映画
【内海賢二 彼が生きた時代:連載第2回】野村道子インタビュー

【内海賢二 彼が生きた時代:連載第2回】野村道子さんインタビュー|私は、内海さんは声優の5本の指に絶対に入っていると思っています

5本の指に入る声優を目指して

ーー現在、内海さんが作り上げた「賢プロダクション」の相談役を務めていらっしゃいますが、設立当時のことを振り返っていただけますか?

野村:彼がプロダクションを作ることになったから、私も経営なんかを手伝えないかと思って、その頃にお世話になっていた「青二プロダクション」から移ることになったの。

お金の借りかたもわからなかったから本当に大変で、レギュラーだった『ドラえもん』と『サザエさん』が終わったら声優を辞めてプロダクション一本にしようと思ってたんだけど、これがなかなか終わらなくてね。結局、声優をやりながら、プロダクションの経営と子育てをすることになって、大変な時期が何年か続くことになったの。

声優を引退することも考えたんだけど、内海さんが「引退したらまたやりたくなったときに戻ってこれなくなるから、休業ということにしたらどうか」と言われて。新しい仕事はやらないということで、今日までやってくることができました。

大変なことは変わらなかったけど、内海さんがそれ以上に協力してくれてね。ひとりで10人分ぐらいは稼いできてくれて、お金の心配はあまりしなくてよくなったの。

だから私も、内海さんのためになる努力ならなんでもしてあげたかった。目標は、声優として5本の指に入る人にすること。奥さんとしてはあまりよくしてあげられなかったから。パートナーとして、内海賢二を絶対のブランドにしたいと思ったの。

ーー野村さんと内海さん、二人三脚の声優道だったんですね。苦労はありましたか?

野村:最初から楽だったことはないけど、驚いてしまったのはやっぱり病気のこと。

最初は50代の半ばだった。調子が悪いことが続いて、芝居から帰ってきて疲れたって言うことが増えて。そういうのって珍しかったから。病院に行って、一日かけて検査したら「ステージ4です」と言われたの。本人もピンときてないみたいで、「癌なの?」って感じだった。

詳しく再検査することになって、紹介状を持って病院に行ったら、ポリープができてるから手術しましょうってことになったんだけど。癌っていうのは治せないから、取るしかないんですよね。それからは3年に1回、できたら取るの繰り返しで。それも何日かの入院で済んじゃうから助かってはいたの。しばらくしたら再発することも珍しくなって、8年ぐらいは病院に行くこともなくて安心していたんだけど。

ーーなにか、大きく体調を崩してしまうことが?

野村:野沢那智さんのお通夜のときに様子がおかしくて。お手洗いに行くのを何度も繰り返してたの。流石に変だって思ったんだけど、「子供じゃないんだから、ちゃんと病院に行きなさい」と言ってもはぐらかされてしまって。

結局1ヶ月もしてから病院に行ったんだけど、帰ってくるなり「入院して手術することになったから」なんて言うの。相談もしないでひとりで決めてきちゃったのよ。

それで、その手術があまり上手にいかなくてね、歩けなくなっちゃったの。私もびっくりしたけど、内海さんもかなり落ち込んでしまって。退院の日が決まっているのも歩けるようにならないし。リハビリだって頑張ってたんだけどね。

ーーお仕事にも影響が出てしまいそうな様子でしたか?

野村:そんなときに羽佐間道夫さんが会いに来てくれたの。内海さんは足が動かないことを本当に悔しそうに伝えていたんだけど、羽佐間さんが「なんだ、声はまったく変わってないじゃん」「声が出るんだったら仕事しろよ」と言ってくれて。それに彼は救われたんじゃないかしら。仕事ができるとわかった途端、表情も生き生きとしてきてね。

それからは病院から仕事に行ったりとしていました。私も彼も、羽佐間さんには本当に感謝しているの。羽佐間さんのおかげで彼は最期まで仕事をしていられたんだから。

ーー最期のときまで内海さんは声優であり続けたんですね。

野村:覚悟はしていたけど、その瞬間がくることは信じていなかった。それから2年半、体のあっちことに癌が転移して満身創痍だった。だけど、すごく生命力のある人でね。手術をすれば生還してくるから、そのときも帰ってくるんだと思ってた。

結局、最期まで気取ってるし、気を使っちゃう人だったのね。歩くのだって辛かったはずなのに、手術をするので病院に行っても、車からは歩いていこうとするのよ。ある日なんて、エレベーターが壊れてて、あとで気がついてそのことを聞いたら「歩いて登った」なんて言うのよ。

そうやってかっこつけながら、最期の10日前まで仕事をしていた。断ることも多くなってたけど、「どうしても内海さんに」という替えのきかない仕事も結構あったから。どうするのか訊くと「やる」と必ず答えるんですよ。その日にあわせて歩く練習もするし、食べるものも自分で管理して万全の準備をしてた。

だから、あのときも帰ってくると思ってたの。最後に入院することになったときは、仕事の途中で意識が飛んじゃって、台詞が言えなくなってしまったらしくて。病院に着いても、「俺、仕事に行かなきゃ」とずっと言っていたんですよ。

最後に入院する頃には癌が骨にまで転移していて、痛みで寝られないからずっと背中を擦ってあげていたの。痛み止めも打っていたから意識もまばらだったんだけど、先生は「声は聞こえているはずです」とおっしゃってくれて。だから耳元でね、いろんなお話をしたの。

ーー最期に内海さんとはどのようなお話をされたのですか?

野村: 私はね、妻としてはあまり面倒をみてあげられなかったから。結婚してからずっとそう。お互いに仕事で忙しかったこともあるけど、私も彼も自分のことは自分でやろうという性格だったから。彼が病気になってからも、「頑張りなさいよ」と言うことしかできなかったの。だから、もっと優しくしてあげればよかったのかなって思うところもあって。夫婦になってよかったって、あまり自信を持てないところもあったんですよ。

だけどね、かないみかがお見舞いに来て、「内海さん、道子さんのこと愛してる?」と聞いてくれたことがあって。そうしたら内海さん、質問が終わらないうちに「愛してるよ」と大きな声で言ったの。それが一生の宝になったなと思って。

だから最期に耳元で、「賢ちゃん、いい人生だったね。私もおかげでいい人生だったよ」と言ったの。そうしたら彼ね、しっかりと頷いてくれたんですよ。

ーー満足のいく人生を送れたと思っていたからこその頷きだったのでしょうね。

野村:そうだといいなって思う。声優としても、彼はたくさんの代表作を残してきた。『北斗の拳』のラオウとか、『アラレちゃん』の千兵衛さんとか。そういうのを残せるのって凄いことだと思うの。洋画の吹き替えから始まって、ようやくそこまで上り詰めたわけじゃない。

声優としていい役を任されるようになって、自分の名前が付いたプロダクションを作って、そこで若い人たちを育てることができて、自分だってもっと大きな仕事をするようになって。「内海さんじゃなきゃダメ」と言ってもらえるのって役者冥利に尽きることですからね。彼はきっと、最高のところまで行くことができたんじゃないかしら。

ーー野村さんはいかがですか?

野村:私自信はね、声優としては運がよかっただけだと思ってるの。この歳まで声優としてみてもらえるのは、『ドラえもん』や『サザエさん』という長寿番組があったからだから。代表作だと言える仕事をもらえるのって、それだけで凄く恵まれていることなの。だからこそ、声優としていろんなお仕事をやらせてもらえて、とても楽しかったです。

たぶん、今の時代に新人として入っても私は上手くできないと思う。今の子たちって凄いでしょ。芝居だけじゃなくて、歌にダンスにとなんでも求められて。しかも、そこから頭一つ出さないといけないから。そうやって持っているもので勝負して、自分を売り込んでいかなくちゃいけないから大変よね。

ーー最後に、内海さんは5本の指に入る声優さんになれたと思いますか?

野村:あの声で、あのレベルの芝居ができる人はもう出てこないんじゃないかと思ってる。洋画の吹き替えでもアニメでも、彼が生きていたらどうやって演じていただろう、と考えてしまうこともあるの。もっと彼のためにいろんな企画をやらせてあげられたらよかったんだけど。

でも、そう思ってしまうということは、彼がこれ以上ないところにいけたからなのかなって。だから私は、内海さんは声優の5本の指に絶対に入っていると思っています。

[取材/武田結花 編集/石橋悠 構成/原直輝]

連載バックナンバー

関連記事
【内海賢二 彼が生きた時代:連載第1回】谷山紀章さんインタビュー|声優を名乗る以上は、ボスがそうであったように誰かに目標にしてもらえるような存在になれたら
アニメや海外映画の吹き替えだけでなく、歌やラジオ、イベント出演に至るまで、活動の幅を広げている声優。今ではTV番組に“声優”という肩書きで出演される方も多く、声優という職業自体も世間一般に認知されるようになってきました。しかし、その裏で声優業界を黎明期から作り上げてきた大先輩方が、訃報や引退といった形で徐々に一線を退いているのもまた事実です。アニメイトタイムズは日々、たくさんの声優ニュースを取り上げていますが、声優業界に深く関わっているからこそ、メディアという立場であるからこそ、今というタイミングで何かできることがあるのではないか、と考えました。そんな折、様々な取材を通して筆者が出会ったのは“内海賢二さん”という存在でした。内海賢二さんといえば、2013年にご逝去されるまでの間、『北斗の拳』のラオウ役、『Dr.スランプアラレちゃん』の則巻千兵衛役、『鋼の錬金術師』のアレックス・ルイ・アームストロング役など、数え切れないほどの人気キャラクターを演じた名役者です。そして、それと同時に声優事務所「賢プロダクション」の創立、TV番組やTVCMの出演など、声優が広く認知されるきっかけを作った人物のひとりでもありました。本企画【内海賢二...
関連記事
映画『その声のあなたへ』公開記念 柴田秀勝さん × 浪川大輔さん × 三間雅文さん鼎談|同世代・後輩・音響監督から見た内海賢二さんの姿とはーー“声優”という言葉がなかった時代の逸話や『ハガレン』『北斗の拳』に関わるエピソードも
『北斗の拳』のラオウ、『Dr.スランプアラレちゃん』の則巻千兵衛、『鋼の錬金術師』のアレックス・ルイ・アームストロングなど、数多くの名作で強烈な演技力を魅せた声優・内海賢二さん。2013年6月に亡くなられ、各界に悲しみと衝撃を与えました。業界を黎明期から引っ張ってきた内海さんの生き様と、偉業を追ったドキュメンタリー映画『その声のあなたへ』が2022年9月30日(金)に公開となります。アニメイトタイムズでは、映画の公開を記念して、内海さんの同世代として共に黎明期を引っ張ってきた声優・柴田勝秀さん、後輩役者として背中を見てきた・浪川大輔さん、音響監督という立場で一緒に過ごしてきた三間雅文さんの鼎談を実施しました。三者三様から見た内海さんの姿はもちろんのこと、まだ“声優”という言葉が浸透していなかった時代のお話や声優のあり方など、貴重なお話が盛りだくさんです。声優を目指している方、アニメや声優がお好きな方、ぜひ最後までご覧ください。ボストンバッグ1個を持って上京した内海さんとの出会いーー早速ですが、同世代、後輩声優、音響監督というそれぞれの立場から、内海賢二さんの生き様や印象に残っている思い出などをお話いただければと思います。柴...

映画『その声のあなたへ』作品情報

ストーリー

アニメイトタイムズで働く若手ライターの結花は、取材中に声優・内海賢二の存在を知る。彼に興味を持った結花は、取材企画を立ち上げて彼の声優仲間らへ取材を始める。この取材を通して彼女は、内海賢二という声優の人柄だけでなく、かつての声優業界、声優という仕事が今のような人気職業になるまでの歴史を知っていく。

スタッフ&キャスト

配給:ナカチカ、ティ・ジョイ
監督・脚本:榊原有佑
制作:and pictures
企画:株式会社CURIOUSCOPE

逢田梨香子、伊藤昌弘、内海賢太郎、勝杏里、かないみか、神谷明、柴田秀勝、杉山里穂、谷山紀章、戸田恵子、浪川大輔、野沢雅子、野村道子、羽佐間道夫、水樹奈々、三間雅文、山寺宏一、和氣あず未 (五十音順)

公式HP:sonokoe.com
公式Twitter:@SonoKoe_0930

おすすめタグ
あわせて読みたい

その声のあなたへの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング