映画
『好きでも嫌いなあまのじゃく』公開記念舞台挨拶レポ|小野賢章、富田美憂、柴山智隆

『好きでも嫌いなあまのじゃく』公開記念舞台挨拶レポート|小野賢章さん、富田美憂さん、柴山智隆監督が登壇

2024年5月24日(金)より公開されたスタジオコロリドによる長編アニメ第4弾『好きでも嫌いなあまのじゃく』。

本作の公開記念舞台挨拶が5月25日(土)に行われ、出演者である小野賢章さん&富田美憂さんと柴山智隆監督が登壇しました。本稿では、このイベントの公式レポートをご紹介します。

また、舞台挨拶内で公開された主題歌アーティスト・ずっと真夜中でいいのに。のコメント全文が公開されました。

関連記事
好きでも嫌いなあまのじゃく
高校1年生の柊(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。季節外れの雪が降ったある夏のこと。いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。しかし、時を同じくして、...

『好きでも嫌いなあまのじゃく』公開記念舞台挨拶レポート

“みんなに嫌われたくない”という想いから、気がついたら“断れない性格”になってしまっていた主人公・柊を演じた小野は黄色のジャケットにメガネ姿、母親を探しに人間の世界にやってきた鬼の少女・ツムギを演じた富田はパステルカラーのワンピース姿と、演じたキャラクターをイメージしたカラーのコーディネートで登壇。小野は「嫌わないでください!」、富田も「お母さんを探しています!」とキャラクターの気持ちになって声を大にするなど、冒頭から笑顔にあふれた舞台挨拶となった。

本作はNetflix世界独占配信、そして日本劇場公開が同時に展開されている。監督を務めたのは、『泣きたい私は猫をかぶる』で長編監督デビューを飾った柴山智隆。柴山監督は「前作の『泣きたい私は猫をかぶる』から4年が経ちました。なかなか大変ではあったので、感無量です」としみじみ。「配信で世界中の方々に楽しんで頂いていて。さまざまな言語で感想が届き、とてもうれしい」と喜びを噛み締めていた。

「柊とツムギが成長していく姿に胸を打たれた」という感想も上がっている本作。この日のステージには、名場面のセリフをつづったバックパネルが飾られていた。本作に感じた魅力について小野は、「ロードムービーということもあって、柊とツムギがたくさんの人と出会って、いろいろな人の考え方や人生が見えてくる中で、心境に変化が生まれていく。それがすごく丁寧に描かれている」と語り、「どの世代、どの立場から見ても、共感できるポイントがある点が魅力」だと力を込めた。

お気に入りのシーンは「柊が、旅館の人たちに『ここで働かせてください!』と言うシーン」だと続け、「柊にも頑固な一面があるんだなと思った瞬間です。そう言ったのはツムギのためでもあるので、柊も『誰かのために』となるとカッコよくなるんだと思った」と惚れ惚れとしていた。

また富田も「柊やツムギと同年代の方が観ても共感できると思いますし、親世代の皆さんも、柊とツムギの両親に感情移入できるのかなと思います」と幅広い世代の胸を打つ映画だと述べ、「エンドロールの流れる前のシーンは、台本を見た瞬間にキュンキュンしました。ドキッとした方も多いのでは」と好きなシーンを口にしていた。

主題歌「嘘じゃない」と挿入歌「Blues in the Closet」の2曲は、「ずっと真夜中でいいのに。」が本作のために書き下ろした。登壇者の3人とも、普段から“ずとまよ”の楽曲をよく聴いていたのだという。小野は「この作品では出会いを大事にしていて、未来にも繋がっていくんだと思わせるような出会いがある。主題歌の『嘘じゃない』に、『“さよなら”は言わないで』という歌詞があるんですが、映画の描く出会いとリンクしているなと思いました」と主題歌に魅了されたと話す。

「先日ライブにご招待いただいて。観に行ってきました」と笑顔を弾けさせた富田に対して、小野は仕事の都合上参加できなかったそうで、「うらやましすぎるよ!」と肩を落とした。富田は「賢章さんの分まで楽しんでくるぞと思いました。本当にいいライブでした。作品を観てから曲を聴くと、こういう解釈をするんだと思える。ぜひ繰り返し観て、聴いてほしいなと思います」と本編、そして楽曲のリピート鑑賞を呼びかけていた。

またステージには、「ずっと真夜中でいいのに。」から登壇者にはサプライズで音声メッセージが到着した。スタジオコロリドによる『雨を告げる漂流団地』でも主題歌と挿入歌を担当していた「ずっと真夜中でいいのに。」は、再タッグとなるオファーに「本当にうれしかったです。感謝です」とコメント。

柴山監督との打ち合わせの中では「繊細な方が行きつく場所」というワードが印象に残ったといい、「もともと自分が作っていた欠片とシンクロする部分が多くて、想いを並走して作れたことがすごくよかったです。ラフの映像を見ていて、最初の方に逃げたふたりがトンネルの下で話しているシーンがずっと印象的で。そこで『ツムギは学校に行くという習慣がなくて、知らないんだ』とはっとして。“当たり前に思っていても違う習慣があるふたり”というのも、曲作りのキーになっていました」と曲作りの過程を振り返った。

さらに「“ずとまよ”のライブに柴山監督と富田さんも来てくださって、その時にこの曲を初披露したんですが、そのあとに柴山監督から感想をまた別でいただきまして。『とっっっっっても楽しかった』と言っていただけてうれしかったですし、富田さんとも初めてお会いできて『はっ…ツムギだ』って、本当に興奮していました。小野さんともいつかまたお会いできる機会があればご挨拶をしたいです」という願いの言葉で締めくくられていた。

改めて膝を叩いてライブに参戦できなかったこと悔しがった小野に、会場も大笑い。しかし自分宛てにもメッセージがあったことに「認識していただいていた!こんなにうれしいことがあるんですね。ありがとうございます。とてもすてきなメッセージをいただいた」と感謝した小野は、「トンネルの下で話しているシーンは、今のメッセージを聞いて『確かにそうだ』と思いました。そうやっていろいろなものを集めて曲を作っていくんだ、すばらしいなと思いました」とその感性や着眼点に感心しきり。

富田は「ライブに行かせていただいた時のMCでも、一つ一つの曲に対して、細かくいろいろなピースを集めて作っているとおっしゃっていた。『嘘じゃない』もそういう気持ちで作ってくださったんだなと思いました」と目を細め、柴山監督も「“ずとまよ”さんでしか届かないような、遠くへこの作品を届けてくれるような大事な曲」と唯一無二の楽曲だと感謝していた。

「ずっと真夜中でいいのに。」コメント

今回、主題歌と挿入歌を担当しました「ずっと真夜中でいいのに。」です。

実はコロリドさんの作品は前作の「雨を告げる漂流団地」でも担当させて頂き、今回もお声がけ頂けるとは本当に、本当に嬉しかったです。感謝です。

柴山監督と事前にお話しをする機会があってその中で「繊細な方が行きつく場所」っていうワードがすごい残っていて元々自分が作っていた欠片とシンクロする部分が多くて、想いを並走して作れたのがすごい良かったです。

ラフの映像を見ていて、最初の方逃げたふたりがトンネルの下で話しているシーンがずっと印象的でそこでツムギは学校に行くっていう習慣がなくて、知らないんだってはっとして当たり前に思っていても違う習慣があるふたりっていうのも曲作りのキーになっていました。

ずとまよのライブに柴山監督と富田さんも来てくださってその時にこの曲を初披露したんですけど、そのあと柴山監督から感想をまた別で頂きまして「とっっっっっても楽しかった」と言って頂けて嬉しかったですし、富田さんとも初めてお会いできて「はっ…ツムギだ」って、本当に興奮していました。小野さんともいつかまたお会いできる機会があればご挨拶をしたいです。では「ずっと真夜中でいいのに。」でした。

『好きでも嫌いなあまのじゃく』作品概要

好きでも嫌いなあまのじゃく

あらすじ

高校1年生の柊(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。

季節外れの雪が降ったある夏のこと。
いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。
「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。
とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。

一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?
ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。
柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。しかし、時を同じくして、ツムギの故郷・鬼が暮らす“隠の郷(なばりのさと)”でも事件が起きていて――。

キャスト

八ッ瀬柊:小野賢章
ツムギ:富田美憂
八ツ瀬幹雄:田中美央
八ツ瀬みくり:ゆきのさつき
八ツ瀬楓:神戸光歩
いずる:三上哲
しおん:日髙のり子
高橋竜二:浅沼晋太郎
高橋澪:山根綺
山下志麻子:塩田朋子
山下直也:斎藤志郎
谷本耀一:佐々木省三
御前:京田尚子

(C)コロリド・ツインエンジン
おすすめタグ
あわせて読みたい

好きでも嫌いなあまのじゃくの関連画像集

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング