声優
Kiramune Music Festival 2014レポ

Kiramuneメンバーが横浜アリーナをアツクする! 濃厚なライブを繰り広げた「Kiramune Music Festival」レポート

 2014年3月22日(土)・23日(日)、横浜アリーナにてランティス、バンダイビジュアルによる音楽レーベルKiramune所属アーティストによるライブ「Kiramune Music Festival 2014」が行われた。

 約1年ぶりの開催、Kiramunea 5周年の節目となる本イベントでは、CONNECT(岩田光央さん、鈴村健一さん)、入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さん)、そして新たなKiramuneメンバー吉野裕行さんが出演。全9組、11名のアーティストによってアンコール曲含め全60曲をも歌いあげた。今回は23日(日)公演をもとにレポートをお届けしよう。

アニメイトタイムズからのおすすめ
●開幕からノンストップ! Kiramuneファミリー勢揃い!


 客電が落ちステージに注目が集まるとライブでお馴染の曲『Get Together!』でスタートを切る。イントロからファンたちの熱も急上昇し、歓声とともにゴンドラに乗ったKiramuneメンバーを迎える。それぞれのイメージカラーで彩られたスパンコールジャケットは、会場に集ったファンたちにキラメキを分け与えるかのように輝く。メンバーたちは花道や会場中央の特設ステージにまで足を運び、ファンひとりひとりに歌を届けるかのように歌声とエールを送った。

 オープニング曲につづく「キラフェス2014」のトップバッターはCONNECT。イメージカラーのブルーに会場が染まると、岩田さん、鈴村さんの安定感のあるハーモニーを奏でる『CONNECT』、『あの雲を追って』を全力で歌いあげる。MCタイムでは「キラフェス」5周年に対する想い、そしてCONNECT 5周年への意気込みを語りあった。続いて披露された「サクラ色」では、2人の絆を感じさせるハイタッチが非常に印象的だった。

 ロックなリズムとともに次にステージに姿を現したのは浪川さん。大型クレーンに身を預け『Jump Out Loud』、『空色追想歌』を全身を使ってをクールに歌いあげる。間もなくサイリウムカラーはホワイトに。

 メインステージのポップアップから岡本さんがジャンピング入場! ポップアップは無事成功し、ガッツポーズを決めて新曲『瞬間 BEAT』を元気いっぱいに歌った。岡本さん曰く、みんなと盛り上がれるものとしてオーダーし、この曲が出来上がったらしい。ステージの端から端まで移動するなど、ファンサービス全開で『REC』、『青春タイムマシン』が続いた。

 会場が赤いサイリウムで埋め尽くされると、ここからは入野さんタイムへと突入。まずアップビートの『Bing Bing Knight』を伸びのある歌声で奏でる。そして、5周年の軌跡をファンたちに見せるべく、初の試みとしてダンスメドレーを披露。キレのあるソロダンス、ダンサーと息のあったパフォーマンスで会場を魅了する。メインステージから花道へ移動し、指の先まで美しく見せる迫力のダンスに息を飲む。堂々とした立ち姿には“成長”の二文字が感じとられ、5年という年月を追い続けたファンの目にもキラメキを増した彼の姿が写っただろう。歌で魅せるのはもちろん、年を重ねるごとにパワーアップしていくメンバーたちのパフォーマンスも見どころのひとつなのだ。

●Kiramune新メンバー吉野裕行さん登場!

 キラフェス2012映像とメンバーのフリートークが繰り広げられた休憩タイムを終えると、Kiramune新メンバーとして参戦する吉野さんが登場。白と青のフラッグによる演出とともに『ドリームフラッグ』、『White Winter Tale』をしっとりと歌い上げた。ライブ初参戦ながらも落ちついた様子で歌を届け、ファンたちも黄色い歓声を吉野さんに送った。

 バトンは神谷さんに渡り、『START AGAIN』から『虹色蝶々』へと流れて行く。長丁場のライブだけあって、MCタイムでは覚悟はできているか? と気合いの入ったメッセージをファンたちに投げかけた。

 お次は、グリーンのレーザーでの演出でお馴染の柿原さんが登場。今回も『GENERATIONS』でレーザーの演出が入り、会場は一気に柿原さんカラーに染まりあげられる。曲調と相まって、幻想的な空気感にファンたちは見惚れていたようだ。

 間髪いれずTrignalがステージに登場すると3人の力強いボイスで会場のカラーがスカイブルーに一変。『Win-possible!』で場を温め、江口さん、木村さん、代永さんの和気あいあいとしたトークへ。恒例の江口さんの身長いじりでファンを笑わせると、いつの間にやら会場はほんわかムードに。

 その後も「キラフェス」ならではの、歌、映像、ダンスの融合で魅せるパフォーマンスで沸かせた。浪川さんの定番曲『UTAO』ではスーツ+眼鏡で歌い、休憩タイムに突入したかと思いきや『BANANA---NA,BOAT!』のメロディにのせて入野さんが自転車でステージに現れ会場を疾走! バナナなイメージに合わせて黄色のハットとジャケット、名前入りバナナTシャツを着る徹底ぶり。稼働式モニターを使った神谷さんの『Shall We Circus!』では、モニターに写るマジックに合わせ、ハットを投げたり、映像と合わさった演出でマジックショーを見ているようなパフォーマンスを披露。

●「さらば、君よ。」に込められた未来に向けたメッセージ

 そして6時間に渡る長く濃厚なライブは、あっという間にフィナーレへ。入野さんの「さらば、君よ。」で一度ライブは締められる。寂しい意味でのさよならではなく、未来に続くよう気持ちを込めて歌われたこの曲は、5年間走りつづけたCONNECTへメッセージのような、そしてファンへもまた会う日を心待ちにしていて欲しいという想いを届けるかのようだった。

 浪川さんを担ぎあげる真顔での騎馬や、CONNECTのフリーズ&メンバーいじり、浪川さん、神谷さん、入野さんのサンドウィッチ体勢などなど、ピックアップしきれないほど見どころはたっぷりだった。メンバーそれぞれのアンコール曲がつづき、ライブの幕はメンバー全員による『EVER DREAM』で締めくくられた。長時間のライブでありながら、メンバーのエネルギッシュなパフォーマンスは多くのファンにキラメキを届けたのだった。

 本ライブのDVD、Blu-rayの発売が決定しているので、ライブのあのシーンをまた見たい方や、参加できなかった方、これから「キラフェス」に参加しようと思っている方はぜひDVDでこの感動を味わって欲しい。柿原さん、浪川さんのソロライブ開催決定も発表されたので、ふたりのファンはコチラもお見逃しなく!

<セットリスト>
M1 Get Together! / Kiramune☆All Stars(KMF2014)
M2 CONNECT / CONNECT
M3 あの雲を追って / CONNECT
M4 サクラ色 / CONNECT
M5 Jump Out Loud / 浪川大輔
M6 空色追想歌 / 浪川大輔
M7 瞬間 BEAT / 岡本信彦
M8 REC / 岡本信彦
M9 青春タイムマシン / 岡本信彦
M10 Bing Bing Knight / 入野自由
M11 メドレー / 入野自由
M12 ドリームフラッグ / 吉野裕行
M13 White Winter Tale / 吉野裕行
M14 START AGAIN / 神谷浩史
M15 ミラーワールド / 神谷浩史
M16 虹色蝶々 / 神谷浩史
M17 GENERATIONS / 柿原徹也
M18 ocean flying / 柿原徹也
M19 Win-possible! / Trignal
M20 初雪 / Trignal
M21 JAM packed TRAIN / 浪川大輔
M22 なりたい ありたい / 浪川大輔
M23 UTAO / 浪川大輔
M24 BANANA---NA,BOAT! / 入野自由
M25 FIGHTING SPIRITS / CONNECT
M26 CONVERSATION!! / CONNECT
M27 Shall We Circus! / 神谷浩史
M28 シリカゲル / 神谷浩史
M29 ラプソディー / 柿原徹也
M30 Labyrinth / 柿原徹也
M31 Honey Ready Go!!! / Trignal
M32 Sunny Shiny Days / Trignal
M33 ORIGINAL COLOR / Trignal
M34 歩いていこう / 吉野裕行
M35 レディースアンドジェントルメン / 吉野裕行
M36 Discover / 吉野裕行
M37 三つ葉のクローバー / 神谷浩史
M38 キズナ / 神谷浩史
M39 Love Searcher / 岡本信彦
M40 クロノスの振り子 / 岡本信彦
M41 Number One / 柿原徹也
M42 Call My Name / 柿原徹也
M43 ジキルとハイド / 浪川大輔
M44 ROCK STAR / 浪川大輔
M45 CRYMAX★LOVEMAX / CONNECT
M46 Runaway Train / CONNECT
M47 Say Hello / CONNECT
M48 cocoro / 入野自由
M49 ワンダフルデイズ / 入野自由
M50 さらば、君よ。 / 入野自由

[アンコール]
EN1 Hey My Girls / 吉野裕行
EN2 恋のメリーゴーランド / Trignal
EN3 グッドラック / 岡本信彦
EN4 Endless Journey / 柿原徹也
EN5 TouriStar / KAmiYU
EN6 はろー☆ぴ~ぷる / 浪川大輔
EN7 1番星 / 神谷浩史
EN8 どこまでも / 入野自由
EN9 コネ☆セン / CONNECT
EN10 EVER DREAM / Kiramune☆All Stars(KMF2014)


<柿原徹也ソロライブ2014>
【日時】8月23日(土) 開場18:00/開演19:00
    8月24日(日) 開場16:00/開演17:00
【会場】舞浜アンフィシアター
【出演】柿原徹也
【チケット料金】全席指定 7,500円(税別)
※3歳以上有料
※当日ご入場の際にご本人確認をさせていただきます。詳しくは下記<ご本人確認について>をご確認ください。

[チケット発売情報]
【最速先行受付期間】5月17日(土) お昼12:00~6月1日(日)23:59



<浪川大輔ソロライブ2014>
【日時】7月26日(土) 開場18:00/開演19:00
    7月27日(日) 開場16:00/開演17:00
【会場】品川プリンス ステラボール
【出演】浪川大輔
【チケット料金】全自由 7,200円(税別)※ドリンク代別途500円必要
※整理番号順入場
※3歳以上有料
※当日ご入場の際にご本人確認をさせていただきます。詳しくは下記<ご本人確認について>をご確認ください。

[チケット発売情報]
【最速先行受付期間】4月1日(火) お昼12:00~4月13日(日)23:59


>> Kiramune official
>> Kiramune Fes 2014

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧