映画
宮田俊哉ら出演の『ブルー きみは大丈夫』吹替版完成記念イベント公式レポ

『ブルー きみは大丈夫』宮田俊哉さん&稲垣来泉さんが癒しトークを連発した日本語吹替版完成記念イベント公式レポートが到着!

2024年6月14日(金)に日本公開となる映画『ブルー きみは大丈夫』。

本作はハリウッドの新進気鋭クリエイター、ジョン・クラシンスキーさんによる最新作で、「子供のとき、おままごとや一人遊びの時に作り出した空想の友達が、もしも大人になった今でも、そばであなたを見守ってくれているとしたら…」という独創的な発想から生まれた物語となっています。

この度、5月20日(月)に日本語吹替版声優として本作の出演するブルー役・宮田俊哉さん(Kis-My-Ft2)&ビー役・稲垣来泉さん登壇の日本語吹替版完成記念イベントが開催。

本稿ではその公式レポートをお届けします。

関連記事
ブルー きみは大丈夫
幼い頃に母親を亡くした13歳の少女ビー(ケイリー・フレミング)は、ある日、おばあちゃんの家で、”子供にしか見えない不思議なもふもふ“ブルーと出会う。ブルーが友達だった子供はもう大人になって彼の事を忘れてしまい、居場所が無くなったブルーは、もうすぐ消えてしまう運命に。少女は、大人だけどブルーが見える隣人の男(ライアン・レイノルズ)の力を借り、ブルーの新しいパートナーになってくれる子供を探すのだった。作品名ブルーきみは大丈夫放送形態実写映画スケジュール2024年6月14日(金)キャストビー:ケイリー・フレミング(稲垣来泉)ブルー:宮田俊哉カル:ライアン・レイノルズ(加瀬康之)ビーのパパ:ジョン・クラシンスキー(浪川大輔)ビーの祖母:フィオナ・ショウ(高島雅羅)美術教師:諏訪部順一スーパードッグ:神谷浩史マジシャン・マウス:島﨑信長スライムボール:下野紘コスモ:大塚明夫ガミー・ベア:早見沙織ロボット:津田健次郎バナナ:森川智之石けんバブル:本名陽子ユニ:園崎未恵サニー:平田広明ブロッサム:三森すずこオクト・キャット:甲斐田裕子スペースマン:小山力也ルイス:麦人アリー:高乃麗アイス:桐本拓哉アンドロメダス3世:上田燿司スタッ...

映画『ブルー きみは大丈夫』日本語吹替版完成記念イベント公式レポート

この日のために用意されたのはブルーと同じパープルブルーのもふもふステージ。MCの呼びかけでステージ中央の大きなスクリーンにブルーが登場すると、「やあ!僕はブルー。僕も会場に行くよ!」の言葉とともにブルーはステージ上の巨大モニターに移動。続けて、ブルーが「ぼくのパートナーを紹介するよ。少女ビーの声の稲垣来泉さんだよ」と紹介すると、爽やかな青色のブラウスに身を包んだ稲垣来泉がステージ上に登場。緊張気味な稲垣に向かってブルーが「僕もステージに行くから、大丈夫!待っててね!」と優しくフォローすると、稲垣が「ブルー、ステージに来てー!」と大きな声で呼びかける。すると宮田俊哉が満面の笑みで「もふっ、もふもふ」と口にしながら扉からひょっこり顔を出しステージに登場!

ステージにブルーと宮田、稲垣が揃うと、宮田は圧巻のもふもふステージを見まわし、「触りたくてしょうがないですよね。ブルーの世界観がはまっていて素敵なステージだなと思います」と感心しきりの様子。稲垣は「もふもふして、鮮やかな紫色で、ブルーが実際にいたらこんな感じなのかなと思うと抱きつきたいです!」と大興奮。宮田と稲垣は本作で初めて吹替声優を務めることになるが、宮田は「吹替のお仕事は挑戦したいと思っていた一つだったので、聞いたときはとても嬉しい気持ちでした。(ブルーは)どんな子なんだろうと思って見たら、想像以上にもふもふしていて。これってどういう声なんだろうと探りながら、ブルーに向き合っていった感じです」、稲垣は「私も吹替のお仕事をしたいと一つの目標に掲げていたので、今回吹替を担当させていただけると聞いたときはとてもうれしくって、“もふもふ”しながらアフレコに挑みました」とオファーを受けたときの素直な思いを語り合った。

2人は本作で初共演を果たすことになるが、宮田は初めて会った稲垣について「少女なんだけど僕より大人っぽいなと思って。僕なんかは『もふっ』とか言ってひとボケしちゃうんだけど、でも来泉ちゃんはしっかりしていたので、凄いなと思いました」と絶賛。稲垣も「すごくお元気な方で、本当に明るくて。宮田さんがアフレコ室に入られたときに一気に場が明るくなって凄いなって」と、宮田の撮影裏でのエピソードを明かして会場は一気に温かい空気に。

本作の夢と感動を描く物語で欠かすことのできないブルーについて話が及ぶと、宮田は「(ブルーは)まんま僕だなって思いますね。基本的に僕もずっと楽しくいたいと思うので、そこが共通点かなと思います」とコメント。稲垣も「宮田さんはおちゃらけているところが(ブルーと)似ているのかなって思います」と共感しながらも、「宮田さんとステージにいてすっごく安心しています」と、宮田に物語で描かれるブルーのような温かな安心感を抱いていることを告白した。

そんな2人にMCから最近心がもふもふした出来事を尋ねられると、稲垣は「お友達のポメラニアンを抱っこさせてもらったときにもふもふしました!」と答え、会場にも愛らしいもふもふが伝線。宮田は本作でビーのパパ役の吹替を担当する、人気声優の浪川大輔と共演することになるが、「浪川さんには僕が(『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』(20)で)声優のお仕事を初めてするときにレッスンしてもらっていたんです。以来、浪川さんと同じ作品に出ることを目標にしていたのですが、この作品で一つ自分の目標が達成されたなって思って。それを浪川さんに『これからも共演できるように頑張ります!』ご連絡したら、浪川さんが『僕もまだまだ頑張るよ』って言ってくれて。そのやり取りが師弟関係みたいで、お互い“まだ頑張ろう”となっていることに心がもふもふしました」と回答。

作品にちなんで大切な存在を聞かれると稲垣は「寝るときにぬいぐるみを枕の周りに置いていて。その中にクマのぬいぐるみがあって、抱いて寝るとすぐ寝つけるので一緒に寝ています」とかわいい秘密を披露。宮田は「僕はメンバーかなって思いますね。約20年一緒にいるんで。僕は基本的に笑っているんですけど、メンバーは僕の笑顔から『あ、今疲れているな』って、些細な違いで色んな感情に気づいてくれて。ここまで僕のことを理解してくれているのはメンバーだけかなって。大切な存在は『キスマイ』ですね」と迷いなく断言した。

完成版をつい最近見たという宮田は「泣きました!ネタバレになっちゃうからあんまり言えないんですけど。可愛いと感動が合わさっている作品です。自分のシーンはもふもふしていてかわいかったです!」と照れながらも仕上がりに自信をのぞかせ、稲垣は「ハンカチは2枚は必須だと思います。1枚だけじゃ足りない」と本作の魅力を熱弁した。イベントはついに終盤を迎え、最後に公開を楽しみに待つ人々に向けて稲垣は「この作品は『大丈夫だよ』って、挑戦することの大切さや、一人じゃないって前向きになれる作品です。ぜひ皆さんに見ていただきたい作品です」とメッセージを贈り、宮田は「幅広い年齢の方が見てそれぞれ色んな感想を持つと思うんです。みんなで感想を話してほしいなと思うのですが、共通してきっとみんな優しい気持ちになれます。涙を流しながら優しい気持ちになる作品なので、ぜひ皆さんに見ていただきたいです」と、心を込めて挑んだ本作への想いで締めくくり、温かく優しい時間の中で吹替版完成記念イベントは幕を閉じた。

かつて子供だったすべての人に贈る夢と感動の物語『ブルー きみは大丈夫』。この夏、ブルーが日本中を感動ともふもふで包み込む!

 

『ブルー きみは大丈夫』作品情報

ブルー きみは大丈夫

あらすじ

幼い頃に母親を亡くした13歳の少女ビー(ケイリー・フレミング)は、ある日、おばあちゃんの家で、”子供にしか見えない不思議なもふもふ“ブルーと出会う。
ブルーが友達だった子供はもう大人になって彼の事を忘れてしまい、居場所が無くなったブルーは、もうすぐ消えてしまう運命に。
少女は、大人だけどブルーが見える隣人の男(ライアン・レイノルズ)の力を借り、ブルーの新しいパートナーになってくれる子供を探すのだった。

キャスト

ビー:ケイリー・フレミング(稲垣来泉)
ブルー:宮田俊哉
カル:ライアン・レイノルズ(加瀬康之
ビーのパパ:ジョン・クラシンスキー(浪川大輔
ビーの祖母:フィオナ・ショウ(高島雅羅
美術教師:諏訪部順一
スーパードッグ:神谷浩史
マジシャン・マウス:島﨑信長
スライムボール:下野紘
コスモ:大塚明夫
ガミー・ベア:早見沙織
ロボット:津田健次郎
バナナ:森川智之
石けんバブル:本名陽子
ユニ:園崎未恵
サニー:平田広明
ブロッサム:三森すずこ
オクト・キャット:甲斐田裕子
スペースマン:小山力也
ルイス:麦人
アリー:高乃麗
アイス:桐本拓哉
アンドロメダス3世:上田燿司

(C)2023 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

ブルー きみは大丈夫の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング