アニメ
『劇場版シティーハンター 天使の涙』プレス発表イベント公式レポート

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』プレス発表イベント オフィシャルレポート到着! 神谷明さん「僕の体には『Get Wild』が染み込んでいる!」

1985年に北条司さんが『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始。発行部数は全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界のレジェンド『シティーハンター』。

現代の東京を舞台に冴羽獠の過去、そしてパートナーであった槇村秀幸の死の核心に迫っていく『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』が、2023年9月8日(金)より全国公開となります。

このたび、6月13日(火)に開催された本作のプレス発表イベントのオフィシャルレポートが公開。神谷明さん(冴羽獠役)、沢城みゆきさん(アンジー役)、堀内賢雄さん(海原神役)、こだま兼嗣さん(総監督)、さらに主題歌を担当する TM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)が登壇し、作品への意気込みを語っています。

 

関連記事
劇場版シティーハンター 天使の涙
冴羽獠は裏社会ナンバーワンの実力を持つ始末屋(スイーパー)“シティーハンター”。新宿を拠点にパートナーの槇村香と様々な依頼を受けている。新たな依頼人は動画制作者・アンジー。その依頼は…何と逃げた猫探し!獠はアンジーの美貌に、香は高額の報酬に胸を躍らせる。警視庁の野上冴子は海坊主と美樹の協力を得てバイオ企業ゾルティック社の発明について捜査する。それは謎の組織の依頼で作られた戦場の兵士を超人化する闇のテクノロジーで、かつて獠を蝕み、パートナー槇村秀幸を死に追いやった「エンジェルダスト」の最新型だった。猫探しに奔走する中、アンジーの命が狙われる。依頼の真意を語ろうとしないアンジーは動画に映る獠を見つめ、ひとり呟く。「これがあなたの『最高傑作』なのですか?」「エンジェルダスト」を求めて現れる暗殺者たち。壮絶な戦いに巻き込まれていく獠たちを遠く見つめる男。それは獠の育ての親・海原神――海原がその銃口を定める時、宿命の対決が始まる!作品名劇場版シティーハンター天使の涙放送形態劇場版アニメシリーズシティーハンタースケジュール2023年9月8日(金)キャスト冴羽獠:神谷明槇村香:伊倉一恵野上冴子:一龍斎春水海坊主:玄田哲章美樹:小山...

 

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』プレス発表イベント 実施概要

日時:6月13日(火)17:00~17:40
会場:EXシアター六本木(港区西麻布1-2-9)

登壇者(敬称略):
神谷明(冴羽獠役)、沢城みゆき(アンジー役)、堀内賢雄(海原神役)、こだま兼嗣(総監督)
TM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)

 

 
イベント開始早々に巨大なLEDモニターに映し出されたのは、本作の公開日が9月8日(金)に決定したこと、メインビジュアル、第2弾ムビチケ発売情報、新キャラクターとキャスト陣、そして予告編だ。メインビジュアルは傷を負った冴羽獠の傍らに不安な表情を浮かべる相棒の槇村香と、遠くを見つめる新キャラクターのアンジー、そしてその背後で怪しい視線をこちらに送る海原神の姿が収められた、これから起こる死闘を予感させるものとなっている。

また新しいキャラクターと共に声を担当するキャストも解禁され、ミステリアスな依頼人・アンジー役には『ルパン三世』の峰不二子やフランス版の『シティーハンター』で槇村香の吹き替えを担当した沢城みゆき。冴羽獠の育ての親、海原神(かいばら・しん)役にはブラッド・ピットの吹き替え声優を長年務めている堀内賢雄。さらに「謎の組織」の暗殺者であるピラルクー役には、『ドラえもん』のスネ夫役や『鬼滅の刃』の不死川実弥役など多数の人気アニメで主要キャラクターを演じる関智一、そしてピラルクーと行動を共にする同じく暗殺者のエスパーダ役には、『ドラえもん』のジャイアン役や『THE FIRST SLAM DUNK』の桜木花道役などこちらも人気作への出演が続く木村昴が決定した。

初お披露目された予告編は開始5秒で、美女を口説き、槇村香から100tハンマーでお仕置きを受ける冴羽獠というお馴染みのやりとりから始まる。アンジーから猫探しの依頼を受け、獠と香は彼女を連れて新宿の街に繰り出す。TM NETWORKが今作のために新たに書き下ろしたオープニングテーマ「Whatever Comes」の軽快なサウンドが流れる中、猫を探す3人の姿は平和そのもので、この出会いが後に続く獠の宿命の対決に繋がるとは微塵も感じさせない。

シティーハンターの命を狙う者は多いー。「冴羽獠、ただ一人、エンジェルダストにのまれなかった男」と獠の過去を知っているかのように話すのは、謎の組織の暗殺者ピラルクー。同じく暗殺者のエスパーダは「やっとお前とやり合えるぜ」と意気込み飛び掛かる。さらにベールに隠されていた【エンジェルダスト】の正体や獠の宿敵と言える海原神も登場し、戦いは激しさを増していく!

『シティーハンター』の代名詞ともいえるエンディングテーマ「Get Wild」と共に、冴羽獠の愛銃「コルト・パイソン357マグナム」が火を噴き、大爆破がおこり、ギリギリのカーチェイスが繰り広げられるなど桁違いのスケールで大迫力のアクションが続く。

激化する戦いの裏で「これがあなたの最高傑作…」と写真を見つめるアンジーの姿や、「生き延びている限り、過去は追いかけてくる」、「決して逃れられない」と過去の記憶によって、少しずつ追い詰められていく冴羽獠。ピンチが迫る中で思い出したのは、香の兄にして冴羽獠が信頼を置いていた元・相棒槇村秀幸の存在…。

また映像の中では、瞳、泪、愛の美人三姉妹の怪盗【キャッツアイ】が登場することも明らかとなり、映像ラストでは満身創痍となった冴羽獠が涙ながらに引き留める香を制止し、海原の構える銃口の先に立つ姿で終わっている。果たして冴羽獠に待ち構える運命とは…。これまで明らかになっていなかった本作のストーリーやシリアスな雰囲気が伝わる映像となっている。

 
そんな期待感しかない予告編の上映が終わり、ステージに登場したのは、こだま兼嗣総監督をはじめ、冴羽獠役の神谷明、今回解禁となった新キャラクター・アンジー役の沢城みゆき、海原神役の堀内賢雄だ。

こだま総監督は「前作は以前の『シティーハンター』ファンを呼び起こすために作りました。今作はもちろん原作ファン、アニメファン、そして新規のファンを獲得したいと思い、楽しんでもらえるようなストーリー仕立てになっています」と本作にかける意気込みを語り、キャスト陣はオファーを受けた当時のことについて、まず神谷が「冴羽獠役の神谷明です。前作から4年ぶりと言うことで、早く新作を作ってくれないかなと思っていたんですが、やっとかという思いとうれしいなという思いが同時に込み上げてきました。とてもうれしかったですね」と率直な感想を明かし、沢城も「今回アンジー役を演じさせていただきました沢城みゆきです。昨今私がヒロインをやらせていただける作品があるのかと…」と恐縮しつつ、「世代的には『シティーハンター』のTVシリーズには参加できなかったので、まさか劇場版という大きな舞台で演じさせていただくという、夢が叶うかたちで出演が決まったので、緊張とうれしさと両方ありました」と話した。続けて実写版の吹き替えをやられていましたよねと振られると沢城は「フランス版の『シティーハンター』(※1)では香役をやらせていただいたんですけど、その時はエロディが演じている香という役を丁寧に日本語版にすることがテーマでした。今回は本家本元の『シティーハンター』に出演できるということで、本当にうれしかったです」と感想を語った。

 
そして堀内は「長きに渡って愛されている『シティーハンター』なんですけど、数十年前、TVシリーズの時に第6話でゲストで出させて頂いて、すごく緊張した記憶があるんです。神谷さんのお芝居を見て、僕もいつかこういうお芝居できるようになるのかなと思いながら収録しました。それから数十年たって、今回のオファーを頂きまして、重要な役を演じさせていただくことになって、作品と同時に自分の中でもうれしかったですし、楽しみにしていた収録で、すごい喜びでした」と話しつつも、「アフレコの前日は眠れなかったと神谷さんにお話しされていましたよね?」と司会者から明かされると「監督にも話したんですけど、本当なんですよ。やばいですよ、これは眠れないと思いまして。やっぱり台詞に重みがあるから、とにかくOKもらうまでは頑張ろうと思って、励みました。寝れないくらいのプレッシャーと緊張感がありました。あと同時にもちろん楽しみもありましたが」と明かした。

アフレコ時の話になり、神谷は「沢城さんは僕の右隣にいて、伊倉さんは左隣にいて、他の皆さんは別のスタジオでオンラインで行いました。でもモニターに姿が映っていたので、一緒にスタジオにはいなかったですけど、臨場感はありながら演じることができました」と当時の様子を語り、「今の収録はリモートのようなスタイルなんですね」と聞かれた神谷は「前作はみんな同じスタジオでの収録だったのですが、コロナの時期は個別での収録が続いていたのですが、だいぶ緩和され、こういった形になりました。別日には海坊主(役の玄田哲章さん)がいたりとかして、楽しかったです。みんなと久しぶりに元気に会うことができてうれしかったです」と久しぶりのアフレコを楽しんだようだった。

沢城はというと神谷たちと一緒の収録を希望したそうで「コロナの関係で個別収録が進んでおりましたので、そういう可能性もあったんですけど…神谷明さんとアフレコできるなんて!このチャンスは逃すわけにはいかないと思いまして、神谷さんと伊倉さんとどうしても一緒にできないですか?と相談して、一緒に収録をさせていただきました。お二人がすごいエネルギーでアフレコなさるので、こうやって声の力でキャラクターを立ち上げていくんだと思いながら、本当に贅沢な時間でした。」と千載一遇のチャンスを逃さないようにお願いしたことを語り、一方で堀内は「僕は単独でじっくりと、自分の持っていた芝居がいいのかということを何回かテイクを重ねながら、スタッフさんが納得いく台詞をとって頂きました。海原神が持っている悲哀や哀愁を抑えめで話したり、張り目で演じたりなどリクエストに応えながら、監督をはじめとする皆さんが納得いくものになるまで結構な回数やりました。なので、やっと眠れることができました」と収録の様子を明かした。

 
お互いの声の印象を聞かれた神谷は「僕の場合は沢城さんと一緒で、香やアンジーなど重要な場面を一緒にする方とは、一緒に収録させてほしいとお願いしました。また海原の台詞を聞きながらも撮りましたが、海原がもうそこにいるかのような感じでしたね。それはもう完成品を観ていただければ、わかると思います。前作では1年くらいかけてレギュラー出演者全員リハビリをする感じで仕上げていったんですけど、今回も同じような感じでした。順調に収録できるところと少し間を必要とするところがありましたが、オープニングからしばらくのシーンはあっという間にほぼ一発OKという感じでした」と胸を張った。

そして、本作で描かれるのは、冴羽獠の原点に迫る物語にして、最強の敵との最後の戦い。いよいよ「最終章〈ファイナルチャプター〉へ」突入することについてこだま総監督は「僕の頭の中では、三十数年前のTVシリーズから止まっているんで、それほど作品に入り込むことは難しくなかった。ただもう避けて通れない冴羽獠の過去を表現しなければいけなかったので、そこが一番難しかったですね。何度もシナリオの方たちとやり取りをしながらどうやって表現しようかなとかなり悩みました。原作者の北条先生にもたくさんのアイデアをもらって、やっと完成したという感じです。感無量です」と胸の内を明かした。

さらに神谷は「最終章ということは海原も出てくるし、これで終わりなのかと思いながら演じたんですけど、それでも序章なのかなという印象もあります。ゲラゲラワクワクハラハラドキドキジーン。まるでジェットコースターに乗っているかのように展開する作品で、演じていても本当に面白かったです。気が付いたらこんな場面に…!?ということがあって、でも自然だから導かれるようにストーリーに寄り添って演じることができました」と作品の感想を語った。

そして、ここで新キャラクターのピラルクーとエスパーダの声を担当した関智一と木村昴からのコメントが紹介され、関は「『シティーハンター』大好きっ子でしたので、「遂にお呼びがかかった!ありがとうございます!!」という気持ちでした。収録では神谷さんや伊倉さんとご一緒することができました。これまでも何度かご一緒することはあったのですが、やはり『シティーハンター』でご一緒出来ることがうれしくて。台本にサインを貰ってしまう程でした(笑)何年演じていても変わらない、むしろ更にカッコよくなっている冴羽獠やかわいくなっている槇村香に驚きました。

 
今まで以上のスケール感とスピーディーな物語に仕上がっていると思います。原作好きの方には遂に!お待たせしましたというような内容になっています。是非劇場でお待ちしております。」とコメントを寄せ、

木村は「前作、劇場版『シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』も勿論映画館で拝見していたので、とても嬉しかったです。『シティーハンター』と言えば日本のアニメ界では誰もが知っているタイトル。そこに(コンビ歴18年の)関さんと揃って出演出来るなんて、ミーハー心がうずきました。神谷さんや伊倉さんとご一緒に収録に臨めると聞いて「熱い!」と思っていたものの、長年この作品にかかわっているお二人から、“なんか違うな”といわれてしまったらどうしようと…変な妄想が広がっていたのですがとてもやさしく迎え入れていただきました。『シティーハンター』が大好きな方には勿論満足していただける、最高に熱い物語になっています。そしてまだこのシリーズを見たことが無い方にも、是非見ていただけたらと思っています。」と作品愛を伝えた。

 
イベントの終盤には、『シティーハンター』の代名詞ともいえるエンディングテーマ『Get Wild』を歌うTM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)がこのシティーハンター怒涛の〈解禁祭り〉に揃って登場!予告にも使用されている新たな書下しオープニングテーマ『Whatever Comes』について、小室は「エンディングテーマが最初で、1987年だったんですけど、そこから随分年月が経って、念願のオープニングテーマ、エンディングテーマの両方をTM NETWORKでできたということが最高です。ありがとうございます。うれしいしかない。本当に念願なんですから、やりたかったんです、ずっと」と喜びを膨らませた。

楽曲制作について、こだま総監督は「それほど難しい注文はしていないんですが、オープニングはどちらかというと明るいものを、クライマックスは冴羽獠の決断を促すような音楽をお願いしたいと言いました。何年も曲を作って頂いている方たちなので、いつもイメージ以上のものをいつももらえるので」と明かし、そのリクエストを受けた小室は「こだま総監督に直接対面で頂いたんですが、リクエストが少ないほど難しいんですよね。可能性も広いですし。僕たちにとって、『Get Wild』という最大のライバルがエンディングにいますので、作品のイメージもありますけど『Get Wild』に負けないようなオープニングをというイメージで作りました」と明かし、続けて「(作品のイメージは)オンタイムで、今の時代を共に生きているイメージです。90年代風にとか意識はなく、新しいものをと思って作りました。なので、今回二人にも新しいことをトライしてもらいました」と楽曲制作の裏側を語った。

それを受けた宇都宮は「今までは歌う際のマイクの位置がだいたい決まっていたんですが、今回は特別な注文がありまして、マイクの位置がこの辺(おでこのあたり)になりました」とジェスチャーで見せると、小室が「宇都宮さんは40年近く、ずっと同じマイクの位置だったんですけど、今回は特別に目の前に入ってくる感じでとお願いしました」と明かした。また木根は「僕はもういつものように、歌った歌に寄り添って。50年くらい寄り添っています」と会場を笑わせた。

『Get Wild』について聞かれた神谷は「『Get Wild』と言えば『シティーハンター』から生まれたエンディング。僕の体には『Get Wild』は染み込んでおりまして、今回もリハーサルの映像を頂きまして、新しい曲など数曲あったんですけど、『Get Wild』のイントロが流れてきたタイミングで泣きそうになりました。すごい曲ですね。そういう素晴らしい曲をプレゼントしていただいた『シティーハンター』の幸せを感じました」とコメントを贈った。

また本作の制作チームによって作られた新宿の夜景を背負い『シティーハンター』の世界に完全に融合したTM NETWORKのアーティスト写真も公開され、『シティーハンター』についての思いを聞かれた小室は「半分くらい冗談ですけど、僕たち一発屋じゃないよねといつも言っています…」と笑いつつ、「とはいえ、TM NETWORKの代表作といえば『Get Wild』。代表作があるということはうれしいことなんですけど、ここまで長くみなさんに聞いていただけるとは夢にも思っていなかったです」と率直な感想を寄せ、宇都宮は「最初にエンディングでかかった瞬間、僕の声だ!という感動がすごくて、毎週毎週楽しみにしていました」と嬉しそうに明かし、木根は「もう何十年スタッフさんや声優さん、ファンの方と僕たちと、ずっと一緒に進んで来られたことがすごく光栄ですし、感謝です」と締めた。

そしてこの日、オープニングテーマ「Whatever Comes」、エンディングテーマ「Get Wild」の他に、6月14日リリースのアルバム『DEVOTION』から「DEVOTION」と「君の空を見ている」の2曲と、未発表の曲も挿入歌として使われる事も合わせて発表され、怒涛の情報解禁と、レジェンドたちの饗宴で終始盛り上がりを見せ、イベントは終了した。

 
8月8日(火)に、待望の本作を一足先に観られる全国一斉試写会が開催決定。TOHOシネマズ新宿では、舞台挨拶付きの試写会となり、スタッフ&キャストの熱い想いを感じながら本作を観られる貴重なチャンス。詳細は公式サイト(https://cp.cinecon.jp/cityhunter/)にてご確認を。

 
TM NETWORK最新作「DEVOTION」特設ページ
https://www.110107.com/TMNETWORK

TM NETWORK official website「fanksintelligence.com」
https://fanksintelligence.com/

第2弾特典付きムビチケカード 販売決定

7月7日(金)より上映劇場にて販売開始
https://cityhunter-movie.com/theater/

【特典】特製ピンバッジ
素材:亜鉛合金・真鍮
サイズ:25㎜×45㎜(ピンバッジのみ)

 

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』作品情報

9月8日(金)全国公開!

 

イントロダクション

逃れられない因縁が冴羽獠(シティーハンター)に突きつけられた時、最終章の幕が上がる!

1985年、『週刊少年ジャンプ』にて北条司が連載を開始した『シティーハンター』。単行本の累計発行部数は5,000万部を超え、TVアニメシリーズから約20年ぶりの復活となった2019年公開の『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』は観客動員100万人を超えるヒットを記録した。

そして、待望の劇場版アニメ最新作が2023年9月8日に公開決定!

投与した者を超人兵士へと変える闇のテクノロジー「エンジェルダスト」。その最新型を手に入れようと東京に現れる暗殺者たち。かつて獠のパートナー槇村秀幸の命を奪った禁断の発明をめぐる争いは獠と香を宿命の闘いへと導く…!

制作はアニメシリーズを歴任してきたサンライズに加え、映画『すずめの戸締まり』の制作にも携わったアンサー・スタジオを迎えた強力タッグ。前作に引き続き、TVシリーズ初代監督・こだま兼嗣が総監督としてスタッフ陣を牽引していく。脚本は初参加のむとうやすゆき(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』脚本、『東京リベンジャーズ』シリーズ構成)が務める。

声優陣は冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵を筆頭にオリジナルキャストが再集結!

さらに、依頼人・アンジー役はフランス版実写映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』で香の吹き替えを担当した沢城みゆき。獠を狙う組織の傭兵・ピラルクー役に関智一、その相棒・エスパーダ役に木村昴。獠の過去を知る男・海原神役は堀内賢雄が演じる。

そして、エンディングテーマに欠かせない『Get Wild』に加え、TM NETWORKが本作のために書き下ろした新曲『Whatever Comes』がオープニングテーマに決定!
『シティーハンター』の最終章をより鮮やかに彩っていく。

-冴羽獠の宿命の対決が始まる!-

 

キャスト

冴羽獠:神谷明
槇村香:伊倉一恵
槇村秀幸:田中秀幸
野上冴子:一龍斎春水
海坊主:玄田哲章
美樹:小山茉美
来生瞳:戸田恵子
来生泪:深見梨加
来生愛:坂本千夏
ピラルクー:関智一
エスパーダ:木村昴
アンジー:沢城みゆき
海原神:堀内賢雄

 

スタッフ

原作:北条司
総監督:こだま兼嗣
監督:竹内一義
脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:高橋久美子、北澤精吾
美術:谷口淳一
色彩設計:久力志保
CG監督:五島卓二
撮影監督:齋藤真次
編集:今井大介
音楽:岩﨑琢
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
制作:サンライズ、アンサー・スタジオ
配給:アニプレックス

 
公式サイト:http://cityhunter-movie.com/
公式Twitter:https://twitter.com/cityhuntermovie

 

関連記事
劇場版シティーハンター 天使の涙
冴羽獠は裏社会ナンバーワンの実力を持つ始末屋(スイーパー)“シティーハンター”。新宿を拠点にパートナーの槇村香と様々な依頼を受けている。新たな依頼人は動画制作者・アンジー。その依頼は…何と逃げた猫探し!獠はアンジーの美貌に、香は高額の報酬に胸を躍らせる。警視庁の野上冴子は海坊主と美樹の協力を得てバイオ企業ゾルティック社の発明について捜査する。それは謎の組織の依頼で作られた戦場の兵士を超人化する闇のテクノロジーで、かつて獠を蝕み、パートナー槇村秀幸を死に追いやった「エンジェルダスト」の最新型だった。猫探しに奔走する中、アンジーの命が狙われる。依頼の真意を語ろうとしないアンジーは動画に映る獠を見つめ、ひとり呟く。「これがあなたの『最高傑作』なのですか?」「エンジェルダスト」を求めて現れる暗殺者たち。壮絶な戦いに巻き込まれていく獠たちを遠く見つめる男。それは獠の育ての親・海原神――海原がその銃口を定める時、宿命の対決が始まる!作品名劇場版シティーハンター天使の涙放送形態劇場版アニメシリーズシティーハンタースケジュール2023年9月8日(金)キャスト冴羽獠:神谷明槇村香:伊倉一恵野上冴子:一龍斎春水海坊主:玄田哲章美樹:小山...
(C)北条司/コアミックス・「2023 劇場版シティーハンター」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

劇場版シティーハンター 天使の涙の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング