アニメ
『ザ・マージナルサービス』名塚佳織&前野智昭インタビュー【連載第6回】

初めての元恋人関係! 主導権はいつも名塚さんのキャラ!?『THE MARGINAL SERVICE』名塚佳織さん&前野智昭さんインタビュー【連載第6回】

ジャパン澁宿という架空の世界を舞台に、≪境界人≫と呼ばれる”伝説上の生き物”が起こす事件を解決する≪マージナルサービス≫というチームの活躍と、≪境界人≫たちの謎やドラマを描いたオリジナルTVアニメ『THE MARGINAL SERVICE(ザ・マージナルサービス)』が放送中!

第5話では、街中でネットワークにまつわるトラブルが続出し、≪マージナルサービス≫の拠点や≪境界人≫の収容システムまで影響が及ぶことに。その犯人としてライラが過去付き合っていた≪境界人≫のエディの名が挙がると、ライラは彼の居場所を突き止め、対峙することを選びました。

アニメイトタイムズでは、本作のインタビュー連載を毎週掲載中。第6回にご登場いただくのは≪マージナルサービス≫の一員であり、紅一点のライラ・キャンディハート役の名塚佳織さんと、かつてライラの恋人であり、今回の事件を引き起こした≪境界人≫のエディ・スノー役の前野智昭さんです。

放送されたばかりの第4話の振り返りと次回の第5話の見どころ、好きな映画について語っていただきました。

関連記事
THE MARGINAL SERVICE
ある日、地球はグレイ型エイリアンに襲われた。エイリアンの攻撃になすすべもなく壊滅状態の航空自衛隊を救ったのは、実在するはずのない人間の顔を持つ“伝説上の生き物”だった。国家はその事件で彼らが地球で共存していたことを初めて認識することとなり、彼らを≪境界人≫と呼び監視下においた。そして数年後……移民や不可解なテロ事件が発生し、混沌とする世界にある機関が発足された。それが≪マージナルサービス≫≪境界人≫専門の犯罪を取り締まり、その存在を徹底的に隠蔽する機関である。舞台はジャパン澁宿……集められた精鋭たちがジャパンの誇り“ニッカポッカ”をまとい、日夜≪境界人≫と対峙しながら地球を守る物語である。作品名THEMARGINALSERVICE放送形態TVアニメスケジュール2023年4月11日(火)~2023年6月27日(火)日本テレビほか話数全12話キャストブライアン・ナイトレイダー:宮野真守ゼノ・ストークス:森川智之ボルツ・デクスター:杉田智和ロビン・ティンバート:中村悠一ライラ・キャンディハート:名塚佳織サイラス・N・空閑:下野紘セオドア・トンプソン:三木眞一郎ペック・デズモント:内山昂輝ラバー・スーツ:内田雄馬イザベラ・ソーン:甲斐田裕子イヅナ・レン:三宅健太リリ...

前回のインタビューはこちら

関連記事
まだお互いに歩み寄れていない人間と≪境界人≫。虐げられる≪境界人≫たちの想いが浮き彫りになった第4話。『THE MARGINAL SERVICE』甲斐田裕子さん&三宅健太さんインタビュー【連載第5回】
ジャパン澁宿という架空の世界を舞台に、≪境界人≫と呼ばれる”伝説上の生き物”が起こす事件を解決する≪マージナルサービス≫というチームの活躍と、≪境界人≫たちの謎やドラマを描いたオリジナルTVアニメ『THEMARGINALSERVICE(ザ・マージナルサービス)』が好評放送中!第4話では≪境界人≫による連続爆発事件が起き、≪マージナルサービス≫の本部にも爆発物が。ブライアンとゼノはイザベラを疑い、彼女のもとへ向かいますが、そこで次なる爆破が発生するのでした。アニメイトタイムズでは、本作のインタビュー連載を毎週掲載中。第5回にご登場いただくのは≪境界人≫のイザベラ・ソーン役の甲斐田裕子さんと、第4話で初登場のイヅナ・レン役の三宅健太さんです。放送されたばかりの第4話の振り返りと次回の第5話の見どころ、好きな映画について語っていただきました。前回のインタビューはこちらスタイリッシュで近未来的な世界観! これが最先端の退魔もの!?――作品に対する印象や感想をお聞かせください。イザベラ・ソーン役・甲斐田裕子さん(以下、甲斐田):キャストが豪華ですし、完全オリジナル作品ということで、「どんなアニメで、どんな展開になるのかな?」と期待値が上がっていました。ただ、...

名塚さんいわく「企画書通り、でもツッコミどころ満載」。前野さんはアクションが派手で心理戦もある好きな作風

――作品に対する印象や感想をお聞かせください。

ライラ・キャンディハート役 名塚佳織さん(以下、名塚):企画書をいただいた時は、<マージナルサービス>という隠密部隊があって、街を救うために活躍するという内容でした。実際に収録が始まってみると、内容に間違いはなかったけど、ツッコミどころ満載で(笑)。他のキャストの皆さんとツッコミを入れながら楽しく収録しています。時代設定は近未来ですが、ストーリーやキャラクター性は昔なつかしい感じで。舞台のジャパンの街並みは日本っぽいけど、キャラクターたちの雰囲気は海外ドラマや洋画に近いし、名前を見ても日本人ではないのかなと。

エディ・スノー役 前野智昭さん(以下、前野):アクションが派手な感じで、心理戦もありそうな雰囲気だったので、僕が好きな作風だなというのが第一印象です。あと『24-TWENTY FOUR-』など海外ドラマのような会話のテンポの良さがあって。またブライアンもハチャメチャなことをしそうな主人公なので、彼を中心にいろいろなことが起きていくのかなと期待しています。

第5話はライラが大活躍! 予想と違うキャラ像とライラの立ち振る舞い

――出演された第5話のご感想をお願いします。

名塚:今まではアクションがあったり、≪マージナルサービス≫の男性陣が事件現場に出て、解決のために能動的に動いていましたが、ライラは基地に残って、司令塔的な役割を果たすことが多くて。今回はライラ自身がITネットワークを混乱させている犯人の居場所を突き止めて、その犯人がかつての恋人のエディだったという。エディとの対峙シーンは駆け引きする心理戦で、第4話までとは違ったテイストになったかなと思いました。

――ここまで≪マージナルサービス≫の各メンバーをフィーチャーした回がありましたが、今回はまさにライラ回でしたね。しかも大人の恋愛が描かれていて。

名塚:収録が始まる前からライラのお当番回があることは伺っていて、元カレが出てきますと。ただライラは活発な女性なので、好きになる男性もワイルドな感じなのかなと思っていたら頭脳派タイプで意外でした。強い女性は彼の前では甘えたり、普段見せない態度をするのかなと思っていたら、彼に対してもお姉さん的な立ち位置で、大人の恋愛をしていたのも予想外でした。

――前野さんはライラの元恋人だった≪境界人≫で、ITトラブルを操る首謀者、しかも姿はホログラムで実体は既にないというキャラクターでした。

前野:病気のために実体を維持できなくなったというセリフもありましたね。僕はこの第5話が初参加で、ご一緒させていただいた名塚さん、ブライアン・ナイトレイダー役の宮野(真守)くん、サイラス・N・空閑役の下野(紘)さんのチームワークがすっかり出来上がっていて、皆さん楽しそうだなと。収録中にあった出来事がおもしろかったんですけど、笑っていいのやらと戸惑ってしまいました。

名塚:笑っていいんですよ。私のミスですから。

前野:絵の力もおもしろくて、ライラが裸で立ち回るシーンとか、名塚さんや宮野くんのお芝居が加わるとよりリアルに感じられて。とにかく和気あいあいとした現場だなと感じました。

名塚:キャスト陣は、前野さんもそうですが、いろいろな現場でお会いしている方たちばかりで。しかも安心感があるメンバーなので、収録は楽しいです。

 

(C)THE MARGINAL SERVICE PROJECT
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング