menu
ブルーロック
アニメ

仕事に懸ける思いの強さ……意気込みや情熱はステラとリンクする│秋アニメ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』連載インタビュー:高橋李依さん(ステラ役)

先日、ついに最終回が放送されたTVアニメ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』。故郷を失い、勇者パーティーからも追放されたレインでしたが、最強種の少女たちと協力しながら街を守り切り、過去を乗り越えて、彼女たちと新たな“家族”となるという大団円を迎えました。

アニメイトタイムズでお送りしてきたキャストリレー連載、最終回はステラ役・高橋李依さんのインタビューをお届けします。最強種ではない“ただの人間”であるステラが見せた活躍とは……!? 物語を振り返りながら、役への思いをじっくり語っていただきました。

関連記事
勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う
「――レイン。君はクビだ」勇者と共に魔王討伐を目指すビーストテイマーのレイン。ところがある日、仲間から役立たずと罵られ、勇者パーティーを追放されてしまう。自由に生きようと冒険者の道を選んだレインは、試験の最中、魔物に襲われている少女カナデに遭遇。カナデを逃すために身を挺すが、彼女は魔物を一撃で倒してしまう。カナデこそ規格外の力を持つ「最強種」の一つ、猫霊族の少女だった!レインの才能と優しさに惹かれたカナデが告げる。「私を、使役してみる?」最強の猫耳少女と契約し、冒険者として新たな人生を歩み始めるレイン。だが、レインを追放した勇者たち、そして別の「最強種」がその力に気づき――。作品名勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う放送形態TVアニメ放送スケジュール2022年10月2日(日)~2022年12月25日(日)TOKYOMX・読売テレビほか話数全13話キャストレイン:千葉翔也カナデ:和氣あず未タニア:大久保瑠美ソラ:田中美海ルナ:指出毬亜ニーナ:高野麻里佳ステラ:高橋李依ティナ:M・A・Oスタッフ原作:深山鈴・茂村モト(掲載「マンガUP!」スクウェア・エニックス刊)監督:濁川敦シリーズ構成:あおしまたかしキャラクタ...
アニメイトタイムズからのおすすめ


声を聞いただけで伝わるように

――ステラは終盤の登場でしたが、どのようなアプローチで演じようと思われたのでしょうか?

高橋李依さん(以下、高橋):おっしゃる通り、終盤に登場して物語が一気に展開していく流れだったので、ステラがどんな人物かをじっくり知っていただくには少し時間が足りないなと思ったんです。それで、声を聞いただけで「この人はまっすぐな人で、後ろ暗いものが何もないんだな」と伝わるように、自己紹介を声で補うイメージで臨みました。

礼儀正しい雰囲気、理路整然とした思考と正義感に溢れた発言、感情もはっきりしていて、抱えてきたものの重さや責任が涙と一緒にポロッと出てしまう瞬間もあったり。それぞれの行動への説得力を持たせたいなと感じたので、その辺りに気を使うようにしました。

――確かに、第10話でレインたちと初めて遭遇したシーンからも彼女のまっすぐさが伝わってきました。

高橋:レインたちと出会うシーンでは、出会って、頭を下げて、説明して、うれし泣きをするという、実はすごいテンポで感情が切り替わっていくシーンでもあるんです。その上で、これからのお話の流れとステラがどういう人物なのかをしっかり届けないといけないので、ひと声聞くだけで「この人はいい人だから一緒に行動しても大丈夫」と信頼できるようなお芝居を意識しました。

――ところで、最近、高橋さんは凛とした大人の女性を演じることが増えてきましたよね?

高橋:そうなんです! びっくりしますよね(笑)。オーディションではなくご指名でそういった役をいただくと、大きな挑戦をして下さったことにプレッシャーを感じそうですが、今回はオーディションで選んでいただけたこともあり、安心してほどよい緊張感で臨めました。一度、自分のお芝居を聞いていただいているというのは大きいです。

――ステラの声からは芯の強さが感じられました。

高橋:ありがとうございます。仕事に懸ける思いの強さ……意気込みや情熱、大切にしたい気持ちはステラとリンクする部分でもあったので、そういう部分はしっかり汲み取りたいなと思っていました。

――先ほどおっしゃった通り、ステラは見た目とは裏腹にかなり情熱的な女性ですよね。

高橋:そうなんです。かなり熱血な騎士さんで、騎士団やジレー隊長に対しても怒りと悲しみを隠そうとしていませんでした。ただ、我を失うようなタイプではないなと思います。

ステラの怒りと悲しみがよくわかるのが、ジレー隊長との一騎打ちでした。ジレー隊長が倒れたあとに少し尺があって、そこに息を入れようと思っていたんです。戦いを終えたあとの荒い息づかいなんですが、どこか悲しみに似たむなしさ、でもこうするしかなかったやるせなさといった感情が湧いてきて。あの引きのカットはすごく印象に残っています。

――ジレーとの一騎打ちは、短い時間ながらも二人のドラマが感じられました。

高橋:一見するとジレー隊長もただの悪い敵という印象なんですが、不正に手を染めていなかった頃の爽やかなジレー隊長がインサートされることで、ステラとジレー隊長の物語の奥行きがグッと広がるんです。あの1カットからジレー隊長の背中を追ってきたステラの憧れと怒り、むなしさが伝わってきました。限られた時間の中で二人のバックボーンが表現されていて、すごくよかったです。

――ジレー隊長もいろいろ諦めてしまったんだろうなというのが垣間見えますよね。

高橋:本当に悲しくなりました。でも、ジレー隊長がちょっとかわいいなと思ったのが、癒着の証拠があると聞かされて、自らちゃんと駆けつけたところ。自分から確認にいくんだって(笑)、その真面目さが伝わってきました。

きっと、ほんの少し道を間違えてしまっただけなんだと思います。だからこそ、ジレー隊長についていく騎士もたくさんいたと思うので、嫌いになれないキャラクターです。

――スタッフさんからは何かディレクションはあったのでしょうか?

高橋:特に第10話は、物語が勢いよく進んでいくので、「ここはより深刻に」、「ここはもっと相手に掛ける感じで」と、感情の出し引きのポイントを教えていただきました。キャラクターのベースとなる部分は変えずに、感情にグラデーションをつけていくというよりは、カット単位でしっかり意図を切り替えていくイメージで演じました。

(C)深山鈴・茂村モト/「ビーストテイマー」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会うの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング