アニメ
「『吸血鬼すぐ死ぬ2』スペシャ”ヌ”イベント」昼公演レポート

「TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ2』スペシャ”ヌ”イベント~フロム シンヨコ トゥ シンジュク~」昼公演レポート|あの“伝説のクソゲー”に声優陣が挑戦!? オリジナル吸血鬼考案コーナーでは吸血鬼「犬しか勝たん」が爆誕!!

秋田書店「週刊少年チャンピオン」にて連載中の、盆ノ木至先生による漫画『吸血鬼すぐ死ぬ』。

タイトル通りにすぐ死ぬ(すぐ復活する)吸血鬼ドラルクと、苦労人気質な吸血鬼退治人(バンパイアハンター)ロナルド、そして彼らを取り巻く人々のドタバタな日常を描いた“ハイテンション吸血鬼ギャグ”作品です。

2023年1月~3月にかけて放送されたTVアニメ第2期『吸血鬼すぐ死ぬ2』のイベント「スペシャ”ヌ”イベント~フロム シンヨコ トゥ シンジュク~」が2023年6月11日(日)に開催されました。

本イベントには、ドラルク役・福山 潤さん、ロナルド役・古川 慎さん、ジョン役・田村睦心さん、ヒナイチ役・日岡なつみさん、Y談おじさん役・井上和彦さん、ゴウセツ役・稲田 徹さんが登壇。アニメの振り返りや、名シーンの生アフレコ、ハプニングだらけのゲームコーナーなどで、本編同様、ファンを存分に沸かせました。

本稿では、昼公演の模様をお届けします!

関連記事
吸血鬼すぐ死ぬ2
シンヨコナイトリターンズ!ひょんなことからコンビを組むことになった吸血鬼退治人(バンパイアハンター)ロナルドと超絶ザコ吸血鬼ドラルク、そして、愛すべきアルマジロのジョン。夜な夜な繰り広げられるギャグラッシュにオータム書店の新たな刺客が参戦し、おなじみのバカと変態たちも大暴れ、ドラルクは変わらず塵と化す!トンデモ吸血鬼蔓延る新横浜の平和と秩序を守れるのか、ロナルド?!作品名吸血鬼すぐ死ぬ2放送形態TVアニメシリーズ吸血鬼すぐ死ぬスケジュール2023年1月9日(月)〜2023年3月27日(月)TOKYOMX・BS11ほか話数全12話キャストドラルク:福山潤ロナルド:古川慎ジョン:田村睦心ヒナイチ:日岡なつみ半田桃:松岡禎丞サテツ:細谷佳正ショット:田丸篤志マリア:日笠陽子ター・チャン:石原夏織メドキ:酒井広大ショーカ:間島淳司ヒヨシ:小野大輔サギョウ:西山宏太朗フクマ:土岐隼一サンズ:伊瀬茉莉也下半身透明:島﨑信長ミカヅキ:村瀬歩ドラウス:速水奨スタッフ原作:盆ノ木至(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)監督:神志那弘志シリーズ構成・脚本:鷹目利キャラクターデザイン・総作画監督:中野繭子副監督:川野麻美色彩設計:今野成美美術監督:吉田ひと...

原作者・盆ノ木至先生のお気に入りのシーンとは?

イベントはドラルクのナレーションからスタート。会場に集まった、そして配信を見ている大勢のファンに向けて、興奮気味に今回のイベントの気合の入りようを説明していきます。ジョンの「ヌ」を拝借し名付けられた、イベントタイトルのこだわりなどを矢継ぎ早に説明していると……「前説が長え! 死ね!」とロナルドの怒声が。「スナァ~!」とドラルクの断末魔が響き渡り、ファンの笑いを誘って、華々しく(?)イベントの幕が上がるのでした。

続けて、OPテーマ「NEW DRAMA PARADISE」に合わせて、手拍子をしながら楽しげな雰囲気で声優陣がステージに登場。

イベントのMCを務める稲田さんから挨拶していく中で、(マスク着用のうえで)ファンが声を出していいことが伝えられます。すかさず、井上さんが「いい声、待ってるよ」とファンをあおると、客席から大きなレスポンスが。

早くも会場が温まったところで、最初のコーナー「スタッフが選ぶ、お気に入りシーンベスト3」へ移ります。

こちらは、スタッフが第1期、第2期のお気に入りのシーンを紹介するというもの。昼公演の選者は原作者・盆ノ木至先生です。

1つ目のシーンは、第1期 第1話「退治人(ハンター)来たりて空を跳ぶ」より、ドラルクがロナルドに詰め寄るシーン。第1話は収録時点で映像がほぼフルカラーだったそうで、作品の雰囲気やテンポを理解するうえで大きな助けになったと福山さんが振り返ります。

田村さんはロナルドの「おじさんのアナログスティックでプレイしようね」のアクセントが好きだとコメント。狙ったわけではなく、偶然そうなったという古川さんの返答に、会場からも驚きの声が上がりました。

続いては、第1期 第8話「キッドナップ・エレジー」より、辻斬りナギリの優しさが垣間見えるシーン。そこから「ナギリ役:関 俊彦さん」のような、本作のインパクト抜群なキャスティングの話題に。

井上さんがY談おじさん役だと知ったときは、声優陣も大きな衝撃を受けたようで、福山さんは「次週の台本をもらったとき、スタジオが揺れましたから」と形容し、笑いを誘いました。

最後は、第2期 第9話「夢の国BBOLAND」より、武々夫の雑な理想の世界のシーン。盆ノ木先生は「アシスタントが入ってない背景が再現されている」と原作再現度の高さに触れつつ、アニメのサイケデリックな表現を絶賛。福山さんは、武々夫の父親である「ヴァミマ」の店長のヤバさにも言及し、まだまだ謎の多い武々夫たちについて妄想トークを繰り広げました。

さらに、番外編として、プロデューサーチョイスのシーンも。第1期 第10話のラストに流れた、第11話「シンヨコ・バトル・ロYヤル」のかっこいいウソ予告が選ばれました。第11話の内容を知った状態で、改めて映像を見ている客席からも思わず笑い声が。その後も、各シーンについての感想トークを繰り広げ、最初のコーナーを締めくくりました。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング