アニメ
『ワールドトリガーフェスティバル2016』  レポート

梶裕貴さんの血管が切れていた!? 森田成一さんが打ち上げで“トリガーオン”を叫ぶ!? 衝撃の裏話が飛び出した『ワールドトリガーフェスティバル2016』レポ

 2016年4月10日(日)、新宿バルト9にてTVアニメ『ワールドトリガー』のファン感謝祭イベント『ワールドトリガーフェスティバル2016』が行われました。

 今回のイベントは、TVアニメ第1期の終了を記念したファン感謝祭ということで、多数の豪華声優陣が集結! 司会進行は村中知さん(空閑遊真役)、梶裕貴さん(三雲修役)が務め、トークゲストには中村悠一さん(迅悠一役)、田村奈央さん(雨取千佳役)、田中秀幸(レプリカ役)さん、福山潤さん(烏丸京介役)さん、森田成一さん(三輪秀次役)が登壇し、さまざまなトークを繰り広げました。

 また、会場である新宿バルト9の400席を超える10倍以上もの応募が殺到したとのことで、品川、横浜、新潟、梅田、広島、博多といった全国各地の劇場に加え、新宿バルト9の別のスクリーンでもライブビューイングも行われる人気ぶり! 今回はその熱気をみなさまにもお伝えしていきます。

 
■ 歴代主題歌&総集編PVで『ワートリ』を振り返る!

 イベントがスタートすると、舞台に登壇したキャスト陣が観客のみなさんへそれぞれご挨拶し、さっそく最初のコーナーへ。TVアニメ歴代主題歌のフルバージョンとともに、特別編集されたダイジェストPVで『ワールドトリガー』を振り返っていきます。数々の名シーンや、人気キャラクターたちの活躍がたっぷりと堪能できる映像に、観客のみなさんからはシーンごとに大きな歓声があがります。特に本会場では、忍田真史などのボーダー上層部に黄色い歓声が贈られていました。キャスト陣も「かっこいい!」、「ああ、なつかしいシーン!」といった感想や、それぞれのキャラについて自由なコメントをしながら楽しんでいる様子がうかがえました。

 激しいアクションシーンの場面では、森田さんが「(シーンの)カットも早くて、台本をめくるのが追いつかないんですよね」と、村中さんと苦労したエピソードを語ります。また、レプリカがまっぷたつになるシーンでは、会場から大きな悲鳴もあがっていました。そのことについて田中さんは「秀幸さん大変です! レプリカ先生まっぷたつです! って知ちゃん(村中さん)にいきなり言われて(笑)」と、いきなりネタバレされたことを暴露! その村中さんは、TVアニメオリジナルの逃亡者編について「私は原作を全部読んで演じているので、演じていても先が楽しみでした」と述べていました。

 
■ ワールドトリガーを100倍楽しむ講座特別編!

 続いては、TVアニメの各話終了後に放映されていた“ワールドトリガーを100倍楽しむ講座”の、イベント限定特別版をキャストのみなさんと楽しもう! というパートへ。ちなみに、ワールドトリガーを100倍楽しむ講座は、原作コミックのカバーの裏に描かれているデフォルメイラストを、TVアニメスタッフがどうしてもアニメにしたいという願望から生まれたコーナーという裏話が明かされます。

 また、今回の特別版本編でも、“この講座は、TVアニメにエンディングがないぶん、尺を埋めるために……”“迅悠一の好きな物に女子のおしりとあるが、テレビで流していいのか許可を取らずに流したのでプロデューサーが……”など、制作の裏話がたっぷりと語られ、会場のみならずキャスト陣からも大きな笑いが起きていました。

 
■ キャスト陣でのリレーQ&A!

 次はキャストのみなさんでリレー形式の質問コーナー。質問する内容だけは事前にリストアップされていますが、誰にリレーするのかは分からないため、その場で応えなくてはいけません。

 まずは梶さんから、中村さんへの質問。「中村さんと迅悠一は同じ悠一という名前ですが、共通点などは感じますか?」というもの。中村さんはオーディションの時のエピソードを語り、「これで(迅悠一役に)落ちたら恥ずかしいなと思ってました(笑)」と、ぶっちゃけトーク。中村さんから、福山さんへ質問では、「アフレコ前に台本・映像チェックはどのようにしていますか?」と、田中さんに聞きたかったというマジメなお話し。福山さんは、お風呂の中でチェックしているそうです。

 そして福山さんから、次は森田さんへ「普段の生活でどんなときにトリガーをオンしていますか? 芝居仕立てでお願いします」と、注文付きの質問! 森田さんは、なにやら仕事の現場入りから、打ち上げに参加する芝居を細かく演じます。そして、酔いがまわってきた瞬間! 「トリガーオンッ! ハイボールくださーい!」と叫ぶ森田さん迫真の演技と、ディティールの細かさに会場は大爆笑でした。

 そんな森田さんから田中さんへの質問は「学生時代の部活動はなにをしてましたか?」というもの。田中さんは中学が写真部、高校が地理研究部だったころのエピソードを語ります。そして田中さんは田村さんへ「(『ワートリ』内で)彼氏にしたいキャラクターは誰ですか?」というドキドキのご質問。田村さんが「絵馬ユズルです」と応えると、会場内の女性ファンからも同意の歓声と拍手が起こっていました!

 田村さんから村中さんの質問は「『ワートリ』のキャラクターに1日なれるとしたら、誰になりたいですか?」という興味深いもの。しかし村中さんは長く考えた末、「いないかも!」と、意外な回答。空閑遊真以外になろうと思ったことがないので、興味が湧かないという、役者魂を感じるコメントでした。そして最後は村中さんから、梶さんへ「梶さんの叫びは究極だと思いますが、血管が切れそうになりませんか?」というご質問。梶さんは「血管はいつも切れてますよ」と、かなりの体力を使って叫んでいることを明らかにしていました。

 
■ 『実力派エリート迅』アニメ化決定……!?

 お次のコーナーは、『ワールドトリガー』のプロトタイプとも言われている、葦原大介先生の読み切り漫画『実力派エリート迅』がまさかのアニメ化!? という体で作られた、その名も“『実力派エリート迅』なんちゃってPV”という映像が上映されました。迅悠一改め、“迅遊一”の活躍がしっかりと描かれていましたが、最後には「すいません、ウソです」でおなじみの烏丸京介が登場して「このPV、ウソです。アニメ化はしません」と言い、笑いが起きる中締めくくられます。福山さんは、「最後のオチ楽しみだったのに、タイトルでウソだってバレてる(笑)」と、残念そうでした。

 続いては、生アフレココーナー! キャスト陣が2名ずつ、名シーンをその場で熱演し、観客を魅了。計11シーンの生アフレコが披露され、中でも田中さんの声にエフェクトがかかっていないレプリカを味わえたりと、貴重な場面も。また、中村さんは風刃を手放した迅が「大丈夫だ……未来はもう動き出している……」とつぶやく名シーンを演じたあと、未来が見える迅について自身の考察を交えて語ったりと、それぞれキャスト陣が自身のシーンについて熱い想いを打ち明けていました。

 といったところでイベントも終了の時間へ。最後には、キャスト陣からお別れのご挨拶。そのままイベントは終了……と思いきや、ここでアフレコ現場の座長を務める村中さんへ、田中さんからお手紙のサプライズ。アフレコ開始から成長を見守っていた田中さんの想い、1年半に及ぶ労へのねぎらいなどがつづられ、ラストには「僕たちはまた、セカンドステージで再会できると信じています」という言葉が村中さんへ伝えられます。

 村中さんの目に光るものが浮かぶなか、ファンのみなさんへ感謝の言葉を述べ、締めくくりにはみんなの気持ちをひとつに、「トリガー起動(オン)!」で、イベントは終了となりました。


>>TVアニメ『ワールドトリガー』公式サイト
>>TVアニメ『ワールドトリガー』公式Twitter(@Anime_W_Trigger)
ハッシュタグ:#トリガーオン

(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集