映画
『アリスとテレスのまぼろし工場』榎木淳弥インタビュー

『アリスとテレスのまぼろし工場』菊入正宗役・榎木淳弥さんインタビュー|「エネルギーをすごく感じる熱い話」

2023年9月15日公開、スタジオMAPPA初のオリジナル劇場アニメーション『アリスとテレスのまぼろし工場』。

本作の舞台は、製鉄所の爆発事故によって時が止まってしまった町。そんな中で鬱屈とした日々を過ごしている菊入正宗(演:榎木淳弥)が、謎めいた同級生・佐上睦実(演:上田麗奈)と野生の狼のような少女・五実(演:久野美咲)と出会うことで、世界の均衡が崩壊していく物語だ。

今回は、本作の主人公・菊入正宗を演じる榎木淳弥にインタビューを実施。作品やキャラクターの印象についてはもちろん、中学生時代のこと、キャッチコピー<恋する衝動>にちなみ「衝動的になること」などを聞いた。

関連記事
アリスとテレスのまぼろし工場
突然起こった製鉄所の爆発事故により全ての出口を失い、時まで止まってしまった町で暮らす中学三年生の正宗。いつか元に戻れるように、住人たちは変化を禁じられ鬱屈した日々を過ごす中、謎めいた同級生の睦実に導かれ、製鉄所の第五高炉へと足を踏み入れる。そこにいたのは喋ることのできない、野生の狼のような少女―。二人の少女と正宗との出会いが世界の均衡を崩していき、日常に飽きた少年少女たちの、止められない<恋する衝動>が世界を壊し始める―。作品名アリスとテレスのまぼろし工場放送形態劇場版アニメスケジュール2023年9月15日(金)キャスト菊入正宗:榎木淳弥佐上睦実:上田麗奈五実:久野美咲笹倉大輔:八代拓新田篤史:畠中祐仙波康成:小林大紀園部裕子:齋藤彩夏原陽菜:河瀬茉希安見玲奈:藤井ゆきよ佐上衛:佐藤せつじ菊入昭宗:瀬戸康史菊入時宗:林遣都スタッフ原作・脚本・監督:岡田麿里副監督:平松禎史キャラクターデザイン:石井百合子美術監督:東地和生音楽:横山克制作:MAPPA配給:ワーナー・ブラザース映画 MAPPA主題歌「心音」中島みゆきアニメイト通販での購入はこちら公開開始年&季節2023アニメ映画(C)新見伏製鐵保存会『アリスとテレスのまぼろし工場』公...

生々しさもありながら、熱い話でもある

――まずはじめに、岡田麿里監督の作品に対する印象からお聞かせください。

菊入正宗役・榎木淳弥さん(以下、榎木):大学時代に『あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)』を見ていたり、声優になってからは『心が叫びたがってるんだ。』に少し出させていただいたりしていた中での印象としては、人の見たくない部分が描かれた作品が多いなと思っていました。キャラクターたちはかわいかったりカッコよかったりするのに、物語の内容自体はドロっと生々しいなと。

――『アリスとテレス』もまさに生々しさのある少年少女たちの物語かと思うのですが、台本をご覧になった際は率直にどのような印象を抱きましたか?

榎木:難しい物語だと思いました。1回読んだだけでは全容を掴みきれませんでした。ですが、読み返していくうちに、キャラクターたちが求めているものへ向かっていくエネルギーをすごく感じて、熱い話だなと感じましたね。
演じる上でもそういう熱さを感じるシーンでは、強く出していくように演じたいと考えました。

――榎木さん演じる菊入正宗についてはいかがでしたか?

榎木:時が止まっていて変化が許されない世界観なので、「大人になりたい」「成長したい」とかそういう「先に進みたいけど進めない」ことに対するイラつきやちょっとした諦めなど、マイナスな感情が渦巻いているキャラクターだと思いました。マイナスな感情がすごく表に出ているので、素直なキャラクターでもあるなと。

――本作のように「変化が悪」の世界で生きなければいけなくなったら、榎木さんはどう行動すると思いますか?

榎木:飽きやすいので変化があった方が飽きなくていいなと思うのですが、もし仮に自分がこの世界に入るとなったら10年くらいは楽しいかもしれないなと。正宗の年齢であれば将来の心配もないし、とりあえず疲れないようにダラダラ生きようと思うかも(笑)。これがもっと高齢だと永遠に変わらないのはちょっとつらいと思いますけどね。とはいえ、10年後には飽きて疲れているだろうから、現状を変えたいと思うような気がします。

「どうやったら自然に語れるんだろう」

――『MAPPA STAGE 2023』で、本作について「こんなにアフレコで疲れたのは初めてなんじゃないかってぐらい、疲労困憊になりながら録った作品」とお話されていました。どんなアフレコ現場だったのでしょうか。

榎木:「どうしてこれを言うんだろう」と考えても分からないところが多かったんですよね。というのも、モノローグとは別に語りのシーンがあって。例えば、「菊入正宗は、佐上睦実が嫌い」と自己確認のセリフとか。日常生活を送っている上でそういうのを語ることってないじゃないですか。なので、「どうやったら自然に語れるんだろう」と考えながら演じるのはなかなか大変でしたね。

――榎木さんの中で「自然と語ること」への答えは出たのでしょうか?

榎木:作中に学校で「自分確認票」というシートを書くシーンがあるのですが、そのシーンの時に「菊入正宗、14歳」と心の中で唱えているんですよね。それは自分にも思い当たる節があるなと。そうやって「どういうシチュエーションなら、心の声で語りかけることがあるのかな」と考えました。声に出せない胸の内や頭の中を言語化していく感覚ですね。

――では、演じる上で印象的なディレクションはありましたか?

榎木:オーディションの時から「あんまり綺麗に演技しないでね」と言われていたので、それは意識していました。事前にいろいろ考えはするのですが、アフレコ本番ではあまり「絶対にこうやろう」と決めつけずに、「どうなってもいいや」くらいの気持ちで臨みました。

――今作では、睦実役の上田さんと五実役の久野さんとアフレコをしたとのこと。コロナ禍では分散収録だったかと思いますが、掛け合いで収録されることへ改めて感じた醍醐味を教えてください。

榎木:相手のセリフに反応してセリフを言えるところですね。やっぱり相手役がいないのは、特殊な技術が求められるので難しいんですよ。会話の間とかを自分で考えて演じなければいけないから、頭を使い過ぎて心がだんだん動きにくくなる。なので、相手は絶対にいた方がいいと思います。


 

(C)新見伏製鐵保存会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング