8月31日/第3回:9月21日/第4回:9月28日

出演:菊池幸利(小野田 翔役)、長谷川芳明(久慈川悠人役)、増元拓也(大黒 岳役)、河本啓佑(名積ルカ役)、山下誠一郎(上月 聡役)
ナレーション:佐藤拓也(天羽玲司役)、坂 泰斗(立花 歩役)

[関連情報]
2020年11月22日(日)に舞浜アンフィシアターで開催した豪華ライブイベントを再編集した『VAZZROCK LIVE 2020 TV特別編集版』も放送中! 8月3日(水)放送の最終第5回では、重大な発表も!?
TOKYO MX(エムキャス)水曜22:30〜 BS日テレ水曜23:00〜
※放送日時は変更になる場合がございます。

あらすじ

VAZZY編 第1回 8月10日放送

旅のはじまりは、石窯焼きのピッツァを味わいながらバズロの魅力をプレゼン対決! さらに敏腕マネ役の駒田さんの運転でドライブ旅へ!

VAZZY一行の「ばずたび」は、地元の石で作られた石窯で焼かれる絶品のピッツァが自慢の人気店でスタート。食レポに挑戦しながら、バズロの魅力をたっぷりトーク。その後は、高月理久役・駒田さんの運転で次の目的地までドライブ! 車内でも止まらないバズロトーク。コンビのキャラクターについて、またキャスト同士についての知られざるエピソードも!?

VAZZY編 第2回 8月17日放送

絶品コーヒーとケーキのおやつタイム! カフェで癒やされながらバズアニの見どころについて掘り下げます!

VAZZY一行がドライブで向かったのは、こだわりのコーヒーや自家製のスイーツが楽しめるカフェ。のんびりとした時間を過ごしつつ、コンビごとのエピソードを描くバズアニについて、各話の見どころをキャストが語ります。おやつタイムの後は海に面した高級別荘へ一行をご招待。駒田さんがハンドルを握る車で再出発!

VAZZY編 第3回 9月7日放送

高級別荘へ向かう前に、夕食とお土産をみんなで楽しくショッピング♪ 移動中の車内トークではお気に入りのバズロ楽曲について大盛り上がり!

高級別荘へと向かう前に、VAZZY一行は夕食とお土産を求めて大型ショッピング施設を訪れます。メインはテイクアウトの豪華海鮮丼に決定! 山中さん・白井さんチームと小林さん・笹さん・駒田さんチームに分かれてドリンクにスイーツ等思い思いのアイテムをゲットした後は、お気に入りのバズロ楽曲について熱く語りながら高級別荘へGO!

VAZZY編 第4回 9月14日放送

VAZZY編・最終回は“VAZZYポイント”を懸けたゲーム対決で驚きの結末が! さらにバズロの“これから”をじっくり語りつくします。

高級別荘でVAZZY一行が挑むのは、“VAZZYポイント”を懸けてのゲーム対決! さまざまな読み合いの末に最後に勝利を手にしたのは……!? 白熱した勝負の後はお楽しみのディナータイム! 仲良く乾杯&新鮮な海鮮丼を食べながら今後の活動や叶えたいこと、ファンへのメッセージ等たっぷりまったりバズロトークを繰り広げます!

ROCK DOWN編 第1回 8月24日放送

まずはランチで旅立ちの準備! 美味しいパンを食べつつバズロクイズにチャレンジ! さらにバスの車内でバズロトークが花開きます!

ROCK DOWNは都内をめぐるバス旅。まずは、パンを使った料理やスイーツとコーヒーが自慢のお店でランチをいただきます。プロジェクトスタートの思い出や、バズロの魅力に関する問題が出題される”バズロックイズ”など、バズロについて賑やかトーク! さらに次の目的地へ向かう車中では、それぞれが演じるキャラクターについてをじっくり語ります。

ROCK DOWN編 第2回 8月31日放送

今回の『ばずたび』はダーツで真剣勝負!? ラストまで目が離せない勝負の行方は! そしてアニメについても見どころをたっぷりトーク!!

ロクダン一行が次に向かったのは都内のダーツバー。“ROCK DOWNポイント”を巡るダーツ勝負では、抜きつ抜かれつの大接戦が繰り広げられます! 小野田 翔役・菊池さんが編み出した必殺技“ロクダン投げ”が驚きの結果に!? バスの中では盛り上がりっぱなしのバズロトークが。各ユニットで歌うOP曲、そしてソロで歌う各話ED曲についても語ります!

ROCK DOWN編 第3回 9月21日放送

“大人の遊び”「ビリヤード」で熱戦を展開! さらに車中トークではキャスト自身がキャラクターの推しポイントを語る!

ラグジュアリーなお店に辿りついたロクダン一行。ここで上月 聡役・山下さんがお仕事の都合でお別れ。改めて4人で“ROCK DOWNポイント”を巡る熱いビリヤード対決を行います! 白熱した勝負の後は、演じているキャラクターや、バズロのキャラの推しポイントを熱心に、和気あいあいとトーク。またキャスト同士の裏話も……!

ROCK DOWN編 第4回 9月28日放送

ROCK DOWN編ラストは楽曲やライブについて等トークが盛り沢山! そして、気になる“ROCK DOWNポイント”争奪戦の優勝者は…!?

美味しい夕食とお酒を求め、旅の最後のお店へ。移動中の車内トークでは、印象深い楽曲について熱く語ります。お店に着いてからもバズロ話に花が咲き……残念ながら今回参加できなかった天羽玲司役・佐藤拓也さん&立花 歩役・坂 泰斗さんの懐かしエピソードも!? そして熱戦を繰り広げた“ROCK DOWNポイント”争奪戦の優勝者を発表!

CD情報

『ばずたび』の主題歌CDもご予約受付中!

『ばずたび -BUZZING VAZZROCK TRIP-』主題歌「Get Ready to Go!!」
歌:大山直助(CV:笹 翼)&名積ルカ(CV:河本啓佑)

初回生産分限定商品のため、確実にお求めいただくには2022年9月11日(日)までにご予約ください。
※追加生産予定はございません。2022年9月11日までのご予約を強くお勧めいたします。

 
発売日:12月23日(金)
価格:2,750円(税込)

収録:Get Ready to Go!!
    Get Ready to Go!! -off vocal-

セット内容物:VAZZCARぬいぐるみ
【サイズ】約7cm×6cm×12cm
【仕様】ポリエステル・PU

試聴動画

『VAZZROCK THE ANIMATION』は2022年秋放送!

「まずは1年。ちょっと冒険してみないかい?」

ツキノ芸能プロダクション社長のその一言から始まった、VAZZROCKプロジェクト。
芸歴の長さも、活動ジャンルも、年齢も、バックグラウンドもバラバラの12人のタレントたちが集められて、はや数年。
彼らはVAZZYとROCK DOWNという2つのユニットを組み、コンビ・親友・ライバルとして互いの個性をぶつけ、磨き合ってきた。
音楽活動はもちろん、ドラマや舞台、映画出演などさまざまな挑戦に挑む日々。

悩んで、傷ついて、それでも進むから輝ける。

新たな輝きの物語が、はじまる!

CAST

VAZZY
眞宮孝明:新垣樽助
吉良凰香:小林裕介
築 一紗:山中真尋
築 二葉:白井悠介
大山直助:笹 翼
白瀬優馬:堀江 瞬

ROCK DOWN
小野田 翔:菊池幸利
久慈川悠人:長谷川芳明
天羽玲司:佐藤拓也
立花 歩:坂 泰斗
大黒 岳:増元拓也
名積ルカ:河本啓佑

STAFF

監督:高本宣弘
シリーズ構成:松田恵里子
キャラクター原案・アニメキャラクターデザイン:夏生
オフィシャルちびキャライラスト:津田コヨリ
総作画監督:原田峰文、花井柚都子
衣装デザイン:大木綾子
プロップデザイン:小川 浩
美術設定:大平 司
美術監督:Scott MacDonald
色彩設計:山口由希子
撮影監督:加納 篤
編集  :須藤 瞳
音響監督:濱野高年
作中音楽:印南俊太朗
作中音楽制作:Precious tone
アニメーション制作統括:中川 忍
アニメーション制作:ピー・アール・エー
アニメーションプロデュース:阪本義樹(AZクリエイティブ)
原作・ストーリー原案:ふじわら
製作:バズアニ製作委員会

関連リンク

『ばずたび -BUZZING VAZZROCK TRIP-』HP

『VAZZROCK THE ANIMATION』HP

『VAZZROCK』HP

(C)TSUKIPRO (C)VAZZANI
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング