映画
『アリスとテレスのまぼろし工場』上田麗奈インタビュー

『アリスとテレスのまぼろし工場』佐上睦実役・上田麗奈さんインタビュー|「どこか怖さと色気を感じさせる物語だと思っています」

 

好きだからこそ「痛い」という感情を強烈に浴びることができる

――正宗と五実を演じる榎木さんと久野さんのお芝居の印象はいかがでしたか?

上田:ふたりともパワーのある役者さんなので、感情を爆発させる時のお芝居にはひとりの視聴者として胸が震えました。そんなふたりと睦実として掛け合うって、本当に苦しかったんですよ。

睦実を演じる私自身が、正宗と五実との温度差に耐えられなくなってしまったぐらいで。一歩間違えれば同じ熱量で「私も好きだよ」って気持ちをを返してしまいたくなる。けれど睦実は好きじゃないという風に振る舞わないといけないので、本当に辛かったです。

でもそれはふたりのお芝居に本当にパワーがあるからで、だからこそここまで苦しくなれたし、作品としてもいい意味で三角関係が生まれたんじゃないかって思っています。

――あんなに切実にこられたら絆されるのも無理はないですよね……。

上田:本当ですよね。あんなに感情を爆発させてずるいなって思っていました(笑)。

――この流れで収録時に印象に残ったエピソードもお願いします。

上田:多分みんな言うと思うのですが、向かい合って収録したのは衝撃的だったと思います。安見役の藤井ゆきよさんが面白すぎるからとみんなの集合写真を撮影してくれたくらいで、その場にいた全員がこんなの初めてって思っていたんじゃないかなと。

私からは台本と画面越しに、榎木さんの姿が真正面から見えるんです。まるで正宗と睦実かのように私は榎木さんと向き合っている状態で、そのふたりを見つめるようなちょうど三角形ができる位置に五実役の美咲ちゃんがいる形で収録しました。それが本作の一番の山場といえるシーンだったのですが、今から思うとかなり効果があったと思います。向かい合うことで相手の存在を感じるといえばいいのでしょうか。

 
相手の存在を感じるからこそのお芝居を、榎木さんがしてくださったんです。だからそんな正宗につられて、睦実も気持ちを抑えなければと思っていたのにどんどん絆されてしまう。その感じがより強く出たなと思っています。

そして、そんなふたりのやり取りを見ていた美咲ちゃん演じる五実の叫びが、もう聴いている方も苦しくなるくらいで。本当にとてもいいテイクが録れたし、だからこそ一番印象に残っています。

――収録時にスタッフ陣からのディレクションで印象に残っているものはありますか?

上田:終盤のあるシーンで(※岡田)麿里さんが、テストを聴いて「すごい泣いちゃった」とおっしゃったんです。けれどその上で「もう一回収録していい?」と言われまして。テストでは優しく諭すかのようなお芝居にしていたのですが、麿里さんから諸々ディレクションをいただいてからは、五実に対する睦実の覚悟とか、そういったものがお芝居に現れるよう何度もリテイクを重ねました。演じているといっぱいいっぱいになってどうしようかと悩むこともありましたが、それだけ睦実が五実に対して抱いている感情と、その上での立ち振る舞いのバランスが難しかったんです。求めているものに対して妥協せず、時間をかけて「もう一回やってみよう」と言ってくださったことが本当に嬉しかったです。

――最後に本作へ期待しているファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

上田:決して爽やかではないひりついた青春の中で、胸が苦しくなったり、共感したり、応援したくなったり、色々な気持ちが生まれると思います。

私はこの作品を通じて、恋って良いなと思いました。睦実は恋と愛、どちらにも触れているキャラクターだと思うのですが、私自身は年齢を重ねるごとに愛のほうが馴染みがあると思うようになってきていて。そんなタイミングのこの作品で14歳の恋に触れてしまったので、その爆発力や強烈なパワーに惹かれて、良いなって思わされました。

好きだからこそ痛いっていう感情を強烈に浴びることができる作品だと思うので、ぜひスクリーンという没入感たっぷりの状態でこの痛みに触れていただきたいです。

また、何度も見返すことで細かい発見が増えていく作品だとも思います。考察も捗る作品ですので、その辺りも含めて楽しんでもらえたら嬉しいです。

これまでのインタビュー

関連記事
『アリスとテレスのまぼろし工場』菊入正宗役・榎木淳弥さんインタビュー|「エネルギーをすごく感じる熱い話」
2023年9月15日公開、スタジオMAPPA初のオリジナル劇場アニメーション『アリスとテレスのまぼろし工場』。本作の舞台は、製鉄所の爆発事故によって時が止まってしまった町。そんな中で鬱屈とした日々を過ごしている菊入正宗(演:榎木淳弥)が、謎めいた同級生・佐上睦実(演:上田麗奈)と野生の狼のような少女・五実(演:久野美咲)と出会うことで、世界の均衡が崩壊していく物語だ。今回は、本作の主人公・菊入正宗を演じる榎木淳弥にインタビューを実施。作品やキャラクターの印象についてはもちろん、中学生時代のこと、キャッチコピー<恋する衝動>にちなみ「衝動的になること」などを聞いた。生々しさもありながら、熱い話でもある――まずはじめに、岡田麿里監督の作品に対する印象からお聞かせください。菊入正宗役・榎木淳弥さん(以下、榎木):大学時代に『あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)』を見ていたり、声優になってからは『心が叫びたがってるんだ。』に少し出させていただいたりしていた中での印象としては、人の見たくない部分が描かれた作品が多いなと思っていました。キャラクターたちはかわいかったりカッコよかったりするのに、物語の内容自体はドロっと...

 

『アリスとテレスのまぼろし工場』作品情報

アリスとテレスのまぼろし工場

あらすじ

突然起こった製鉄所の爆発事故により全ての出口を失い、時まで止まってしまった町で暮らす中学三年生の正宗。いつか元に戻れるように、住人たちは変化を禁じられ鬱屈した日々を過ごす中、謎めいた同級生の睦実に導かれ、製鉄所の第五高炉へと足を踏み入れる。そこにいたのは喋ることのできない、野生の狼のような少女―。二人の少女と正宗との出会いが世界の均衡を崩していき、日常に飽きた少年少女たちの、止められない<恋する衝動>が世界を壊し始める―。

キャスト

菊入正宗:榎木淳弥
佐上睦実:上田麗奈
五実:久野美咲
笹倉大輔:八代拓
新田篤史:畠中祐
仙波康成:小林大紀
園部裕子:齋藤彩夏
原陽菜:河瀬茉希
安見玲奈:藤井ゆきよ
佐上衛:佐藤せつじ
菊入昭宗:瀬戸康史
菊入時宗:林遣都

(C)新見伏製鐵保存会
関連記事
アリスとテレスのまぼろし工場
突然起こった製鉄所の爆発事故により全ての出口を失い、時まで止まってしまった町で暮らす中学三年生の正宗。いつか元に戻れるように、住人たちは変化を禁じられ鬱屈した日々を過ごす中、謎めいた同級生の睦実に導かれ、製鉄所の第五高炉へと足を踏み入れる。そこにいたのは喋ることのできない、野生の狼のような少女―。二人の少女と正宗との出会いが世界の均衡を崩していき、日常に飽きた少年少女たちの、止められない<恋する衝動>が世界を壊し始める―。作品名アリスとテレスのまぼろし工場放送形態劇場版アニメスケジュール2023年9月15日(金)キャスト菊入正宗:榎木淳弥佐上睦実:上田麗奈五実:久野美咲笹倉大輔:八代拓新田篤史:畠中祐仙波康成:小林大紀園部裕子:齋藤彩夏原陽菜:河瀬茉希安見玲奈:藤井ゆきよ佐上衛:佐藤せつじ菊入昭宗:瀬戸康史菊入時宗:林遣都スタッフ原作・脚本・監督:岡田麿里副監督:平松禎史キャラクターデザイン:石井百合子美術監督:東地和生音楽:横山克制作:MAPPA配給:ワーナー・ブラザース映画 MAPPA主題歌「心音」中島みゆきアニメイト通販での購入はこちら公開開始年&季節2023アニメ映画(C)新見伏製鐵保存会『アリスとテレスのまぼろし工場』公...

拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ガンダムシリーズをはじめとするロボットアニメやTYPE-MOONを主に追いかけている。そして、10代からゲームセンター通いを続ける「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」おじ勢。 ライトノベル原作や美少女ゲーム、格闘ゲームなども大好物。最近だと『ダイの大冒険』、『うたわれるもの』、劇場版『G-レコ』、劇場版『ピンドラ』がイチオシです。

この記事をかいた人

胃の上心臓
拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ロボットアニメ作品やTYPE-MOONの作品を主に追いかけている。

担当記事

関連記事
TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』シリーズディレクター・唐澤和也さん&プロデューサー・内藤圭祐さんが語る、ダイたちと走り抜けた1年間と2年目への意気込み/インタビュー
日本が誇る国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズを基に、1989年~1996年にかけ「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画『ドラゴンクエストダイの大冒険』(原作:三条陸・作画:稲田浩司)。本作の新アニメ化作品として2020年10月から放送されているTVアニメが2年目へ突入し、いよいよ物語も佳境に差し掛かりました。そんな今が熱い『ダイの大冒険』ですが、アニメイトタイムズではこの機会にシリーズディレクターを務める唐澤和也さんと、東映アニメーションのプロデューサー・内藤圭祐さんへのインタビューを実施。おふたりには『ダイの大冒険』という作品との出会いから制作の上での苦労、一部ファンの間で話題になったネタや、アフレコ時の声優さん方とのエピソードまで根掘り葉掘り様々な事を伺いました。往年のファンから今後に期待しているアニメ初見の方々まで、必見の内容です。ぜひダイやポップらアバンの使徒たちのこれまでの冒険を本インタビューで振り返り、これから先の物語に想いを馳せてみてくださいね! 『ダイの大冒険』が大好きな人たちの、こだわりと熱意が柱に――アニメイトタイムズでは『ダイの大冒険』に関するインタビューは初めてになりますので、まずは再アニメ化が決まっ...
関連記事
劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』安野希世乃さん、大西沙織さん、茅野愛衣さんインタビュー|ついに完結を迎えるアニメ『冴えカノ』と演じるキャラクターへの想いとは
2度のTVアニメ化を果たした人気作『冴えない彼女の育てかた(以下、冴えカノ)』が、2019年10月26日より公開される劇場版『冴えない彼女の育てかたFine』で、ついにクライマックスを迎えます。TVアニメ第2期『冴えない彼女の育てかた♭』では、主人公・安芸倫也のゲーム制作サークル“blessingsoftware”の別れと再出発が描かれ、新たな希望と非常にもどかしい気持ちで終了しました。劇場版は、その物語の続き。原作が刊行されたのが2012年、TVアニメがスタートしたのが2015年ということで、感慨深い想いをいだいているファンのみなさんも多いことでしょう。それはキャラクターを演じたキャスト陣も同じ。アニメイトタイムズでは、加藤恵役の安野希世乃さん、澤村・スペンサー・英梨々役の大西沙織さん、霞ヶ丘詩羽役の茅野愛衣さんらヒロイン声優陣にインタビューを実施しました。劇場版で少し関係性の変わったキャラクター同士の掛け合いについてや、それを演じてみた感想、そして作品の完結まで関わっての思い出話など、気になるポイントを余すところなく伺いました。大西さんと茅野さんが語る劇場版での英梨々と詩羽の関係性や、安野さんが演じたかったシーンと一番見たかったシーンとは……?『冴え...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』オシュトル(ハク)役・利根健太朗さんインタビュー|藤原啓治さんから引き継いだ大役にプレッシャー。研究を重ねた末に見出した“ハクらしさ”とは
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、オシュトル(ハク)役の声優・利根健太朗さんへのインタビューを実施!利根さんが今作で演じるハクは、2020年に逝去された藤原啓治さんから引き継いだキャラクター。本稿では、役を引き継ぐまでの経緯や演じる際に気を付けていることなどを伺いました。オシュトル/ウコン役もオーディション時から藤原さんに寄せるというオーダーが!?――遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。オシュトル(ハク)役・利根健太朗さん(以下、利根):やると決まった時は驚きましたね。やはり前作『偽りの仮面』から月日が経ってしまいましたし、ここまでにたくさんの困難に見舞われたので、本当にアニメ化するのだろうか?と不安がありました。だから、今回から僕がハクを演じることになってプレッシャーを感じることや、素直に喜べない複雑な思いがあるのは間違いないのですが、満を持してのアニメ化なので非常に嬉しい気持ちです。 ――前作であるアニメ『偽りの仮面...
もっと見る
関連記事
「TVアニメ『からかい上手の高木さん』クリスマスイヴイヴイヴライブ ~あたため上手の高木サンタ~」【夜の部】レポート|高橋李依さんと大原ゆい子さんがこの時期にピッタリな楽曲をお届け!
山本崇一朗先生の漫画を原作として、第2期まで放送されたTVアニメ『からかい上手の高木さん』。本作のライブイベント「クリスマスイヴイヴイヴライブ~あたため上手の高木サンタ~」が、2019年12月22日(日)によみうりランド日テレらんらんホールで行われました。イベントには本作のヒロインである高木さんを演じる声優の高橋李依さんに加え、シリーズ主題歌アーティスト・大原ゆい子さんが登壇。第1期&2期のオープニング主題歌はもちろんのこと、“エンディングで高木さんが歌うJ-POPカバー曲”も披露。また今回は“クリスマスイヴイヴイヴ”ということで、この時期にピッタリなクリスマスソングも聴くことができました。本稿ではこのイベントの模様をお届けします。  「手を繋いだら勝ちでいい」このイベントで西片はその条件を満たせるか!?ライブのオープニング映像が流れると、観客のみなさんに立ってもらうようスクリーンに“standup”の指示が。もちろんこれを受けて会場に集まったファンのみなさんは立ち上がり、手拍子で盛り上げていきます。そうして1曲目は高橋さんが登場すると、いきものがかりの名曲「気まぐれロマンティック」を披露! この楽曲ではキーボードを大原さんが担当しており...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』クオン役・種田梨沙さんインタビュー|「ファンのみなさんが見たかった部分は全て大切に描いています」
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、クオン役の声優・種田梨沙さんへのインタビューを実施!今作では、主人公のハク役を亡くなられた藤原啓治さんから利根健太朗さんが引き継いで演じられます。種田さんには、そんな利根さん演じるハクと掛け合ってみた感想や収録時のエピソードも伺いました。ゲームからの『うたわれるもの』ファンのみなさんはもちろん、アニメ『偽りの仮面』の再放送から注目している方もぜひアニメ『二人の白皇』の魅力の一端をチェックしてみてくださいね! クオンを演じる上で大切にしているのは芯の強さ――前作『偽りの仮面』のアニメから7年、ゲーム『二人の白皇』からも6年が経ちました。遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。クオン役・種田梨沙さん(以下、種田):ありがたいことに、アニメ『偽りの仮面』やゲーム『二人の白皇』以降も本編以外のゲームなどでクオンを演じさせていただく機会は多かったので、そんなに『うたわれるもの』という作品から離れて...
(C)新見伏製鐵保存会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アリスとテレスのまぼろし工場の関連画像集

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング