menu

涼宮ハルヒの憂鬱|アニメ声優・最新情報一覧

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、谷川流によるライトノベル作品。こちらでは、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のあらすじ、キャスト声優、スタッフ、オススメ記事をご紹介!

涼宮ハルヒの憂鬱


【Blu-ray】TV 涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリートBOX 初回限定生産

■作品あらすじ
ただの人間には興味ありません!「この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」入学早々、時を止めるような挨拶をした涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と、誰でもそう思う…。しかしハルヒは心の底から真剣だった。それに気づいたキョンをとりまく日常は、もうすでに超常になっていた…。涼宮ハルヒが団長の学校未公式団体「SOS団」が繰り広げるSF風味の学園ストーリー。

放送
スケジュール
2006年4月2日~
キャスト 涼宮ハルヒ:平野綾
キョン:杉田智和
朝比奈みくる:後藤邑子
古泉一樹:小野大輔
長門有希:茅原実里
鶴屋さん:松岡由貴
朝倉涼子:桑谷夏子
谷口:白石稔
国木田:松元恵
キョンの妹:あおきさやか
スタッフ 超監督:涼宮ハルヒ
監督:石原立也
シリーズ構成:涼宮ハルヒと愉快な仲間たち
キャラクターデザイン・総作画監a督:池田晶子
美術監督:田村せいき
撮影監督:田中淑子
設定:高橋博行
色彩設定:石田奈央美
音響監督:鶴岡陽太
編集:重村建吾
音楽:神前暁

(C)2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団
TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』公式サイト

『涼宮ハルヒの憂鬱』感想&レビューコメント一覧

涼宮ハルヒの消失


【DVD】映画 涼宮ハルヒの消失 DVD 通常版

■作品あらすじ
わたしはあなたに会ったことがある。覚えてる?図書館のこと― クリスマスが間近に迫ったある冬の日。学校に向かったキョンはいつもの日常と違うことに気づく。後ろの席にいるはずのハルヒがいない……。さらに驚くべき事に、その席に座っていたのは、(『憂鬱』にて)キョンを殺そうとして長門に消滅させられたはずの朝倉だった!

放送
スケジュール
2010年2月6日(土)
キャスト 涼宮ハルヒ:平野綾
キョン:杉田智和
朝比奈みくる:後藤邑子
古泉一樹:小野大輔
長門有希:茅原実里
鶴屋さん:松岡由貴
朝倉涼子:桑谷夏子
谷口:白石稔
国木田:松元恵
キョンの妹:あおきさやか
スタッフ 総監督:石原立也
監督:武本康弘
企画:安田猛/嵐智史/八田陽子/酒匂暢彦/井上俊次
脚本:志茂文彦
キャラクターデザイン超総作画監督:池田晶子
総作画監督:西屋太志
美術監督:田村せいき
撮影監督:中上竜太
設定:高橋博行
色彩設計:石田奈央美
編集:重村建吾
音響監督:鶴岡陽太
音響効果:森川永子
録音:矢野さとし
録音助手:砂庭舞
音響制作担当:杉山好美
録音スタジオ:Studio2010:
音響制作:楽音舎
音楽:神前暁/高田龍一
音楽制作協力:monaca
音楽プロデューサー:斎藤滋
音楽制作:ランティス
制作プロデューサー:大橋永晴
アシスタントプロデューサー:山口真由美
プロデューサー:伊藤敦/八田英明

(C)2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団
TVアニメ『涼宮ハルヒの消失』公式サイト

関連動画





みんなの考える平成の代表的アニメ ランキング:第9位



※このランキングは、下記の記事と連動しています。

関連記事:ありがとう平成! みんなが選ぶ平成アニメトップ99作品

支持層

10代、20代、男性からの支持多数

『涼宮ハルヒの憂鬱』の「みんなの声」

・何と言っても、面白い!ハルヒに付き合わされるキョンとのやり取り等、キョンは楽しそうだなぁ、と思いながら観てました(10代・女性)
・現代アニメの先駆け(20代・男性)
・エンディングのインパクトがあって テンポがよく、青春の詰め合わせだから(10代・女性)
・深夜アニメの象徴。(10代・男性)
・SFのような展開が、学園内で繰り広げられることでよりわくわくしながら見ることができました。(10代・女性)
・アニメ好きになった原点(30代・男性)
・アニメの中のアニメであり、京アニの始まり。

ハルヒの奇想天外な考えが当時の私にとても影響を与えた神作品。(10代・男性)
・2000年代で最も勢力のあったタイトル 京都アニメーションの代表作といっても過言ではないのでしょうか。

私がオタクになった原点の作品なので思い入れが強いです。(20代・女性)
・アニメが盛り上がりはじめた時代の、1番人気があった作品だと思うから。(30代・女性)
・平成の学校生活を凝縮して青春をファンタジーに作り上げているから(20代・男性)
・当時の盛り上がりは半端なかった。

深夜アニメの原点にして頂点と言われている理由が良く分かる。

特に歌やダンスなど至る所で踊ったり歌ったりされていて、アニメはオタクだけで無い!という印象も世間に知らしめたと思う。

近年ライトノベルではなく一般の小説としても出て人気を誇っている。

深夜アニメの社会現象といわれる域をはるかに越した史上最高傑作だと思っている。(20代・男性)
・ハルヒに出会ってオタクになったので、深夜アニメとの出会いはハルヒがキッカケです。(20代・女性)
・好きなアニメはたくさんあるけど、一番平成のアニメを代表してたと思う。

続編見たい。(20代・女性)
・少し難しいストーリーだったけど、今までで一番のSFアニメだったし、作画も素晴らしかったし、視聴者を引き込ませる作品だったと思う。(20代・女性)
・アニメが大ヒットし「ハレ晴レユカイ」「最強パレパレード」による踊ってみた・歌ってみたブーム、ニコニコ動画におけるMADブーム、「涼宮ハルヒの激奏」によるアニメによる声優ライブブームとキャラソンブーム、その後の「らきすた」「けいおん」などにも繋がる京都アニメーションブームなど様々で大きなムーブメントを引き起こしたヲタク界における2000年台を代表する作品(20代・男性)
・作画がとにかく綺麗だった。

当時のほかのアニメと比べても、京アニだからか、キャラクターの髪の質感や、透明感などが、印象に残っている。(10代・女性)
・あれに出会って以来自分の人生がまるっきり変わり、オタク人生の始まりでした。

他にない学園SF、ストーリーの内容の濃さ、音楽の良さ、キャラクターの個性。

すべてが「面白い」に満ち溢れてる作品だからです。(20代・男性)
・こんな青春を過ごしたかったマンが日本中に発生した先駆けだと思います(40代・男性)
・学園モノとSFに世界が見事に調和されていて主人公のインパクトのある行動に心を惹かれて行きました。(10代・男性)
・聖地巡礼であったりアキバoffなど今のアニメ界があるのはこのアニメがあるからと言っていいだろう。

ダンスもあったか。

エンドレスエイトも今となってはいい思い出である(10代・男性)
・初めての深夜アニメ そして、ここからラノベを読むようになり今に至る(20代・男性)
・アニメやオタクと言った言葉が世に出回ったきっかけとなったアニメだと思います。

この後から日本アニメは革新して行ったと感じます。

そんな日本を代表するアニメの一つ。(20代・男性)
※みんなの考える平成の代表的アニメのアンケートに参加していただいたみなさまに感謝申し上げます。
※コメントは、基本投稿された文章を重視して掲載しております。

関連記事:ありがとう平成! みんなが選ぶ平成アニメトップ99作品

あなたの考える平成アニメの代表作の
感想・レビューを投稿する

最新記事

涼宮ハルヒシリーズ 関連ニュース情報は40件あります。 現在人気の記事は「歴代名作人気アニメランキング一覧〜みんなが決めた平成アニメ代表作99作品まとめ〜」や「神アニメまとめ 話題になったあの人気作品一覧【2019年版】」です。
おすすめタグ
涼宮ハルヒシリーズ 関連ニュース

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020冬アニメも声優で観る!
秋アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー