映画
『アリスとテレスのまぼろし工場』岡田麿里監督インタビュー

『アリスとテレスのまぼろし工場』岡田麿里監督インタビュー|「キャラクターたちの感情と設定が重なるようにしたいと思っていました」

9月15日(金)より、MAPPA制作のアニメ―ション映画『アリスとテレスのまぼろし工場』(以下、本作)が全国の映画館で公開となりました。

本作は2018年に公開された『さよならの朝に約束の花をかざろう』で監督デビューを果たした岡田麿里さんの最新作。見伏という町に閉じ込められ、14歳のまま、時まで止まってしまった少年少女たちが、未来へともがいていく物語を描いています。

映画公開から話題になっている本作について、岡田監督へのインタビューを実施。今回は前作『さよならの朝に約束の花をかざろう』に続いて監督を務めることを決意したきっかけや、五実役・久野美咲を当初から当て書きしていたことなど作品に関する裏話を中心にお話を伺っています。

また、岡田さんの作品の魅力のひとつとなっている、男女の恋愛描写についてのこだわりも必読です。


 
関連記事
アリスとテレスのまぼろし工場
突然起こった製鉄所の爆発事故により全ての出口を失い、時まで止まってしまった町で暮らす中学三年生の正宗。いつか元に戻れるように、住人たちは変化を禁じられ鬱屈した日々を過ごす中、謎めいた同級生の睦実に導かれ、製鉄所の第五高炉へと足を踏み入れる。そこにいたのは喋ることのできない、野生の狼のような少女―。二人の少女と正宗との出会いが世界の均衡を崩していき、日常に飽きた少年少女たちの、止められない<恋する衝動>が世界を壊し始める―。作品名アリスとテレスのまぼろし工場放送形態劇場版アニメスケジュール2023年9月15日(金)キャスト菊入正宗:榎木淳弥佐上睦実:上田麗奈五実:久野美咲笹倉大輔:八代拓新田篤史:畠中祐仙波康成:小林大紀園部裕子:齋藤彩夏原陽菜:河瀬茉希安見玲奈:藤井ゆきよ佐上衛:佐藤せつじ菊入昭宗:瀬戸康史菊入時宗:林遣都スタッフ原作・脚本・監督:岡田麿里副監督:平松禎史キャラクターデザイン:石井百合子美術監督:東地和生音楽:横山克制作:MAPPA配給:ワーナー・ブラザース映画 MAPPA主題歌「心音」中島みゆきアニメイト通販での購入はこちら公開開始年&季節2023アニメ映画(C)新見伏製鐵保存会『アリスとテレスのまぼろし工場』公...

これまでのインタビュー

関連記事
『アリスとテレスのまぼろし工場』菊入正宗役・榎木淳弥さんインタビュー|「エネルギーをすごく感じる熱い話」
2023年9月15日公開、スタジオMAPPA初のオリジナル劇場アニメーション『アリスとテレスのまぼろし工場』。本作の舞台は、製鉄所の爆発事故によって時が止まってしまった町。そんな中で鬱屈とした日々を過ごしている菊入正宗(演:榎木淳弥)が、謎めいた同級生・佐上睦実(演:上田麗奈)と野生の狼のような少女・五実(演:久野美咲)と出会うことで、世界の均衡が崩壊していく物語だ。今回は、本作の主人公・菊入正宗を演じる榎木淳弥にインタビューを実施。作品やキャラクターの印象についてはもちろん、中学生時代のこと、キャッチコピー<恋する衝動>にちなみ「衝動的になること」などを聞いた。生々しさもありながら、熱い話でもある――まずはじめに、岡田麿里監督の作品に対する印象からお聞かせください。菊入正宗役・榎木淳弥さん(以下、榎木):大学時代に『あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)』を見ていたり、声優になってからは『心が叫びたがってるんだ。』に少し出させていただいたりしていた中での印象としては、人の見たくない部分が描かれた作品が多いなと思っていました。キャラクターたちはかわいかったりカッコよかったりするのに、物語の内容自体はドロっと...
関連記事
『アリスとテレスのまぼろし工場』佐上睦実役・上田麗奈さんインタビュー|「どこか怖さと色気を感じさせる物語だと思っています」
2018年に公開された『さよならの朝に約束の花をかざろう』で監督デビューを果たした脚本家の岡田麿里さん。その最新作となる映画『アリスとテレスのまぼろし工場』(以下、本作)が、いよいよ2023年9月15日(金)より公開中です。アニメイトタイムズでは、公開に先駆けて本作の3人のメインキャラクターのひとりである佐上陸実を演じる上田麗奈さんへのインタビューを行いました。収録時には菊入正宗を演じる榎木淳弥さんと、五実を演じる久野美咲さんと珍しい形でお芝居をしたようで……!?また、終盤のあるシーンでの岡田監督からのディレクションについての話題も必読です。これまでのインタビュー 14歳でありながらも、それ以上に大人っぽい年齢感で演じている――出演が決まるまでの経緯とその時の心境からお話いただけますでしょうか。佐上陸実役・上田麗奈さん(以下、上田):キャラクターの台詞の間尺を測るなど、制作する上で画面作りの参考のために作るVコンテの収録に、ご協力いただけませんかとオファーをいただいたのがこの作品と関わった最初の機会でした。数名のキャストでキャラクターを兼ねながら収録したのですが、私はその時から睦実役も振っていただきつつ、クラスメイトや、おじいち...
関連記事
『アリスとテレスのまぼろし工場』五実役・久野美咲さんインタビュー|「誰かをまっすぐに好きになる気持ちを大切にしたい、そう気付かせてくれる作品だと思います」
2018年に公開された『さよならの朝に約束の花をかざろう』で監督デビューを果たした脚本家の岡田麿里さん。その最新作となる映画『アリスとテレスのまぼろし工場』(以下、本作)が、いよいよ2023年9月15日(金)より公開中です。アニメイトタイムズでは、公開に先駆けて本作の3人のメインキャラクターのひとり、五実を演じる久野美咲さんへのインタビューを実施しました。久野さんは、本作で演じる五実というキャラクターを「眩しいくらい純粋で、真っ直ぐで、私にはちょっと怖いくらいですね」と語っています。そんな役どころを演じる時に必要なものとは!? その理由も含めて必読です!これまでのインタビュー まるで水滴がぽたぽたと落ちて滲んでいくような、そんな感情表現をしたいと思いました――今回、脚本・監督の岡田監督が当初から五実役は久野さんだと想定した、いわゆる“あて書き”での役どころだと伺いました。このお話を知った時の心境をお聞かせください。五実役・久野美咲さん(以下、久野):信じられないほど嬉しかったです。嬉しい気持ちと同じくらい、相当なプレッシャーも正直ありました。ですが、岡田監督の生み出したキャラクターに命を吹き込むという、それができるということ...

再び監督を務めるきっかけとなった堀川憲司さんと東地和生さんからの言葉

――前作『さよならの朝に約束の花をかざろう』は「岡田監督の100%を出した作品を」というスタートだったかと思います。まずは、その100%を出し切った後に再び本作で監督をやろうと決めた経緯をお願いします。

岡田麿里監督(以下、岡田):『さよ朝』は凄く楽しかったし得るものもいっぱいありましたが、アニメーション監督のお仕事は正直難しかったです。『さよ朝』は現場も知らず、怖いもの知らずだったからこそ飛びこめたんだろうなと。もう一度やってみたいという気持ちもありましたが、「私にできるのだろうか」という気持ちの方が強かった。というより、またやらせていただける機会があるとも思っていませんでした。

だけど、『さよ朝』を作らせていただいたP.A.WORKSの堀川憲司社長から「岡田麿里にまた監督をやらせてみようと思ってくれる会社が生まれるような作品にする」という目標があったと聞かされたんです。すごく感動してしまって。あとは『さよ朝』でも本作でも美術監督を務めてくれた東地和生さんが「もう一度監督をやるべきだ」と言ってくれたことも大きかった。『さよ朝』では私に足りないところで東地さんには迷惑をかけたはずなのに、そう言ってくれたことが本当に嬉しかったんです。

二人の言葉に後押しされて、監督というものをあらためて考え出した時に、MAPPAの大塚学社長から今回のお話をいただいて。本当に、驚くほどタイミングが重なったんですよ。きっと堀川さんや東地さんの言葉がなかったら勇気が出なかったと思います。

 

――『さよ朝』の時の経験は本作ではどんなところに活かされていますか?

岡田:本作では『さよ朝』の時のメンバーがメインスタッフとして入ってくれているのですが、私としてはアニメの現場は多くの人がひとつの作品に関わるので、同じ成功体験や失敗の経験の積み重ねがある分、同じ人たちとお仕事を続けることに強みがあると思っています。

新しい座組だと刺激はあるかもしれないけれど、そこの関係性がゼロになってしまうのがもったいないと感じて。やっぱり熱のある映像って、どうしたって人と人がぶつかりあわないと作れないんですよね。相手の言葉の真意をはかりかねて力をセーブしたりとか、自分のところだけでなんとかしようと思ったりとか、そんなちょっとしたことが命取りになってしまう。

今回はみんながひとつの空間で作業できたことから、意思疎通しながら制作に打ち込めました。困った時のアイディアがその場で湧いてくることもありましたし、物語の尺が長くなって切らなければならなくなった時も、絵の強度やキャラクターたちの表情、背景で語れることがあると気づかせてもらえたことがとても大きかったんです。

それはやっぱり、これまで一緒にやってきた人たちとの信頼関係があるからこそで、本当にその喜びたるやでした。

――そんなことが……。また、本作の原案とも言える作品が過去にご自身が執筆された小説とのことでした。再び挑戦しようと考えた理由もお聞かせください。

岡田:過去に書けなくなってしまった理由を知りたいと思ったんです。物語の最後までの展開はもうわかっているし、プロットは初めから出来ているような状況だったのに、何故か書けない。なんでなんだろうと思っていて。きっと自分の中で何かがハマらないんだろうと考え忘れようとしたこともありましたが、どうしても忘れられず、ことあるごとに存在を思い出していました。

けれど今回、脚本にすると書けたんです。その時に「私ってやっぱりアニメの脚本家なんだな」って思ったりしました。先ほどの信頼関係についての話題とも少し被ってくるのですが、こういう実力のあるスタッフなら、このキャラクターの表情はどう描いてくれるのかな? みたいな想像から物語が浮かんでくることがあって。

脚本や小説を書いているとザックリ脳内で映像を回すことがあるのですが、アニメスタッフの方はそれを突き詰めた才能を持っている方ばかり。そんな人がこのシーンをどう表現してくれるのかと想像すると、私もその部分を描きたくなってしまう。

――アニメの脚本が完成したから今回の小説も出されたんですね。

岡田:小説の仕事をいただいた時点で絵コンテは完成していたし、色々な設定や絵も上がってきている段階でした。それをチェックしたら、自分が想像していたよりも驚くことばかりで。みんなで話し合ったこともあって完成度があがっていました。

そういう過程を見ている内に「小説……書けるんじゃない?」って思い始めました。きっと完成したものはアニメの脚本家が書く小説になったんじゃないかなって思っています。

 

(C)新見伏製鐵保存会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング