menu
アニメ
アニメ『ヘタリア TWT』出演声優インタビュー<第5弾>

7月新番『ヘタリア The World Twinkle』出演声優インタビュー【武内健・たなかこころ】

 2015年7月3日よりdアニメストアほかにて配信中のアニメ『ヘタリア The World Twinkle』。本作はアニメ『ヘタリア Axis Powers』シリーズの第6期目で、原作は日丸屋秀和氏による同名作品。戦いには弱いが陽気で憎めない「イタリア」と、厳格できまじめな「ドイツ」、おっとりマイペースな「日本」を中心に「イギリス」や「アメリカ」などのキャラクターたちが繰り広げるコミカルストーリー。配信用アニメのほか劇場版も制作された大人気作品となっています。

 およそ2年ぶりのアニメ化にあたり、総勢18名の声優陣にインタビュー! 今回は武内健さん(リトアニア役)とたなかこころさん(ラトビア役)のインタビューをご紹介します! 穏やかで控えめな2人の口から語られるアフレコ現場の秘密、そしてプライベートとは……?


アニメイトタイムズからのおすすめ
●第6作目でも、“これぞ『ヘタリア』の現場!”と感じられる雰囲気


――まずはアフレコを終えての感想をお聞かせください。

リトアニア役・武内健さん(以下、武内):かなり久しぶりのアフレコだったのですが、参加するメンバーが変わっているわけではないので非常にやりやすかったですね。とても楽しかったです。

ラトビア役・たなかこころさん(以下、たなか):おっしゃるように主要メンバーは変わらずですが、アニメでピックアップされるキャラクターも増えたので、豪華な感じになってますよね。その分、キャストも増えて現場はにぎやかです。

武内:従来のキャラクターたちにプラスして、僕たちもまだ出会っていない新キャラクターが登場しますしね。

たなか:ボリュームアップですね。


――久しぶりということですが、第5期からおよそ2年ぶりのアフレコになるそうです。

たなか:今、言われてみて、そんなに間が空いていたんだなぁと思いました。スタジオの雰囲気もいつも通りだったので、そんなに経っているというような感慨深いものは特に(苦笑)。

武内:雰囲気も以前のままでしたし、スタジオのなかにいるキャストの数が増えていること以外は何も変わっていませんからね。僕も前作から2年も経っていたと聞いて驚いています。

たなか:現場はいつ来ても「これぞ『ヘタリア』の現場!」という感じなんですよ。

武内:枢軸と連合のみなさんが中心に立って現場を盛り上げてくださるので、そういった意味でも以前のままの雰囲気のなかでやれているかなと思います。

たなか:おっしゃるとおりです。みなさんのお話を聞いているだけで「あぁ、僕は今、『ヘタリア』の現場にいるんだな」っていう気持ちになりましたし。


――『ヘタリア』らしい現場というのは他の方からもよく聞きますが、具体的にはどのような雰囲気の現場なのでしょうか?

武内:それは……みなさんには言えないですよ(笑)。いい大人たちが揃っていますから、ここでは言えないようなことをいっぱい話しています。きっと知らないほうがいいと思いますよ、何事もイメージが大事ですから(笑)。

たなか:そうですね。ですので、スタジオはほのぼのとした非常にいい現場です、ということでお願いします(笑)。


●幸せのひとつに『ヘタリア』があると嬉しい!

――ありがとうございます(笑)。それでは、アニメ本編の見どころや注目ポイントについて教えてください。

たなか:新しいキャラクターたちが活躍するお話が多いようなので、そちらに期待していただくのがいいと思います。ついでに僕たちのことも忘れないでいただければ……。ちなみにラトビアは悲哀たっぷりなところが相変わらずです(笑)。エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国らしいさまを楽しみにしていてください。

武内:そうはいってもバルト三国は、活躍はしないので(笑)。話の中心にはなかなかいかないキャラクターたちですからね。ですので、枢軸と連合のお話を中心にしつつ、僕たちはいろいろなキャラクターたちの隠し味、彩りとして参加しようかなと。控えめですけど、「ここにいるんだよ!」とがんばって主張しているところをぜひ見てほしいです。

たなか:「こんなところにいた!」みたいに発見していただければ何よりです(笑)。


――ここからはお話が変わりますが、もしみなさんが登場キャラクターのなかであるキャラクターに1週間なれるとしたら、どのキャラクターになって何をしてみたいですか?

武内:僕はロシアになりたいです。周囲に対して存在感を出してみたいですね。

たなか:イタリアになって、女の子をストレートに追いかけてみたいです。普段はそんなことできないので。

武内:え? 普段からやってるよね?

たなか:いやいやいや、やってませんよ!(笑) 女の子を見て「かわいいね~」とストレートに言えるようになりたいです。

武内:僕たちは言えないもんね……。


――アニメやドラマCDのセリフのなかにはいっぱいありますけどね。

武内:そうですね。僕たち、台本が大好きです(笑)。


――今回のタイトル「The World Twinkle」は「きらめく世界」、「世界がキラキラしている」といった意味を持っていますが、みなさんにとって「世界がキラキラしているな」=幸せだなぁと感じる瞬間はどのようなときですか?

たなか:おいしいものを食べるときはいつもキラキラしています。僕、カツオのたたきが大好きなんですけど、旬の時期は心ときめいていますし、キラキラしっぱなしですよ。もう初カツオの時期は過ぎてしまいましたけど、毎年、初カツオに出あったら世界がキラキラしはじめますね。

武内:大きな幸せはないですけど、日々生きていくなかで小さな幸せを感じています。道端に花が咲いていれば「きれいだな」と思ったり、人が笑顔でいれば「美しいな」と思ったり。それを自分にとっての幸せとして積み重ねながら過ごしています。それこそ今、カツオのたたきの話が出ましたけど、おいしいものを食べれば僕も幸せを感じますし、夜寝るときも「ベッドがふんわりしていて気持ちいいなぁ。幸せだな~」と思います。ですので、世の中にはいろいろな幸せがあると思いますけど、そんな小さい幸せを楽しんで生きるのもいいと思います。

たなか:日常はキラキラに囲まれているんですね。

武内:そう。日常を楽しめれば、それこそが幸せなんだと思います。

たなか:そのキラキラのひとつに『ヘタリア』があったら僕たちはうれしいです。


――ありがとうございます。最後に配信を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。

武内:今回で第6期に突入しますが、だからといって、今から見はじめて話についていけないなんてことはないと思います。『ヘタリア』という作品を知らなかったという方はここからでも構いませんので、ぜひ見てみてください。十分楽しめると思います。これまで見続けてくださった方は、今期も相変わらずのテイストですので、何年経っても変わらない『ヘタリア』を堪能してください。

たなか:ラトビアが忘れられないように時折画面に登場しますので、「いつ出てくるかな~」と期待しながら見てください(笑)。そしてこれからも応援してください。よろしくお願いします。


■『ヘタリア The World Twinkle』

【スタッフ】
監督:わたなべひろし 
シリーズ構成:ふでやすかずゆき 
キャラクターデザイン:岡真里子 
アニメーション制作:スタジオディーン
 
【メインキャスト】
イタリア:浪川大輔 
ドイツ:安元洋貴 
日本:高橋広樹 
アメリカ:小西克幸 
イギリス:杉山紀彰 
フランス:小野坂昌也 
ロシア:高戸靖広 
中国:甲斐田ゆき

【主題歌】
 主題歌:「ヘタリアン☆ジェット」 歌唱:イタリア(CV:浪川大輔)

>>『ヘタリア The World Twinkle』公式サイト
>>『ヘタリア The World Twinkle』公式Twitter

(C)2015 日丸屋秀和・幻冬舎コミックス/ヘタリア製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング