アニメ
『このすば3』福島潤、雨宮天、高尾奏音登壇の先行上映全国グリーティング舞台挨拶レポ

『このすば』に泣かされる!? 福島潤さん、雨宮天さん、高尾奏音さんがTVアニメ3期の裏側を明かした『この素晴らしい世界に祝福を!3』先行上映全国グリーティング「ただいま」舞台挨拶オフィシャルレポート

3期では、『このすば』に泣かされる展開が待ち受けている!?

第1話の台本を初めて読んだ時の印象について尋ねられた福島さんは、「“当ててんのよ”もそうなんですけど、トラウマ抱えて“ギャー”って悲鳴上げたり死に戻ったり、悪夢で目覚めたりするところが、今までにもあったシーンを彷彿とさせるというか、“金崎さんの演出だ、帰ってきた”と感じられて本当に嬉しくなりました」とコメント。

さらに福島さんは、「『映画紅伝説』では尺の都合上入れられなかった安楽少女とか、めぐみんとの焚火のシーンも入ってて、すごい、ここに持ってきたんだと。しかも『映画紅伝説』を見てから見ると、さらにエモいシーンになってるのにちょっと感動しました」と、自身の感動ポイントを熱く語ります。

その第1話で登場した安楽少女を演じたのは小清水亜美さんですが、1話限りのゲストキャラクターであるにも関わらず、オーディションが行われていたことが判明。さらにアニメ本編で印象的だった舌打ちは、実は台本には一切書かれておらず、オーディションテープの段階から小清水さんがアドリブで入れていたものとのこと。その舌打ちが金崎総監督の心を掴んだことが、オーディション合格の決め手になったというエピソードも明かされていました。

また、アイリスを演じるにあたってゲーム(スマートフォン向けアプリゲーム「この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ」)の時より表情豊かに、今まで見せたことのないはっちゃけた表情を見せられるように意識していたと語るのは高尾さん。

アイリスについては金崎総監督から「もっと可愛く」というディレクションがあったとのことですが、一方で雨宮さんは「1期の第1話をやった時、金崎さんに“もっと可愛くなくやってください”と言われて、可愛くなくやったんです(笑)」と最初にアクアを演じた頃の裏話を思い出したそう。これにより、アイリスにはアクアとは真逆のディレクションが行われたことが判明し、客席の爆笑を誘っていました。

そして、3期の見どころについて尋ねられた福島さんは、「『このすば』って表面だけではなく、裏でもいろんなことやっていて。ガヤなんだけど、ストーリーのあるアドリブ合戦をやった回もあります。そういうのは何度も見直したり、イヤホンで聞かなきゃ分からなかったりもするんです。何層にも折り重なった奥深さのようなものは楽しんでもらいたいです」と『このすば』ならではの作り込みについて言及。

続けて「1期、2期や映画にはなかった……とは言わないんですけど、より深い感動が3期には待っているので、それも楽しみにして欲しいなと。“『このすば』に泣かされた!”って悔しくなる思いをして欲しいです」と、笑いだけではない3期ならではの感動的な展開を猛アピールしました。

一方の雨宮さんも「ギャグもパワーアップして振り切ってるんですけど、それとは別に、ちょっとドラマチックな展開もあって。今までも、最終話で泣かされることはあったと思いますが、3期に関しては最終話だけじゃなくて、結構ぐっとくるシーンが散りばめられています」と、福島さんと同様、感動的なドラマが存在していることを示唆します。

高尾さんは、「作品内で散りばめられている寒暖差というか、笑うところは本当に磨きがかかって笑っちゃうし、ジーンと来るところは、もう“きゅっ”ってなるようなギャップがまたすごいなって……」とコメントしたところ、“寒暖差”という独特の表現について、「“暖”はいいけど“寒”ってなんだよ!(笑)」と福島さんからツッコまれることに。

最終的には「(登場時と比較して)アイリスの見たことのない一面がたくさん見られるというか、こんな顔もするんだ、こんな言い回しもするんだみたいな、新たな一面が見られると思うので、そこも楽しみにしていてほしいです。あと寒くはないです(笑)」と訂正するも、その後も何度か“寒暖差”で福島さんたちから弄られており、今後の持ちネタとしても定着しそうな勢いとなっていました。

そんな大盛り上がりの舞台挨拶も、ついに終わりの時間に。すべての舞台挨拶に参加してきた福島さんは「この光景を見るのも最後かぁ」と寂しげな様子でしたが、「でも、4期が決まればいいんだよね」と、早くも次へと期待を切り替えるコメントも飛び出し、客席から大きな拍手が沸き起こります。

最後には、キャスト陣からそれぞれ『このすば』という作品に掛ける熱い想いと、ファンに向けたメッセージが贈られ、舞台挨拶は締めくくられました。

『この素晴らしい世界に祝福を!3』作品情報

この素晴らしい世界に祝福を!3

あらすじ

交通事故(!?)によりあっけなく人生の幕を閉じるはずだったゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、ひょんなことから、女神・アクアを道連れに異世界転生することに。

「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」と舞い上がったのも束の間、転生したカズマには厄介なことばかり降りかかる。トラブルメーカーの駄女神・アクア、中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになったり、借金で首が回らなくなったり、国家転覆罪の容疑で裁判にかけられたり、魔王軍幹部を討伐したり、たまに死んだり……。

そんなある日、紅魔の里から帰還したカズマたちのもとに、手紙が届く。

その内容は、王女アイリスが、魔王軍幹部を倒したカズマ達の冒険譚を聞きたいというもの。護衛兼教育係のクレアとレインを伴い、アクセルの街を訪れた王女アイリスは、カズマ達パーティとの対面を穏やかに終えたと思いきや―――

「また私に、冒険話をしてくれるって言ったじゃない?」

王女アイリスが、カズマに懐いてしまった!? カズマが目を開けると、そこはなんと王都!

アイリスに乞われて滞在するうちに、王城でのセレブ生活に味を占め、これ幸いと居座ることを決めるカズマ。

しかし、ちょうど同じころ、王都では義賊が暗躍する事件が起きていて――!?

キャスト

カズマ:福島潤
アクア:雨宮天
めぐみん:高橋李依
ダクネス:茅野愛衣
ルナ:原紗友里
荒くれ者:稲田徹
クリス:諏訪彩花
ウィズ:堀江由衣
バニル:西田雅一
ゆんゆん:豊崎愛生
ミツルギ:江口拓也
アイリス:高尾奏音
クレア:矢作紗友里
レイン:上田麗奈

(C)2024暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば3製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング