アニメ
『恋するシロクマ』花江さんが梅原さんを好きな理由も明らかに!?

イケメンが苦手だった花江夏樹さんが梅原裕一郎さんを好きになった理由も明らかに!?『恋するシロクマ』声優インタビュー

 白いアザラシ(♂)を好きになっちゃったシロクマ(♂)のほっこり緩やかなストーリーで話題の『恋するシロクマ』(原作:ころも「月刊コミックジーン」(発行:株式会社KADOKAWA)連載中)がぷちアニメ化! シロクマさん役に梅原裕一郎さん、アザラシ君役に花江夏樹さんがキャスティングされており、二人の掛け合いも必見です。

 ぷちアニメは映画の予告編上映前に上映されており、5月より新シーズンも公開予定となっています。そこで、梅原さんと花江さんにインタビューを実施。お二人の関係性も見えたほっこりなインタビューをお楽しみください。

今回の梅原さんは高音ボイス!
──まずは、キャラクターを演じてみての感想や、収録の感想をお願いします。

花江夏樹さん(以下、花江):今まであまり動物の役を演じることがなかったし、しかも今回は、こんな丸っこくて可愛らしい動物なので嬉しいですね。常に震えているようなマスコット的なキャラクターで、いつもは出さない声ですごく楽しく演じさせていただきました。

梅原裕一郎さん(以下、梅原):まず「シロクマ役でお話が来ています」ということを聞いたときに、「…え?」って思ったんです。シロクマって、どういうことだろうって。僕も動物を演じたことがなかったので、新しいことに挑戦できるのが嬉しかったですし、実際にアフレコをやってみて、あのトーンの声を出すことが最近減っているので楽しかったです。いろいろな挑戦をさせていただいたなと思っています。


──お二人とも動物役は初めてということですが、気を付けた点、こだわった点はありますか?

梅原:シロクマで言えば、家で練習しているときに、体が大きい動物なので低めの声にしたほうがいいのかな、とも考えたんです。でも、やっぱり作品も作風も可愛らしい感じなので、高めの声で演じさせていただきました。動物だから工夫しようというのは、あまり考えなかったかもしれません。作品の雰囲気に合う声だったらいいなって思っています。

花江:アザラシくんはよく震えているので、その震えを声でも表現できたらいいなと思って、僕も震え気味にやりましたね。声を震わせて、びくびくした感じを出しつつ、その可愛らしさを出せたらいいなと。


──この作品は、お二人だけで物語が進行していきます。お互いに共演することになってどう思いましたか?

梅原:僕は過去にデビュー作をはじめ多くの作品で花江くんと共演があって、縁があるなというのは感じましたね。

花江:そうですね。『恋するシロクマ』で、梅ちゃんが主役なのはピッタリだなと思ったんですけど、意外と高めな声で来たなと思いました。

梅原:(笑)。


──想像していたよりも?

花江:はい。もっと骨に響く感じの声で来るかと思ったら、可愛いほうだったのでちょっとキュンとしましたね。


──作品を見る際は、ぜひ注目していただきたいですね。

花江:梅ちゃんの可愛らしい一面が、『恋するシロクマ』に詰まっています。梅原くんの低音ボイスが好きな女子も、これを機に高音の梅ちゃんボイス好きに目覚めるきっかけになるんじゃないでしょうか。

イケメンが苦手な花江さんは……
──本作は劇場で上映されるということですが、映画の前に一息つける、ほっこりできる作品に仕上がっているのでしょうか?

花江:やりすぎない感じがちょうどいいと思います。シロクマくんはアザラシくんに対して「好きだよ」って言うんですけど、いやらしい感じじゃないんです。ピュアさが2匹ともにあるので、誰が見ても楽しめる作品になっていると思います。

梅原:この作品は、上映される映画のジャンルを問わず流れるそうです。ということは、これを観た後に重厚な作品を上映することもあるってことですよね?

花江:「映画泥棒」の後に流れたり(笑)。

梅原:そうそう。そういうことでしたら、ぜひ上映の前にこの作品を見て、心をゆるりとしていただければいいなと思いますね。


──それぞれが演じるキャラクターの魅力、好きなところがあれば教えてください。

花江:アザラシくんは見た目が可愛いところがいいですね。『恋するシロクマ』と言いつつも、公式Twitterのアイコンはアザラシくんですからね(笑)。

梅原:キャッチ—だからね(笑)。

花江:アイコンにしやすいのも彼のいいところだなと思います。あと、シロクマくんに詰め寄られて怯えているんですけど、たまに歩み寄ったりする優しい一面があるので、そこもあわせてかわいいなと思います。

梅原:シロクマくんはピュアなところが一番の魅力なんじゃないかなと思います。たまに「アザラシくんの言葉を聞いているのかな?」ってくらい突っ走っちゃうこともあるんですけど、彼のピュアさが際立っているポイントなので、そこも魅力だと思います。


──本来、アザラシからするとシロクマは天敵です。『恋するシロクマ』では、そんな2匹が一緒に揺れたりしています。お二人自身も、苦手だなと思ったことがいつの間にか大丈夫になっていたり、好きになっていたことはありますか?

梅原:僕は魚介類ですね。魚は好きだったんですが、ウニとかいくらとか、サザエだったり、磯の香りが強いものが苦手だったんです。でもここ数年で、逆に一番好きなんじゃないかってくらい好きになりました。

花江:僕は梅原くんですね。


──そうなんですか!?

花江:やっぱり、僕ってイケメンが嫌いなんですよ。

梅原:(笑)。

花江:イケメンが苦手というか、直接目を見て話しづらいじゃないですか。イケメンは、僕よりもすごく高いところにいる神様のような人だと思っていたんです。でも梅ちゃんは、話してみたらすごく謙虚だし、話もおもしろいし、イケメンを振りかざしてこないところが好きですね。

梅原:そんな人いる!?


──今はもう仲良しですね。

花江:はい。そうなんです。


──(笑)。では最後になりますが、作品を楽しみにしているみなさんへメッセージをお願いします。

花江:このアニメを見て、気持ちがほっこりしてくれたらいいなと思います。そう思ってもらえるように、アザラシくんを可愛く、魅力が出るように演じました。彼らのやりとりが少しでも見てくれている人に響いたらいいなと思います。原作を読んでくれている方は、好きなシーンを映像で楽しみにしてもらえたらいいなと思います。

梅原:とにかく、2人の空気感というか、ゆるやかで、ちょっとツッコミどころのある会話劇を楽しんでもらえたらと思います。映画の前に流れるのはショートアニメですが、原作付きのドラマCDも収録しました。結構なボリュームになっているので、原作と一緒に楽しんでいただければ、より『恋するシロクマ』の世界観を堪能できるんじゃないかなと思います。ぜひよろしくお願いします。


──ありがとうございました。

[写真・文/胃の上の心臓]

「恋するシロクマ」劇場にてぷちアニメ化!!!

シロクマ「きみがオスでも、僕は構わない」 アザラシ「僕は構う」

白いアザラシ(♂)を好きになってしまったシロクマくん(♂)。彼の恋は成就するのか?
弱肉強食の世界で紡がれるホワイトラブ!!

タイトル:恋するシロクマ
キャスト:花江夏樹 梅原裕一郎
原作:ころも「恋するシロクマ」(株式会社KADOKAWA「月刊コミックジーン」連載中)
制作:ギャザリング(「ぷちます!-プチ・アイドルマスター-」「殿といっしょ」)
監督・脚本:市川量也(「アニメ モンスターストライク」「ぐでたま」)
音響監督:山田陽(「君の名は。」「磯部磯兵衛物語」)

>>『恋するシロクマ』公式サイト
>>『恋するシロクマ』公式Twitter

(C)ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

恋するシロクマの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集