アニメ
漫画『薬屋のひとりごと』違いは何?サンデー版とガンガン版を比べてみた

『薬屋のひとりごと』2種類の漫画「サンデーGX」版と「ビッグガンガン」版の違いを解説! どちらがおすすめ? アニメはどちら寄り?

現在放送中の人気アニメ『薬屋のひとりごと』。薬や毒が大好きな主人公・猫猫(マオマオ)が、後宮内で起こる事件や謎をその知識で解明していく様が痛快な後宮ミステリー作品です。

原作は同名のライトノベルで、小説投稿サイト「小説家になろう」で2011年から連載が開始されました。その人気から2017年にコミカライズされているのですが、実はコミカライズ版は「月刊サンデーGX」と「月刊ビッグガンガン」の二種類あるのをご存知でしょうか。

そこで本稿では、二種類の漫画の違いをご紹介! それぞれの特徴やアニメはどちらに近いのか、どちらがおすすめかなどを解説していきます。アニメをきっかけに漫画を手に取る際の参考にしていただければ嬉しいです。

関連記事
薬屋のひとりごと
大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。作品名薬屋のひとりごと放送形態TVアニメスケジュール2023年10月21日(土)〜日本テレビ系にてキャスト猫猫(マオマオ):悠木碧壬氏:大塚剛央高順:小西克幸玉葉妃:種﨑敦美梨花妃:石川由依里樹妃:木野日菜阿多妃:甲斐田裕子梅梅:潘めぐみ白鈴:小清水亜美女華:七海ひろきやり手婆:斉藤貴美子羅門:家中宏李白:赤羽根健治小蘭:久野美咲やぶ医者:かぬか光明馬閃:橘龍丸風明:日...

「月刊サンデーGX」版の特徴

 
「月刊サンデーGX」版(以下、サンデー版)は、ミステリー部分に重点が置かれています。「月刊ビッグガンガン」版(以下、ガンガン版)に比べてサクサクと物語が進む印象ではあるものの、謎解き要素についてはこちらの方が詳しく描かれていることが多いです。

例として挙げられるのは、第三話「月下の芙蓉」(ガンガン版では第四話「月下の幽霊」)。本話は、中級妃・芙蓉妃が後宮の城壁の上で夜な夜な踊っているという噂が流れ、その真相を猫猫が探るというストーリーです。

猫猫がたどり着いた真相は、想いを寄せる幼馴染の武官と身綺麗なままで結ばれたいと願う芙蓉妃が、皇帝のお手付きを避けるために夢遊病を騙っていたというものでした。物語の結末は両誌ともに同じなのですが、彼女が下賜されるために必要となる幼馴染の武官の武功についてはサンデー版の方が詳しく描かれています。

さらに、前話で後宮を管理する宦官・壬氏に依頼されて猫猫が作った媚薬も本話に繋がっているのですが、媚薬の使い道や壬氏と思われる人物(後ろ姿)が暗躍する描写も。ミステリー要素がよりわかりやすいのがサンデー版と言えるでしょう。
 

「月刊ビッグガンガン」版の特徴

 
一方、ガンガン版は猫猫と壬氏を中心に登場人物たちの恋愛模様・人間関係に重点が置かれている印象です。先述の芙蓉妃の話の中で、目論見通り身綺麗なままで幼馴染と結ばれることになった芙蓉妃を見送る玉葉妃が猫猫に「芙蓉妃が羨ましいなんて言ったら私はひどい女かしら」と零すシーンは両誌ともに登場するのですが、他の妃の元にも通う皇帝について触れられているのはガンガン版のみ。

「恋が女を美しくするのであればそれは一体どんな薬になるだろう」という印象的なフレーズがガンガン版だけに登場していることからも、ラブストーリーに重きを置いているように感じられます。

また、ミステリー要素はカットされている部分もあるものの、細かい事象が原作小説に忠実に描かれているのはこちらで、サンデーに描かれていない描写も登場します。

例えば、猫猫が仕える玉葉妃が、園遊会の前に5人の侍女たちに装飾品を送るシーン。サンデー版では猫猫に首飾りを付けるところだけが描かれていますが、ガンガン版では猫猫以外の4人の侍女にどんな装飾品が送られたのかもわかるようになっています。

個人的には、壬氏と猫猫のキャラクター性も少し違うようにも感じました。壬氏が美しい人物として描かれている点はどちらの誌でも変わらないのですが、ガンガン版の壬氏はより自分の容姿に自信ある振る舞いをしており、性格や言動も少しナルシスト気味。

一方、猫猫はそんな壬氏への苦手意識がサンデー版よりも露骨に顔や態度に出ており、「これ、もはや嫌いなのでは?」と思うような場面も。猫猫がよりコミカルで可愛らしい印象を受けました。
 

アニメはどっち寄り?

原作小説に忠実であることからセリフや描写はガンガン版に近いですが、猫猫が話を聞く相手や物事の順番などは微妙に異なる部分も。また、ミステリー要素に関しては、アニメ独自の演出で視聴者に分かりやすいように補足されています。

先ほどの芙蓉妃の話が描かれた第3話「幽霊騒ぎ」では、芙蓉という花についての解説や芙蓉妃と幼馴染の武官の関係性がわかる演出が追加されていました。両想いの幼馴染と結ばれた芙蓉妃と、もっとも寵愛を受けてはいるものの数いる妃のうちの1人である玉葉妃の対比がより強調されているように感じます。

漫画を読んでいるとアニメオリジナルシーンがわかって、一層楽しめそうです。


 

どっちを読むのがおすすめ?

基本的なストーリーは同じなので、ミステリーと人間ドラマのどちらをメインに楽しみたいかで選びましょう。

筆者としては、ミステリーを軸にサクサクと読み進めたい方にはサンデー版、恋愛模様や人間ドラマをじっくり楽しみたい方はガンガン版をおすすめしたいです。もちろん好みの絵柄で選ぶのも良いと思います。

しかし、私が1番おすすめしたいのは、どちらも読むこと! どちらか片方にしか書かれていないこともあるので、両方読むと物語の理解がより深まります。また、違いを比べながら読むのも面白いです。

サンデー版は「サンデーうぇぶり」、ガンガン版は「マンガUP!」のアプリで無料で読めますよ。ちなみに、現在サンデー版は17巻まで、ガンガン版は12巻まで発売されています。

「サンデーうぇぶり」はこちらから

「マンガUP!」はこちらから
 

好きな方を読むべし!

サンデー版とガンガン版の違いを比較してみましたが、アニメも含めて比べてみると演出や表現の違いがわかって面白かったです。どちらも読んで物語やキャラクターへの理解が深まるとより作品のことが好きになりました。

今度は原作小説も読んでみたいと思っています。みなさんもアニメとともにコミカライズ版も楽しんでみてはいかがでしょうか。
 


 
 

キャラクター解説記事はこちら!

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|記事:01
猫猫の情報まとめ
猫猫の情報まとめ
|記事:02
壬氏の情報まとめ
壬氏の情報まとめ


作品をもっと知りたい方にお役立ち記事はこちら!

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|記事:01
アニメの考察ポイント
アニメの考察ポイント
|記事:02
作品世界に浸るレビュー
作品世界に浸るレビュー

|記事:03
四夫人の相関関係
四夫人の相関関係
|記事:04
最新刊までのネタバレ
最新刊のネタバレ

|記事:05
じれったい関係性を愛でる壬猫
じれったい関係性を愛でる壬猫

原作小説や漫画のお役立ち記事はこちら!

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|記事:01
小説最新刊発売日
小説最新刊発売日
|記事:02
漫画最新刊発売日
漫画最新刊発売日

|記事:03
漫画サンデー版とガンガン版の違い
漫画サンデー版とガンガン版の違い

アニメインタビュー&イベントレポート記事はこちら!

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|記事:01
悠木碧インタビュー
悠木碧インタビュー
|記事:02
イベントレポート
イベントレポート


1990年生まれ、福岡県出身。小学生の頃『シャーマンキング』でオタクになり、以降『鋼の錬金術師』『今日からマ王!』『おおきく振りかぶって』などの作品と共に青春時代を過ごす。結婚・出産を機にライターとなり、現在はアプリゲーム『アイドリッシュセブン』を中心に様々な作品を楽しみつつ、面白い記事とは……?を考える日々。BUMP OF CHICKENとUNISON SQUARE GARDENの熱烈なファン。

この記事をかいた人

わたなべみきこ
出産を機にライターになる。『シャーマンキング』『鋼の錬金術師』『アイドリッシュセブン』と好きなジャンルは様々。

担当記事

関連記事
アニメ・映画・ゲームとのタイアップ多数! 劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』主題歌に起用のBUMP OF CHICKENがこれまでにタイアップした作品・楽曲をご紹介!
ボーカル&ギターの藤原基央さん、ギターの増川弘明さん、ベースの直井由文さん、ドラムの升秀夫さんによるロックバンド・BUMPOFCHICKEN(略称・BUMP)。紅白歌合戦をはじめとした国民的音楽番組にも多数出演し、数々のテレビドラマやCMにも楽曲が起用されている日本を代表するロックバンドです。昨年で結成25周年を迎え、長年多くのファンに支持されている彼らは、アニメやゲームとも多数タイアップしており、その数なんと16曲! 最近では、2022年4月15日公開の劇場版『名探偵コナンハロウィンの花嫁』の主題歌にも起用されたことでも大きな話題になりました。そこで今回は、これまでにBUMPがタイアップした作品と楽曲を一挙にご紹介!ご存知の方も多いかもしれませんが、BUMPメンバーの皆さんにはアニメや漫画、ゲームを愛する“オタク”な一面も。そんな彼らが手掛けるタイアップ曲は、その作品が表現する世界を歌とサウンドでさらに確固たるものにしています。  TVアニメ×BUMPまずは、TVアニメとのタイアップからご紹介していきます。第1シリーズ第1シーズンのOP・EDを共に務めた『3月のライオン』は、共にアニメーションによるMVが制作されています。 「アンサー」/『3月のライオン』第1シ...
関連記事
『アイドリッシュセブン』年末恒例音楽番組「ブラック・オア・ホワイト」特集! 大幅リニューアルされた今年の注目ポイントと出演アーティストを紹介!
年末恒例の音楽番組「ブラック・オア・ホワイトミュージックファンタジア」(以下、ブラホワ)。毎年、その年の音楽シーンや芸能界を彩ったアイドルたちが顔を揃え、音楽による熱いバトルを繰り広げてきました。視聴者の皆さまにもそれぞれブラホワにまつわる思い出があるのではないでしょうか。そんな長い歴史をたどってきた「ブラホワ」が今年大幅リニューアルされることが先日発表されました。その名も「ブラック・オア・ホワイトライブショーダウン」! 本記事では、これまでのブラホワの歴史を振り返りつつ、大規模なリニューアルを果たした今年の注目ポイントを特集。さらに、4組の出演アーティストのこれまでの活躍や魅力などもまとめてご紹介! 「ブラック・オア・ホワイトライブショーダウン」をさらに楽しみましょう!  これまでの「ブラック・オア・ホワイト」年末恒例の音楽番組として長く国民に愛されてきた「ブラック・オア・ホワイトミュージックファンタジア」。その年活躍したアーティストたちが各部門ごとに音楽による熱いバトルを繰り広げ、その歴史を積み上げてきました。特に、近年注目されているのは「男性アイドル部門」。そのブームの後押しもあり、毎年魅力的なアイド...
関連記事
アーニャの出自、プロジェクト<アップル>、謎に包まれた現“皇帝の学徒”……『SPY×FAMILY』の伏線・謎をまとめて考察してみました!
スパイの父・ロイド、暗殺者の母・ヨル、超能力者(エスパー)の娘・アーニャがそれぞれの正体を隠しながら家族として暮らすハプニングだらけの日常を描いたホームコメディ『SPY×FAMILY』。ユニークな設定と魅力的なキャラクター、スリリングな展開や心温まるエピソードが盛り込まれたストーリーなどたくさんの魅力を持つ本作は、テレビアニメ化やミュージカル化、アニメ映画化と様々な形に展開され、多くのファンを楽しませています。原作は漫画アプリ「少年ジャンププラス」で隔週月曜日に最新話が更新され、今も物語は進行中。毎回更新を楽しみにしているファンも多いことでしょう。かく言う私もそんなファンの1人で、アーニャやクラスメイト達の可愛さにほっこりしたり、時折挟まれるギャグに笑わせてもらったり、シリアスなストーリーにハラハラしたりと毎話楽しませてもらっています。しかし、ふと考えてみるとアーニャって未だに謎だらけなんですよね。彼女の可愛さやキャッチーさに引かれてついつい忘れがちですが、作中で最も謎多き人物は他でもないアーニャではないでしょうか。そうして漫画を読み返してみると、アーニャのこと以外にも明かされていない部分や伏線、謎がわんさか出てきた...
もっと見る
関連記事
『SHAMAN KING(シャーマンキング)』20年来のファンである私が大人になってから気づいた“1000年の時を渡って描かれる心を巡る物語”
まもなく最終回を迎えるTVアニメ『SHAMANKING』。霊能力(シャーマン能力)を持った主人公の少年・麻倉葉が全知全能の力を持つシャーマンキングを目指して「シャーマンファイト」に参加し、戦う姿を描いた物語です。原作は武井宏之先生によって1998年より連載がスタートした『シャーマンキング』で、2004年に連載は終了したものの、その後完全版が刊行されました。2001年に一度オリジナルストーリーでアニメ化されていますが、2021年4月より満を持して完全版ストーリーがアニメ化されています。連載終了から18年経った今も根強いファンから支持されている本作。かく言う私も、小学生の頃、アニメをきっかけに本作と出会い、初めて“沼落ち”を経験しました。幼い私に何がそんなにハマったのか、今となっては覚えていないのですが、寝ても覚めても『シャーマンキング』のことを考えており、“声優”という職業を知ったのもこの作品がきっかけでした。つまり、『シャーマンキング』は私を立派なオタクにした(してくれた)そんな思い入れのある作品なのです。そんな『シャーマンキング』の完全版が初のアニメ化ということで、毎話本当に楽しみに視聴していたのですが、大人になってから改めて物語に触れた...
関連記事
もはやアニソン界になくてはならないバンド!UNISON SQUARE GARDENがこれまでにタイアップした楽曲を一挙にご紹介!
ギター&ボーカル・斎藤宏介さん、ベース&コーラス&作詞作曲担当・田淵智也さん、ドラムス&コーラス・鈴木貴雄さんによるスリーピースバンド・UNISONSQUAREGARDEN(略称・ユニゾン)。3人とは思えないほど厚みのあるエッジの効いたバンドアンサンブルが人気の彼らは、アニメ『TIGER&BUNNY』のOP主題歌「オリオンをなぞる」をはじめ、数多くのアニメ作品の主題歌を担当しており、もはやアニソン界にもなくてはならないロックバンドと言えるでしょう。昨年末には、2022年4月より放送のアニメ『TIGER&BUNNY2』のOP主題歌をUNISONSQUAREGARDENが担当すると発表され“タイバニ×ユニゾン”の最強タッグ再結成が大きな話題となりました。そこで、本稿ではこれまでにUNISONSQUAREGARDENが担当してきたアニメ主題歌をご紹介!アニメの世界観が“ユニゾン”のカラーによって鮮明に描かれた楽曲はどれも聞き応えのある名曲ばかりです!UNISONSQUAREGARDENが担当したアニメOP&EDテーマまずは、最強タッグが誕生した『TIGER&BUNNY』のOP「オリオンをなぞる」。“ユニゾン×アニソン”と聞くとこの曲を思い浮かべる方も多いはず!5枚目のシングルで、アニメ人気にも後押しされてバンド初の売り上げ1万枚超えを達成...
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング