menu
『ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブ』レポが到着!

ブシロード7年間の集大成がここに!『ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブin横浜アリーナ』の模様をお届け!

 2014年5月24日、横浜アリーナにて『ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブ』が開催された。2007年に会社が設立されて以降、『ヴァイスシュヴァルツ』や『カードファイト!! ヴァンガード』など数々の作品を世に送り出してきたブシロード。

 そんなブシロードの7周年記念イベントということで、歴代のブシロード作品に関わってきた数々のアーティストが集結し、非常に豪華なライブとなった。本稿では、大盛り上がりを見せたイベントの模様をお届けしよう。

■ブシロード7周年ライブでは、豪華アーティストが続々参戦!

 出演アーティストを紹介するPVの後にライブの先陣を切るのは、スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』からの刺客μ's!『僕らは今のなかで』、『No
brand girls』の2曲を、モニターに映るアニメーションPVに負けない息ピッタリのパフォーマンスで客席を魅了。続くMCではブシモアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』(以下、『スクフェス』)のユーザー数300万人突破が発表された。また、ライブ後に公式サイトにて、これを記念して『スクフェス』のための新たな楽曲の制作が決定したことを発表した。

 以前に『スクフェス』のために書き下ろされた楽曲である『タカラモノズ』もライブで初披露され、トロッコに乗ったμ'sが客席のすぐ近くを通過するという驚きの演出に会場は大盛り上がり。冒頭から今をときめく人気グループによるサプライズの数々に、会場のボルテージはいきなり最高潮となった。

 その後はブシロードの代表作とも言えるテレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード』から『Vanguard Fight』、『Break your spell』のオープニングテーマ2曲をサイキックラバーが熱唱。 会場全体が熱く燃え上がると、続くSuaraさんも同作のエンディングである『Fly away -大空へ-』で美しい歌声を響かせた。
 Suaraさんの「私のバディを紹介します!」の言葉に合わせてサイキックラバーが再登場。『フューチャーカード バディファイト』のオープニングテーマ『Card of the Future』を、共に熱く歌い上げる見事なバディっぷりを見せてくれた。

 徳井青空さんも自身が作中で演じた奈々菜パル子として、『Buddy Buddy Fight!』で元気いっぱいに続く。

 さらに現在の社名ともなっており、昨年末にはついに10年越しのアニメ化を果たした伝説の作品『熱風海陸ブシロード』から、マエダ=カガト、ハシバ=ヒナタ役をそれぞれ演じた鈴木千尋さんとサエキトモさんが登場。歌う曲はもちろん主題歌『熱風海陸ブシロード~熱き咆哮~』だ。

 2人は同作の制作が一度中断される前から、主役のカズサ=シン役・鳥海浩輔さんと一緒に主題歌『熱風海陸ブシロード ~熱き咆哮~』を担当していたという経緯があり、アニメに続いて10年越しのライブがついに実現することとなった。曲の途中には、なんとブシロードの木谷社長が登場し、大いに盛り上がった。

■ブシロードはソロアーティストも見逃せない!

 続いて、熱いソロパートが展開! 愛美さんがブシモアプリ『禁断召喚!サモンマスター』から『Brave Master』、『永遠』のアップテンポな2曲でステージの雰囲気を一変させたと思うと、続く橘田いずみさんは作中で演じた黒木智子としてテレビアニメ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の主題歌『どう考えても私は悪くない』を独特の音程そのままに見事歌いきるなど、多様な楽曲がライブを彩っていく。

 テレビアニメ『マイリトルポニー』で、自身の演じたピンキーパイのぬいぐるみと一緒に登壇したのは三森すずこさん。主題歌である『ミライスタート』、『夢見る! 信じる! 未来叶えて!』の2曲でその歌声を響かせつつ、自身とピンキーパイの声を即座に演じ分けながらのコール&レスポンスをするという、声優としての芸達者っぷりも見せつけてくれた。

 新田恵海さんは、作品の象徴ともいえる桜をイメージしたピンクの衣装で『D.C.III P.P. ~ダ・カーポIIIプラチナパートナー~』の主題歌『タイムカプセル』をかわいらしく歌い上げ、横浜アリーナに桜色のサイリウムを満開に咲かせていた。

 眩くステージライトに照らされて現れたのは、数々の人気アニメの主題歌を担当しているLiSAさん。これまで客席で一緒にライブを楽しんでいたというLiSAさんは、μ'sの『タカラモノズ』で席のすぐ近くを通過したメンバーに大興奮していたというアニメファンっぷりを告白して会場を沸かせつつ、テレビアニメ『幻影ヲ駆ケル太陽』主題歌『traumerei』、テレビアニメ『ソードアート・オンライン』主題歌『crossing field』の2曲を披露。もはやベテランの風格すら漂う落ち着いたパフォーマンスの数々で客席を虜にする。

 本日2回目となる『熱風海陸ブシロード~熱き咆哮~』を、今度は小野正利さんが熱唱。渋くカッコイイ歌声で紡がれる名曲は、1回目とはまた違った力強さに溢れていた。

■シークレットゲスト&ブシロードを代表するあの人が登場!

 ここまで正体が伏せられていたシークレットアーティストは、アニメ『超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューターつかさ』での橘田さん・徳井さん・愛美さんによるユニットGigant Girls。アニメエンディング曲である『キミが一番つたえたいもの』をしっとりと歌い上げた。

 ブシロード作品には欠かせない存在となったDAIGOさんは、1曲目の『BUTTERFLY』に合わせた蝶をモチーフにした大きな羽を背負った衣装で登場。会場は驚きつつもところどころで笑いが巻き起こる。ここでなんと9月に公開予定の実写版ヴァンガードのテーマソングである『CHANGE!!』が初お披露目!ライバルとの友情と未来への希望に溢れたヴァンガードらしいテンポのいい楽曲に仕上がっており、会場もノリノリで声援を送っていた。

 DAIGOさんのライブでは女性ファンが多く、男性のファンが中心の今日のイベントは受け入れてもらえるか不安だったそうだが、その心配は杞憂に終わったようだ。この日のためにどうしても歌いたかったというヴァンガードオープニングテーマ『無限∞REBIRTH』を熱唱し、「6年前にめっちゃ流行ったんですけど」と前置きしてこの日一番の爆笑を誘いつつ、会場全体でブシロード7周年を祝う「おめでとういっしゅ!」の大合唱を巻き起こしてライブを盛り上げた。

 その後は、木谷社長がブシロードのこれまでの軌跡を語るVTRが流された。30坪の小さなビルの一室からブシロードが始まったこと、『熱風海陸ブシロード』を必ず再びアニメ化するという決意の元で社名をつけたこと、『ヴァイスシュヴァルツ』が今や30~40カ国で販売される人気シリーズに育ったことなど様々な苦労話やエピソードが明かされ、こんな盛大なイベントが開けるまでに支えてくれたファンへの感謝の言葉を述べた。

 第一幕目の最後はDAIGOさん、サイキックラバー、Suaraさん、橘田いずみさん、三森すずこさん、森嶋秀太さんらによるブシロード7周年記念ユニットBUSHI★7が『V-ROAD』を壮大に歌い上げ、前半のブシロードライブを締めくくった。

■ミルキィホームズライブでは驚きの新発表も……!?

 後半からは、おなじみの代表曲であるアニメ第1期OP『正解はひとつ!じゃない!!』を口火に、ミルキィホームズ(三森すずこさん、徳井青空さん、佐々木未来さん、橘田いずみさん)によるライブが幕を上げる。
  妹分であるフェザーズの2人(愛美さん、伊藤彩沙さん)も加わり、ハイテンポなリズムに乗りながらメンバーがお互いを紹介しあう『We are the Miracle Holmes♪』を見事なチームワークで乗り切ると、巻き起こる盛大な拍手の中、最高のスタートを切った。

 “好奇心の羅針盤”を狙う怪盗アルセーヌを追いかけ、横浜アリーナ号に乗ったミルキィホームズが冒険の旅に出るというお馴染みのストーリー仕立てでステージは進行。今回のライブのテーマソングである『冒険☆ミルキィロード!!』、アニメ第2期オープニングテーマ『ナゾ! ナゾ? Happiness!!』をハツラツと歌い上げ、ミルキィホームズたちの新たな冒険が幕を開けた。留守番を任されていたフェザーズも4人の先輩達を追って横浜に向けて出発し、『泣き虫TREASURES』で見事なデュエットを見せる。

 一方のミルキィホームズはというと、アルセーヌの予告時間まで余裕があるのをいいことに、“好奇心の羅針盤”の力を使って世界各地の冒険に出かけていく。『I DO MY BEST!!』(佐々木さん)、『アコガレmake your dream』(三森さん)、『SU☆PA☆PA☆スター』(徳井さん)、『乙女▼危機一髪』(▼はハートマーク)(橘田さん)と続けざまにそれぞれのキャラクターの個性にあったイメージソングが奏でられる。
 4人揃っての『羽ばたいてDreamin’』では、それまでキャラクターに合わせて色を変えていた4色のサイリウムが鮮やかに混じり合い、幻想的な光景を形作っていた。

■『ミルキィホームズ』には欠かせないメンバーがそろい踏み!

 更にその後は、「こころちゃんって言うなぁー!」のお馴染みの台詞と共に、明智小衣役の南條愛乃さんが登場!ちょっぴりお茶目な小衣であったが『ココロノエデン』が流れ始めると、それまでの雰囲気からは一変、まさに歌姫と呼ぶに相応しい美声で客席を虜にする。この曲をライブで歌うのは久しぶりだったこともあり、南條さん自身も7周年イベントで披露できたことへの喜びを語っていた。

 続く怪盗アルセーヌとの対決ではアルセーヌを演じる明坂聡美さんも姿を見せ、『美的・エゴイズム』を妖艶に歌い上げる。アルセーヌの能力である幻惑のトイズに魅入られたように会場が幻想的な空間に包まれる中、そうはさせないとフェザーズの2人が登場。
『セイシュンビギナー』の2人でハートマークをつくる振り付けでは、作中のような仲の良さに会場から大歓声も上がっていた。加えて今日が初披露となる『HAPPY!絶好調』も披露し、先輩たちに負けない元気いっぱいな姿を見せてくれた。

 そこにミルキィホームズの4人も駆けつけ、全員で『ピンチにパンチ』を可憐に歌ってアルセーヌを追い返し、“好奇心の羅針盤”の奪還に成功。まもなく横浜アリーナ号が帰港する時間になるも、「横浜に帰るまでが冒険です!」と三森さんが宣言し、6人は再び新しい冒険へ出発する。
『雨上がりのミライ』、『ぐろーりーぐろーいん☆DAYS』では、ステージを飛び出し、船にみたてたトロッコ乗り込んだミルキィが客席の回りをぐるりと周回し、ボールを客席に投げ入れるというサプライズ。ファンにはたまらないサービスで、会場のボルテージをさらに盛り上げていった。

■まだまだ『ミルキィホームズ』旋風は終わらない!

 最後を飾るのに相応しい切なさの溢れる楽曲『スイートスイートホームタウン』でメンバーが退場すると、割れんばかりのアンコールが鳴り響く。5時間にも及ぶライブに声が枯れたファンの姿も大勢いたものの、残る力を振り絞って声を上げる姿が印象的だった。

 そしてそのアンコールに応える形で、『恋の調査報告書』と共にミルキィホームズが再登場!さらに新発表として、今年全国各地でのライブの予定や、今後ミルキィホームズはセカンドステージに向けてまだまだ続くとの力強い宣言がなされた。詳細は秋に開催される東京ゲームショー2014までお預けとなったが期待が高まる。
「もうファイブかシックスくらいは行ってると思ってた」とメンバーがコメントするほど、“セカンド“ステージというには既に長期に渡る人気シリーズとなっているミルキィホームズ。その人気に負けじと今年以降もまだまだミルキィ旋風は続くことになりそうだ。

 ここまで応援してきてくれたファンへの感謝を込めるように『聞こえなくてもありがとう』、そして本当のラストとして、今度は6人勢揃いでの『冒険☆ミルキィロード!!』をメンバーだけでなく会場全体が1つとなって再び歌い上げ、ブシロードの集大成とも言えるライブは幕を閉じた。

<『ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブ』セットリスト>

【第1部】
01. 僕らは今のなかで /μ’s
02. No brand girls / μ’s
03. タカラモノズ /μ’s
04. Vanguard Fight / サイキックラバー
05. Break your spell / サイキックラバー
06. Fly away -大空へ- / Suara
07. Card of the Future / サイキックラバー & Suara
08. Buddy Buddy Fight! / 奈々菜パル子 (CV:徳井青空)
09. 熱風海陸ブシロード ~熱き咆哮~ / 鈴木千尋 & サエキトモ
10. Brave Master / 愛美
11. 永遠 / 愛美
12. どう考えても私は悪くない / 黒木智子 (CV:橘田いずみ)
13. ミライスタート / 三森すずこ
14. 夢見る! 信じる! 未来叶えて! / 三森すずこ
15. タイムカプセル / 新田恵海
16. traumerei / LiSA
17. crossing field / LiSA
18. 熱風海陸ブシロード ~熱き咆哮~ / 小野正利
19. キミが一番つたえたいもの / Gigant Girls
20. BUTTERFLY / DAIGO
21. CHANGE!! / DAIGO
22. 無限∞REBIRTH / DAIGO
23. V-ROAD / BUSHI★7

【第2部】
01. 正解はひとつ!じゃない!!
02. We are the Miracle Holmes♪ / ミルキィホームズシスターズ
03. 冒険☆ミルキィロード!!
04. ナゾ! ナゾ? Happiness!!
05. 泣き虫TREASURES / ミルキィホームズフェザーズ
06. I DO MY BEST!! / 佐々木未来
07. アコガレmake your dream / 三森すずこ
08. SU☆PA☆PA☆スター / 徳井青空
09. 乙女▼危機一髪 / 橘田いずみ
(▼はハートマーク)
10. 羽ばたいてDreamin'
11. ココロノエデン / 南篠愛乃
12. 美的・エゴイズム / 明坂聡美
13. セイシュンビギナー! / ミルキィホームズフェザーズ
14. HAPPY!絶好調 / ミルキィホームズフェザーズ
15. ピンチにパンチ / ミルキィホームズシスターズ
16. 雨上がりのミライ / ミルキィホームズシスターズ
17. ぐろーりーぐろーいん☆DAYS / ミルキィホームズシスターズ
18. スイートスイートホームタウン / ミルキィホームズシスターズ
(アンコール)
19. 恋の調査報告書
20. 聞こえなくてもありがとう
21. 冒険☆ミルキィロード!!


>>ブシロード公式サイト
>>『探偵オペラミルキィホームズ』公式ポータルサイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング