アニメ
TVアニメ『三者三葉』原作者・荒井チェリーさんにインタビュー

TVアニメ『三者三葉』原作者・荒井チェリーさんが語る、原作ファンも新鮮にアニメを楽しめるポイントとは?

 2016年4月より、TOKYO MXほかにて好評放送中のTVアニメ『三者三葉』。本作は『未確認で進行形』でおなじみの荒井チェリーさんが描く「まんがタイムきらら」で連載13年を誇る作品です。名前に「葉」の字がつく“三者三様”の性格の女子高生が織り成すキュートで愉快な日常は、漫画とアニメで視聴者の心を鷲掴みにしています。

 そしてこの度、本作の作者・荒井チェリーさんにインタビューを実施! 「まんがタイムきらら」にて連載最長の原作はもちろん、アニメ化を受けた際の印象や本編を視聴した感想など、思いの丈を語っていただきました。

 
■ ネームもないまま連載へ!? 漫画『三者三葉』の誕生秘話が明らかに

――長きにわたり連載されている本作ですが、どのようなきっかけで誕生したのでしょうか?

荒井チェリーさん(以下、荒井):投稿作です。掲載はされないと思ってキャラもキャラデザも話も名前もネームも無しに描きながら考えたので後々苦しめられました……。


――双葉、葉山、葉子の主となる3キャラクターを形作るうえで、特にこだわった点、ここの部分は特に考えをまとめるのに苦労したといった部分はございますか?

荒井:最初の数話はとりあえず続きを描いてみてください、という感じだったのでキャラは描きながら作っていった…というか出来ていったという感じです。多分その当時自分的にやりやすい設定だったのかなと。正直初期の頃のことはもうあまり記憶に無いです……。

 
――双葉、葉山、葉子のメイン3キャラクター以外のサブキャラクターたちも個性的な面々ばかりですが、特に気に入っているキャラクターはいますか?

荒井:長い付き合いなのでこれ!というキャラはいないのですが、事を起こす際に最初に動かす機会が多いのが双葉なので双葉かな?

 
■ 連載13年目のアニメ化に荒井さんは……?

――連載開始から約12年を経て、満を持してのアニメ化となりましたが、アニメ化のお話を伺った際の心境はいかがでしたか?

荒井:「今ですか!?」とか「これを30分で!?」とか色々聞き返したような。基本的にご飯食べて色々ぶん投げっぱなしで喋ってるだけの漫画なのでこれをどう……って(笑)。

 
――『未確認で進行形』に続いて、動画工房がアニメーション制作を手掛けていますが、制作の際にスタッフの方々にアニメーションとして『三者三葉』を作る上でお願いしたことなどはございますか?

荒井:動画工房さん側に直接お願いしたかは忘れてしまいましたが芳文社さん側には今向けにしてもらった方がいいのではーと無茶な希望をお伝えしました。

さすがに出だしが10年以上前のものなので。あと先に挙げたとおり1話は投稿作ということもあって双葉の転校生設定は1話以降特に何の意味も成してなかったので省いていただきました。あとは、キャラデザは最新刊で取っていただきました。

 
――本作でも『未確認で進行形』と同様に、OP&EDも魅力的なものになっているかと思います。それぞれの楽曲、映像をご覧なっていかがでしたか?

荒井:どちらも印象に残る曲と、可愛い動きの映像で素晴らしかったです。やっぱり内容に合わせた歌詞にしていただけるのは嬉しいですしありがたいです。自分で描く時は葉子は(ネタ意外では)一応お嬢様ということではしゃいだ感じで笑わないように、照は外面がいいので表に出ている時は基本作った顔、みたいな無意識な縛りがあったのですがアニメになると色々な表情が見れて新鮮でした。

 OPにダイジェスト入るのとEDに薗部のセリフ入るのも面白いですね。キャストの皆さんも新鮮さや個性があって、可愛い映像に声でまた可愛いが増し増しになっているなと感じました。

 
■ 原作者なのに驚いた!? アニメならではの見どころを紹介!

――そして既にアニメも折り返し地点を超えていますが、ここまでご覧になってみていかがですか?

荒井:一見萌え4コマのアニメみたい!って思って見ていました(笑)。回が進むごとにだんだんアレやそれが漏れてきた感じがありますが動画工房さんの匠の技で可愛く仕上がってて凄いなーと思います。出だしの時点で萌え4コマ描こうと思って描いていた作品ではなく可愛くしようみたいな意識は『三者三葉』に関してはあまりなかったので漫画を読んでくださっていた方にも新鮮な感じでアニメの『三者三葉』を楽しんでいただけているのではと思います。

 
――アニメをご覧になって、ここの表現にグッときた、あのシーンの描かれ方が特に良かったなどございましたら教えてください。

荒井:猫の動き凄いですよね! たまに双葉が他のキャラが喋っている時一人で変な動きしていたりするのが可愛いです。あとは薗部と山路の戦闘シーンとか。

――最後に原作・アニメの今後の展開を楽しみにされている方々へメッセージをお願いします。

荒井:長年支えてくださった方々のおかげでここまで続けさせていただいた上にアニメにもしていただけました。アニメではじめて触れるという方にも楽しい可愛い作品にしていただけたと感じております。最後までお付き合いいただければと思います。


――ありがとうございました!

■ TVアニメ『三者三葉』
【放送情報】
TOKYO MX:4月10日より、毎週日曜日24:00~
サンテレビ:4月11日より、毎週月曜日25:00~
KBS京都:4月11日より、毎週月曜日25:00~
BS11:4月10日より、毎週日曜日24:30~
AT-X:4月10日より、毎週日曜日24:00~
[AT-Xリピート放送]
毎週月曜日23:00~/毎週水曜日15:00~/毎週土曜日7:00~
※放送情報は変更になる可能性がございます。

【スタッフ】
原作:荒井チェリー(芳文社「まんがタイムきらら」連載)
監督:木村泰大
シリーズ構成:子安秀明
キャラクターデザイン:山崎淳
総作画監督:山崎淳/谷口元浩
美術監督:川口正明
色彩設計:伊藤裕香
撮影監督:伊藤邦彦
編集:平木大輔
音楽:睦月周平
音響監督:土屋雅紀
音響効果:倉橋裕宗
アニメーション制作:動画工房

【キャスト】
西川葉子:和久井優
小田切双葉:金澤まい
葉山照:今村彩夏
西山芹奈役:Machico
近藤亜紗子役:鈴木愛奈
薗部篠役:桃河りか
山路充嗣:赤羽根健治
葉山光:西明日香
竹園優:渡辺はるか
臼田桜:夏野菜緒
辻一芽:桑山琴音
辻小芽:田中ちえ美

<パッケージ情報>
■「三者三葉 Vol.1 初回生産限定版」

発売日:2016年6月29日(水)
価格:BD 6,800円+税 / DVD 5,800円+税

【初回限定特典】
・スペシャルライブイベント優先販売申込券
・キャラクターデザイン・山崎淳描き下ろしスリーブケース

【映像特典】
・OVA 未放映エピソード(1)「キノコはからだにいいんだよ」
・ボイス付き原作4 コマ集(1)
・ニコ生蔵出し映像(1)

【封入特典】
・豪華応援イラスト集
・スタッフ&キャスト寄せ書き集

※初回生産限定版の在庫が無くなり次第、初回特典なしの通常版に切り替わります。価格・品番に変更はありません。
※特典内容・商品仕様は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

[発売スケジュール]
※価格はすべて共通:BD 6,800円+税 / DVD 5,800円+税
VOL.1: 2016 年 6 月29 日(水)
VOL.2: 2016 年 7 月13 日(水)
VOL.3: 2016 年 8 月17 日(水)
VOL.4: 2016 年 9 月14 日(水)
VOL.5: 2016 年 10 月12 日(水)
VOL.6: 2016 年 11 月16 日(水)


>>TVアニメ公式サイト
>>TVアニメ公式Twitter(@sansya_anime)

■アニメイトタイムズの人気記事!

花澤香菜さん、古川未鈴さんらへの質問募集中!

『テイルズ オブ リンク』ディレクターが語る、中村悠一さんキャスティング秘話

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

最新『僕のヒーローアカデミア』一番くじ情報!

「きっかけは気軽でいい」次世代アーティストオーディションが求める人材像

(C)荒井チェリー・芳文社/三者三葉製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

三者三葉の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集