映画
『ONE PIECE FILM RED』アフレコ収録体験レポート

谷口悟朗監督によるディレクションで広がる新しい『ONE PIECE』の世界|『ONE PIECE FILM RED』アフレコ収録体験レポート

2022年8月6日(土)公開予定の『ONE PIECE FILM RED(ワンピース フィルムレッド)』。

『ONE PIECE(ワンピース)』は、尾田栄一郎先生による週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載中の国民的人気コミック。1997年に連載、1999年にはTVアニメ放送がスタート。2021年、コミックス全世界累計発行部数は4億9000万部を超え、2022年7月には連載開始25周年に突入します。

『ONE PIECE FILM RED』は、総合プロデューサー・尾田栄一郎で贈る映画最新作で、監督は谷口悟朗さん(『コードギアス』シリーズ)。『ONE PIECE』の監督を務めるのは1998年にイベント上映された『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』以来となり、今作は谷口監督によって紡がれる新しい『ONE PIECE』作品として大きな注目を集めています。

関連記事
ONE PIECE FILM RED
世界で最も愛されている歌手、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味、ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。物語は、彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出すー。「世界を歌で幸せにしたい」とただ願い、ステージに立つウタ。ウタの過去を知る謎の人物・ゴードン、そして垣間見えるシャンクスの影。音楽の島・エレジアで再会したルフィとウタの出会いは12年前のフーシャ村へと遡る。作品名ONEPIECEFILMRED放送形態劇場版アニメシリーズONEPIECEスケジュール2022年8月6日(土)【一ヶ月限定アンコール上映】2023年10月20日(金)キャストモンキー・D・ルフィ:田中真弓ロロノア・ゾロ:中井和哉ナミ:岡村明美ウソップ:山口勝平サンジ:平田広明トニートニー・チョッパー:大谷育江ニコ・ロビン:山口由里子フランキー:矢尾一樹ブルック:チョージンベエ:宝亀克寿ウタ:名塚佳織/Adoゴードン:津田健次郎シャンクス...

<STORY>
世界で最も愛されている歌手、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は“別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。物語は、彼女が“シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出す――。

今回は映画公開記念企画として、『ONE PIECE FILM RED』のアフレコ収録体験の模様を前後編の2部に分けてレポート。谷口悟朗監督に直接ご指導いただき、収録後はお話も伺いました。本稿は前編のアフレコ収録体験レポートです。

まずは谷口悟朗監督のレクチャーから

3月某日、東映東京撮影所デジタルセンター。今回のアフレコ収録体験に参加したのは4名。収録スタジオに到着すると、スタッフから台本を手渡されました。演じるのは観客の人々で、場所はヒロイン・ウタが初めて公に姿を現すライブの会場。ライブ会場での歓声や驚きの声、ウタの名前を叫ぶシーンといったところを収録することを説明されます。

いわゆるガヤ収録です。ガヤというのは、その他大勢の人、またはたくさんの人々のざわめき。街中の雑踏や学校内の音など、ガヤガヤした音のことです。収録内容の説明を受けた時は、難しくないと感じました。

それでも初めてのアフレコ収録体験。そして『ONE PIECE』という大舞台での声優デビューです。喜びや期待もありつつ、不安な表情でアフレコブースに入り、待っていると、谷口悟朗監督のご登場。緊張気味の参加者に対し、監督が優しく声をかけ「今回の収録を大変楽しみにしています!」とご挨拶してくれました。

その後は、監督がアフレコ収録の流れや手順を説明。台本に不備がないかチェックした後は、アフレコ収録初心者のために「まずは音声見本の声を聞いて、その後はテスト。しゃべり始めるきっかけも難しいので、アフレコ画面にあるCUEランプがついたら始めて、ランプが消えるまで続けてください」とレクシャーを受けました。

それでも、緊張気味の参加者に谷口監督は「ともかく、大きい声を出すということを念頭に入れていただけますか。困ったら、キーを高くして声が通りやすくするように。明るく、楽しくという感じでやってみてください」とアドバイス。実際に監督自ら声を出して、見本を示してくれて、参加者からも笑いが……。谷口監督がリラックスできる雰囲気を作ってくれたので、参加者の緊張が少しずつほぐれていきます。収録現場の空気も和んできたところで、いざアフレコスタート。

いざアフレコ収録スタート!

マイクは全部で4つ設置され、1人の前にマイク1台という贅沢な空間。新型コロナウィルス感染症対策のため、各マイクの横に飛沫防止スタンドも置かれ、感染症対策はバッチリです。

最初の収録は、ウタの歌声が初めて聞こえてきて、人々が感動するというシーン。谷口監督から「このシーンは、スローなテンポで歌声を主体に聞かせるような曲が流れてくる感じになります。なので、人々の歓声も歌声を邪魔するというよりは、歌に聞きほれているような、『うわぁ~~!!』というものが中心となっているシーンです」と説明。

そして、テストへ。CUEランプがつき、各自が思い思いに「うおぉ~~!!」と演技していきますが、ランプがまだついているのに、全員の声は自然と途中でストップ。すると、監督が「最初の『うおぉ~~!!』だけじゃなくて、それが1回終わったら、その後また出直してもらってかまいません。ガヤなので、いろいろな人がしゃべっているという感じでとらえてもらって構わないので。わからなかったら、『うわぁ~~!!』を繰り返してもらうという感じでも結構です。では本番行ってみましょう!」と指摘を受けます。

そして、いよいよ本番へ。今度はランプ点灯中、ずっと声を出し続けますが、もう1テイク録ることに。ガヤというものは、思った以上に難しいです。そして、再度挑戦した後に、監督から「はい、ありがとうございます。いただきま~す!」という言葉が……。アフレコ収録風景の映像でしか見たこと、聞いたことのない監督のセリフを聞くことができて、参加者のテンションも上がりました。

(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ONE PIECE FILM REDの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング