menu
音楽

『見えない翼(feat.bassy)』リリース記念!「水茎あやめ」特別インタビュー【Princess Letter(s)! フロムアイドル】

生徒のインターネット利用禁止という独自の校則が存在する私立・常和歌学園(ときわかがくえん)で日々アイドル活動に勤しむ、おしとやかなアナログ系お姫様アイドル水茎あやめ

直近行われた【聖花祭】では見事「白百合賞」を受賞し、学園から正式にアイドルとして認められた。様々なメディアの中でめまぐるしく活躍する最中で、自身2枚目のシングルとしてリリースされた新曲『見えない翼(feat.bassy)』──。

前回の同学園アイドル『雁矢よしの』のインタビュー記事前回2ndシングル『Sprout』リリース記念インタビュー記事)に引き続き、その制作秘話や楽曲に秘められた想いについて独占取材を行った。

アニメイトタイムズからのおすすめ


誰でもきっとその背中には翼があって──

──水茎あやめさんですね。今回のインタビューも、よろしくお願いします!

水茎あやめ(以下、あやめ) おはようございます。水茎あやめです。またこのようなインタビューの機会をいただけて感謝しています。精一杯お答えできるよう努力しますので、こちらこそ最後まで、どうぞよろしくお願いします。

──ご丁寧にありがとうございます……! 早速ですが新曲がリリースされました、おめでとうございます! ずばり『見えない翼(feat.bassy)』はどのような楽曲なのでしょうか?

あやめ ありがとうございます。無事に皆様にお届けすることができました。今回の作品は、『翼』というキーワードに注目しつつ、『夢』について触れたドリーミーな楽曲になっています。夢というのは私だけではなくて、聴いて下さった方にとっての夢でもあり……誰でもきっとその背中には翼があって。

壮大な夢でなくとも、何かに悩んでいたり、迷っていたり──そんな方のあと押しになれれば、という想いを詰め込んだ一曲です。

──翼と夢、その2つのキーワード、楽曲からも伝わってきました……! 透明感のあるあやめさんの歌唱の中でも、しっかりとした『強さ』も感じられて。聞き終わったあとに、なんだか勇気をもらえたような心地になりました。

あやめ そう言ってくださると嬉しいです。私にとっては、皆さんに今回の楽曲を聴いていただけることで何より勇気づけられて……これからもアイドルとして一歩ずつ進んでいこうという気持ちになります。

『新しい自分への挑戦』だと思って──

──あやめさんのアイドル活動のお手伝いができていたらファン冥利に尽きます! ちなみに、今回の楽曲を歌唱する上で苦労された点などはありましたか?

あやめ やはり、最初のラップ風歌唱の部分でしょうか。世間で言う分かりやすい形のラップではないのですが、私にとっては初めてだったので……。最初にデモの楽曲をいただいた時には苦手意識がありましたが、これも『新しい自分への挑戦』だと思って、たくさんお稽古をして、収録本番では一生懸命、何よりも楽しみながら歌唱することができました。

──最初のラップ部分、あやめさんが歌うと新鮮でとても印象的でした! 他に楽曲でお気に入りの箇所はありますか?

あやめ 特定の部分、というわけではないのですが……時代を捉えた新しい音楽性の中にも、どこか郷愁に近いような懐かしさ──温かさを感じることができるメロディがお気に入りです。今回、楽曲の制作を手掛けてくださったbassyさんが本当に素晴らしくて。

目を閉じると、風や木々のそよぎ、澄んだ青空に白い雲、夕焼けといった美しい自然の情景が見えてくるような心地になると同時に、人が持つ温もりをひしひしと感じることができます。

──デジタルな音の中にも『郷愁』を感じる……言われてとても腑に落ちました! 私見になるかもしれませんが、水茎あやめさんという存在の中にも『郷愁』と言いますか……懐かしさや温もりを感じる瞬間がありまして。その意味でもbassyさんの音楽性ととてもマッチしていたのでは、という印象でした。

あやめ ありがとうございます。私の今のアイドルとしての想いに応えてくださる素敵な楽曲を用意していただいて、本当に感謝してもしきれません。

アイドルとして一歩を踏み出して──翼を広げて〝飛び出して〟

──ちょうど『今のアイドルとしての想い』というフレーズがありましたので、流れで……あらためて『白百合賞』の受賞、おめでとうございます! そのあたりを踏まえて、前作『よあけのあやめ(feat.Tomggg)』の時との違いなどはありましたか?

あやめ ありがとうございます。まさか賞をいただけるとは思っておらず、とても嬉しいです。違いということですが……前作の時は、これまでの自分を踏まえて『アイドルで在るべく』一歩ずつを踏みしめ進んでいこうという、地に足をついた決意に焦点を当てていました。

今作では、そこから勇気をもらって実際に『アイドルとして』一歩を踏み出して──翼を広げて〝飛び出して〟──遠くにある夢を追いかけていこうとする想いを描いていて。私自身、その気持ちを大切に歌わせていただきました。

──アイドルへの夢に向かって歩き出す決意から、実際にアイドルとなって羽ばたいた瞬間とその想いを描く──今聞いただけでも、あやめさんの成長を感じてなんだか泣けてきてしまいました……(泣)

あやめ そんな、恐縮です……あ、涙、大丈夫ですか? ハンカチ、良かったら──。

──大丈夫です。今回も自前のものを持参済です……! ところで、今作もミュージックビデオがとても素敵でした! MVについてもぜひ何かお聞かせください。

あやめ はい。様々な方のご協力のもと、映像も素敵に仕立てていただいて。今回の映像の中では、ある意味いつもの自分とは異なる表情を多めに切り出してくださったんです。あとから拝見して、まるで自分じゃないような感覚──私にとっても『新しい自分』を見ているようで、そのあたりにも注目して観ていただけたら嬉しく思います。

──なるほど! ジャケット写真もそうですが、ある意味で自信に満ち溢れた、まさにアイドルとして羽ばたこうとする『強い決意』を秘めた表情が印象に残っています。

あやめ なんだか恥ずかしいですね……すみません。ただMVの中でも、同じ学園に通うアイドルとしてのかけがえのない仲間──よしのさんとたよりさんと一緒に通学をする様子を描いてくださって。ほっとするお気に入りのシーンになっています。

──自分も拝見しました! ある意味一番〝自然体〟なあやめさんの表情が垣間見えて、3人の中にある絆のようなものに感動してしまいました……! そんなおふたりである【雁矢よしの】さんと、【金魚鉢たより】さんも今回新曲を出されましたが、感想などいかがですか?

あやめ おふたりとも、私にはない魅力をたくさん持たれている方々で。そんな唯一無二の魅力が多く詰まった、素敵な楽曲だと思いました。よしのさんの楽曲は、よしのさんの可愛らしさが舞い散る花びらのように溢れ出す楽曲で。聴き終えた後には思わず顔が綻ぶだけではなく、じいんと感動して涙腺が緩んでしまいました。

たよりさんの楽曲は、聴いていてとても元気をいただける、たよりさんの存在そのもののような楽曲でした。実は私もMVの中でたよりさんの応援部隊として参加させていただいたのですが……まさにで、自然とペンライトを振って心から応援したくなる魅力に溢れた元気いっぱいの歌唱で、私も見習いたいと思いました。ここだけのお話、おふたりの楽曲は毎日聴いているんです。

まだまだ小さな翼かもしれませんが『いつもと違う自分』を。

──ご友人としてだけでなく、おふたりのことをとても尊敬されていることが伝わってきました……! それでは名残惜しいですが、最後にみなさんに一言お願いします。

あやめ はい。今回、正式にアイドルとして楽曲をリリースさせていただく上で、私自身、とても勇気が必要なことが多くありました。私はやっぱり、自分でアイドルという存在に向いているとは未だに思えなくて……それを理由にして色々なことを意識的にも、無意識的にも避けてきたことがありました。

ですが今回、一歩を踏み出すことの大切さを教えてくださったのは、アイドルとしての大切な仲間であるよしのさんであり、たよりさんであり──そして何より、私のことを信じて応援してくださった皆さんなんです。皆さんの応援──言葉が無ければ、きっと私はこの曲を歌うことができていませんでした。まだまだ小さな翼かもしれませんが、『いつもと違う自分』を少しでも皆様にお届けできていたら嬉しく思います。

そしてこれからも、皆さんと一緒に色々な景色を見られたら──それ以上の幸せはありません。こんな私ですが、今後とも応援のほど、どうかよろしくお願い致します。最後まで見てくださりありがとうございます。水茎あやめでした。

──水茎あやめさん、ありがとうございました!

水茎あやめの新しい境地──とするには大げさかもしれないが、それでも今回のインタビューでは彼女の新たな一面と、新しい自分にチャレンジしようとする想いが楽曲の裏にあったことを知ることができた。

「アイドルに向いていない自分」を認めつつも、そこから新しい一歩を踏み出す──飛び出す──契機となった楽曲『見えない翼』を、是非今回のインタビューを読んだ上で最後ご視聴いただきたい。きっとこれまでには見えなかった彼女の景色が、視聴者の皆様の目にも映ることだろう。

また、そんな彼女へ応援のメッセージや伝えたい想いなどがあれば、是非ファンレターなども送ってみてほしい。きっと水茎あやめというアイドルの『勇気』に繋がると思う。

次回10月14日(金)は、同じく新曲をリリースしたタイヤキ大好きアイドル【金魚鉢たより】氏に独占インタビューを行う予定だ。水茎あやめが「たよりさんの存在そのもの」と表現した楽曲の魅力を、たっぷりと語っていただく予定なので楽しみにしていただきたい。

関連記事
『Sprout(feat. KOTONOHOUSE)』リリース記念!「雁矢よしの」特別インタビュー【Princess Letter(s)! フロムアイドル】
生徒のインターネット利用禁止という独自の校則が存在する私立・常和歌学園(ときわかがくえん)で日々アイドル活動に勤しむ雁矢よしの。直近行われた【聖花祭】では見事「白百合賞」を受賞し、学園から正式にアイドルとして認められた。様々なメディアの中でめまぐるしく活躍する最中で、自身2枚目のシングルとしてリリースされた新曲『Sprout(feat.KOTONOHOUSE)』──。その制作秘話や楽曲に秘められた想いについて独占取材を行った。物語の始まりとこれからの「満開の未来」──。──今回のインタビュー、どうぞよろしくお願いします!雁矢よしの(以下、よしの) はいっ、よろしくお願いします♪ 相変わらず緊張していますが……。(汗)最後までいっぱいお話できるように頑張りますねー!──はい、楽しみにしています! 早速ですが遂に新曲リリースですね、おめでとうございます! ずばり『Sprout(feat.KOTONOHOUSE)』はどういった楽曲なのでしょうか?よしの 「Sprout=蕾(つぼみ)」というタイトルにも表れているように、聴いた人の心の中に花の蕾がうまれて、聴き終わったあとには思わず笑顔の花が咲いているような──物語の始まりとこれからの「満開の未来」を予感させる、キュートでエモー...

 

〝アイドルと直筆でお手紙のやり取りができる!〟文通キットの購入はこちらから!

画像文字

 

『 Princess Letter(s)! フロムアイドル』の概要はこちらの記事から!

関連記事
アイドルたちと“本物の文通”を楽しみませんか? “あなただけに贈る”新しいアイドルプロジェクト『Princess Letter(s)! プリンセスレターズ!フロムアイドル』を紹介! アイドルたちとの文通方法や声優陣による楽曲を解説
全国からトップアイドル志望者が集う全寮制のアイドル養成学校「私立常和歌(ときわか)学園」。この学園に通う少女たちは『一切の“インターネット”の使用禁止』という厳しい規則のもと、日々アイドル活動に専念しています。厳しい環境の中、彼女たちに残された外部とやり取りできる唯一の方法は“手紙”だけ。そんな彼女たちとあなたは、あるきっかけで“文通”を交わすことに――アイドルとたちと『直筆』でお手紙のやり取りができるプロジェクトとして大きな話題を呼んでいる『PrincessLetter(s)!プリンセスレターズ!フロムアイドル』。始動したばかりの本プロジェクトでは、高橋李依さん、楠木ともりさん、芹澤優さんといった声優陣の発表に加えて、キャラクターたちの楽曲公開など、本格始動に向けた施策の数々が展開中です。本稿では、アイドルたちとの文通を楽しむにあたって欠かせない、彼女たちを取り巻く環境や実際の文通方法、さらに、続々展開中の各コンテンツについてまとめて紹介します。アイドルたちと“本物の文通”を楽しみませんか?もしアイドルと手紙のやりとりができたら?本プロジェクト最大の特徴はなんといってもアイドルたちとの直筆での文通が可能な点です。専用の文通キットを...

過去のアイドルへのインタビュー記事はこちらから!

関連記事
【#プリレタ独占取材第1弾!】〝みんなに春を届けたい!〟桜髪の清純派アイドル『雁矢よしの』特別インタビュー【Princess Letter(s)! フロムアイドル】
私立・常和歌学園(ときわかがくえん)。それは『生徒のインターネット使用禁止』という独自の校則で知られる全寮制のトップアイドル養成学校。その学園に通うアイドルの卵『雁矢よしの』は今年の春にポエトリーリーディングと呼ばれる、音楽に乗せて歌うように詩を朗読する楽曲を公開。彼女の過去をエモーショナルに〝詠い上げた〟そのミュージックビデオは再生回数が70万回を超えるなど、界隈にセンセーションを巻き起こした。☆『雁矢よしのの話』ポエトリーリーディングMVはこちら今回アニメイトタイムズでは学園の協力のもと、アイドル『雁矢よしの』の独占インタビューの機会を得ることに成功。インタビュアーとしても、そして彼女の世界観に魅入られた“いちファン”としても、今回様々な話を聞けることを楽しみに取材場所を訪れると、既に現場入りしていた彼女から少し緊張しているような挨拶で出迎えられた。こんなにも素敵な感情があるんだって、みんなに伝えたくて――雁矢よしのさん(以下、よしの):は、はじめまして、おはようございます! 雁矢よしのです。今日はよろしくお願いしますっ!(>_<)――はじめまして。幸先の良い元気な挨拶ですね。でも少し緊張してます?よしの:はい、...
関連記事
【#プリレタ独占取材第2弾!】 〝応援してくれる人が、たったひとりでもいてくれるなら──〟おしとやかなアナログ系お姫様アイドル『水茎あやめ』特別インタビュー【Princess Letter(s)! フロムアイドル】
※本記事は#プリレタ独占取材第2弾記事です。第1弾『雁矢よしの篇』、第3弾『金魚鉢たより篇』もあわせてどうぞ!私立・常和歌学園(ときわかがくえん)。それは『生徒のインターネット使用禁止』という独自の校則で知られる全寮制のトップアイドル養成学校。その学園に通うアイドルの卵『水茎あやめ』は今年の春にポエトリーリーディングと呼ばれる、音楽に乗せて歌うように詩を朗読する楽曲を、他のふたりと共に公開し話題を呼んだ。☆『水茎あやめの話』ポエトリーリーディングMVはこちら前回の『雁矢よしの』に引き続き、『水茎あやめ』にもアニメイトタイムズでは学園の協力のもとで独占インタビューの機会を得た。前回の反省に倣って大量のハンカチを鞄に詰め込んで、今回もインタビュアー兼〝いちファン〟として会場へと向かった。当日は別の予定を早めに終えられたため、荷物を先に置いて周辺を散策しようと取材場所に到着すると、なんとすでに会場の入り口に今回の取材相手である『水茎あやめ』さんが鞄と紙袋を手にした状態で立っていた。アイドルに向いていないからこそ、想いは強くありたくて────こんにちは……水茎あやめさんですよね?水茎あやめさん(以下、あやめ):あ、はい。はじめま...
関連記事
【#プリレタ独占取材第3弾!】〝みんなにシアワセおすそ分け☆〟自由で無邪気な小動物系アイドル『金魚鉢たより』特別インタビュー【Princess Letter(s)! フロムアイドル】
※本記事は#プリレタ独占取材第3弾記事です。第1弾『雁矢よしの篇』、第2弾『水茎あやめ篇』もあわせてどうぞ!『生徒のインターネット使用禁止』という独自の校則で知られる全寮制のトップアイドル養成学校──私立・常和歌学園(ときわかがくえん)。その学園に通うアイドルの卵『金魚鉢たより』は今年の春にポエトリーリーディングと呼ばれる、音楽に乗せて歌うように詩を朗読する楽曲を、他のふたりとはまた違ったポップな雰囲気で公開し、ネット上では〝かわいい!〟という4文字の感想で溢れた。☆『金魚鉢たよりの話』ポエトリーリーディングMVはこちら いよいよ3日目となった独占取材シリーズ。アニメイトタイムズでは今回も学園の協力のもと『金魚鉢たより』に独占インタビューの機会を得た。彼女の天真爛漫な性格的に、今回は大丈夫なのでは……? と浅慮しつつも、念のためハンカチを多めに持ち、毎度おなじみインタビュアー兼〝いちファン〟として取材に臨んだ。会場に到着して、取材開始の時刻になった。彼女の姿は見当たらない。5分。10分。15分。経ったところで、入り口の扉がそろりと開いた。まとめると──〝タイヤキは尊い〟ってことだよう♡金魚鉢たよりさん(以下、たより):……あっ!!...

公式Twitter
YouTube公式チャンネル

(C)フロムアイドル
おすすめタグ
あわせて読みたい

Princess Letter(s)! フロムアイドルの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング