映画
『ブルー きみは大丈夫』吹替版本編映像解禁

『ブルー きみは大丈夫』吹替版本編映像解禁! ブルー(声:宮田俊哉)の不憫かわいい悶絶姿に注目! 少女・ビー(声:稲垣来泉)からの“NG”ワード縛りに、頭が爆発寸前!?

2024年6月14日(金)に日本公開となる映画『ブルー きみは大丈夫』。

本作はハリウッドの新進気鋭クリエイター、ジョン・クラシンスキーさんによる最新作で、「子供のとき、おままごとや一人遊びの時に作り出した空想の友達が、もしも大人になった今でも、そばであなたを見守ってくれているとしたら…」という独創的な発想から生まれた物語となっています。

この度、カルたちの部屋へ乗り込んだビーを捉えたワンシーンの中で、ブルーの不憫かわいさが炸裂している吹替版本編映像が解禁。宮田俊哉さん演じるもふもふブルーの不憫かわいさが炸裂する様子をご覧ください。

 

関連記事
ブルー きみは大丈夫
幼い頃に母親を亡くした13歳の少女ビー(ケイリー・フレミング)は、ある日、おばあちゃんの家で、”子供にしか見えない不思議なもふもふ“ブルーと出会う。ブルーが友達だった子供はもう大人になって彼の事を忘れてしまい、居場所が無くなったブルーは、もうすぐ消えてしまう運命に。少女は、大人だけどブルーが見える隣人の男(ライアン・レイノルズ)の力を借り、ブルーの新しいパートナーになってくれる子供を探すのだった。作品名ブルーきみは大丈夫放送形態実写映画スケジュール2024年6月14日(金)キャストビー:ケイリー・フレミング(稲垣来泉)ブルー:宮田俊哉カル:ライアン・レイノルズ(加瀬康之)ビーのパパ:ジョン・クラシンスキー(浪川大輔)ビーの祖母:フィオナ・ショウ(高島雅羅)美術教師:諏訪部順一スーパードッグ:神谷浩史マジシャン・マウス:島﨑信長スライムボール:下野紘コスモ:大塚明夫ガミー・ベア:早見沙織ロボット:津田健次郎バナナ:森川智之石けんバブル:本名陽子ユニ:園崎未恵サニー:平田広明ブロッサム:三森すずこオクト・キャット:甲斐田裕子スペースマン:小山力也ルイス:麦人アリー:高乃麗アイス:桐本拓哉アンドロメダス3世:上田燿司スタッ...

 

『ブルー きみは大丈夫』吹替版本編映像

 
“子供にしか見えない不思議な存在”のもふもふブルー(CV:宮田俊哉)は自身を見ることができる少女ビー(CV:稲垣来泉)との出会いを嬉しく思うあまり、ビーを追いかけて外の世界へ着いて行くが、ビーに「つきまとわないで!」と怒られてしまい……大人だけどブルーが見える隣人カル(CV:加瀬康之)のもとへ、ビーは文句を言いに行くことに。

 
ブルーたちを前にして怒るビーの様子に戸惑いながらも、ブルーはビーには“空想の友達(イマジナリーフレンド=イフ)”のみんなを救える可能性があると興奮して伝える。しかし、ビーの「みんなって誰よ」の問いかけにブルーが意気揚々と答えようとすると、ビーが『”イフ“はなし』と、まさかのNGワード縛りを宣言されてしまい……!? 言いたい、けど言えない。でも言いたい、発言を我慢できずに悶絶するブルーに、不憫かわいさを感じずにはいられない。ブルーの魅力が詰め込まれたシーンとなっている。

 
そんなブルーの不憫かわいいさを余すことなく表現する宮田さんは、アフレコに挑むにあたって「ブルーは想像以上にもふもふしていて、『どんな声なんだろう?』って探りながら(役と)向き合いました」と振り返り、「ブルーは自分が普段の生活で発しない音を出すので、これをどう再現していこうかなと家で練習しました。自分が作れるブルーを作っていきました」と人間とはどこか違う“空想の友達”のブルーを作り上げることへの苦労を告白。今回解禁となった本編映像でも、爆発寸前になって悶絶するブルーが発する音を不憫かわいさたっぷりに再現している。

 
また、宮田さんはいつも前向きで一生懸命なブルーに自身を重ねて「ブルーはまんま僕だなと思います(笑)。基本的に楽しくいたいというのが共通点」と明かし、「幅広い年齢の方が見てそれぞれ色んな感想を持つと思うんですが、共通してきっとみんな優しい気持ちになれます。涙を流しながら優しい気持ちになる作品」と、ブルーや“空想の友達”の仲間が織りなす温かな物語が描かれる本作の魅力を語る。今回解禁となったシーン以外にも、もふもふブルーのころころと変わる表情がたくさん詰まっている『ブルー きみは大丈夫』。かつて子供だったすべての人に贈る、観る人の心を癒すブルーの不憫かわいさをぜひ劇場でご堪能ください。

 

『ブルー きみは大丈夫』作品情報

6月14日(金)かつて子供だったすべての人に贈る感動の物語

 

ストーリー

幼い頃に母親を亡くした 12 歳の少女ビー(ケイリー・フレミング)は、ある日、おばあちゃんの家で、”子供にしか見えない不思議なもふもふ“ブルーと出会う。ブルーが友達だった子供はもう大人になって彼の事を忘れてしまい、居場所が無くなったブルーは、もうすぐ消えてしまう運命に。少女は、大人だけどブルーが見える隣人の男(ライアン・レイノルズ)の力を借り、ブルーの新しいパートナーになってくれる子供を探すのだった。

 

スタッフ&キャスト

監督・脚本:ジョン・クラシンスキー『クワイエット・プレイス』シリーズ

出演:ケイリー・フレミング(TV「ウォーキング・デッド」シリーズ)、ライアン・レイノルズ(『デッドプール』シリーズ)、ジョン・クラシンスキー

原題:IF
配給:東和ピクチャーズ

声の出演:スティーヴ・カレル、マット・デイモン、エミリー・ブラント、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、オークワフィナ、サム・ロックウェル、ルイス・ゴセット・Jr

吹替え版声優:
宮田俊哉(ブルー)、稲垣来泉(ビー)、加瀬康之(カル)、浪川大輔(ビーのパパ)、三森すずこ(ブロッサム)、高島雅羅(ビーの祖母)

[“空想の友達”の仲間たち(五十音順)]
上田燿司(アンドロメダス3世)、大塚明夫(コスモ)、甲斐田裕子(オクト・キャット)、神谷浩史(スーパードッグ)、桐本拓哉(アイス)、小山力也(スペースマン)、島﨑信長(マジシャン・マウス)、下野紘(スライムボール)、諏訪部順一(美術教師)、園崎未恵(ユニ)、高乃麗(アリー)、津田健次郎(ロボット)、早見沙織(ガミー・ベア)、平田広明(サニー)、本名陽子(石けんバブル)、麦人(ルイス)、森川智之(バナナ)

 
公式サイト:https://blue-movie.jp

 

関連記事
ブルー きみは大丈夫
幼い頃に母親を亡くした13歳の少女ビー(ケイリー・フレミング)は、ある日、おばあちゃんの家で、”子供にしか見えない不思議なもふもふ“ブルーと出会う。ブルーが友達だった子供はもう大人になって彼の事を忘れてしまい、居場所が無くなったブルーは、もうすぐ消えてしまう運命に。少女は、大人だけどブルーが見える隣人の男(ライアン・レイノルズ)の力を借り、ブルーの新しいパートナーになってくれる子供を探すのだった。作品名ブルーきみは大丈夫放送形態実写映画スケジュール2024年6月14日(金)キャストビー:ケイリー・フレミング(稲垣来泉)ブルー:宮田俊哉カル:ライアン・レイノルズ(加瀬康之)ビーのパパ:ジョン・クラシンスキー(浪川大輔)ビーの祖母:フィオナ・ショウ(高島雅羅)美術教師:諏訪部順一スーパードッグ:神谷浩史マジシャン・マウス:島﨑信長スライムボール:下野紘コスモ:大塚明夫ガミー・ベア:早見沙織ロボット:津田健次郎バナナ:森川智之石けんバブル:本名陽子ユニ:園崎未恵サニー:平田広明ブロッサム:三森すずこオクト・キャット:甲斐田裕子スペースマン:小山力也ルイス:麦人アリー:高乃麗アイス:桐本拓哉アンドロメダス3世:上田燿司スタッ...
(C)2024 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

ブルー きみは大丈夫の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング