アニメ
『スパイ教室』連載第12回:クラウス役・梅原裕一郎さんインタビュー

『スパイ教室』2nd seasonクライマックスを迎えて──クラウス役・梅原裕一郎さんメールインタビュー【連載第12回】

各国のスパイによる“影の戦争“が繰り広げられる世界を舞台に、“不可能任務”に挑む機関「灯」に所属することになった実践経験のない少女たちと、「灯」の創設者である凄腕スパイ・クラウスによる、スパイ同士の騙し合いを描くファンタジー『スパイ教室』。7月13日よりTOKYO MXほかにて放送してきた2nd seasonが第24話「File《花園》のリリィ」でついにクライマックスを迎えた。

さまざまなMISSIONが起こった2nd seasonについての思いを、クラウス役・梅原裕一郎さんにメールインタビューで教えてもらった。

関連記事
スパイ教室
陽炎パレス・共同生活のルール。一つ七人で協力して生活すること。一つ外出時は本気で遊ぶこと。一つあらゆる手段でもって僕を倒すこと。――各国がスパイによる"影の戦争"を繰り広げる世界。任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、死亡率九割を超える『不可能任務』に挑む機関―灯―を創設する。しかし、選出されたメンバーは実践経験のない7人の少女たち。毒殺、トラップ、色仕掛け――任務達成のため、少女たちに残された唯一の手段は、クラウスに騙しあいで打ち勝つことだった!?世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい!作品名スパイ教室放送形態TVアニメスケジュール2023年1月5日(木)〜2023年3月30日(木)AT-X・TOKYOMXほか話数全12話キャストリリィ:雨宮天クラウス:梅原裕一郎グレーテ:伊藤美来ジビア:東山奈央モニカ:悠木碧ティア:上坂すみれサラ:佐倉綾音アネット:楠木ともりエルナ:水瀬いのりスタッフ原作:竹町(株式会社KADOKAWAファンタジア文庫刊)原作イラスト:トマリ監督:川口敬一郎助監督:池端隆史シリーズ構成:猪爪慎一キャラクターデザイン:木野下澄江サブデザイン:枡田邦彰 市松模様プロップデザイン:岩畑剛一 鈴木典孝銃器...

2nd seasonは物語がより重厚に

──少し遡ってお話をおうかがいさせてください。まずは2nd seasonが決定したとき、梅原さんはどのようなお気持ちでしたか?

クラウス役・梅原裕一郎さん(以下、梅原):2nd seasonを制作することは早い段階で知っていましたので、2クールかけて一人のキャラクターを演じられることがとてもうれしかったです。1クールはあっという間ですので、2クール目でよりクラウスという人物の様々な面を知れること、そして深掘りできることが楽しみでした。

──1st season、2nd seasonを経て気づいた『スパイ教室』の魅力などがあればそれぞれ教えてください。

梅原:1st seasonは、クラウスがギードとの関係の清算を経て、新たなチーム「灯」を作るという過程、そして初の不可能任務など、スパイものとしてのドキドキ感がある物語だと思います。2nd seasonでフィーチャーされたスパイたち、例えばアネットなど、重い過去設定があるキャラクターが多く、物語がより重厚になっていますし、ティアは1st seasonの時とは違うパーソナルな部分を描いているので、より一層キャラクターたちの理解が深まったと思います。その中で信頼関係が深まっていく生徒たちとクラウスの関係性が魅力だと思います。

 

(C)竹町・トマリ/KADOKAWA/「スパイ教室」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

スパイ教室の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング